少年期 (往復書簡集)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

少年期』(しょうねんき)は、波多野勤子の往復書簡集。1950年光文社より刊行され、ベストセラーとなった。

副題に「母と子の四年間の記録」とあるように、波多野が息子(のちの法学者波多野里望)との間で戦時中の4年間に交わした往復書簡をまとめたものである。

映像化作品[編集]

映画[編集]

1951年に映画化された。松竹製作。

昭和19年(1944年)春に小石川の一家が信州諏訪に疎開し、翌年に終戦を迎えるまでを、少年(旧制中学生)の視点を主に描く。

冒頭字幕「此の映画は、苛烈なる戦争中を、より良く生きようとした、母と子の、ささやかな記録です」

スタッフ[編集]

配役[編集]

関連項目[編集]

出征少年航空兵疎開学校教練太平洋戦争与謝野晶子軍国主義空襲諏訪湖配給国防婦人会銃後国民勤労報国協力令紀元節挺身隊高村光太郎ゲートル灯火管制国民義勇隊

テレビドラマ[編集]

1962年5月4日NHK総合テレビジョンの『文芸劇場』枠にて放映された。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]