1977年の映画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

1977年の映画(1977ねんのえいが)では、1977年(昭和52年)の映画分野の動向についてまとめる。

できごと[編集]

1977年の日本の映画興行[編集]


各国ランキング[編集]

日本配給収入ランキング[編集]

1977年日本配給収入トップ10
順位 題名 製作国 配給 配給収入
1. キングコング アメリカ合衆国の旗 東宝東和 ¥3,090,000,000
2. 八甲田山 日本の旗 東宝 ¥2,509,000,000
3. 人間の証明 日本の旗 東映 ¥2,250,000,000
4. 遠すぎた橋 イギリスの旗アメリカ合衆国の旗 富士映画 ¥1,990,000,000
5. 八つ墓村 日本の旗 松竹 ¥1,986,000,000
6. カサンドラクロス ドイツの旗イタリアの旗イギリスの旗 日本ヘラルド映画 ¥1,530,000,000
7. トラック野郎・天下御免
河内のオッサンの唄 よう来たのワレ
日本の旗 東映 ¥1,282,000,000
8. ロッキー アメリカ合衆国の旗 ユナイト ¥1,216,000,000
9. トラック野郎・度胸一番星
サーキットの狼
日本の旗 東映 ¥1,096,000,000
10. サスペリア イタリアの旗 東宝東和 ¥1,090,000,000
出典 『キネマ旬報ベスト・テン全史: 1946-2002』 キネマ旬報社、2003年、223頁。ISBN 4-87376-595-1

北米興行収入ランキング[編集]

1977年北米興行収入トップ10
順位 題名 スタジオ 興行収入 出典
1. スター・ウォーズ ルーカスフィルム / 20世紀フォックス $307,263,857 [10]
2. トランザム7000 ユニバーサル映画 $126,737,428 [11]
3. 未知との遭遇 コロンビア映画 $116,395,460 [12]
4. グッバイガール MGM / ワーナー・ブラザース /
Rastar英語版
$102,000,000 [13]
5. サタデー・ナイト・フィーバー パラマウント映画 $94,213,184 [14]
6. オー!ゴッド ワーナー・ブラザース $51,061,196 [15]
7. 遠すぎた橋 ユナイテッド・アーティスツ $50,750,000 [16]
8. ザ・ディープ コロンビア映画 $47,346,365 [17]
9. 007 私を愛したスパイ ユナイテッド・アーティスツ $46,838,673 [18]
10. アニー・ホール ユナイテッド・アーティスツ $38,251,425 [19]

日本公開映画[編集]

1977年の日本公開映画を参照。

受賞[編集]

誕生[編集]

死去[編集]

日付 名前 国籍 年齢 職業
1月 12日 アンリ=ジョルジュ・クルーゾー フランスの旗 69 映画監督
13日 アンリ・ラングロワ フランスの旗 62 シネマテーク・フランセーズ創設者
14日 ピーター・フィンチ イギリスの旗 60 俳優
2月 27日 渡辺篤 日本の旗 78 俳優
3月 15日 ナナリー・ジョンソン アメリカ合衆国の旗 79 映画監督・プロデューサー・脚本家
21日 田中絹代 日本の旗 67 女優
4月 21日 ガンモ・マルクス アメリカ合衆国の旗 83 俳優
5月 10日 ジョーン・クロフォード アメリカ合衆国の旗 72 女優
16日 マイケル・フィンドレイ アメリカ合衆国の旗 39? 映画監督
24日 近衛十四郎 日本の旗 63 俳優
6月 2日 スティーヴン・ボイド 北アイルランドの旗イギリスの旗 45 俳優
3日 ロベルト・ロッセリーニ イタリアの旗 71 映画監督
13日 マシュウ・ガーバー イギリスの旗 21 俳優
8月 16日 エルヴィス・プレスリー アメリカ合衆国の旗 42 歌手・俳優
17日 デルマー・デイヴィス アメリカ合衆国の旗 73 映画監督・脚本家
19日 グルーチョ・マルクス アメリカ合衆国の旗 86 俳優
29日 ジーン・ヘイゲン アメリカ合衆国の旗 54 女優
10月 14日 ビング・クロスビー アメリカ合衆国の旗 74 歌手・俳優
11月 13日 豊田四郎 日本の旗 71 映画監督
26日 奈良真養 日本の旗 80 俳優
12月 11日 望月優子 日本の旗 60 女優
18日 進藤英太郎 日本の旗 78 俳優
19日 ジャック・ターナー アメリカ合衆国の旗フランスの旗 73 映画監督
25日 チャーリー・チャップリン アメリカ合衆国の旗 88 映画監督・俳優
26日 ハワード・ホークス アメリカ合衆国の旗 81 映画監督
27日 高田稔 日本の旗 78 俳優

脚注[編集]

[ヘルプ]

出典[編集]

  1. ^ 斉藤 2009, p. 80.
  2. ^ 第18作 男はつらいよ 寅次郎純情詩集”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年12月27日閲覧。
  3. ^ 第19作 男はつらいよ 寅次郎と殿様”. 『男はつらいよ』公式サイト. 松竹映画. 2016年8月5日閲覧。
  4. ^ 斉藤 2009, pp. 84 - 85.
  5. ^ 斉藤 2009, pp. 85 - 86.
  6. ^ 斉藤 2009, pp. 86 - 87.
  7. ^ 小売物価統計調査(動向編) 調査結果”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  8. ^ 主要品目の東京都区部小売価格:昭和25年(1950年)〜平成22年(2010年) (Excel)”. 統計局. 2016年8月3日閲覧。
  9. ^ a b 過去データ一覧”. 一般社団法人日本映画製作者連盟. 2016年8月2日閲覧。
  10. ^ Star Wars, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2014年5月26日閲覧。
  11. ^ Smokey and the Bandit, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2012年1月26日閲覧。
  12. ^ Close Encounters of the Third Kind, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2014年5月26日閲覧。
  13. ^ Box Office Information for The Goodbye Girl. Worldwide Box Office. September 13, 2013.
  14. ^ Saturday Night Fever, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2014年5月26日閲覧。
  15. ^ Box Office Information for Oh, God!”. The Numbers. 2012年1月26日閲覧。
  16. ^ A Bridge Too Far (1977) , Box Office Information”. Box Office Mojo. 2016年11月18日閲覧。
  17. ^ The Deep, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2014年5月26日閲覧。
  18. ^ The Spy Who Loved Me, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2012年1月26日閲覧。
  19. ^ Annie Hall, Box Office Information”. Box Office Mojo. 2012年1月26日閲覧。

参考文献[編集]