ディメンション・フィルムズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ディメンション・フィルムズ
Dimension Films
Dimension Films logo.svg
種類 レーベル
略称 DF
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク市ニューヨーク
設立 1992年
事業内容 映画製作、配給
所有者 ウォルト・ディズニー・カンパニー (1993–2005)
主要株主 ミラマックス・フィルムズ (1992–2005)
ワインスタイン・カンパニー (2005–2018)
ランターン・エンターテインメント (2018–)
テンプレートを表示

ディメンション・フィルムズ (Dimension Films) は、ランターン・エンターテインメントの子会社である、映画製作会社。

かつては、ミラマックス内でボブ・ワインスタインが特定のジャンルの映画の映画製作映画配給を行うために立てたレーベルだった。2005年にミラマックスがウォルト・ディズニー・カンパニーウォルト・ディズニー・スタジオ)の子会社になった時、ワインスタイン兄弟はミラマックスを退社してこのレーベルを引き抜いた。

概要[編集]

ディメンション・フィルムズは、ほとんどブランドのようなもので、完全に独立した会社ではない。そのため、ワインスタイン・カンパニーがある種のジャンルの映画を出す際に、このレーベル名を出す。

2005年10月1日より前にこの映画が出した映画は、すべてウォルト・ディズニー・カンパニーが管理している。ディズニーはこのレーベルの映画ライブラリから配信するときの権利を支配している。AP通信によると、「ディズニーが最終絶叫計画シリーズのフリックとディメンション・フィルムズができる前に遭った作品から利益の半分を撮り続けている[1]。」とのこと。

ディズニーのフランチャイズを受けたころの代表作には『ハロウィン』シリーズ (1995–2002)、『チルドレン・オブ・ザ・コーン』シリーズ (1995–2001)、『スクリーム』シリーズ (1996–2000)、『スパイキッズ』シリーズ (2001–2003)、『最終絶叫計画』シリーズ (2000–2006)などがある。

ディメンション・フィルムの初期作品の一部は、パラマウント・ピクチャーズが配信していて、ミラマックスが1993年にブエナ・ビスタに買われて、親会社がディズニーから独立した2005年にアウトプットを移した。

主な製作・配給作品[編集]

アメリカ合衆国での公開年を基準に表記する。

脚注[編集]

  1. ^ "'Scary Movie 4' Opens With $41 Million(2006年5月13日時点のアーカイブ

関連項目[編集]