ジョーカー (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ジョーカー
Joker
Joker (2019) logotype.png
監督 トッド・フィリップス
脚本 トッド・フィリップス
スコット・シルヴァー
原作 ボブ・ケイン
(キャラクター創作)
ビル・フィンガー
(キャラクター創作)
ジェリー・ロビンソン
(キャラクター創作)
製作 トッド・フィリップス
ブラッドリー・クーパー
エマ・ティリンガー・コスコフ
製作総指揮 マイケル・E・ウスラン
ウォルター・ハマダ
アーロン・L・ギルバート
ジョセフ・ガーナー
リチャード・バラッタ
ブルース・バーマン
出演者 ホアキン・フェニックス
ロバート・デ・ニーロ
ザジー・ビーツ
フランセス・コンロイ
音楽 ヒドゥル・グドナドッティル[1]
撮影 ローレンス・シャー
編集 ジェフ・グロス
製作会社 ヴィレッジ・ロードショー・ピクチャーズ
配給 アメリカ合衆国の旗日本の旗 ワーナー・ブラザース
公開 アメリカ合衆国の旗日本の旗 2019年10月4日[2][3][4]
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $55,000,000[5]
興行収入 世界の旗 $993,835,635[6]
テンプレートを表示

ジョーカー』(原題:Joker)は、2019年アメリカ合衆国スリラー映画。 監督はトッド・フィリップス、出演はホアキン・フェニックスロバート・デ・ニーロなど。

DCコミックスバットマン』に登場する最強の悪役(スーパーヴィランジョーカーが誕生する経緯を描く。ホアキン・フェニックスがジョーカーを演じる。第76回ヴェネツィア国際映画祭で最優秀作品賞にあたる金獅子賞を受賞した[7][8][9]R15+指定。

ロケ地となったニューヨーク・ブロンクス地区にある階段が観光名所になった[10]

ストーリー[編集]

舞台は1981年、財政難で清掃業者のストライキによって人心の荒むゴッサムシティ。コメディアンを夢見る大道芸人のアーサー・フレックは、不良少年たちからも馬鹿にされて暴行を受けるほど貧困層でも無力な存在。過去には精神病院で隔離された経験を持ち、現在は福祉センターでカウンセリングを受けていた。7種類の精神安定剤を併用するほどの重度で、常に持ち歩いているネタ帳となった日記には、猥褻な写真や乱雑なメモの中に「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」と書き込んでいた。

共に同居する母親ペニーはアーサーを"ハッピー"とあだ名で呼び、以前に家政婦として働いていたウェイン家の主トーマス・ウェインからの返信を日々待っていた。また、アーサーにとって唯一の楽しみは母親と一緒に観るマレー・フランクリン・ショーで、いつか司会者マレー・フランクリン自身から後継者として指名されることを妄想をしている。だが実社会では周囲に溶け込めず、また発作的に笑い出すという病気を患っているために、仕事でも報われない人生を送っていた。

ある日アーサーは、小人のゲイリーに横暴な同僚ランドルから護身用にと拳銃を借り受けとる。事務所の社長からは少年たちに襲撃された事実も信じてもらえず、奪われた看板の料金は給料から差し引くと告げれ、ゴミ置き場で一人怒りを露わにしていた。隣室の未亡人ソフィーとエレベータで話しかけられたことで彼女に好意を寄せるアーサ。だが、小児病棟での慰問中に誤って銃を落としてしまい、さらにランドルが裏切ったことでクビにされてしまう。失意の中、ピエロの格好のまま地下鉄で帰宅するアーサー。女性に絡んでいたウェイン産業の証券マンたちに絡まれ発作が発症し、笑いが止まらなくなるアーサーは、証券マンたちからひどい暴行を受ける。だが反射的に彼らを拳銃で射殺。現場から逃走したアーサーは、言い知れぬ高揚感に満たされ、独り鏡の前で踊りだす。そしてその勢いのまま未亡人ソフィーの元を訪ね、強引にキスをする。

