ジャージー・ボーイズ (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ジャージー・ボーイズ
Jersey Boys
監督 クリント・イーストウッド
脚本 マーシャル・ブリックマン
リック・エリス
製作 ティム・ヘディントン
グレアム・キング
製作総指揮 ボブ・ゴーディオ
ティム・ムーア
フランキー・ヴァリ
出演者 ジョン・ロイド・ヤング英語版
エリック・バーゲン英語版
マイケル・ロメンダ
ヴィンセント・ピアッツァ英語版
クリストファー・ウォーケン
撮影 トム・スターン
編集 ジョエル・コックス
ゲイリー・D・ローチ英語版
製作会社 GKフィルムズ
マルパソ・プロダクションズ英語版
ワーナー・ブラザース
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 2014年6月20日
日本の旗 2014年9月27日
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $40,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $67,347,013[1]
日本の旗 3億8500万円[2]
テンプレートを表示

ジャージー・ボーイズ』(Jersey Boys)は、2014年アメリカ合衆国ミュージカル映画および伝記映画フランキー・ヴァリがリードボーカルのフォー・シーズンズの経歴を基にしたトニー賞受賞ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』のクリント・イーストウッド監督による映画化作品である。

2014年6月20日に全米で公開された後、日本では同年9月27日より公開された。

サウンドトラック・アルバムは、フォー・シーズンズのオリジナル曲と、フランキー・ヴァリ役の俳優のジョン・ロイド・ヤング英語版によるバージョンで混成されている。

ストーリー[編集]

ニュージャージーの田舎町に住むトミー・デビートやニック・マッシは素行が悪く何度も警察の世話になっていた一方、バンドを組んでおり、弟分のフランキー・ヴァリの歌唱の才能を見出していた。マフィアとも繋がりのあるトミーとの付き合いに否定的だったフランキーの両親の心配とは裏腹に、フランキーの歌声はマフィアのボス、デカルロさえも魅了し、「困った時はいつでも助ける」と約束されるほどであった。

トミーの友人ジョーの紹介で、作曲の才能もあるボブ・ゴーディオが加入し、さらにレコード会社のボブ・クリューとの契約までは漕ぎつけるが、バックコ-ラス以外に仕事はなく、クリューからは自分達のレコードを出す条件にヒットするクオリティーの楽曲と、レコーディング資金3500ドルを要求される。バンド名を「フォーシーズンズ」に改名し、トミーが資金を調達してきた頃、ボブが名曲「シェリー」(en:Sherry (song))を作り上げてきた。「シェリー」は全米で大ヒットしチャート1位を獲得、続く「恋はヤセがまん」(en:Big Girls Don't Cry (The Four Seasons song))「恋のハリキリボーイ」(en:Walk Like a Man (The Four Seasons song))も全米1位を獲得すると、テレビ出演やホールコンサートを重ね、バンドは一躍大スターへと駆け上がるのであった。しかし仕事が忙しくなった影響でフランキーは自宅を空けがちになり、生活が荒れる妻メアリーとの仲が急速に悪化、離婚に至ってしまうのだった。

人気番組エド・サリバンショー出演の際に、高利貸しのノーマンが取り立てに現れた。トミーが用意した資金はマフィア絡みの高利貸しからの借金で、バンドの税金支払い用の貯蓄を使い込むなど金遣いの荒いトミーの借金は15万ドルにまで膨らんでいたのである。トミーの素行の悪さは多くの問題を露呈し始めており、無銭宿泊でバンドメンバー全員が拘留される原因を作っても、初めての逮捕にショックを受けるボブに対して悪びれる素振りも見せなかった。さらにバンド取材で知り合いフランキーの恋人となっていた女性記者ロレインに手を出そうと口説いてきた事でフランキーの怒りを買う。ニックもホテルの同室で傍若無人に振る舞うトミーへの我慢が限界に来ていた。一方トミーは、フランキーとボブが個人的に契約を交わしている事を裏切りと感じていた。フランキーは借金問題の解決のためにデカルロに助けを求めると、デカルロの介入で話し合いの場が設けられたが、トミーはその借金以外にも50万ドル以上もバンドの口座に手を付けていた事が発覚。その多額の借金は、バンドの成功を守るためだとフランキーが肩代わりをする事におさまる一方、ニックはバンドからの脱退を宣言、トミーは金を貸したマフィア達の監視の行き届くラスベガスから出られない身となる。

