リバティ・バランスを射った男

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
リバティ・バランスを射った男
The Man Who Shot Liberty Valance
The Man Who Shot Liberty Valance.jpg
映画のポスター
監督 ジョン・フォード
脚本 ジェームズ・ワーナー・ベラ
ウィリス・ゴールドベック
製作 ジョン・フォード
ウィリス・ゴールドベック
出演者 ジョン・ウェイン
ジェームズ・ステュアート
ヴェラ・マイルズ
リー・マーヴィン
音楽 シリル・J・モックリッジ
アルフレッド・ニューマン
撮影 ウィリアム・H・クローシア
編集 オソー・ラヴァリング
配給 ジョン・フォード・プロダクション
パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1962年4月22日
日本の旗 1962年8月4日
上映時間 123分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

リバティ・バランスを射った男』(The Man Who Shot Liberty Valance)は、1962年製作のアメリカ映画ジョン・フォード監督作品。

概要[編集]

モンタナ州立大学教授ドロシー・M・ジョンソン1949年に書いた同名小説をジェームズ・ワーナー・ベラとウィリス・ゴールドベックが共同脚色した異色西部劇映画。クライマックスの決闘のシーンを終盤に持って来ず中盤で行い、終盤で決闘シーンの謎解きの種明かしを行うという前代未聞の展開を持つ作品である。また、ジョン・ウェインジョン・フォードがコンビで製作した最後の西部劇映画でもある。

この作品でリバティ・バランスを演じたリー・マーヴィンは、元来悪役専門のイメージが強かったが本作で主演のジョン・ウェインと渡り合う演技を見せつけ悪役のイメージを払拭する事に成功し、一躍注目されスターダムにのし上がった。

なお、バート・バカラック作曲、ハル・デヴィッド作詞で、ジーン・ピットニーが歌ってヒットさせた『リバティ・バランスを射った男』は、この映画のために作られた楽曲であるが、作中では使われていない。

あらすじ[編集]

上院議員ランスが西部の田舎町シンボンにやって来たのは、牧場主トムの葬儀に出るためだった。25年前、ランスは新米の弁護士で、この町で開業しようとしたが、荒くれ者リバティに身ぐるみはがされたのであった。美人のハリーが給仕を勤めるレストランで介抱されたが、この町では銃が必要と言うトムには正義感から耳を貸さなかった。

しかし、報道の自由の志を持つ編集長ピーポディがリバティ一味に襲われると、リバティと対決すべくトムに射撃を習った。町から代議員を選出するときリバティも名乗り出たがランスが選ばれ、町の嫌われ者リバティは面白くなかった。

一方、トムはハリーとの結婚を夢見て新居を建てているところであったが、ハリーがランスを介抱する姿を見てハリーの恋心を感じとった。リバティとの決闘でランスは見事に仕留めた。その後ランスはハリーと結婚し、リバティ・バランスを射った男として政界を登りつめるが。

キャスト[編集]

日本語吹替:初回放送1971年9月10日 フジテレビ『ゴールデン洋画劇場

スタッフ[編集]

主な受賞歴[編集]

アカデミー賞[編集]

ノミネート
アカデミー衣裳デザイン賞 (白黒部門)イーディス・ヘッド

外部リンク[編集]