バットマン ビギンズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バットマン ビギンズ
Batman Begins
Batman Begins.png
監督 クリストファー・ノーラン
脚本 クリストファー・ノーラン
デヴィッド・S・ゴイヤー
製作 ラリー・J・フランコ
チャールズ・ローヴェン
エマ・トーマス
製作総指揮 ベンジャミン・メルニカー
マイケル・ウスラン
出演者 クリスチャン・ベール
マイケル・ケイン
リーアム・ニーソン
ケイティ・ホームズ
ゲイリー・オールドマン
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
ハンス・ジマー
撮影 ウォーリー・フィスター
編集 リー・スミス
製作会社 シンコピー・フィルムズ
レジェンダリー・ピクチャーズ
配給 ワーナー・ブラザーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年6月15日
日本の旗 2005年6月18日
上映時間 141分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $150,000,000[1]
興行収入 $372,710,015[1] 世界の旗
$205,343,774[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
14億円[2]日本の旗
次作 ダークナイト
テンプレートを表示

バットマン ビギンズ』(Batman Begins)は、2005年アメリカ映画。監督はクリストファー・ノーラン。主演はクリスチャン・ベール

DCコミック」によるアメリカン・コミックバットマン』を原作とした実写映画作品。本作から再始動したバットマン・シリーズ「ダークナイト三部作(Dark Knight Trilogy)」の第1作。第78回アカデミー賞撮影賞ノミネート。

プロット[編集]

子供の頃、ブルース・ウェインは古い井戸に落ちコウモリの群れに襲われる。両親とオペラを見た帰り道に強盗のジョー・チルによって両親を殺害される。 14年後、チルはゴッサム・シティマフィアのボス、カーマイン・ファルコーネに不利な証言と引き換えに釈放される。復讐のためチルを殺害しようとするブルースだったが、ファルコーネの暗殺者がチルを殺害する。カーマイン・ファルコーニの元へ向かったブルースは、ファルコーニから汚職と腐敗の蔓延したこの街では正義や個人の力など何の意味も持たないことを示され、自分が無力だと悟る。ブルースは不公平に戦う力を得るため、世界中を巡る旅に出る。ヒマラヤで、悪と戦う力を手に入れるには超然的な存在になる必要があると説くヘンリー・デュカードに導かれ、ラーズ・アル ・グールが率いるリーグ・オブ・アサシンのメンバーとして訓練を受ける。戦闘およびブルースの恐怖を克服する訓練が終わった後、ブルースは腐敗しているゴッサムをリーグが破壊することを知る。ブルースはリーグを否定し、脱出の間に寺を焼失させる。ラーズは落ちてくる破片によって死亡する。

犯罪と戦うためゴッサムにブルースは帰ってきた。子供の頃の恐怖から、恐怖のシンボルになるために、コウモリの姿をした自警団をになり洞窟に拠点を作る。ブルースは不況による貧困、犯罪の横行、司法の腐敗に喘ぐゴッサム・シティバットマンとして闘いを開始する。

キャスト[編集]

役名 - 俳優の順に記述。

日本語吹替[編集]

役名 劇場公開版 日本テレビ フジテレビ
ブルース・ウェイン/バットマン 檀臣幸 東地宏樹[3] 高橋広樹
ヘンリー・デュカード 佐々木勝彦 津嘉山正種 若本規夫
レイチェル・ドーズ 小島幸子 高橋理恵子 木下紗華
アルフレッド・ペニーワース 小川真司 中村正 岩崎ひろし
ジェームズ “ジム”・ゴードン 納谷六朗 山路和弘 大塚芳忠
ルーシャス・フォックス 池田勝 坂口芳貞 阪脩
ジョナサン・クレイン/スケアクロウ 遊佐浩二 関俊彦 内田夕夜
ラーズ・アル・グール 大川透 緒方文興 てらそままさき
カーマイン・ファルコーニ 稲葉実 石田太郎 楠見尚己
リチャード・アール 石田太郎 小川真司
アーノルド・フラス刑事 遠藤純一 塩屋浩三 北川勝博
ギリアン・B・ローブ市警本部長 石住昭彦 秋元羊介
フェイデン判事 牛山茂 梁田清之
ジョージ・フレデリックス 秋元羊介
フィンチ検事長 松本大 井上倫宏
幼少期のブルース 村上想太 矢島晶子 中山依里子
幼少期のレイチェル 最上莉奈 菊地ゆうみ
トーマス・ウェイン 斉藤次郎 てらそままさき
マーサ・ウェイン 西宏子
ジョー・チル 小形満 木村雅史
その他 佐々木敏
伊井篤史
樫井笙人
木村雅史
大畑伸太郎
伊丸岡篤
飯島肇
小伏伸之
矢野裕子
寺田はるひ
山像かおり
藤本譲
阪口周平
藤原美央子
幸田夏穂
小柳洋子
武虎
根本泰彦
小幡あけみ
大滝寛
石住昭彦
丸山詠二
田村聖子
新垣樽助
最上嗣生
永田昌康
白石充
志村貴博
佐藤健輔
樋浦茜子
金子達
翻訳 杉田朋子 武満眞樹 松崎広幸
演出 岩浪美和 小山悟 清水洋史
調整 金谷和美 重光秀樹 田中和成
効果 リレーション サウンドボックス
制作 ワーナー・ホーム・ビデオ
東北新社
ケイエスエス 東北新社
ラーズ役の渡辺謙は洋画に出演する際、日本語吹き替えも兼任しているが、本作では自身の役の吹き替えを担当していない。
日本テレビ版の吹き替えでは、ブルースがバットマンに変身している時の声には普段の声とは違う声に変化した加工効果が加えられ、より低く禍々しい声になっている。それに対し、ソフト版の吹き替えには加工効果が加わっていなかったが、続編『ダークナイト』と『ダークナイト ライジング』では加工効果が加わった。

