オウルマン (DCコミックス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

オウルマン(Owlman)は、DCコミックスなどのアメリカン・コミックに登場するキャラクター。

オウルマン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Justice League of America #29[1](1964年8月)
作中の情報
本名 トーマス・ウェインJr[2]
種族 地球人
所属チーム クライムシンジケート・オブ・アメリカ[2]

人物[編集]

コミック[編集]

善と悪の関係が逆転した別次元「アース3」のキャラクターで、バットマンに対応する人物。

善と悪の関係が逆転しているため、バットマンに対応こそしているが、彼もまたヴィランである。クライムシンジケート・オブ・アメリカの参謀[1]で、組織の頭脳として暗躍する[1]

その科学知識とウルトラマンの能力で別次元への移動を可能とした。アース1とアース2へ移動し、ジャスティス・リーグやジャスティス・ソサエティと戦うが、グリーンランタンにより投獄される。

脱獄後、パー・デガトンの計画を引き継ぎ、キューバから核ミサイルを盗む計画を実行させる。その前後で裏切るが、彼の裏切りがいつから計画されていたのかは不明。彼はアンチモニターによって「アース3」とともに消滅してしまう[3]

反物質世界では、「アース1」でブルース・ウェインの両親が死んだ事件で、両親とともにブルース・ウェインも殺された世界[2]であり、唯一残されたブルース・ウェインの兄弟トーマス・Jr.がその正体とされている[2]。その世界のゴードンとともに、私刑を繰り返していく[3]

その後、彼の父・トーマス・ウェインが生きていたことを知り、トーマス・ウェインがゴッサム・シティ警察の長官の座につき、他の幹部とともに独裁を強いていることを知る。

彼は、「死を偽装していた父親」を恨み、「母の死」「兄弟の死」を父親のせいと考える[2]

ウルトラマンを頂点とするクライムシンジケート・オブ・アメリカの中で、彼の立場は頭脳(参謀)であるため、暴力と恐怖で組織を支配するウルトラマンに対し、自分に賛同するメンバーを探していく。

また、ウルトラマンの愛人のスーパーウーマンと肉体関係を続けていったことで、組織の溝はさらに深まる。

相棒はタロン(アース3のロビン)。

宿敵はジョークスター(アース3のジョーカー)。ジョークスターはヒーローでありながら、ヴィランや一般の悪人を殺害するなど過激なダークヒーローとして描かれ、ある意味元の世界と同じく世界の秩序の破壊を目的とする狂人である。一方で、オウルマンもクライムシンジケート・オブ・アメリカを裏切ったり、家族に愛情を抱いたりと、二人の関係性は「アース3」の中でも単純にスーパーヒーローとヴィランでは片づけられないものとなっている。

テレビアニメ[編集]

アニメ『バットマン:ブレイブ&ボールド
第1シーズンの第12話「パラレルワールドを救え!(Deep Cover for Batman!)」と第13話「オウルマンを倒せ!(Game Over for Owlman!)」に登場。
インジャスティス・シンジケートのリーダーとして登場。メンバーは他にシルバーサイクロン(別世界のレッドトルネード)・ブルーボウマン(別世界のグリーンアロー)・スカーレットスカラベ(別世界のブルービートル)・ダイナ・マイト(別世界のアトム)であり、こちらの組織の参謀はシルバーサイクロン。
アニメ『ジャスティス・リーグ Crisis On Two Earths
クライムシンジケート・オブ・アメリカの参謀として登場。バットマンと互角の戦闘を繰り広げる戦闘能力を持つだけでなく、作戦を立案するなど知的な面も持つ。

ガジェット(装備)[編集]

オウルスーツ
バットスーツによく似ているが、マスクはフクロウ[1][4]を模したようなものになっていて、マントの部分も鳥の翼のようなデザインとなっている。さらに胸のマークも別のマークに代わっている。
ユーティリティベルト(万能ベルト)
オウルマンが腰に巻いているガジェット携帯用ベルト[4]
薬剤
これにより能力を向上させていると思われる描写がある[4]