アーサーの起こした地下鉄殺人事件は、貧困層から富裕層への復讐として、ゴッサム市民から支持され始める。だが市長選に立候補している富裕層のトーマス・ウェインは、そんな市民を「ピエロ」と呼んで一蹴。クビになったアーサーは事務所でも同僚にからかわれるが、小人のゲイリーだけは気遣ってくれた。裏切り者のランドルは相変わらず横暴だったが、そんなランドルにアーサーは、銃はランドルからもらったと言い放ち、意気揚々と事務所を後にした。

ようやく人生で自分の存在感を増してきたことを感じ始めたアーサーであったが、財政難によって社会福祉プログラムが削減されてしまい、アーサーはカウンセリングや薬の処方箋を得ることができなくなってしまう。隣室の未亡人ソフィーと仲良くなったアーサーは、コメディアンが夜毎ショーを行うバーへ案内し、初めてコメディアンとして人前に出る。発作で笑いだしながらも、アーサーはショーをやり遂げる。そしてゴッサムの街では、地下鉄殺人犯こそ自警団なのか?という新聞記事が出始め、ソフィーは殺人犯こそゴッサムのヒーローだと言う。アーサーはソフィーとのロマンスに酔いしれていた。

自宅へ戻ったアーサーは、母がトーマス・ウェインへ宛てた手紙を読み、自分がトーマスの隠し子であることを知る。真実を確かめにウェイン邸へ赴いたアーサー。ブルースの危険を察知した執事のアルフレッドから、母親ペニーは妄想癖が強く、自分がトーマスの息子であることは否定される。失意のまま自宅へ戻ると、証券マンたちの殺人事件で調査に来た警察の訪問に驚いたペニーが脳卒中を起こし、救急車で運ばれるところだった。アーサーは刑事たちの詰問を躱し、未亡人ソフィーと共にペニーに付き添うようになる。病室のテレビでマレー・フランクリンの番組が流れ、「ジョーカー」と紹介されたアーサーがバーで行なったショーの映像が流される。アーサーは喜んでいたのもつかの間、憧れていたマレーはアーサーを世間の笑いものにしていた。

テレビでは日々活発になるゴッサム市民によるデモが報道されていた。抗議する市民は皆一様にピエロのメイクをしたりピエロの仮面を被っており、不公平な社会への怒りや富裕層の代表といえるトーマス・ウェインへの憎しみを露わにしていた。だが市民を「ピエロ」と呼んだトーマス本人は釈明もせず、自身がゴッサム市民を救う唯一の希望であると言い張る始末であった。デモ活動に興味を持ったアーサーは、ひょんなことからウェイン・ホールに侵入する。慈善パーティではチャップリンの映画「モダン・タイムス」が上映され、上品に着飾った富裕層が一様に、労働者チャップリンの滑稽さを笑っていた。出席していたトーマスとトイレで対面したアーサー。トーマスを自分の父親と信じて疑わなかったが、ペニーの話は全て作り話だとトーマスから言われ、さらにアーサー自身がペニーの実子ではなく養子だと告げられ、二度とブルースに近づくなとパンチを喰らわされる。過酷な現実に打ちのめされたアーサーは冷蔵庫に引きこもるしかなかった。が翌朝、マレーの番組担当者から番組への出演依頼が届くという転機が訪れる。

アーサーは州立病院へ赴き、ペニーの診断書を無理やり奪い閲覧。そこにはペニーが精神障害を患っていること、アーサーが養子であること、自身の障害はペニーの元恋人による虐待が原因などを示す書類が挟まれており、さらにアーサーへの虐待を放置したことで逮捕されたペニーの新聞記事もはさまれていた。失意に暮れるアーサーはソフィーの家を訪ねるが、ソフィーはアーサーをまるで狂人を見るかのように恐怖に怯える。今までのソフィーとの時間は、全てアーサーが脳内で作り出した妄想であった。最後に信じていた母親からも裏切られたことを知ったアーサーは、「人生は悲劇ではなく喜劇である」と悟り、病室のペニーを窒息死させる。

人生の幕引きはマレーの番組出演中に銃で自殺することとして、当日の流れを入念に練習し始めていた。収録当日、裏には「君の笑顔を愛している TWより」と書かれていた若い頃の母親ペニーの写真を見つける。母親を失ったアーサーを気遣うために、同僚のランドルと小人のゲイリーが自宅に訪れる。だがランドルは相変わらず小人のゲイリーには横暴で、しかも銃のことで警察が自分にも聞き込みを始めたので、アーサーに口裏を合わせてほしいと頼んできた。アーサーは隠し持っていたハサミでランドルを突き刺し殺害。唯一気遣ってくれた小人のゲイリーは逃す。

