警部マクロード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
警部マクロード
ジャンル 警察ドラマ
製作者 ハーマン・ミラー
出演者 デニス・ウィーバー
J・D・キャノン
テリー・カーター
ケン・リンチ
コンポーザー デヴィッド・シャイア
スチュ・フィリップス
フランク・デ・ヴォル
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 7
話数 46 (+1 TV movie) (エピソード一覧)
製作
製作総指揮 グレン・A・ラーソン
レスリー・スティーヴンス
撮影監督 ジョン・M・スティーヴンス
ベン・コールマン
ソル・ネグリン
放送時間 120分(20本)
90分(19本)
60分(6本)
番組販売会社 ユニバーサル・テレビジョン
放送
放送局 NBC
放送期間 1970年9月16日 – 1977年4月17日
現況 終了

警部マクロード』(けいぶマクロード、英:McCloud)は、1970年から1977年までアメリカNBCで放送されたテレビドラマ。120分枠のパイロット版1話と、60分枠版6話、90・120分枠版39話が制作され、日本では60分枠版が1974年テレビ朝日から「マクロード警部」のタイトルで、90・120分枠版が1975年から1977年にかけてNHKから「警部マクロード」のタイトルで放送された。

概要[ソースを編集]

本シリーズは、デニス・ウィーバー演ずるニューメキシコ州タオス保安官補サム・マクロードの活躍を描く(邦題では、アメリカの警察制度になじみのない視聴者のために、警部とされている)。マクロードは、ニューヨーク市警に研修に来ており、カウボーイハットとシープスキンのジャケット姿で、大騒動を引き起こしながらも事件を解決していく。上司のクリフォードは、そんなマクロードの力量は認めながらも、破天荒な行動に振り回されるのが常だった。

本シリーズのオリジナルは、1968年の映画「マンハッタン無宿」である。クリント・イーストウッド演ずるアリゾナ州の保安官補クーガンが、ニューヨークで大活躍する内容だったが、これがヒットしたため、同映画を制作したユニバーサル映画は、テレビドラマ化を企画する。だが、イーストウッドの「ダーティハリー」(1971)出演が決まったことから、主役をデニス・ウィーバーに変更。「マンハッタン無宿」の脚本を書いたハーマン・ミラーが、ニューメキシコ州の保安官補に設定を変えて誕生したのが、サム・マクロードのキャラクターだった。

第1作は、1970年の120分枠テレビ映画(パイロット版)「マクロード警部~ミス・アメリカ殺人事件」( "Portrait of a Dead Girl" または "Who Killed Miss U.S.A?" )で、ニューヨークに護送中の証人に逃げられたマクロードが、殺人事件に巻き込まれる物語。脚本は「刑事コロンボ」のクリエーターであるリチャード・レヴィンスンとウィリアム・リンクが書いており、ミステリー色の濃い内容になっていた。作品自体高い評価を受けてプライムタイム・エミー賞 作品賞 (ミニシリーズ部門)にノミネートされた。日本では、1973年12月15日にテレビ朝日系「土曜映画劇場」で放映されている。

パイロット版が好評だったため、同年に60分のドラマ枠「フォー・イン・ワン」( "Four in One" )でのレギュラー放送が開始。「フォー・イン・ワン」は、週替わりで四つのドラマ・シリーズを放送する番組で、他の三つは「サンフランシスコ大空港」、「四次元への招待」、「ドクター・ホイットマン」であった。日本では、この60分版は「マクロード警部」のタイトルで、他の三番組とともにテレビ朝日で放送されている(ただし、週替わりではなく別番組として放映)。

この「フォー・イン・ワン」の枠は、翌1971年から90分枠(1972年からは120分枠)に拡大して「NBCミステリー・ムービー」("NBC Mystery Movie" )となり、「警部マクロード」と「刑事コロンボ」、「署長マクミラン」、「Hec Ramsey」(この4作品目がなかなか定着せず、後に「マッコイと野郎ども」さらに「Dr.刑事クインシー」と替わる)が週替わりで放送されるようになった。日本では、この拡大版「警部マクロード」と他の番組は、NHKから放送されている(やはり週替わりではなく、それぞれがまとめて連続放送された)。

日本語版の吹き替えは、テレビ朝日とNHKでは声優が異なっており、NHK版でマクロードを担当したのは、宍戸錠だった。宍戸は、小林旭主演の和製ウェスタン「渡り鳥シリーズ」で "エースの錠" を演じており、マクロードの声もはまり役となった。NHK版は声の出演が豪華で、脇役まで有名俳優が声を吹き替えた。宍戸錠が最初の頃、吹き替えに慣れておらずそれをカバーするためだと思われる。

シリーズのヒットにより、研修に来たはずのマクロードは、足かけ7年もニューヨークに滞在することとなった。放送終了後も人気は衰えず、1989年には続編のスペシャル版「帰ってきた警部マクロード」( "The Return of Sam McCloud" )が制作・放映された。

レギュラー[ソースを編集]

