スケアクロウ (バットマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スケアクロウ
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 “World's Finest Comics“ #3 (1941年)
クリエイター ボブ・ケイン
ビル・フィンガー
作中の情報
本名 ジョナサン・クレーン博士
所属チーム
  • インジャスティス・リーグ
  • インジャスティス・ギャング
  • シークレット・ソサエティ・オブ・スーパーヴィランズ
  • シネストロ・コープス
  • レギオン・オブ・ドゥーム
著名な別名
  • Professor Rance(ランス教授)[1]
  • Scarebeast(恐怖の怪物)[2]
  • Ichabod Crane(イカボット・クレーン)
  • Master of Fear(恐怖の支配者)
  • Professor of Fright(恐怖の教授)
  • Schrocken(シュレッケン)
能力 天才レベルの知性
才能ある心理学者[3]、生化学者
熟練した心理戦、恐怖による心の操作
被害者に恐怖の幻覚を体験させるガスを利用
自身の毒素に対する免疫
熟練した鎌や銃器の扱い

スケアクロウ(Scarecrow)、ジョナサン・クレーン(Jonathan Crane)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヴィラン。ボブ・ケインとビル・フィンガーによって創造され、“World's Finest Comics“ #3 (1941年)に初登場した。スケアクロウはバットマンの最も永続的な敵の一つである。

概要[ソースを編集]

ボブ・ケインとビル・フィンガーによって創造され、“World's Finest Comics“ #3 (1941年)に初登場した。ジョナサン・クレーン博士は心理学精神医学の教授であり、様々な薬物毒素を利用して恐怖症を発症させる。名前はスリーピー・ホロウのイカボット・クレーンから取られた。

“World's Finest Comics“ #3 (1941年)に初登場してから忘れられたキャラクターだったが[4]、ガードナー・フォックスとシェルドン・モードッフによって描かれた“Batman“ #189(1967年2月)に再登場して以降、主要なバットマンのヴィランになる[5]

“DC animated universe”ではヘンリー・ポリック2世とジェフリー・コムズ、“Batman: Arkham“シリーズではダイノー・アンドレード、GOTHAM/ゴッサムではチャーリー・ターハンクリストファー・ノーランのダークナイト・トリロジーではキリアン・マーフィーが演じた。

IGNの“Top 100 Comic Book Villains of All Time”(コミックブックのヴィラントップ100)では、スケアクロウは58位にランクインした[6]

歴史[ソースを編集]

ケインとフィンガーは“World's Finest Comics“ #3 (1941年)のためにスケアクロウを導入した。“Batman“ #189 (1967年)以降、このキャラクターは定期的に登場するバットマンのヴィランになる。

1986年のマルチ・タイトル・イベント“Infinite Earths“でリブートされ、“Batman Annual“ #19、“Batman/Scarecrow: Year One”でキャラクターのオリジンストーリーは拡大された。この物語ではクレーンはコウモリに恐怖を抱いており、それに取り付かれている事が明らかにされた。クレーンは幼児期と青春期を通していじめられていた。18歳の頃、いじめっ子のボー・グリッグスに恥をかかされ、チアリーダーのシェリー・スクエアに拒絶された後、クレーンは案山子の衣装を着て学校の駐車場で銃を振り回してプロムに復讐する。そして、グリッグスとスクエアを自動車事故にあわせた(グリッグスは半身不随になり、スクエアは死亡した)。

恐怖に対する強迫観念からクレーンは精神科医になり、アーカム・アサイラムで患者に恐怖を引き起こす実験を行った。クレーンはゴッサム大学の心理学の教授であり、恐怖症の研究を専門としていた。彼は誤って生徒を負傷させ、仕事を失う。彼は解雇を担当する教授を復讐のために殺害して犯罪者になる[7]

ジェフ・ローブとティム・セールの物語ではスケアクロウはより狂った犯罪者として描かれている。マザー・グース童謡を歌う習慣があり、10代の頃に自身を育てた狂信的な祖母を母の日に絞め殺した。

2004年の“As the Crow Flies“では、ペンギンに雇われて騙される。リンダ・フリータワー博士によって「スケアビースト」(Scarebeast)という残忍な怪物に突然変異してした。スケアビーストは怪力であり、幻覚ガスを発生させる事ができる。バットマンに精神安定剤を注射されて元の姿に戻った。

その他のメディア[ソースを編集]

映画[ソースを編集]

『バットマン ビギンズ』

マフィアと手を結ぶ精神科医。犯罪者を精神異常と診断して自らの勤務するアーカム・アサイラムに入院させ、司法から遠ざける役割を担っている。裏では患者を被験体にした非道な人体実験も行っている。腕にガスの噴出装置を仕込んでおり、マスクはガスの防護と幻覚による恐怖心を煽る。

「影の同盟」と繋がりがあり、恐怖させる特殊な幻覚剤を含んだ幻覚ガスを秘密裏に製造して「ラーズ・アル・グール」の命令でゴッサム・シティ下水道に流し込んでいた。自らガスを吸引してしまい、スケアクロウという言葉を繰り返しながら錯乱状態で警察に投獄されたが脱獄する。拘束着にカカシのマスク姿で警官隊の馬を奪い取り、スケアクロウを名乗る。レイチェル・ドーズをガスの幻覚で追い詰めるがスタンガンで撃退された。

キリアン・マーフィーが演じた。ソフト収録の吹替えは遊佐浩二。日本テレビ放映の日本語吹替えは関俊彦、フジテレビ版は内田夕夜がそれぞれ担当。

『ダークナイト』

マフィアと麻薬を取引する。幻覚ガスを改良して薬物として売っていたため、マフィアの顧客が精神異常を起こしていた。最後はバットマンに逮捕される。

テレビ朝日放映の日本語吹替えは諏訪部順一

『ダークナイト ライジング』

ベインが崩壊させたゴッサムシティの裁判官。市民軍が捕らえてきた被告人に「死刑」か「追放」の2択を迫る(追放は薄氷の川を渡らせる刑であり、高確率で死亡する)。その後のスケアクロウの動向は不明。

アニメ[ソースを編集]

『バットマン』

ゴッサム大学を解雇された恨みをはらすために恐怖ガスを利用している。デザイン変更後は首に縄を巻いている。

声優は当初はヘンリー・ポリス二世。“The New Batman Adventures“からはジェフリー・コムズ。日本語吹き替えは納谷六朗

『バットマン ゴッサムナイト』

バットマン ゴッサムナイトはバットマン ビギンズダークナイトの間に位置する物語であり、4話の「闇の中で」に登場する。服装はコミックブックに近い姿になっている。

姿を消した後は幻覚ガスを使い自身の信者を作り、地下下水道に潜伏していた。人体実験により幼い頃から薬物を投与し続けたキラークロックを操り教会の教皇を誘拐する。信者たちの前で教皇を処刑しようとするがバットマンに阻止される。

声優はコーリー・バートン

出典[ソースを編集]

  1. ^ Detective Comics #665
  2. ^ Batman #627
  3. ^ http://www.dccomics.com/characters/scarecrow
  4. ^ Mike's Amazing World of DC Comics: Scarecrow of Earth-2. Retrieved July 31, 2008.
  5. ^ Mike's Amazing World of DC Comics: "Fright of the Scarecrow," Batman #189 (Feb. 1967). Retrieved July 31, 2008.
  6. ^ Scarecrow is number 58 IGN. Retrieved 10-05-09.
  7. ^ Batman Annual #19