ピエロのメイクをし、テレビ局へ向かう途中、意気揚々と階段の踊り場で一人ダンスをするアーサー。だが見張っていた刑事たちに追われ地下鉄へと逃げる。デモ活動のピエロたちに紛れこむアーサー。一方追いかける刑事たちは手違いから銃を暴発させ、ピエロの暴徒に襲撃される。まんまと刑事二人を撒いたアーサーは劇場に到着。楽屋で化粧を直すアーサーのところにマレーとディレクターがやってくる。ピエロのメイクに番組のディレクターは懸念するが、アーサーは政治的な意図は無く単なる芸であると答え、マレーを安心させる。マレーから番組の進行や注意点などを説明を受けたアーサーは、「自分を本名ではなく、ジョーカーと紹介してほしい」とマレーに頼む。そして再び、楽屋で独り、番組内で銃で自殺する流れを確認していた。

フランクリン・ショーの生放送が始まり、再び自分の映像が流れ、明らかにマレーはアーサーを笑いものとしていた。ジョーカーとして紹介されたアーサーは始めは自称コメディアンとして振る舞っていた。ネタ帳を持参したアーサーはマレーから馬鹿にされながらも、「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」と自分で書いたページに目を止める。そして過激なジョークを披露するアーサーだったが、マレーからは番組に合わないと言われると、話の流れの中、証券マンたちを殺したのは自分だと告白。

報われない人生で鬱積した怒りを番組内でぶちまけるアーサーは、次第にゴッサムの格差社会を非難し始める。自分のような社会不適合者は、富裕層から奴隷のような存在として蔑まされる存在でしかなく、善悪や笑いの基準も社会的に力ある立場の人間が決めており、トーマス・ウェインも含め世の中は不愉快な連中ばかりだと主張。それに対してマレーは、世の中は不愉快な連中ばかりではないと言う。だがアーサーは、マレー自身も不愉快な富裕層と同じ立場の人間であり、自分を番組に出演させたのはみんなの笑いものにするためだと主張。呆れたマレーは番組を中断させようと、ディレクターに警察を呼ぶよう指示する。アーサーは社会不適合者のジョークを怒りに震えつつ披露しながら、隠し持っていた拳銃でマレーを射殺した。

パニック状態になり逃げ出す観客らをよそに、テレビカメラの前でステップを踏むアーサー。カメラに向かって司会者マレーの決め台詞「That's life!(それが人生!)」を真似しようとするが番組は中断され、駆け付けた警察に取り押さえられて逮捕された。

アーサーの凶行が生放送されたゴッサムシティはデモが暴動と化し、街のあちこちで火の手が上がっていた。逮捕されたアーサーだが、護送していたパトカーに救急車がつっこみ、暴徒によって救出される。一方、映画「ゾロ」を鑑賞していたトーマス一家は、暴動を避けるために犯罪路地(crime alley)とよばれる裏道へ逃げるが、アーサーに影響を受けたピエロの仮面を被った暴徒により妻のマーサ共々射殺され、息子のトーマスだけが生き残った。

意識を取り戻したアーサーは暴徒達から歓喜の声を受けながら、まるで貧困層の救世主のようにパトカーのボンネットの上に立ち上がり、口から出た血で裂けた口のようなメイクをし、笑みと微かな涙を浮かべて踊るように暴徒たちを見下ろすのだった。

場面は変わり、精神病院の隔離室で精神分析を受けるアーサーは笑っていた。そして「ジョークを思いついた」といい分析医にそれを披露するよう頼まれるが、ゴッサムの犯罪路地で生き残ったブルース・ウェインを妄想するアーサーは、「あなたには理解できない」と言い放ち、「That's life(それが人生!)」を歌いはじめる。そしてアーサーは診察から抜け出し、血の付いた足跡を残しながら病院から脱走しようと試みるところで映画は終わる。

キャスト[編集]

