フロム・ダスク・ティル・ドーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
フロム・ダスク・ティル・ドーン
From Dusk Till Dawn
監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 クエンティン・タランティーノ
原案 ロバート・カーツマン
製作 ジャンニ・ヌナリ
マイアー・テパー
製作総指揮 ローレンス・ベンダー
ロバート・ロドリゲス
クエンティン・タランティーノ
出演者 ジョージ・クルーニー
クエンティン・タランティーノ
ハーヴェイ・カイテル
ジュリエット・ルイス
音楽 グレーム・レヴェル
撮影 ギレルモ・ナヴァロ
編集 ロバート・ロドリゲス
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 松竹富士
公開 アメリカ合衆国の旗 1996年1月19日
日本の旗 1996年6月15日
上映時間 108分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $20,000,000
興行収入 $25,836,616[1] アメリカ合衆国の旗カナダの旗
次作 フロム・ダスク・ティル・ドーン2
テンプレートを表示

フロム・ダスク・ティル・ドーン』(原題: From Dusk Till Dawn)(日本語: 夕方から明け方まで) は、1996年製作のアメリカ映画である。

特殊メイクデザイナーのロバート・カーツマンが作ったプロットを元に、クエンティン・タランティーノが脚本を書き、ロバート・ロドリゲスが監督した作品。

あらすじ[編集]

全米各地で強盗殺人を繰り広げたゲッコー兄弟は、警察の追及を振り切るべく、メキシコ国境を目指して逃亡を続ける。牧師を辞めて放浪の旅をしていたフラーとその一家は、たまたま立ち寄ったモーテルにてゲッコー兄弟の脅しで逃亡に加担する事になり、国境を突破するための隠れ蓑に利用される。メキシコ国境警備を通過した一行は、ゲッコー兄弟が現地組織の代理人と落ち合う予定のトップレスバークラブ「ティッティー・ツイスター」(営業は、日没から夜明けまで”フロム・ダスク・ティル・ドーン”)で一夜を過ごすことになるも場面は一転し、そこは吸血鬼の巣食う巣窟で、大立回りを演じる事になる。

双方に犠牲を出しつつ店に巣食っていた邪悪な死者らを蹴散らし、所定の時間に現れた代理人によって「ティッティー・ツイスター」は爆炎に包まれた。生き残ったセスは落とし前として札束をケイトに渡し殺戮現場を後にする。(了)

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
ソフト版 Netflix
セス・ゲッコー ジョージ・クルーニー 野沢那智 加瀬康之
リチャード・“リッチー”・ゲッコー クエンティン・タランティーノ 広川太一郎 勝杏里
ジェイコブ・フラー ハーヴェイ・カイテル 大塚周夫 野島昭生
ケイト・フラー ジュリエット・ルイス 松本梨香 志田有彩
スコット・フラー アーネスト・リュー 檜山修之 バトリ勝悟
地獄のサンタニコ サルマ・ハエック 叶木翔子 折井あゆみ
国境警備員 / チェット・プッシー / カルロス チーチ・マリン 辻親八 魚建
レザー・チャーリー ダニー・トレホ 宝亀克寿 橘潤二
セックス・マシーン トム・サヴィーニ 笹岡繁蔵 田村真
フロスト フレッド・ウィリアムソン 糸博 山田浩貴
テキサス・レンジャー アール・マクグロー マイケル・パークス 城山堅 さかき孝輔
人質 グロリア・ヒル ブレンダ・ヒルハウス 藤野泰子
FBI捜査官 スタンリー・チェイス ジョン・サクソン
オールド・タイマー・モーテルの店主 マーク・ローレンス
ニュースキャスター ケリー・ヒュー ケリー・プレストン 佐藤ユリ
ピート・ボトムズ(酒店の店員) ジョン・ホークス 増元拓也

関連作品[編集]

続編に未来編『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』(原題:From Dusk Till Dawn 2: Texas Blood Money)と過去編『フロム・ダスク・ティル・ドーン3』(原題:From Dusk Till Dawn 3: The Hangman's Daughter)がビデオ映画としてつくられた。(編以降からはロバート・ロドリゲスは監修に回った。

『フロム・ダスク・ティル・ドーン2』ではテレビドラマ『X-ファイル』や映画『ターミネーター2』で知られるロバート・パトリックが主演を務めている。

新たにTVシリーズ『フロム・ダスク・ティル・ドーン ザ・シリーズ英語版』のタイトルでロドリゲス監督自ら開局したケーブル・テレビ・チャンネル「El−Ray」で2014年3月9日より放送。

脚注[編集]

  1. ^ From Dusk Till Dawn (1996)”. Box Office Mojo. 2009年10月4日閲覧。

外部リンク[編集]