山村聰

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
やまむら そう
山村 聰
山村 聰
黒い潮』(1954年)
本名 古賀 寛定(こが ひろさだ)
別名義 山村 聡
生年月日 (1910-02-24) 1910年2月24日
没年月日 (2000-05-26) 2000年5月26日(90歳没)
出生地 日本の旗 奈良県山辺郡
死没地 日本の旗 東京都杉並区
身長 171cm
血液型 AB型
職業 俳優映画監督
ジャンル 映画演劇テレビドラマ
活動期間 1936年 - 2000年
配偶者 あり
著名な家族 古賀定雄(祖父)
主な作品
映画
女優須磨子の恋
宗方姉妹
蟹工船
東京物語』(1953年)
黒い潮
女は二度生まれる
傷だらけの山河
太平洋奇跡の作戦 キスカ
日本のいちばん長い日
トラ・トラ・トラ!
テレビドラマ
あゝ忠臣蔵
春の坂道
非情のライセンス
華麗なる一族
はじめまして
柳生一族の陰謀
服部半蔵 影の軍団
ザ・ハングマン
影の軍団II
CM
トヨタ・クラウン
 
受賞
日本アカデミー賞
会長特別賞 2001年
ブルーリボン賞
主演男優賞
1950年宗方姉妹
助演男優賞
1961年あれが港の灯だ』、『河口』
その他の賞
毎日映画コンクール
男優主演賞
1954年山の音』『黒い潮
助演賞
1950年 『宗方姉妹』『大利根の夜霧』『帰郷
キネマ旬報賞
主演男優賞
1964年傷だらけの山河
日本映画批評家大賞
1995年 ゴールデン・グローリー賞
紫綬褒章 1977年
勲四等旭日小綬章 1983年
テンプレートを表示

山村 聰(やまむら そう、1910年明治43年)2月24日 - 2000年平成12年)5月26日)は、日本俳優映画監督。作品により、山村 聡のクレジット表記もある。

生涯で出演した本数は195本に上る[1][信頼性要検証]

来歴・人物[編集]

1954年

奈良県山辺郡(現・天理市)出身。神戸一中一高を経て東京帝国大学文学部卒業。

研究劇団「太陽座」に入団。戦前の劇団文化座等での舞台活動を経て、1946年、『命ある限り』で映画初出演。1947年溝口健二監督作品の『女優須磨子の恋』で田中絹代演じる松井須磨子の愛人役・島村抱月役に抜擢され、1950年には小津安二郎監督作品の『宗方姉妹』で第1回ブルーリボン賞の主演男優賞を受賞。同じく小津の監督作品である『東京物語』など数多くの映画に出演する一方、1952年には東宝砧撮影所の芸能部長であった山田典吾と共に独立プロ「現代ぷろだくしょん」を設立し、翌年には山村自身も多額の出資をして完成させた第1回監督作品『蟹工船』を発表、映画監督としても活躍した。

山村は日本映画界において風格のある名優として戦後の早い時期から重宝される存在であり、更に極めて英語が堪能であったこともあり海外製作の映画への出演も多く、ハリウッド映画では1958年に公開された20世紀フォックス製作の『黒船』(ジョン・ヒューストン監督)の下田奉行の田村左衛門守役でジョン・ウェインと、1986年に公開されたパラマウント映画ガン・ホー』(ロン・ハワード監督)の日本の自動車メーカーの重役・坂本役でマイケル・キートンらとそれぞれ共演している。

1970年黒澤明が監督を降板した真珠湾攻撃を描いた日米合作の戦争映画『トラ・トラ・トラ!』では連合艦隊司令長官山本五十六を演じた。同作の主演に至った経緯としては、当初のキャスティングで黒澤が演技経験のない実業家を山本五十六役に抜擢して撮影を進めていたものの、20世紀フォックスとの間のトラブルで黒澤が監督を降板したことにより日本側撮影チームが解散、後任に舛田利雄深作欣二両監督が就任し制作再開となったものの、山本五十六役が内定していた劇団民藝芦田伸介が突如『トラ・トラ・トラ!』を降板[2]。民藝の実力者・宇野重吉滝沢修が「黒澤さんが二年以上も構想を練ってこられた作品。黒澤さんのものでなくなった作品に出演するのは芸術家として信義にもとる」と芦田に圧力をかけたための断念だった[2]。このため急遽、山村が山本五十六役のオファーを受けた[3][2][4]。山村は撮影場所の京都で東映制作の連続時代劇ドラマ『あゝ忠臣蔵』の主役・大石内蔵助役で主演しており、東京と京都を往復する新幹線で『トラ・トラ・トラ!』の台本を読み[3]、「日本側に忠実に書いてあり役柄に不満はない。どうしても出演したい」と出演への意欲を燃やし[4]、東映と相談し掛け持ちで本作に出演した。

