RED/レッド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
RED/レッド
RED
監督 ロベルト・シュヴェンケ
脚本 ジョン・ホーバー
エリック・ホーバー
原作 ウォーレン・エリス
カリー・ハムナー
製作 ロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラ
マーク・ヴァーラディアン
製作総指揮 ジェイク・マイヤーズ
グレゴリー・ノヴェック
出演者 ブルース・ウィリス
モーガン・フリーマン
ジョン・マルコヴィッチ
ヘレン・ミレン
音楽 クリストフ・ベック
撮影 フロリアン・バルハウス
編集 トム・ノーブル
製作会社 サミット・エンターテインメント
ディ・ボナヴェンチュラ・ピクチャーズ
DCエンターテインメント
配給 アメリカ合衆国の旗 サミット・エンターテインメント
日本の旗 ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン
公開 アメリカ合衆国の旗 2010年10月15日
日本の旗 2011年1月29日
上映時間 111分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $58,000,000[1]
興行収入 世界の旗 $199,006,387[1]
アメリカ合衆国の旗カナダの旗 $90,380,162[1]
日本の旗 12.2億円[2]
次作 REDリターンズ
テンプレートを表示

RED/レッド』(原題:RED)は、2010年アメリカ映画DCコミックスのインプリントであるオマージュ・コミックから出版された同名のグラフィックノベルを原作としたアクション映画。

タイトルであり、作中にも登場する「RED」とは、「引退した超危険人物(Retired Extremely Dangerous)」を意味する[3][4]

ストーリー[編集]

仕事を引退し、田舎で一人のんびりと退屈な年金暮らしをしていたフランク・モーゼズ。彼の唯一の楽しみは、カンザスシティで年金事務所の電話担当として勤務するサラ・ロスとの会話であった。サラも日常生活に無い刺激を与えてくれるフランクに心惹かれ、お互いに好意を抱いていた。サラと会う約束を取り付けたその日の夜、フランクは武装した謎の集団に襲われる。全員を返り討ちにするも、敵の正体は掴めず、サラにも危害が及ぶと判断したフランクは急遽、彼女の下へ向かう。追手が迫ることに危機感を覚えたフランクはサラを半ば攫うようにして連れ出し、ニューオーリンズへと向かう。時を同じくして、とある大富豪を自殺に見せかけて暗殺する任務を遂行していたCIAエージェントのウィリアム・クーパーに、上司のシンシア・ウィルクスよりフランクの殺害を命令が下される。

サラをモーテルのベットにくくりつけたフランクは情報を得るためかつてのCIAの同僚で盟友であるジョー・マシスンに会いに向かう。そしてジョーから自分を襲ったのは南アフリカの傭兵たちであり、その傭兵たちが先頃起こったニューヨークでの女性記者殺害事件の実行犯であることを知らされる。同じ頃、サラはなんとか自力で拘束を解くが、自分を助けに来たはずの警官に無理矢理連行されそうになり、戻ってきたフランクがそれを阻止してくれたことから、自身が狙われていることを知り、フランクと行動をともにするようになる。一方、フランクの行き先を調べていたウィリアムはフランクの通信履歴からサラの存在にたどり着き、サラが拘束されていたモーテルへと向かう。

奪ったパトカーでサラと共に移動するフランクだったが、そこへウィリアムの運転するSUVが衝突。フランクは超人的な身のこなしでパトカーから降りるとウィリアムの車めがけて容赦なく銃弾を浴びせる。ウィリアムが距離を取った隙にパトカーに戻ったフランクは警察無線でウィリアムを警察官襲撃の犯人に仕立て上げ、パトカーを乗り捨てて逃走。なんとかパトカーまでたどり着いたウィリアムだったが、ほどなく駆けつけた警察官に取り押さえられてしまう。

ウィリアムを振り切ったフランクとサラはニューヨークへ向かい、殺害された記者の母親を訪ね、記者が母に宛てて送った手紙から、命を狙われている者たちのリストを入手し、ガブリエル・シンガーという男を除いて既に殺害されていることを知る。フランクはガブリエルの素性をジョーに調べてもらおうと電話をかけるが、ジョーが何者かによって襲われたことを知らされる。その頃、ウィリアムはフランクの経歴に疑問を持ち、シンシアを問い詰める。シンシアからCIAの極秘情報が収められた機密保管室の場所を教えられたクーパーは、そこでフランクがだたの情報分析官ではなく、CIAの裏歴史に残る凄腕の秘密工作員であったこと、引退した現在ではCIAの局員らから「RED(Retired Extremely Dangerous、超危険な年金生活者)」と呼ばれていることを知る。

