スクリーム2

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクリーム2
Scream 2
Scream 2 logo.jpg
監督 ウェス・クレイヴン
脚本 ケヴィン・ウィリアムソン
製作 マリアンヌ・マッダレーナ
キャシー・コンラッド
製作総指揮 ハーヴェイ・ワインスタイン
ボブ・ワインスタイン
ケヴィン・ウィリアムソン
出演者 ネーブ・キャンベル
音楽 マルコ・ベルトラミ
撮影 ピーター・デミング
編集 パトリック・ルシア
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 アスミック・エース
公開 アメリカ合衆国の旗 1997年12月12日
日本の旗 1998年8月15日
上映時間 122分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $24,000,000[1]
興行収入 $172,363,301[1]
前作 スクリーム
次作 スクリーム3
テンプレートを表示

スクリーム2』(原題: Scream 2)は1997年アメリカ映画。『スクリーム』の続編。

ストーリー[編集]

前作の連続殺人事件から2年後、大学生となったシドニーは恋人のデレクと共に大学生活を満喫していた。事件は生存者の一人であるゲイルの手によってまとめられ、ベストセラーを経て「スタブ」(Stab、突き刺すの意味)というタイトルで映画化される。その試写会の日、シドニーと同じ大学のモーリーンとフィルが何者かに惨殺されてしまう。

事件の続きか模倣犯か、人々の脳裏に蘇るウッズボロー連続殺人事件。だが警察の努力も空しく容疑者は浮かんでこない。そのまま数日が過ぎたところで再び事件が起きる。大学の合同パーティーの最中にオメガベータ館で一人留守番で残っていたシーシー(ケーシー)が惨殺されたのだ。事件を知ったシドニーの元に電話がかかる。「やあシドニー。俺を覚えてるか?」

ランディとデューイ、ゲイルにジョエルの4人はそれぞれ2年前の事件と今回の連続殺人事件の関連性について調べていた。4人が集まり相談をしている時にランディの携帯電話が鳴る。携帯をかけている奴が犯人だ、デューイやゲイルは周囲を探すがその隙を突かれてランディが刺殺されてしまう。ランディの死で心を痛めたゲイルはデューイと共に本格的に殺人事件の調査を開始するが、今度はデューイがゲイルの目の前で犯人にメッタ刺しにされるのだった。ほぼ同じ頃、ハリーと共に警察の車で護送されていたシドニーが何者かに襲撃を受ける。一時は逃げ延びるも殺人犯の顔を確認しようとした事が災いしてハリーが惨殺されてしまう。

校内に逃げ隠れたシドニーの前へ姿を現し正体を見せたのはミッキーだった。その場にいたデレクを殺害したところでビリーの母親であるデビー・ルーミスも登場し真相を明かした。一連の事件は息子のビリーがシドニーに殺されたその復讐であり、ビリーを侮辱する者やシドニーに親しい者たちを惨殺していた。ミッキーとはネットで知り合い、学費金を出す条件で協力者にしたのだと。完全犯罪を目論む彼女はミッキーの単独犯行と相撃ちによる全員死亡で幕を下ろすため、彼に数発の弾丸を浴びせ、シドニーに襲い掛かる。

シドニーは危うい状況に追い込まれるが、銃を持って現れたコットンによって救われる。犯人であるミッキーとルーミスはシドニー達の銃で止めをさされ死亡し、これにより事件は完全に解決したのだった。死亡したと思われたデューイは一命をとりとめてゲイルの付き添いで病院へ、シドニーとコットンはわだかまりが消え和解した。

キャスト[編集]

前作の生存者キャスト[編集]

その他のキャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Scream 2 (1996)” (英語). Box Office Mojo. 2010年4月5日閲覧。

外部リンク[編集]