ミスタア・ロバーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ミスタア・ロバーツ
Mister Roberts
Mister Roberts (1955 movie poster).jpg
監督 ジョン・フォード
マーヴィン・ルロイ
脚本 フランク・ニュージェント
ジョシュア・ローガン
製作 リーランド・ヘイワード
出演者 ヘンリー・フォンダ
ジェームズ・キャグニー
ジャック・レモン
音楽 フランツ・ワックスマン
撮影 ウィントン・C・ホック
編集 ジャック・マレイ
配給 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗 1955年7月30日
日本の旗 1955年12月4日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
次作 ミスタア・パルバー
テンプレートを表示

ミスタア・ロバーツ』(Mister Roberts)は1955年製作のアメリカ映画ワーナー・ブラザース配給。コメディ。ジャック・レモンがアカデミー助演男優賞を受賞した。

原作はトーマス・ヘッゲン(Thomas Heggen)の小説で、その小説を元に制作された1948年のブロードウェイ劇がこの映画の元になっている。

フォンダは撮影開始前から演出を担当したフォードのやり方に満足できず、終いにフォンダが彼の演出が間違っていると非難し、怒ったフォードはフォンダを殴ったというエピソードがある。

ストーリー[編集]

太平洋戦争中、海軍のオンボロ輸送艦「バケツ号」が舞台。専制的な艦長の下、副長のロバーツ(ヘンリー・フォンダ)はじめ乗組員たちは、戦線に参加できず退屈で艦長のしごきに耐え続ける生活を送っていた。

たまたま寄港地でWAVE(女性海軍兵士)たちの着替えを覗きができる場所に停泊する。そのWAVEたちが艦を見学することになり、彼女らに消毒用アルコールを(ウイスキーと偽って)飲ませようとパルバー(ジャック・レモン)は算段する。だがパルバーの不手際により、覗き行為がWAVEたちにばれてしまって全てご破算となる。

次の寄港地に着こうという時、ロバーツは艦長といさかいを起こし、転属願いを出そうとするが、「転属願いを出さず、また今後一切艦長に逆らわない」と言う条件と引き換えに、乗員の一時上陸を許可するよう艦長に詰め寄る。許可する艦長だが、上陸して浮かれた乗組員たちは乱痴気騒ぎを起こし、結局上陸許可は一晩と経たずに取り消される。

以後、艦長の手先となってしまったロバーツに、乗組員たちは反感を向ける。艦に居場所が無くなったロバーツは、腹いせに艦長が唯一愛しているヤシの鉢植えを海に捨ててしまう。深夜に非常呼集をかける艦長。しかしそれを通して乗組員たちは、上陸許可を出させたのがロバーツであったのを知り、そして艦長は転属を許可する。

しばらくして、バルバーほか乗組員宛にロバーツから明るい手紙が届く。だがその手紙には紙片が添えられていた。その紙片には、ロバーツが日本軍の神風攻撃で戦死した旨が書かれていたのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日 NHK
ミスタア・ロバーツ ヘンリー・フォンダ 瑳川哲朗 山本耕一
キャプテン ジェームズ・キャグニー 近石真介
ドック ウィリアム・パウエル 宮川洋一
パルバー ジャック・レモン 愛川欽也
マニオン フィリップ・キャリー 羽佐間道夫
ダウディ ワード・ボンド 雨森雅司
インシグニア ロバート・ローク 肝付兼太
ドーラン ケン・カーティス 納谷六朗
ステファスキー ハリー・ケリー・ジュニア 石森達幸
ベッツィ・パーマー
グレゴリー・ウォルコット
マーティン・ミルナー
  • テレビ朝日版:初回放送1974年6月30日「日曜洋画劇場
  • NHK版:初回放送1971年7月10日「劇映画」

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

受賞
アカデミー助演男優賞ジャック・レモン
ノミネート
アカデミー作品賞リーランド・ヘイワード
アカデミー録音賞ウィリアム・A・ミューラー

外部リンク[編集]