スタッフ[編集]

ソフト化[編集]

日本ではワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメントよりDVD、ブルーレイが発売。

DVD
  • 【期間限定出荷】バットマン ビギンズ 通常版(DVD1枚組、2005年10月28日発売)
  • 【期間限定出荷】バットマン ビギンズ 特別版(DVD2枚組、2005年10月28日発売)
  • バットマン ビギンズ (DVD1枚組、2006年7月9日発売)
  • バットマン ビギンズ スーパー・ハリウッド・プライス (廉価版、DVD1枚組、2006年12月8日発売)
  • バットマン ビギンズ WARNER BEST COLLECTION(廉価版、DVD1枚組、2008年7月9日発売)
  • 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ(DVD1枚組、2013年12月18日発売)
ブルーレイ
  • バットマン ビギンズ ブルーレイ 通常版(BD1枚組、2008年7月23日発売)
  • バットマン ビギンズ ブルーレイ 廉価版(BD1枚組、2010年4月21日発売)
  • 【2,500個限定生産】バットマン ビギンズ ブルーレイ Limited Edition(BD1枚組、2008年7月23日発売)
  • 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ(BD1枚組、2012年6月27日発売) - 『ダークナイトライジング』ティザー絵柄ポストカード封入
  • 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】バットマン ビギンズ(BD1枚組、2013年12月18日発売)
 HDDVD
  • バットマン ビギンズ HDDVD(HDDVD一枚組、2007年11月21日)

サウンドトラック[編集]

  • サウンドトラック盤に収録された12の曲名は全てコウモリの学名から取られている。トラック4~9の曲名は「Barbastella」、「Artibeus」、「Tadarida」、「Macrotus」、「Antrozous」、「Nycteris」となっていて、頭文字を並べると「BATMAN」になる。

パチンコ[編集]

2008年1月にパチンコ遊技機としてパチンコ・パチスロメーカーの平和から、SS枠第5段「CRバットマン ビギンズH9AX」、「CRバットマンビギンズ9AW」が発表された。

トリビア[編集]

  • バットモービル「タンブラー」を気に入ったクリスチャン・ベールは監督に「撮影が終わったらマシンを購入したい」と言ったが「続編でも使うかもしれない」と断られた。クリスチャン・ベールはこの時に続編の構想があることを知った。
  • ブルース・ウェインの乗る車は「ランボルギーニ・ムルシエラゴ」で、「ムルシエラゴ」とはスペイン語で「コウモリ」である。
  • 企画当初、バットマンが誕生にするまでの前日譚として考えられていた。
  • ラストの「ジョーカー」について言及されるシーンは続編の製作が決定していたからではなく、物語の続きが観たくなるような終わり方にしたかったため。
  • 主演のクリスチャン・ベールは『マシニスト』の撮影で非常にに痩せており、体重を戻すため高カロリーなものを食べたが、太りすぎてしまいバットスーツが入らなくなった。
  • バットマンの格闘シーンには「ダークナイト三部作」通して、総合格闘技の「KFM(キーシ・ファイティング・メソッド)」が採用されている。

脚注[編集]

  1. ^ a b c Batman Begins (2005)”. Box Office Mojo. 2009年11月6日閲覧。
  2. ^ 「日経エンタテイメント!」2012年4月号(No.181)。
  3. ^ 余談だが「トヨタ・エスクァイア」のCMにおいてもバットマンの声を務めている。

外部リンク[編集]