年代別の設定[編集]

アーススリー[5]
(1964-1985/2007-2011)
アンチマターアース
(1992–2011)
アース3
The New 52
(2011–present)
説明 New Earth / Prime Earth
備考
オウルマン トーマス・ウェイン, Jr./オウルマン Owlman is an unnamed super-intelligent supervillain and a member of the criminal organization known as the Crime Syndicate of America. In some of his appearances, Owlman also had the ability to briefly control other people's minds, though it is unclear how he acquired this ability. He was also able to see in the dark. He developed artificial devices to enhance his mental abilities, most notably the large reflective owl eyes in his helmet which he uses as a focusing transmitter onto his target.
  • Following 52, another version of the character appeared. In The Search for Ray Palmer: Crime Society, he was shown to be killed by the Jokester with the his boot on Owlman's throat. Based on statements and illustrations in this same book, it is stated one of earlier Talons succeeded the old Owlman.
    A young new Owlman (Jason Todd's counterpart) with a different costume and helmet later appears in the same book battling the Jokester. This Owlman appears again in Countdown #31, assisted by a team referred to as the Crime Society. He was apparently killed by quantum energy unleashed from Monarch, in the Earth-51 dimension, along with the rest of his teammates.

In the antimatter universe, Thomas Wayne, Jr. was the older brother of that reality's Bruce Wayne. Young Bruce was killed along with his mother by a policeman when Thomas, Sr., the Commissioner of GCPD, refused to accompany him for questioning. Thomas, Jr., escaped the crime and grew up to become Owlman, a master criminal and an ally to Boss Gordon. Equipping himself with a utility belt containing technology and weapons, along with possessing a drug-enhanced high intellect, Owlman became a master criminal. While Ultraman is the leader of the Syndicate, Owlman is the real brains behind the group. Further complicating things is the fact that Thomas, Jr., has carried on a longtime affair with Ultraman's wife Superwoman. Ultraman is aware of the affair, but due to Thomas, Jr., having undisclosed photographic blackmail material against the villain, he is unable to seek retribution against Owlman for the betrayal.

In the New 52, Thomas, Jr. had planned with his servant, Alfred, the murder of his parents so he can inherit all of the Wayne fortune before their parents throw all of their money away. Alfred eventually fulfilled the plan, killing his, father, mother and young Bruce. After that, Thomas Wayne, Jr. had become the richest boy in Gotham City. He grew up to become Owlman and he eventually joined the Crime Syndicate. He had a secret affair with Ultraman's wife and teammate Superwoman. Thomas later took under his wing, Richard Grayson, and he eventually became his sidekick, Talon. He along with the rest of the Crime Syndicate moved to the main DC Earth to conquer it. After being defeated by the Justice League, Owlman is mentioned to still be at large.

バットマン[注釈 1]

担当声優[編集]

アニメ作品[編集]

日本語版

注釈[編集]

  1. ^ The superhero known as Owlman from New Earth was Roy Raymond Jr. In Prime Earth, the presumed Thomas Wayne Jr., was raised by the Court of Owls and lives under the alias of Lincoln March.

脚注[編集]

  1. ^ a b c d Justice League of America #29
  2. ^ a b c d e JLA: Earth 2
  3. ^ a b Greenberger, Robert
  4. ^ a b c Forever Evil #7
  5. ^ Justice League: Crisis on Two Earths (2010) on IMDB.com
  6. ^ a b アニメ作品の声優は、同作品でバットマン役も兼任。玄田哲章は該当作品以外にも『バットマン』『スーパーマン』『ジャスティス・リーグ』『バットマン・ザ・フューチャー』『バットマン ゴッサムナイト』などでもバットマンを演じている。
  7. ^ 同作品でのバットマン役はウィリアム・ボールドウィン

関連項目[編集]