怪人スワンプ・シング 影のヒーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
怪人スワンプ・シング 影のヒーロー
Swamp Thing
監督 ウェス・クレイヴン
脚本 ウェス・クレイヴン
原作 レン・ヴァイン
バーニー・ライトソン
製作 ジャック・ブリッグス
ベンジャミン・メルニカー
マイケル・E・ウスラン
出演者 ルイ・ジュールダン
エイドリアン・バーボー
音楽 ハリー・マンフレディーニ
撮影 ロビン・グッドウィン
編集 リチャード・ブラッケン
公開 アメリカ合衆国の旗 1982年2月19日
日本の旗 劇場未公開
上映時間 94分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $3,000,000[1]
次作 怪人スワンプシング (1989年)
テンプレートを表示

怪人スワンプ・シング/影のヒーロー』(かいじんスワンプ・シング かげのヒーロー、Swamp Thing)は、1982年のホラー映画。配給はインディペンデント映画会社のエンバシー・ピクチャーズ(Embassy Pictures)。監督・脚本はウェス・クレイヴン。一人の科学者が実験中の事故で怪人スワンプシングと化す物語である。

DCコミックからリリースされたコミックス『スワンプシング』(作:レン・ヴァインとバーニー・ライトソン)の実写版である。

あらすじ[編集]

ルイジアナの沼地にて、アレック・ホランド博士は植物と動物の融合について研究し成功していたが、ライバルであるアントン・アルケイン博士率いる準軍事組織に研究所を襲われ、肉親のリンダを殺され、アレック自身も瀕死の重傷を負った。 だが、彼は火だるまになる前に研究していた結成を浴びて生き延びていた。彼はアリスを守るためにも、スワンプシングとしてアーケインに立ち向かっていった。

キャスト[編集]

制作[編集]

撮影はサウスカロライナ州 チャールストンと、同州ジョンズ・アイランドを中心に行われた。

評価[編集]

評論家ジョン・ケネス・ミュアは、この映画には他のクレイヴンの作品とは異なる点が多々あるとした。

この作品でクレイヴンは、自分もアクションやスタントやスター俳優を扱って映画を作ることができることを大手ハリウッドスタジオに対して示そうとして[2]、家族と社会の問題に焦点を当ててきた作風を抑えて純粋なエンタテインメントを作ろうとした[3]

それでもなお、『鮮血の美学』(1972年)や『サランドラ』(1977年)などでキャラクターたちと風景に深い関連性を持たせたように、この映画からもクレイヴンが毎回用いるテーマとイメージが表れているとも評した[4]

アメリカでのDVD発売時のトラブル[編集]

2000年8月にアメリカ合衆国でメトロ・ゴールドウィン・メイヤーがこの映画のDVDをリリースした。その際、MGMは誤ってアメリカの劇場公開版(91分)ではなく、PG指定では不適切なヌードシーンが含まれたインターナショナル版(93分)をDVDに収録してしまった。2002年5月、ダラス在住の女性がレンタルビデオ店ブロックバスターでこのDVDを借り、子供と一緒に見てしまったことが報じられた[5]。MGMはリコールに踏み切り、2005年8月に劇場公開版を収録したDVDをリリースした[6]

参考文献[編集]

  1. ^ Swamp Thing”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年7月24日閲覧。
  2. ^ Muir, John Kenneth (1998). "Swamp Thing (1982)" in Wes Craven: The Art of Horror. Jefferson, North Carolina: McFarland & Co. ISBN 0-7864-0576-7. p.95.
  3. ^ Muir (1998). p. 90.
  4. ^ Muir (1998). p. 91.
  5. ^ Blockbuster's snafu outrages Dallas Mother, "Lubbock Online", May 5, 2002.
  6. ^ Swamp Thing DVD Review, "DVD Talk", August 20, 2005.

外部リンク[編集]