三人の名付親

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
三人の名付親
3 Godfathers
監督 ジョン・フォード
脚本 ローレンス・ストーリングス
フランク・S・ニュージェント
原案 ピーター・B・カイン
製作 ジョン・フォード
メリアン・C・クーパー
出演者 ジョン・ウェイン
ペドロ・アルメンダリス
ハリー・ケリー・ジュニア
ワード・ボンド
音楽 リチャード・ハーゲマン
撮影 ウィントン・C・ホーク
編集 ジャック・マレイ
製作会社 Argosy Pictures
配給 メトロ・ゴールドウィン・メイヤー
公開 アメリカ合衆国の旗 1948年12月1日
日本の旗 1953年5月20日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
テンプレートを表示

三人の名付親』(さんにんのなづけおや、3 Godfathers)は1948年に製作されたアメリカ映画

ストーリー[編集]

西部の三人のならず者たち、ボブ、ピート、キッドは銀行襲撃に失敗し、灼熱の砂漠に逃亡した。保安官スイートの追撃を受け、命の綱の水を求めてさすらう中で、三人は打ち捨てられた馬車の瀕死の母親(実は保安官の姪)から、赤ん坊を託され、名付け親となった。追っ手を避け、赤子の命を救おうと苦闘し、砂漠をさすらう三人はいつしか一冊の聖書に導かれ、贖罪の旅に足を踏み入れるのだった。やがてピートとキッドは旅の途中で死ぬが、二人の思いを受け継ぎ、赤子を抱き、歩き続けるボブを、幻となって現れ励まし続ける。保安官スイートは、三人が姪を殺したと誤解したまま、復讐の念に燃え三人を追うが、精根尽き果てて酒場にたどり着いたボブ・ハイタワーの姿に、思いもしなかった結末を迎える。

スタッフ[編集]

  • 監督:ジョン・フォード
  • 脚本:ローレンス・ストーリングス、フランク・S・ニュージェント
  • 製作:ジョン・フォード、メリアン・C・クーパー
  • 原作:ピーター・B・カイン
  • 撮影:ウィントン・C・ホーク
  • 編集:ジャック・マレイ
  • 音楽:リチャード・ハーゲマン

キャスト[編集]

解説[編集]

  • 本作はクリスマス時期の興行を目的として製作された、宗教的要素の強い映画である。
  • カリフォルニア州モハーベ砂漠で、32日間のロケ撮影が行われた。
  • 本作は、同じくジョン・フォード監督による、同一原作を元にした1919年の無声映画『恵みの光(Marked Man)』のリメイク作品であり、1947年に亡くなった旧作の主演者ハリー・ケリーに捧げられている。なお、『恵みの光』のフィルムは現存しないとされている。
  • 旧作の主演者ハリー・ケリーはジョン・フォードの盟友であり、ハリーへの追悼と、その息子であるハリー・ケリー・ジュニアを世に出すということを目的に製作された作品でもある。
  • ピーター・B・カインによる原作は何度も映画化されており、上記『恵みの光』以外にも同じくジョン・フォード監督による『光の国へ』、『三人の父親』、『ブロンコ・ビリーと赤ん坊』、ウィリアム・ワイラー監督の『砂漠の精霊』などが『三人の名付親』以前に製作された。
  • 日本で発売されているDVDの中には『三人の名付親』と邦題表記しているものもある[1]

関連作品[編集]

この映画をベースにして作成された作品に以下のものがある。

参考文献[編集]

  1. ^ 三人の名付け親 [DVD] FRT-133”. Amazon.co.jp. 2014年3月17日閲覧。

外部リンク[編集]