妖婆

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妖婆
監督 今井正
脚本 水木洋子
原作 芥川龍之介
製作 永田雅一
出演者 京マチ子
音楽 真鍋理一郎
撮影 宮川一夫
編集 谷口登司夫
製作会社 永田プロ
大映
配給 松竹
公開 日本の旗 1976年10月16日
上映時間 97分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

妖婆』(ようば)は1976年(昭和51年)10月16日公開の日本映画。大映製作・松竹配給。カラー97分。

芥川龍之介の短編をもとに今井正監督、水木洋子脚本、京マチ子主演で製作された和製オカルトホラー映画。

作品解説[編集]

徳間時代の大映が製作。

京マチ子が悪霊に憑りつかれて不運な人生を歩む女性の生涯を10代から吹き替えなしで演じる。映画の後半は特殊メーキャップで不気味な老婆になっていく様を熱演する。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

外部リンク[編集]