ジョーを失ったフランクはやむなくかつての同僚マーヴィン・ボッグスを頼り、狙われている者達が1981年グアテマラで行われた作戦の関係者であると知る。サラ、マーヴィンとともにガブリエルのもとを訪れるフランクであったが、情報を聞き出す前にCIAの襲撃を受ける。CIAの暗殺者を退けた三人だったが、ガブリエルは殺されてしまう。

自分たちが狙われる理由を知るためには古巣のCIA本部に行く必要があると感じたフランクは、かつて敵対国のスパイ同士としてしのぎを削りあった仲である元ロシア諜報員のイヴァン・シモノフを頼る。イヴァンの助けで身分を偽ってCIA本部に潜入したフランクは、機密保管室の中からグアマテラ作戦の詳細を得る。機密保管係から自身について調べているCIAエージェントがいることを知らされたフランクは、そのエージェントがニューオーリンズで襲撃してきたウィリアムであると踏み、顔を拝むために彼のオフィスへと向かう。そこでウィリアムと激しい肉弾戦を繰り広げたフランクはウィリアムの左腕の関節を外すなどの傷を負わせたが、自身も右肩を撃たれてしまう。ウィリアムによってCIA本部は封鎖されるが、フランクは火災を起こし、消火にあたるため駆けつけた消防士の一人と入れ替わり、なんとかCIA本部から脱出する。駐車場でマーヴィンが運転する救急車に乗り込もうとするが、マーヴィンの様子がおかしいことに気づき足を止める。救急車のドアが開くと、そこには襲撃されて生死不明のはずだったジョーが現れる。ジョーは自分が襲撃されたこと、そしてその襲撃者を撃退し身を隠していたことを明かす。移動しながらフランクの治療を行う一行だったが、傷が深く止血できなかったため、元MI6の暗殺者ヴィクトリアが経営するペンション「鷲の巣」へ赴く。そして手に入れた資料から、作戦の関係者だが唯一命を狙われていない軍需産業界の大物アレクサンダー・ダニングに目をつける。

ジョー、フランク、マーヴィンの三人は某国の国防大臣とその護衛に扮してFBIが警護するアレクサンダーの屋敷に潜入し、彼を脅して情報を吐かせる。一連の暗殺事件は、全ては現役副大統領で次期大統領候補のロバート・スタントンの指示であり、1981年グアテマラで現場指揮官だった彼が行った虐殺事件の隠蔽のためにCIAを利用して行われていたことを突き止める。しかし、情報は得られたものの、フランクらがアレクサンダーの屋敷に潜入したことがFBIにばれてしまう。屋敷はFBIに包囲され、脱出は困難となった。誰かが犠牲とならねば生き残る術は無いと悟ったジョーは自らおとりとなることを示唆し、フランクとマーヴィンも無言ながらに同意する。フランクはジョーとつかの間の感傷に浸った後、握手を交わし、今生の別れを済ませると、ウィリアムに投降すると伝える。ジョーがおとりとなって正面玄関から出てFBIの注意を逸した隙をついて、フランクとマーヴィンは勝手口から脱出するも、ジョーは狙撃を受けて死亡してしまう。三人を援護するために身を潜めていたヴィクトリアとサラも逃走を図るが、途中で雪に足を取られたサラはFBIに拘束されてしまう。フランクら三人はイヴァンの助けを得てとある湖畔の別荘に身を隠す。

そこで四人はウォッカを飲みながらジョーを悼んだ後、今後について協議し、サラを助け出すために行動を開始する。サラを捕らえたウィリアムは部下に尋問を命じて情報を得ようとするが、そこへ一本の電話が入る。一度は拒否するウィリアムだったが、電話の相手がフランクであることを知らされ、電話を受ける。ウィリアムは逆探知によってフランクの居場所を突き止めるが、そこはウィリアムの自宅であった。ウィリアム邸に潜入したフランクは、自分がサラを大切に思っていること、その大切な人を失うことの恐怖、そしてもしサラの身になにかあったときにはウィリアムとその家族を容赦なく殺害することを告げる。家族の身を案じるウィリアムからサラの安全を保証するという言質を得たフランクは、副大統領を殺害すると予告。ウィリアムは警察や特殊部隊を自宅へ急行させ、自身も急いで自宅へ戻り、家族と抱き合って安全を確かめる。フランクが自宅に残したグアテマラ作戦の機密資料から事件の詳細を知り、フランクを助ける代わりにサラから情報を聞き出そうとするウィリアムだったが、サラに「私に協力しろとは情けない。それでは彼には敵わない」と言われ、協力を断られる。ウィリアムは暗殺を阻止するため、副大統領の護衛に向かう。

