寺尾亨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
寺尾亨

寺尾 亨(てらお とおる、1859年2月1日安政5年12月19日)- 1925年大正14年)9月15日)は、明治・大正期の法学者アジア主義者天文学者寺尾寿の弟。商工省官僚寺尾進女優東山千栄子養父

来歴・人物[編集]

福岡藩士・寺尾喜平次の次男として生まれる。藩校修猷館に学んだ後、1876年(明治9年)7月、司法省法学校に入学し、ボアソナード刑法を学ぶ。1884年(明治17年)7月に卒業後、判事を経て、1891年(明治24年)9月に東京帝国大学教授となるが、直後に欧州に留学し、フランスにて国際法に転向する。1895年(明治28年)9月の帰国後に、東京帝国大学に国際法・国際私法の教授として復職する。翌年には外務省参事官を兼務した。1899年(明治32年)3月、法学博士を授与される。

1903年(明治36年)6月には、有名な七博士意見書において、ロシアとの早期開戦を唱えた。早くからアジア主義を唱えて、孫文ラース・ビハリ・ボースなどの支援にあたる。特に孫文が辛亥革命を起こした際には、帝国大学教授の職を捨てて現地に飛んで孫文の補佐にあたり、事敗れて孫文が日本に亡命した後もこれを支援した。

1925年、脳溢血のため死去[1]

脚注[編集]

  1. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』付録「近代有名人の死因一覧」(吉川弘文館、2010年)19頁

関連事項[編集]