アイガー・サンクション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アイガー・サンクション
The Eiger Sanction
Film shoot for The Eiger Sanction in Zurich (10).jpg
チューリッヒで撮影中のイーストウッド
監督 クリント・イーストウッド
脚本 ハル・ドレズナー
ウォーレン・B・マーフィ
ロッド・ウィテカー
原作 トレヴェニアン
製作 ロバート・デイリー
製作総指揮 デイヴィッド・ブラウン
リチャード・D・ザナック
出演者 クリント・イーストウッド
音楽 ジョン・ウィリアムズ
撮影 フランク・スタンリー
編集 フェリス・ウェブスター
配給 ユニバーサル・ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1975年5月21日
日本の旗 1975年11月1日
上映時間 128分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $9,000,000 (概算)[1]
テンプレートを表示

アイガー・サンクション』(The Eiger Sanction)は、1975年に公開されたアメリカ合衆国の映画トレヴェニアンの同名の小説を原作にしてクリント・イーストウッドが監督、主演を務めた。山を舞台としたスパイ映画で、数多くの登山シーンがある。

あらすじ[編集]

大学の美術教授ヘムロックは、かつて諜報機関で数多くの暗殺を手掛けた凄腕の殺し屋だったが、殺しに嫌気が差し引退していた。ある日、ヘムロックの元に諜報員のポープから連絡が届き、諜報機関のトップ・ドラゴンに呼び出される。ドラゴンは、「諜報員が殺され極秘情報が盗まれたため、犯人の二人の男を始末して欲しい」と依頼するが、ヘムロックは依頼を断ろうとする。しかし、「闇ルートから買い入れた美術品の情報を税務署に知らせる」と脅されたため、ヘムロックは2万ドルの報酬とコレクションの保証を引き換えに犯人一人の暗殺を引き受け、チューリッヒに向かい犯人を暗殺する。任務を終えたヘムロックは帰国しようとするが、女エージェントのジェマイマに2万ドルと美術品の合法性を示す文書を奪われてしまう。

ジェマイマがドラゴンの命令で派遣されたことを知ったヘムロックは、ドラゴンの元に乗り込み抗議するが、彼は返却と報酬の上乗せを引き換えにもう一人の男の始末を依頼する。ヘムロックは断ろうとするが、殺された諜報員アンリー・パックが自分の命の恩人であり、かつて戦場で自分を裏切ったマイルズが殺害に関与していることを知り、依頼を引き受ける。ドラゴンから、「犯人は片足が不自由な山男で、国際親善の一環としてアイガーに登山する」と聞かされたヘムロックは、友人の登山家ベンの元に向かい、登山に向けてトレーニングを行う。そこにマイルズが現れ、「犯人の情報と引き換えに自分の命を助けて欲しい」と取引を持ちかける。しかし、ヘムロックは女性スタッフのジョージに襲われ、それがマイルズの指示だと知り、マイルズの用心棒を殺して彼を荒野に置き去りにする。

トレーニングを終えたヘムロックはベンと共にスイスに向かい、登山チームと合流する。ベンから「足が不自由な男」の情報を聞いていたヘムロックは、チームのリーダーであるフレイタッグを犯人だと疑い、アイガーへの登山に挑む。ヘムロックを見送りに来たポープはジェマイマに対して、盗まれた極秘情報は偽物だったこと、敵対組織にそれを気付かせないためにヘムロックを呼び戻して「敵対組織への報復」を偽装しようとしていることを語る。ヘムロックの命を蔑ろにするやり方に憤慨したジェマイマは、ポープとドラゴンを非難する。

登山チームは順調にアイガーを登っていくが、途中で斜面が凍結して登山不可能となり下山を決意する。しかし、下山途中で足を踏み外してメンバーが滑落し、ヘムロックを残して全員死んでしまう。宙吊りになったヘムロックの元にベンが現れ助けようとするが、彼が足を引きずっている姿を見たヘムロックは、ベンこそが恩人を殺した犯人だと気付く。ベンは「薬物中毒だった娘ジョージを助けたマイルズに借りを返すために仕事を引き受けたが、君が殺した男が彼を殺した」と語り、自分には殺す意思がなかったことを伝える。ヘムロックはベンを許し、彼と別れてジェマイマとひと時を過ごす。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え(日本語版初回放送:1978年11月10日・フジテレビ『ゴールデン洋画劇場』=BD収録)

スタッフ[編集]

その他[編集]

  • 本作は元々ポール・ニューマン主演で企画されていた。
  • イーストウッドはドン・シーゲルに監督を要請したが、断られたので自ら監督することになった[2]
  • CGやスタントを使わず、イーストウッドがすべて実際に登山している。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]