フランク、マーヴィン、ヴィクトリアにイヴァンを加えた4人は副大統領の政治資金パーティに潜入し、ガス漏れを装って会場を混乱させる。副大統領はシークレット・サービスや警察の特殊部隊に守られて脱出を試みるものの、フランクらの重火器や爆弾を巧みに使った作戦に嵌り、囚われの身となる。副大統領の誘拐を成功させたフランクは、副大統領に自分がグアテマラの後始末をした工作員であったこと、副大統領を含め、自分を狙った者たち全員へ復讐することを告げる。副大統領を手中に収めたフランクはウィリアムにサラと副大統領の交換を要求。ウィリアムはすぐにシンシアに連絡し、サラを連れて指定された場所に赴くように要請。自身も取引場所へ向かう。取引場所の発電所で向かい合うフランクとウィリアム。程なくしてサラとシンシアを乗せたリムジンが到着するが、二人のあとに続いてアレクサンダーが姿を現し、それと同時に武装した彼の用心棒らが現れ、フランクに銃口を向ける。アレクサンダーは真の黒幕は自分であることを明かした上で、用済みとなった副大統領に向けて発砲、続けてウィリアムに対してフランクに手錠をかけ、サラ共々銃殺するように指示する。ウィリアムは指示に従ったフリをしてフランクに手錠をかけるが、同時に手錠をフランクの手の中にこっそりと忍ばせる。フランクにを向けようとしないウィリアムに対してシンシアが殺害を促すが、ウィリアムはそれを一喝しシンシアに向けて発砲。あっけに取られたアレクサンダーはフランクに、用心棒らは待ち伏せていたヴィクトリアらによって倒される。

問題解決を喜ぶフランクとサラであったが、イヴァンはCIA本部潜入の「貸し」として、モルドバでの問題への協力を求める。最初は渋ったフランクだったが、サラがモルドバへ行きたがったためやむなく了承し、サラと熱い口づけを交わす。

後日、イヴァンへの「借り」を返すべくモルドバへと赴いたフランクとマーヴィンだったが、敵の銃撃と爆煙の嵐のなか「モルドバはクソだ!」と言い捨てながら逃げ去るのだった。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
フランク・モーゼズ ブルース・ウィリス 磯部勉
ジョー・マシスン モーガン・フリーマン 坂口芳貞
マーヴィン・ボッグス ジョン・マルコヴィッチ 樋浦勉
ヴィクトリア ヘレン・ミレン 沢田敏子
サラ・ロス メアリー=ルイーズ・パーカー 山像かおり
ウィリアム・クーパー カール・アーバン 川島得愛
イヴァン・シモノフ ブライアン・コックス 石田太郎
ロバート・スタントン ジュリアン・マクマホン 大滝寛
シンシア・ウィルクス レベッカ・ピジョン 勝生真沙子
アレクサンダー・ダニング リチャード・ドレイファス 小島敏彦
ヘンリー アーネスト・ボーグナイン 藤本譲
ガブリエル・シンガー ジェームズ・レマー 秋元羊介

製作[編集]

2008年6月、サミット・エンターテインメントはホーバー兄弟の脚本による映画化計画があることが発表された。企画はロレンツォ・ディ・ボナヴェンチュラによるものである[5]

2009年4月までに、ブルース・ウィリスを主演のフランク役にするために交渉がされていた[6]。7月、更にモーガン・フリーマンを共演者に、ロベルト・シュヴェンケを監督にするために交渉中であると報じられた[7][8]。11月、ヘレン・ミレンがフリーマンとウィリスと共演すると報じられた[9]。また、同月、ジョン・C・ライリーメアリー=ルイーズ・パーカージュリアン・マクマホンアーネスト・ボーグナインリチャード・ドレイファスブライアン・コックスへも交渉中であることが明らかとなった[10][11]

2009年12月、サミット・エンターテインメントは公開日は2010年10月22日の予定であると発表した[12](後に1週間前倒しとなる10月15日に変更)。また、同月にジェームズ・レマーカール・アーバンの出演が明らかとなった[13][14]。2010年1月、降板したジョン・C・ライリーに代わってジョン・マルコヴィッチが出演することがわかった[15]

主要撮影は2010年1月18日カナダトロントで始まった[16]。3月にはニューオーリンズフレンチ・クオーターでも行われた[17]。8月にはルイジアナ州で追加撮影が行われた[18]

公開[編集]

マーケティング[編集]

2010年6月にティーザー予告が公開された[19]。翌7月にはコミコン・インターナショナルで予告が公開された[20]。ワールドプレミア上映は10月11日ロサンゼルスのチャイニーズ・シアターで行われた[21]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesによると、70%(179名中126名)の評論家が本作に肯定的な評価を下し、また、平均点は10点満点で6.3点となった[22]。他に、Metacriticでの平均スコアは、34のレビューで100点満点中60点だった[23]

