ガントレット (1977年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ガントレット
The Gauntlet
監督 クリント・イーストウッド
脚本 マイケル・バトラー
デニス・シュラック
製作 ロバート・デイリー
出演者 クリント・イーストウッド
ソンドラ・ロック
音楽 ジェリー・フィールディング
撮影 レックスフォード・L・メッツ
編集 ジョエル・コックス
フェリス・ウェブスター
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1977年12月21日
日本の旗 1977年12月17日
上映時間 109分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $5,500,000 (概算)
興行収入 $26,414,658 アメリカ合衆国の旗 (1978年)
テンプレートを表示

ガントレット』(The Gauntlet)は、1977年アメリカ映画。証人護送を命じられた刑事と事件の揉消しを謀る追手の対決を描いたアクション作品。クリント・イーストウッドが主演・監督を兼任。題名は「ガントレット」から(銃撃で同様の仕打ちを受けるシーンがクライマックスにある)。

あらすじ[編集]

アリゾナ州フェニックス市警察に勤務するベン・ショックリーは、市警察委員長ブレイクロックから、ある事件の裁判で検察側の証人として出廷予定の女名はマリーをラスベガスから護送してくるように命じられる。ショックリーはマリーを連れ出そうとするが、「命を狙われているから、巻き込まれる前に帰って」と拒否される。ショックリーとマリーは車に乗り込み空港に向かうが、途中で何者かの襲撃を受け、二人は彼女の家に避難する。ショックリーはブレイクロックに応援を要請するが、何故か地元警察に包囲されて銃撃を受ける。何とか、その場を脱出した二人は付近をパトロール中の警官を脅してパトカーに乗り込み、そこから州境に向かう。

しかし、ショックリーから連絡を受けたブレイクロックは州境に警官を派遣し、パトカーを銃撃させる。異変を察知してパトカーを降りていたショックリーはマリーを問いただすと、彼女がブレイクロックのスキャンダルを握っていることを知り、そのせいで狙われていることにショックリーは気付く。翌朝、ショックリーは暴走族からバイクを奪いフェニックス市に向け出発し、途中で友人のジョゼフィン刑事に連絡を取るが、彼から自分が指名手配されていることを知る。そこにブレイクロックが派遣した警官がヘリコプターから銃撃を始め、二人は逃げ出す。逃走の末にヘリコプターは墜落するが、銃撃されてバイクが故障したため、貨物車に乗り込む。

途中でホテルに滞在したショックリーは再びジョゼフィンに連絡を取り、ブレイクロックに「裁判所に乗り込むから市街地の市民を避難させるように」と告げる。彼はマリーをホテルに残そうとするが、彼女はショックリーと共に裁判所に乗り込む決意を固める。二人は観光バスを乗っ取り、運転席を鉄板で防護してフェニックス市に向かう。一方、ジョゼフィンは検事のフェイダースピールに相談を持ち掛けショックリーを救おうとするが、フェイダースピールはブレイクロックの仲間だったため、ブレイクロックとフェイダースピールはジョゼフィンを使用して罠を仕掛ける。

フェニックス市に到着した二人の元にジョゼフィンが現れ、「フェイダースピールが味方になったから、バスを降りて裁判所に来て欲しい」と告げる。ショックリーは罠だと疑うが、マリーの説得を受けてバスを降りるが、直後にブレイクロックの部下に狙撃されジョゼフィンが射殺され、自身も足を負傷する。友人を殺され怒りを抱いたショックリーはバスに乗り込み裁判所に向かう。バスは警官隊からの銃撃を受けながら裁判所に向かい、三度目の銃撃を受けて大破し、裁判所の前で停止する。バスから降りた二人の元にブレイクロックとフェイダースピールが現れ、二人を殺すように命令するが警官たちは動かず、ショックリーはフェイダースピールを人質にして自分たちを狙った理由を聞き出す。フェイダースピールは「ブレイクロックとマフィアとの関係が露見することを防ごうとした」と自白するが、直後にブレイクロックに射殺され、ショックリーも撃たれる。直後にショックリーの銃を手にしたマリーがブレイクロックを射殺し、二人は裁判所を後にする。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語版
ベン・ショックリー クリント・イーストウッド 山田康雄
ガス・マリー ソンドラ・ロック 高島雅羅
ジョゼフィン パット・ヒングル 富田耕生
フェイダースピール マイケル・カバナー 納谷六朗
ブレイクロック ウィリアム・プリンス 納谷悟朗

外部リンク[編集]