ガンヒルの決斗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ガンヒルの決斗
Last Train from Gun Hill
監督 ジョン・スタージェス
脚本 ジェームズ・ポー
製作 ハル・B・ウォリス
出演者 カーク・ダグラス
アンソニー・クイン
音楽 ディミトリ・ティオムキン
撮影 チャールズ・ラング
配給 パラマウント映画
公開 アメリカ合衆国の旗 1959年7月29日
日本の旗 1959年11月3日
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
興行収入 $2,500,000 (北米)[1]
テンプレートを表示

ガンヒルの決斗』(がんひるのけっとう、原題: Last Train from Gun Hill)は、1959年アメリカ合衆国の映画

概要[編集]

レス・クラッチフィールドの原作を「八十日間世界一周」の脚色で有名なジェームズ・ポーシナリオに仕立て、「OK牧場の決斗」のジョン・スタージェスが監督した西部劇。2年前に製作された「OK牧場の決斗」のスタッフがほぼそのまま再結集している。なお、著作権表示欠落によりパブリックドメインとなっている。「新・ガンヒルの決斗」という作品もあるが、「ガンヒルの決斗」とは全く関係の無い作品である。

ストーリー[編集]

森の中で2人のチンピラがインディアンの女を強姦し殺害する。女は子連れで、子供は難を逃れチンピラの馬を奪って保安官である父のもとに逃げ帰る。保安官は馬の鞍を見て、その持ち主がかつての親友であることに気付く。そして今では牧場主でガンヒル一帯を仕切る親友に会うため保安官は列車に乗る。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹き替え

脚注[編集]

  1. ^ "1959: Probable Domestic Take", Variety, 6 January 1960 p 34

外部リンク[編集]