ノーマ・レイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ノーマ・レイ
Norma Rae
監督 マーティン・リット
脚本 アーヴィング・ラヴェッチ
ハリエット・フランク・Jr
製作 タマラ・アセイエフ
アレックス・ローズ
出演者 サリー・フィールド
ロン・リーブマン
音楽 デヴィッド・シャイア
撮影 ジョン・A・アロンゾ
編集 シドニー・レヴィン
配給 アメリカ合衆国の旗 20世紀フォックス
日本の旗 20世紀フォックス
公開 アメリカ合衆国の旗 1979年3月2日
日本の旗 1979年9月29日
上映時間 119分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

ノーマ・レイ』(Norma Rae)は、1979年公開のアメリカ映画。社会派ドラマ。

第52回アカデミー賞では作品賞を含む4部門にノミネートされ、主演女優賞、歌曲賞を受賞[1]サリー・フィールドは、カンヌ国際映画祭女優賞も受賞[2]

ストーリー[編集]

アメリカ南部の田舎町。ふたりの子どもを育てながら、紡績工場で働くシングルマザー、ノーマ・レイ(サリー・フィールド)は、目標もなく、日々の生活に追われながらも、両親と共に平凡に暮らしていた。ある日、全米繊維産業労働組合から派遣されてきたルーベン・ワショフスキー(ロン・リーブマン)と出会う。各地を訪問し、工場に労働組合を結成しようとするルーベンの知的な生き方に関心を持ったノーマはルーベンに少しずつ影響を受けてゆく。

その頃ノーマは同じ工場で働く、子連れのソニー・ウェブスター(ボー・ブリッジス)と出会い、結婚し3人の母親となる。

ある日の工場内で、ルーベンの勇気ある行動に共感を覚えたノーマは、労働組合の結成活動に参加し、行動を始める。そして工場経営幹部の執拗な妨害と戦いながら、ルーベンとノーマはついに工場に労働組合を設立する投票で過半数を勝ち取る。

目的を達成したルーベンとノーマは友情と絆を感じながらも、別れを告げノーマが見送る中、ルーベンは車で去ってゆく。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『アカデミー賞のすべて』357頁。共同通信社、2007年4月9日発行。
  2. ^ 『映画検定 公式テキストブック』216頁。キネマ旬報映画総合研究所編、2009年3月30日改訂版。

参考資料[編集]

  • DVD 『ノーマ・レイ』20世紀フォックス ホームエンターテインメント ジャパン。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]