アーサー・フレック / ジョーカー
演 - ホアキン・フェニックス、日本語吹替 - 平田広明[11]
精神的な問題や貧困に苦しみながらも、スタンダップコメディアンを目指している道化師。認知症気味の母の面倒を見る心優しい男だったが、自身の辛い境遇から精神のバランスを崩し、次第に常軌を逸した行動を取っていく。感情が高ぶると、自分の意思に関係なく突然笑いだしてしまう病気を患っており、また妄想と現実の区別もつかなくなってきている。
マレー・フランクリン
演 - ロバート・デ・ニーロ、日本語吹替 - 野島昭生[11]
人気トーク番組「マレー・フランクリン・ショー」の司会者。アーサーが憧れている。
ソフィー・デュモンド
演 - ザジー・ビーツ、日本語吹替 - 種市桃子[11]
アーサーと同じアパートに住むシングルマザーの女性。
ペニー・フレック
演 - フランセス・コンロイ、日本語吹替 - 滝沢ロコ[11]
アーサーの母親。認知症気味で体が不自由。若い頃はゴッサム随一の大富豪のウェイン家にメイドとして仕えていた。
トーマス・ウェイン英語版
演 - ブレット・カレン
ゴッサムシティの名士。政界に進出し市議会議員となるが、医療制度の解体を推し進めたことで困窮する貧困層からバッシングを受けている。
ギャリティ刑事
演 - ビル・キャンプ
ゴッサム市警の刑事。
バーク刑事
演 - シェー・ウィガム
ゴッサム市警の刑事。
ランドル
演 - グレン・フレシュラー英語版
アーサーの同僚の道化師。
ゲイリー
演 - リー・ギル英語版
アーサーの同僚の道化師。小人症で他の同僚に身長をネタにからかわれる。原作ではジョーカーのずっと昔の相棒ギャギーというヴィランが元となっている。
ジーン・アフランド
演 - マーク・マロン英語版
「マレー・フランクリン・ショー」のプロデューサー。
アルフレッド・ペニーワース
演 - ダグラス・ホッジ英語版
トーマス・ウェインの執事。
ブルース・ウェイン
演 - ダンテ・ペレイラ=オルソン英語版
トーマス・ウェインの息子。この映画の原典である『バットマン』における主人公。両親を目の前で失った悲しみから、成長後、蝙蝠のコスチュームを纏って犯罪者に立ち向かうクライムファイターとなり、ジョーカーと対決する。

製作[編集]

脚本は『タクシードライバー』や『キング・オブ・コメディ』などマーティン・スコセッシの作品群に影響を受けて書かれ、80年代初頭のゴッサムシティを舞台とした作品となった[12]。両作に主演したロバート・デ・ニーロが本作に出演している。

ジョーカー役は当初レオナルド・ディカプリオに打診されていたが[13]、ホアキン・フェニックスに決定した。

撮影[編集]

2018年9月より、ニューヨーク市内で撮影がスタートした[14]。ロケ地となったのはブロンクスチャーチ・アベニュー駅ベッドフォード・パーク・ブールバード駅ブルックリン9番街駅クイーンズのアストリアにあるファースト・セントラル・セービングス・バンクなどである。

ニュージャージー州ジャージーシティでも撮影が行われ、ニューアーク・アベニューが一時閉鎖されてのロケが行われた。10月にはニューアーク、11月には郡道501号での撮影が行われた[15][16]

公開[編集]

当初、日本での公開は11月の予定だったが、後に10月4日に日米同時公開に変更となった[3]

評価[編集]

興行収入[編集]

10月4日に公開され、アメリカでは公開初日からの3日間で9,620万2,337ドルを記録[17]。日本でも10月8日までの5日間で10億2,241万3,800円を記録した[18]

R指定作品として、全世界での興行成績において、一位を記録[19]

評論[編集]

Rotten Tomatoesによれば、503件の評論のうち69%にあたる347件が高く評価しており、平均して10点満点中7.28点を得ている[20]Metacriticによれば、58件の評論のうち高評価は32件、賛否混在は15件、低評価は11件で、平均して100点満点中59点を得ている[21]

出典[編集]