『トラ・トラ・トラ!』への主演 の影響で同時期に鹿島守之助役のオファーを受けていた映画『超高層のあけぼの』への出演を佐野周二と交代し降板するなどの影響が出た。

1972年には必殺シリーズ第1作の『必殺仕掛人』に元締め音羽屋半右衛門を演じ、代表作の一つになった[5]

1976年には『隠し目付参上』に元締的な役柄である松平伊豆守信明役には、必殺シリーズの必殺仕掛人(音羽屋半右衛門)、助け人走る(清兵衛)のそれぞれの元締役で人気のあった山村が内定していたが、これに本作のスポンサーの白鹿から待ったがかかった。山村は当時、白鹿のライバルメーカーで同じ兵庫県西宮市に本社を持つ日本盛のCMに出演しており、毎日放送関係者は「余人を以って代えがたい」と山村は元締役にうってつけであるとして、日本盛のCMに出演していることは承知の上で起用に踏み切ったが、白鹿側は「これでは日本盛の宣伝になりかねない」と一歩も引かなかったことで、結局山村の起用は断念[6]、松平伊豆守信明役は三船敏郎の二役で行くことになった。自身が出演していたスポンサー絡みで降板を余儀なくされた[5]

トヨタ・クラウンのCMキャラクターを長年務め、1962年の2代目から1983年の6代目まで出演した。

山村と同じく旧制神戸一中卒業の志村喬を尊敬し三船敏郎とは親友だった。

高倉健渡哲也の父親役を演じたこともある。

また熱心な釣り人としても知られ、1974年には『釣りひとり』という著書も出版したこともある。また東京・銀座に自身の釣具店「ポイント」を経営していた[7]

2000年5月26日午後4時40分、急性心筋梗塞のため東京都杉並区の病院で死去。90歳だった。

墓所は青山霊園にある。

主な出演[編集]

映画[編集]

蟹工船』(1953)
にごりえ』(1953) 右は淡島千景

太字の題名はキネマ旬報ベストテンにランクインした作品

テレビドラマ[編集]

その他のテレビ番組[編集]

演劇[編集]

  • 黄昏
  • 女たちの忠臣蔵

OVA[編集]

CM[編集]

監督作品[編集]

著書[編集]

  • 『釣りひとり』 二見書房、1974年
  • 『迷走千里 年々歳々今を尊く生きる』 廣済堂出版、1997年

親族[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『日本映画人名事典』 キネマ旬報社
  2. ^ a b c “トラ・トラ・トラ五十六役 急転!山村聡と交渉 芦田伸介、やむなく辞退 民芸が圧力”. スポーツニッポン (スポーツニッポン新聞社): p. 10. (1969年2月26日) 
  3. ^ a b “東映で『超高層のあけぼの』 主役交代 不安なスタート 主演に木村功 田村高広が突然おりる”. 報知新聞 (報知新聞社): p. 15. (1969年2月26日) 
  4. ^ a b “精力的に動き回る"山村五十六" 『トラ・トラ・トラ!』/山村聡、出演断る 東映『超高層のあけぼの』”. 日刊スポーツ (日刊スポーツ新聞社): p. 10. (1969年3月6日) 
  5. ^ a b 週刊TVガイド 1976年1月30日号 p.30
  6. ^ 週刊TVガイド 1976年1月30日号 p.30「REPORT・スポンサーに消された“元締め”」
  7. ^ 釣りの店「ポイント」の顛末 釣りひとり 山村聰
  8. ^ 安寿と厨子王丸”. メディア芸術データベース. 2016年10月29日閲覧。
  9. ^ 特別出演のクレジット表記はなし。
  10. ^ 特別出演のクレジット表記はなし。
  11. ^ 『迷走千里-年々歳々今を尊く生きる』10頁。

関連文献[編集]

  • 『武蔵村山における戦後の文化活動 - 俳優・山村聰をとりまく演劇・音楽活動-特別展解説書』 武蔵村山市立歴史民俗資料館、2001年

外部リンク[編集]