ヘンリー・ハサウェイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヘンリー・ハサウェイ
Henry Hathaway
本名 Henri Leonard de Fiennes
生年月日 (1898-03-13) 1898年3月13日
没年月日 (1985-02-11) 1985年2月11日(86歳没)
出生地 カリフォルニア州サクラメント
死没地 カリフォルニア州ハリウッド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国

ヘンリー・ハサウェイ(Henry Hathaway, 1898年3月13日 - 1985年2月11日)は、アメリカ合衆国カリフォルニア州サクラメント出身の映画監督・プロデューサー。冒険活劇や西部劇、フィルムノワールの分野で活躍した。

略歴[編集]

両親ともに俳優。1925年からヴィクター・フレミングジョセフ・フォン・スタンバーグの元でアシスタントを務めるようになる。

1932年、西部劇である『砂漠の遺産』の監督としてデビュー。これはランドルフ・スコットの初主演映画である。その後もランドルフ・スコットとはコンビを組み、計7本の西部劇(『砂漠の遺産』『白馬王国』『最後の一人まで』『燃ゆる山道』『森の男』『轟く天地』『国境の狼群』)と、1本のコメディ(『浮気名女優』)を制作。

途中から平行してゲイリー・クーパーと組んだ作品を制作するようになる。ゲイリー・クーパーと組んだ代表作ではメロドラマの『永遠に愛せよ』、冒険活劇の『ベンガルの槍騎兵』と『暁の討伐隊』、少し後年の1954年にシネマスコープ西部劇『悪の花園』がある。『ベンガルの槍騎兵』ではアカデミー監督賞にノミネートされた。

1936年のヘンリー・フォンダ主演の西部劇『丘の一本松』はテクニカラーで最初に野外撮影された作品、1941年の西部劇『丘の羊飼い』はジョン・ウェイン初のテクニカラー作品である。

1940年代にはセミ・ドキュメンタリーにも分類されるフィルム・ノワールを幾つか制作した。その1つ目の作品である1945年の『Gメン対間諜』はセミ・ドキュメンタリーの始祖的な作品とされている。ニューヨークで野外撮影した1947年の『死の接吻』はフィルム・ノワール全体の中からも傑作と見なされている。リチャード・ウィドマークはこの作品がデビュー作であり、その鮮烈な殺し屋の演技でアカデミー助演男優賞にノミネートされた。翌1948年のジェームズ・ステュアート主演の『出獄』や、1951年の『Fourteen Hours』も、この時期の代表的傑作である。

晩年にかけてはジョン・ウェインと組むことが最も多くなる。1957年のサハラ砂漠が舞台の異色冒険活劇『失われたものゝ伝説』はジョン・ウェインの主宰するバトジャック・プロの第1回作品である。独自の雄大で大らかな西部劇の作風が始まったといえる1960年の『アラスカ魂』はジョン・ウェインとキャプシーヌを共演させた。ニコラス・レイフィリップ・ヨーダンの原案を、ベン・ヘクトが脚色した、サミュエル・ブロンストン製作の1964年の大作『サーカスの世界』をフランク・キャプラに代わって完成させる。1965年の『エルダー兄弟』はジョン・ウェインが肺がん手術後の復帰作で、大ヒットを記録した。そして1969年の『勇気ある追跡』ではジョン・ウェインにアカデミー主演男優賞をもたらした。

西部劇、冒険活劇、ノワール、スパイ映画、戦争映画、歴史劇、コメディ、サスペンス、ミステリー様々なジャンルを精力的にこなし、ハリウッドのスタジオからは重宝された。一方で娯楽映画を作り続けた職人監督であるがためか、ハサウェイ個人そのものには省みられず、評論家からは無視されたが、2001年に映画研究家のRudy Behlmerが『Henry Hathaway』として評伝を出版している。

遺作は1974年の『Hangup』、最後の西部劇は1971年の『新・ガンヒルの決斗』である。この作品の原題は『Shoot Out』でジョン・スタージェスの『ガンヒルの決斗』との関連性は全くない。グレゴリー・ペック主演で、6歳の少女とガンマンの交流を描く、『勇気ある追跡』の延長線上にある西部劇である。

その他[編集]

ハワード・ホークスとは盟友であり、ホークスの『リオ・ブラボー』で共演したジョン・ウェインとディーン・マーティンを『エルダー兄弟』で再共演させたり、ホークスの『エル・ドラド』でジョン・ウェインと共演したロバート・ミッチャムを、『5枚のゲーム』でディーン・マーティンと共に起用している。

リメイクされた作品として『死の接吻』が1995年にニコラス・ケイジ主演で『死の接吻』として、『エルダー兄弟』が2005年にマーク・ウォールバーグ主演で『フォー・ブラザーズ/狼たちの誓い』として、『勇気ある追跡』が2010年にコーエン兄弟監督によって『トゥルー・グリット』として、それぞれリメイクされた。

主な監督作品[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]