残ったフランキーとボブは返済に向けてバンドの再出発を開始、新メンバーを入れるなどし年間200日のステージを重ねるが、元妻メアリーから、娘フランシーンが家出や薬に手を出すほど道を踏み外してしまっている事を聞く。歌手になる夢と才能を持った娘を立ち直らせるために力を貸す約束をするフランキーだったが、やっと借金を完済する頃、フランシーンが薬物の多量接種がたたり命を落としてしまう。激しく落ち込むフランキーに、ボブは新曲を手渡す。この曲こそ、後世まで語り継がれるあの名曲「君の瞳に恋してる」であり、この曲を歌うフランキーは観衆から大喝采を受け涙するのであった。

それから23年、「ロックの殿堂」で表彰を受ける事になったフォーシーズンズは表彰式の会場で再会を果たす。フランキーとトミーもお互いの再会を祝福し、25年ぶりに4人揃ってステージを立つと、その声が重なった時、4人はまるで若い頃に帰ったように心を重ね歌うのであった。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

製作[編集]

2010年、グレアム・キングのGKフィルムはブリックマンおよびエリスによる脚本でミュージカルの映画化権を獲得した[3][4]。2012年8月までにジョン・ファヴローが監督として契約し、キャスティングが始まった[5]。2012年11月、『バラエティ』誌はワーナー・ブラザースが映画化から手を引いたと伝えた[6][7]が、2013年5月、フォー・シーズンズのリード・シンガーのフランキー・ヴァリはインタビューで、映画の製作は進行中であり自身の役のキャスティングに関わると語った[8]

受賞[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Jersey Boys (2014)” (英語). Box Office Mojo. 2014年9月20日閲覧。
  2. ^ キネマ旬報」2015年3月下旬号 73頁
  3. ^ Broadway Musical ‘Jersey Boys’ to Get Big-Screen Movie”. Fandango.com. 2013年5月31日閲覧。
  4. ^ Fleming, Mike. “Graham King Wins Fevered Film Rights Auction To Broadway Hit 'Jersey Boys'”. Deadline.com. 2013年5月31日閲覧。
  5. ^ Jersey Boys - Broadway (2012年8月8日). “''Iron Man'' Director Jon Favreau Set to Helm ''Jersey Boys'' Film”. Broadway.com. 2013年5月31日閲覧。
  6. ^ Warner Bros. puts 'Jersey Boys' into turnaround”. Variety (2012年11月1日). 2013年5月31日閲覧。
  7. ^ ''Jersey Boys film dropped by Warners''”. Uk.movies.yahoo.com (2012年11月2日). 2013年5月31日閲覧。
  8. ^ Frankie Valli Talks 'Jersey Boys' Movie Rumors, L.A. Show with The Four Seasons and more”. K-EARTH (2013年5月1日). 2013年6月12日閲覧。
  9. ^ “【報知映画賞】イーストウッド監督、海外作品賞「名誉と感謝」”. スポーツ報知. (2014年11月28日). http://www.hochi.co.jp/entertainment/feature/hochi_eigashou/20141127-OHT1T50332.html 2014年12月1日閲覧。 
  10. ^ 2014年 第88回キネマ旬報ベスト・テン”. KINENOTE. 2015年1月8日閲覧。
  11. ^ “「そこのみにて光輝く」が日本映画1位…キネマ旬報ベスト・テン”. スポーツニッポン. (2015年1月8日). http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2015/01/08/kiji/K20150108009593960.html 2015年1月8日閲覧。 
  12. ^ 第38回日本アカデミー賞最優秀賞発表!、日本アカデミー賞公式サイト、2015年1月18日閲覧。
  13. ^ 第57回ブルーリボン賞が決定!佐々木蔵之介『超高速!参勤交代』が作品賞!”. シネマトゥデイ (2015年1月23日). 2015年1月23日閲覧。
  14. ^ “「そこのみにて光輝く」6部門制す おおさかシネフェス”. 大阪日日新聞. (2015年1月31日). オリジナル2015年2月3日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20150203093835/http://www.nnn.co.jp/dainichi/news/150131/20150131035.html 2015年2月4日閲覧。 
  15. ^ 第10回おおさかシネマフェスティバル受賞者決定!!”. おおさかシネマフェスティバル実行委員会. 2015年1月4日閲覧。

外部リンク[編集]