グレゴリー・ウォルコット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
グレゴリー・ウォルコット
Gregory Walcott
Gregory Walcott
本名 バーナード・マトックス
Bernard Mattox
生年月日 (1928-01-13) 1928年1月13日
没年月日 (2015-03-20) 2015年3月20日(87歳没)
出生地 ノースカロライナ州ウェンデル
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
職業 俳優
配偶者 バーバラ (1954年 - 現在)
主な作品
『プラン9・フロム・アウタースペース』

グレゴリー・ウォルコット(Gregory Walcott, 1928年1月13日 - 2015年3月20日)はアメリカ合衆国の俳優である。エドワード・D・ウッド・Jr.1959年に制作したSF失敗作『プラン9・フロム・アウタースペース』に主演したことで最もよく知られている。

若年期・経歴[編集]

バーナード・マトックス(Bernard Mattox)を本名とするウォルコットは1928年1月13日、ノースカロライナ州ウェンデル英語版に生まれ、同州のウィルソンで育った。 アメリカ陸軍に所属した後に彼は映画『愛欲と戦場英語版』に教練教官(Drill instructor)として出演し、そして1955年に戦争を主題とした名作『ミスタア・ロバーツ』では憲兵役でヘンリー・フォンダと共演の後、『ミッドウェイ』にも登場した。

ウォルコットは多数のテレビシリーズに登場しており、その多くは西部劇の『ボナンザ』(7回出演)、『マーベリック』、『幌馬車隊英語版、『アリゾナ警備隊26人の男英語版』、『ララミー牧場』、『ライフルマン』等で、『ローハイド』でのいくつかのエピソードへの出演により彼とクリント・イーストウッドとの長きに渡る共演が始まった。ウォルコットはイーストウッドの映画の『サンダーボルト』、『アイガー・サンクション』、『シノーラ』、および『ダーティファイター』で役柄を得ている。

彼はまた、1961年から翌年までNBCのテレビシリーズ『87分署シリーズ』にロジャー・ハヴィランド三級刑事として出演していた。ウォルコットは『ダラス』や『ジェシカおばさんの事件簿』を含む多くの人気テレビシリーズにゲスト出演を繰り返す。

彼の他の映画での仕事はダニー・ケイとのコメディ『ダニー・ケイの替え玉作戦英語版』やリー・マーヴィン主演の暴力ドラマ『ブラック・エース英語版』、また24歳のスティーヴン・スピルバーグが監督した追跡劇『続・激突!/カージャック』とが挙げられる。ウォルコットは、主演のサリー・フィールドオスカー像を獲得した1979年の映画『ノーマ・レイ』で保安官役を演じた。また彼は、ティム・バートン監督、ジョニー・デップ主演の、1994年の伝記映画『エド・ウッド』でカメオ出演に快く応じている。

ウォルコットは『プラン9』への出演を長い間後悔していたが、2000年9月10日の『ロサンゼルス・タイムズ』のインタービューに、「何かで覚えられているほうが何もないよりずっとましだと思わないかい?」と答えている[1]

2015年3月20日、老衰により自宅で死去。[2]87歳没。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1952 赤い空
Red Skies of Montana
ランディ・オニール クレジットなし
壮烈第一海兵隊・向う見ず海兵隊
Battle Zone
小銃手 クレジットなし
決戦攻撃命令
Above and Beyond
バーンズ クレジットなし
1955 愛欲と戦場
Battle Cry
ジム・ベラー
荒野の貴婦人
Strange Lady in Town
スカンロン
ミスタア・ロバーツ
Mister Roberts
沿岸警備隊
マッコーネル物語
The McConnell Story
第一憲兵
軍法会議
The Court-Martial of Billy Mitchell
ハワード・ミリカン クレジットなし
1956 スカートをはいた中尉さん
The Lieutenant Wore Skirts
スウィーニー
早射ち二連銃
Thunder Over Arizona
マーク・ウォーレン
1958 ならず者の街
Badman's Country
バット・マスターソン 日本劇場未公開
1959 プラン9・フロム・アウタースペース
Plan 9 from Outer Space
ジェフ・トレント
1961 ダニー・ケイの替え玉作戦
On the Double
ロック・ハウストン
硫黄島の英雄
The Outsider
カイリー
1963 ニューマンという男
Captain Newman, M.D.
ハワード
1969 青春の光と影
Changes
ビジネスマン/インタビュアー クレジットなし
1972 ブラック・エース
Prime Cut
ウィーニー
シノーラ
Joe Kidd
ミッチェル保安官
自転車紳士西部を行く
Man of the East
ブル・シュミット 日本劇場未公開
1973 ラスト・アメリカン・ヒーロー
The Last American Hero
クレイヴ・モーリー
1974 続・激突!/カージャック
The Sugarland Express
アーニー・マッシュバーン巡査
サンダーボルト
Thunderbolt and Lightfoot
中古車セールスマン
1975 アイガー・サンクション
The Eiger Sanction
ポープ
1976 ミッドウェイ
Midway
エリオット・バックマスター大佐
1978 ダーティファイター
Every Which Way but Loose
パットナム
1979 ノーマ・レイ
Norma Rae
ラマー・ミラー
1987 タイムトラぶラー
House II: The Second Story
保安官
1994 エド・ウッド
Ed Wood
後援者 カメオ出演

参照[編集]

  1. ^ Downey, Mike (2000年9月10日). “When Bad Gets Good”. latimes.com. pp. 2. 2009年9月27日閲覧。
  2. ^ エド・ウッド“史上最低映画”の主演俳優、死去 シネマトゥデイ 2015年3月23日閲覧

外部リンク[編集]