  1. ^ Hildur Gudnadottir to Score Todd Phillips’ ‘Joker’ Origin Movie”. Film Music Reporter. 2018年9月20日閲覧。
  2. ^ McClintock, Pamela; Kit, Borys (2018年6月18日). “'Joker' Origin Movie Lands Fall 2019 Release Date”. The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-origin-pic-lands-fall-2019-release-date-1128203 2018年7月18日閲覧。 
  3. ^ a b “俺の人生は悲劇? いや、喜劇だ「ジョーカー」日米同時公開! ポスター&特報も披露”. 映画.com. (2019年5月10日). https://eiga.com/news/20190510/3/ 2019年5月10日閲覧。 
  4. ^ “DC新作『ジョーカー』10.4日米同時公開!”. シネマトゥデイ. (2019年5月10日). https://www.cinematoday.jp/news/N0108541 2019年5月10日閲覧。 
  5. ^ Kit, Borys (2018年6月13日). “Warner Bros. Shifts DC Strategy Amid Executive Change-Up” (英語). The Hollywood Reporter. https://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/joker-batman-suicide-squad-movie-plans-making-sense-dcs-moves-1119489 2018年6月15日閲覧。 
  6. ^ Joker (2019)” (英語). Box Office Mojo. 2019年11月14日閲覧。
  7. ^ Biennale Cinema 2019 - Official Awards of the 76th Venice Film Festival
  8. ^ “‘Joker’ wins top Venice International Film Festival prize”. USA Today. (2019年9月8日). https://www.usatoday.com/story/entertainment/movies/2019/09/07/joker-wins-top-venice-international-film-festival-prize/2249198001/ 2019年9月8日閲覧。 
  9. ^ “金獅子賞は『ジョーカー』!ベネチア映画祭:第76回ベネチア国際映画祭”. シネマトゥデイ. (2019年9月8日). https://www.cinematoday.jp/news/N0111063 2019年9月8日閲覧。 
  10. ^ “『ジョーカー』で象徴的なロケ地の階段、観光名所に 米NY”. (2019年10月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3251685 2019年11月2日閲覧。 
  11. ^ a b c d “『ジョーカー』来年1月ソフト発売!日本語吹替版は平田広明がアーサー役”. シネマトゥデイ. (2019年12月6日). https://www.cinematoday.jp/news/N0112792 2019年12月6日閲覧。 
  12. ^ Jr, Mike Fleming (2017年8月22日). “The Joker Origin Story On Deck: Todd Phillips, Scott Silver, Martin Scorsese Aboard WB/DC Film”. http://deadline.com/2017/08/the-joker-origin-movie-todd-phillips-martin-scorsese-scott-silver-batman-dc-universe-1202154053/ 2017年8月23日閲覧。 
  13. ^ Masters, Kim; Kit, Borys (2017年9月1日). “The Joker Movie: Warner Bros. Wants Class, Cachet and Maybe Leonardo DiCaprio” (英語). http://www.hollywoodreporter.com/heat-vision/leonardo-dicaprio-joker-movie-warner-bros-wants-actor-role-1034392 2017年9月5日閲覧。 
  14. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年8月27日). “Alec Baldwin Joins Todd Phillips’ ‘Joker’”. https://deadline.com/2018/08/joker-movie-todd-phillips-alec-baldwin-thomas-wayne-batman-father-1202452962/ 2018年8月28日閲覧。 
  15. ^ McNary, Dave (2018年10月10日). “'Joker' Movie Extras Reportedly Denied Break, Locked in Subway Cars”. Variety. 2018年10月23日閲覧。
  16. ^ MacDonald, Terrence T. (2018年9月21日). “'Joker,' Joaquin Phoenix film about Batman nemesis, to film in N.J. locations”. NJ.com. 2018年9月21日閲覧。
  17. ^ Weekend Box Office Results for October 4-6, 2019” (英語). Box Office Mojo. 2019年10月13日閲覧。
  18. ^ 『ジョーカー』快進撃、国内興収10億円を5日間で突破 ─ 米国でも連日記録更新中、監督も感謝のコメント、THE RIVER (2019年10月10日) 2019年10月13日閲覧。
  19. ^ 「ジョーカー」の興行成績、R指定作品として歴代1位に (ライブドアニュース[1]
  20. ^ Joker (2019)” (英語). Rotten Tomatoes. 2019年11月4日閲覧。
  21. ^ Joker Reviews” (英語). Metacritic. 2019年10月16日閲覧。

外部リンク[編集]