警察日記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
警察日記
監督 久松静児
脚本 井手俊郎
原作 伊藤永之介
製作 坂上静翁
出演者 森繁久彌
三國連太郎
二木てるみ
岩崎加根子
三島雅夫
音楽 團伊玖磨
撮影 姫田真佐久
編集 近藤光雄
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1955年2月3日
上映時間 111分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
次作 続警察日記
テンプレートを表示

警察日記』(けいさつにっき)は、1955年(昭和30年)2月3日公開の日本映画である。日活製作・配給。監督は久松静児、主演は森繁久彌モノクロスタンダード、111分。

1952年(昭和27年)に刊行された伊藤永之介の同名小説を映画化した作品で、会津磐梯山麓の小さな町(劇中では横宮町という架空の土地。現在の猪苗代町大字川桁周辺であるが、ロケ地は現在の本宮市)を舞台に、警察官とその町に暮らす人々のエピソードを描く。第29回キネマ旬報ベスト・テン第6位。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

エピソード[編集]

  • 刑事ドラマでお馴染みの取り調べ中に丼物(台本では天丼)が振舞われるというシーンが、この作品で初めて使われる、と記述されている資料もあるが、[1]映画の中では署長室で、無銭飲食の容疑の母子と置き引きの容疑の父が、取り調べ後に天丼を食べている。
  • 宍戸錠の映画初出演作品であり当時の新聞広告などには「新人・宍戸錠」と記載されている。

続警察日記[編集]

続警察日記
監督 久松静児
脚本 井手俊郎
原作 伊藤永之介
製作 坂上静翁
出演者 伊藤雄之助
大坂志郎
二木てるみ
新珠三千代
三島雅夫
音楽 伊福部昭
撮影 姫田真佐久
編集 近藤光雄
製作会社 日活
配給 日活
公開 日本の旗 1955年11月16日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
前作 警察日記
テンプレートを表示

続警察日記』(ぞくけいさつにっき)は、1955年(昭和30年)11月16日公開の日本映画である。日活製作・配給。監督は久松静児。モノクロ、スタンダード、119分。

スタッフ[編集]

  • 監督:久松静児
  • 製作:坂上静翁
  • 原作:伊藤永之介
  • 脚本:井手俊郎
  • 撮影:姫田真佐久
  • 照明:岩木保夫
  • 録音:中村敏夫
  • 美術:木村威夫
  • 音楽:伊福部昭
  • 編集:近藤光雄

キャスト[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『テレビドラマと日本人の記憶』中町綾子/著 2010.12 メディアファクトリー など

外部リンク[編集]