ロジャー・イーバートは4つ星満点で2つ星を与え、「良くも悪くもない」と評した[24]

興行成績[編集]

北米の3081館で公開され、公開初週末3日間で2,250万ドルを稼ぎ、『ジャッカス 3D』に次いで初登場2位となった[25]

受賞・ノミネート[編集]

第15回サテライト賞のミュージカル・コメディ映画賞、ミュージカル・コメディ映画主演男優賞(ジョン・マルコヴィッチ)、ミュージカル・コメディ映画主演女優賞(メアリー=ルイーズ・パーカー)、第68回ゴールデングローブ賞作品賞(ミュージカル・コメディ部門)にノミネートされた。

続編[編集]

続編の計画が進められており、サミット・エンターテインメントがホーバー兄弟に再び脚本執筆を依頼した[26]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Red (2010)” (英語). Box Office Mojo. 2012年4月7日閲覧。
  2. ^ 2011年興行収入10億円以上番組 (PDF) - 日本映画製作者連盟
  3. ^ "Collider Goes to the Set of RED (Retired Extremely Dangerous) ? Plus Producer Lorenzo di Bonaventura On Set Interview"”. Collider.com (2010年5月7日). 2010年8月12日閲覧。
  4. ^ 過激な中年スパイが結集! B・ウィリス主演「RED レッド」予告公開”. 映画.com (2010年10月15日). 2010年10月18日閲覧。
  5. ^ Warren Ellis’ Red and Ocean Headed to the Big Screen”. /Film (2008年6月12日). 2010年1月19日閲覧。
  6. ^ Bruce Willis is living hard”. Risky Business (2009年4月29日). 2010年1月20日閲覧。[リンク切れ]
  7. ^ Morgan Freeman Joins The Big Screen Adaptation of Warren Ellis’ Red”. /Film (2009年7月19日). 2010年1月19日閲覧。
  8. ^ Director closes in on 'Red'”. The Hollywood Reporter (2009年7月28日). 2009年7月30日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月20日閲覧。
  9. ^ Casting Notes: Alan Cumming in Burlesque; Mirren Does Espionage; Dempsey Steals Laughs; Weaver and Shawkat Hit Cedar Rapids”. /Film (2009年11月4日). 2010年1月19日閲覧。
  10. ^ John C. Reilly, Mary-Louise Parker seeing 'Red'”. The Hollywood Reporter (2009年11月4日). 2009年11月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月19日閲覧。
  11. ^ Julian McMahon sees 'Red'”. The Hollywood Reporter (2009年11月12日). 2009年11月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月19日閲覧。
  12. ^ Red Gets 2010 Release Date”. /Film (2009年12月17日). 2010年1月19日閲覧。
  13. ^ Justin Kroll (2009年12月14日). “James Remar”. Variety. 2010年1月20日閲覧。
  14. ^ Rob M. Worley (2009年12月21日). “TREK Doc cast in RED”. mania.com. 2010年1月20日閲覧。
  15. ^ John Malkovich signs on for 'Red'”. The Hollywood Reporter (2010年1月10日). 2010年1月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年1月19日閲覧。
  16. ^ Red Begins Principal Photography”. /Film (2010年1月18日). 2010年1月18日閲覧。
  17. ^ RED Movie Set Pictures”. ComicBookMovie.com (2010年3月31日). 2010年4月1日閲覧。
  18. ^ Willis, Malkovich head south for quick 'Red' shoot (exclusive)”. The Hollywood Reporter (2010年8月19日). 2010年8月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年8月23日閲覧。
  19. ^ Exclusive Teaser Trailer”. Yahoo!. 2010年6月24日閲覧。
  20. ^ Kellvin Chavez (2010年7月22日). “SDCC 2010: New RED Trailer”. Latino Review. 2010年7月23日閲覧。
  21. ^ ブルース・ウィリス最新作プレミアにスタローンも来場”. 映画.com (2010年10月13日). 2010年10月18日閲覧。
  22. ^ Red Movie Reviews, Pictures”. Rotten Tomatoes. Flixster, Inc.. 2010年10月18日閲覧。
  23. ^ Red reviews at Metacritic.com”. Metacritic. CBS Interactive. 2010年10月18日閲覧。
  24. ^ エバート, ロジャー (2010年4月14日). “Red”. rogerebert.com.. 2010年10月18日閲覧。2/4stars
  25. ^ Weekend Box Office Results for October 15-17, 2010 - Box Office Mojo” (英語). Box Office Mojo. 2010年10月18日閲覧。
  26. ^ 豪華キャスト集合のアクション・コメディ「RED/レッド」、続編が水面下で進行中!”. ハリウッドチャンネル (2011年1月18日). 2011年1月19日閲覧。

外部リンク[編集]