  • サム・マクロード - ニューメキシコ州タオス警察のマーシャル(副保安官)。父は州都アルバカーキで検事をしていた(「シドニーの鮫」にそのエピソードが出てくる)。デニス・ウィーバーは第1作放映時46歳だったが、設定は30代くらいか。独身で、酒を飲まない。クリス・コフリンが恋人だが、その時々のゲスト女優と恋におちてしまうことがある。
  • ピーター・B・クリフォード - ニューヨーク市警察刑事部長。第二次大戦では戦闘機に乗っていた。妻も何度か登場。
  • ジョー・ブロードハースト - 黒人警官。妻がいる。
  • シムズ - 60歳くらいの警官。
  • フィリス - 女性警官。
  • クリス・コフリン - ニューヨーク市警察本部長の姪でジャーナリスト。マクロードの恋人。

キャスト[ソースを編集]

レギュラー

ゲスト声優

スタッフ[ソースを編集]

作品一覧[ソースを編集]

初期作品 日付は日本放送日

  • ミス・アメリカ殺人事件 Who Killed Miss U.S.A.? 1973/12/15.テレビ朝日土曜映画劇場」 …シリーズとしてのスタート作。
  • 裏町の怪盗 The Million Doller Round Up 1975/1/4
  • ニューヨークのわな Top of the World, Ma! 1/11
  • ニューメキシコの顔 The New Mexican Connection 1/18
  • コロラド大追跡 The Colorado Cattle Caper 1/25 歌手ジョン・デンバーがゲスト。
  • はだしのスチュワーデス The Barefoot Stewardess Caper 2/1 ブリット・エクランドがゲスト。
  • 潜入捜査 The Park Avenue Rustlers 2/8
  • セントラルパークの対決 Showdown at the End of the World 2/15
  • 赤い死のマーク The Solid Gold Swingers 2/22(『警部マクロード3/消えた死体』)
  • ハワイ出張始末記 A Cowboy in Paradise 3/1
  • もう一人の演奏者 Fifth Man in a String Quartet 3/8 (ウィーバーの息子リックが出演)
  • うわさの四人組 Butch Cassidy Rides Again 3/29 (二見書房『警部マクロード1/殺し』)
  • マンハッタン・ギャング The Gang That Stole Manhattan 4/5
  • カギを握る女 The Barefoot Girls of Bleecker Street 4/19
  • 顔のない肖像 Somebody's Out to Get Jennie 4/26 …全体に哀愁を帯びた異色作。
  • 人質交換 A Little Plot Tranquil Valley 5/3
  • 不吉な当たり番号 5月10日 Shivaree on Delancy Street ダニー・トーマス
  • 組織壊滅作戦 5月17日 The Concrete Jungle Caper ジョセフ・キャンパネラ テリ・ガー
  • 騎馬警官隊大奮戦 6月14日 The 42nd Street Cavalry マーク・リッチマン
  • メキシコ一匹狼 6月28日 Lady on the Run マリエット・ハートリー
  • ブロードウェイへお悔やみを Give My Regrets to Broadway 7/5 ウィーバーの歌声が話題となった。
  • 牡羊座の入れ墨 Encounter with Aries 7/12 
  • ねらわれた男 7月19日 The Dispoal Man ディーン・ハーグローブ
  • 市警本部最悪の日 7月26日 This Must Be Alamo
  • 死を呼ぶカウボーイハット 8月9日 The Nan with the Golden Hat
  • 市警本部大混乱 8月10日 テリ・ガー Return to the Alamo
  • 空中追跡SOS! 8月26日 パット・ヒングル Sharks!

第2シーズン[ソースを編集]

  • 1976年9月18日「帰ってきたマクロード」Three Guns for New York
  • 9月25日「ホテル強盗四人組」 Showdown at Times Square
  • 10月02日「ニューヨークの海賊」Park Avenue Pirates ジェシカ・ウォルター
  • 10月09日「市警本部大攻防戦」 The Day New York Turned Blue
  • 10月30日「シドニーの鮫」Night of the Shark ロイド・ボクナー
  • 11月06日「連続放火」Fire! ダイアナ・マルドー

第3シーズン[ソースを編集]

  • 1977年5月21日「疾走!トラック大部隊」 Bonnie and McCloud
  • 5月28日「クリスマスイブ大混乱」'Twas the Fight Before Christmas...
  • 6月04日「総動員!ニューヨークタクシー」The Great Taxicab Stampede ジョージ・ハミルトン
  • 6月11日「ロンドンの泥棒貴族」London Bridges
  • 7月16日「ニューヨークのドラキュラ」Mcloud Meets Dracula
  • 7月23日「砂漠の陰謀」 Our Man in the Harem
  • 7月30日「モスクワ公演始末記」The Moscow Connection ホイト・アクストン

書籍[ソースを編集]

  • 『警部マクロード1/殺し』:デイヴィッド・ウィルソン著、井上一夫
  • 『警部マクロード2/ニュー・メキシコの顔』:デイヴィッド・ウィルソン著、井上一夫 訳
  • 『警部マクロード3/消えた死体』:デイヴィッド・ウィルソン著、井上一夫 訳
  • 『警部マクロード4/裏町の怪盗』:ダグラス・ヘイズ著、井上一夫 訳
  • 『警部マクロード5/コロラド大追跡』:マイケル・グリースン著、井上一夫 訳

以上、二見書房(サラ・ブックス)刊。絶版。

以下は予告のみで刊行されなかった。

  • 『警部マクロード6/殺し屋稼業』:井上一夫 訳
  • 『警部マクロード7/ニューヨークのわな』:井上一夫 訳
  • 『警部マクロード8/はだしのスチュワーデス』:井上一夫 訳

外部リンク[ソースを編集]