1936年の日本公開映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

1936年の日本公開映画(1936ねんのにほんこうかいえいが)では、1936年昭和11年)1月1日から同年12月31日までに日本で商業公開された映画の一覧を記載。作品名の右の丸括弧内は製作国を示す。

記載の凡例については年度別日本公開映画#凡例を参照

作品一覧[編集]

1月[編集]

  • 頑張れキャグニー(アメリカ)
  • ギャングの花嫁(アメリカ)
  • 狂恋(アメリカ)
  • 恋は終りぬ(オーストリア)
  • 支那海(アメリカ)
  • 上海(アメリカ)
  • 男子牽制(アメリカ)
  • 桃源郷(テュランドット)(ドイツ)
  • トップ・ハット(アメリカ)
  • ミモザ館(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画1位
  • 野生の叫び(アメリカ)
  • 30日
    • 白衣の佳人(日本)

2月[編集]

  • あかつき(ドイツ)
  • 踊るブロードウェイ(アメリカ)
  • 君を夢みて(ドイツ)
  • Gウーマン(アメリカ)
  • シスコ・キッド(アメリカ)
  • 支那ランプの石油(アメリカ)
  • 白き処女地(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画4位
  • ダアク・エンゼル(アメリカ)
  • 戦ふ巨象(アメリカ)
  • 罪と罰(アメリカ)
  • 永遠に愛せよ(アメリカ)
  • ドン・ファン(イギリス) - キネマ旬報ベストテン外国映画10位
  • 胡椒娘(パプリカ)(フランス)
  • 無軌道行進曲(アメリカ)
  • 13日
    • 人生劇場(日本) - キネマ旬報ベストテン2位
  • 27日
    • 有りがたうさん(日本)

3月[編集]

  • 乙女よ嘆くな(アメリカ)
  • 黒い瞳(フランス)
  • 三十九夜(イギリス)
  • バーバリー・コースト(アメリカ)
  • 春を手さぐる(アメリカ)
  • 晩春(アメリカ)
  • 真夏の夜の夢(アメリカ)
  • ロイドの牛乳屋(アメリカ)
  • 12日
    • 情熱の詩人啄木(日本) - キネマ旬報ベストテン9位

4月[編集]

  • 噫初恋(アメリカ)
  • 愛と光(アメリカ)
  • ある女の一生(アメリカ)
  • アンナ・カレニナ(アメリカ)
  • 海行かば(アメリカ)
  • 栄光の道(フランス)
  • オペラは踊る(アメリカ)
  • おもかげ(イタリア)
  • 郷愁(オーストリア)
  • 恋の歌(アメリカ)
  • 今宵は二人で(アメリカ)
  • テンプルの愛国者(アメリカ)
  • 人形の母(オーストリア/ハンガリー)
  • 花嫁の感情(アメリカ)
  • 春の宵(アメリカ)
  • 米国の機密室(アメリカ)
  • メトロポリタン(アメリカ)
  • 夜毎八時に(アメリカ)
  • 3日
    • 家族会議(日本) - キネマ旬報ベストテン6位
  • 14日
  • 15日
  • 30日

5月[編集]

  • 愛の弾丸(アメリカ)
  • 上から下まで(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画8位
  • 海は桃色(アメリカ)
  • 運河のそよ風(アメリカ)
  • オペラハット(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画3位
  • 海賊ブラッド(アメリカ)
  • 恋のナポリ(アメリカ)
  • 生活への道(アメリカ)
  • 戦ひの前夜(フランス)
  • 特高警察(アメリカ)
  • 薔薇は何故紅い(アメリカ)
  • 紅はこべ(イギリス)
  • ベロニカの花束(ドイツ)
  • マヅルカ(ドイツ)
  • 幽霊西へ行く(イギリス) - キネマ旬報ベストテン外国映画2位
  • 装へる夜(フランス)
  • ロジタ(アメリカ)
  • 28日
    • 浪華悲歌(日本) - キネマ旬報ベストテン3位

6月[編集]

  • 諾?非?(イエス?ノー?)(アメリカ)
  • 唄へ今宵を(ドイツ)
  • ジャンダーク(ドイツ)
  • 真珠の頚飾(アメリカ)
  • 青春の海(ドイツ)
  • 南海のペーガン(アメリカ)
  • 私の行状記(アメリカ)
  • 18日
    • 赤西蠣太(日本) - キネマ旬報ベストテン5位
  • 21日
    • 兄いもうと(日本) - キネマ旬報ベストテン7位

7月[編集]

  • 当り屋勘太(アメリカ)
  • 美しき野獣(アメリカ)
  • 大空の驚異(ドイツ)
  • 艦隊を追って(アメリカ)
  • 自殺倶楽部(ドイツ)
  • 青春の抗議(アメリカ)
  • 空飛ぶ音楽(アメリカ)
  • 第二情報部(フランス)
  • 懐しのケンタッキイ(アメリカ)
  • 何が彼をそうさせたか(アメリカ)
  • 港に異状なし(アメリカ)
  • 2日
    • 秘境熱河(日本) - キネマ旬報ベストテン10位

8月[編集]

  • ヴェニスの舟歌(ドイツ)
  • カリアンテ(アメリカ)
  • カルメン狂想曲(ドイツ)
  • 最後の戦闘機(フランス)
  • 小公子(アメリカ)
  • 処女散歩(アメリカ)
  • 月は我が家(アメリカ)
  • 母の素顔(アメリカ)
  • 陽気な王子様(ドイツ)
  • ローズ・マリイ(アメリカ)

9月[編集]

  • 丘の一本松(アメリカ)
  • 化石の森(アメリカ)
  • ガルシアの伝令(アメリカ)
  • 来るべき世界(イギリス)
  • この三人(アメリカ)
  • コリーン(アメリカ)
  • 男装(アメリカ)
  • 地の果てを行く(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画5位
  • 妻と女秘書(アメリカ)
  • テンプルの燈台守(アメリカ)
  • 虎鮫島脱獄(アメリカ)
  • 二国旗の下に(アメリカ)
  • バーレスクの王様(アメリカ)
  • 姫君海を渡る(アメリカ)
  • 15日
    • 一人息子(日本) - キネマ旬報ベストテン4位

10月[編集]

  • 科学者の道(アメリカ) - キネマ旬報ベストテン外国映画7位
  • 小都会の女(アメリカ)
  • 隊長ブーリバ(フランス)
  • 罪と罰(フランス) - キネマ旬報ベストテン外国映画6位
  • テキサス決死隊(アメリカ)
  • みどりの園(フランス)
  • 夜の鶯(ドイツ)
  • 4日
  • 15日
  • 29日
    • 人妻椿 後篇(日本)

11月[編集]

12月[編集]

  • 暁の爆撃隊(アメリカ)
  • 浮き雲(ドイツ)
  • 有頂天時代(アメリカ)
  • カタリナの幸福(オーストリア)
  • クレイグの妻(アメリカ)
  • 結婚設計図(アメリカ)
  • 桑港(アメリカ)
  • ジャングルの女王(アメリカ)
  • シュヴァリエの放浪児(イギリス)
  • テンプルの福の神(アメリカ)
  • 武器なき戦ひ(イギリス)
  • 夜の空を行く(フランス)
  • 31日
    • エノケンの江戸っ子三太(日本)

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 世界映画史研究会『舶来キネマ作品辞典・戦前編―日本で戦前に上映された外国映画一覧』(科学書院、1997年)
  • 畑暉男(編)『20世紀アメリカ映画辞典』(カタログハウス、2002年)

外部リンク[編集]