デッドゾーン (映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
デッドゾーン
The Dead Zone
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
脚本 ジェフリー・ボーム
原作 スティーヴン・キング
製作 デブラ・ヒル
製作総指揮 ディノ・デ・ラウレンティス(表記なし)
出演者 クリストファー・ウォーケン
マーティン・シーン
音楽 マイケル・ケイメン
撮影 マーク・アーウィン
編集 ロナルド・サンダース
配給 アメリカ合衆国の旗 パラマウント映画
日本の旗 ユーロスペース
公開 アメリカ合衆国の旗 1983年10月21日
日本の旗 1987年6月20日
上映時間 103分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $10,000,000
興行収入 アメリカ合衆国の旗$20,766,000[1]
テンプレートを表示

デッドゾーン』(原題:The Dead Zone)は1983年デヴィッド・クローネンバーグ監督で製作されたスティーヴン・キングの小説『デッド・ゾーン』(原題:The Dead Zone)を原作としたサスペンス映画

特殊な能力に目覚めてしまった一人の男の孤独な生と死を描く[2]。原作にあるジョニー・スミスとグレッグ・スティルソンの視点の内、ジョニー・スミスの視点に絞った構成になっている。

あらすじ[編集]

ジョニー・スミス(クリストファー・ウォーケン)はニューイングランドの若き教師であり、同僚のサラ(ブルック・アダムス)と恋愛関係にあった。ある晩ジョニーはサラとのデートの後、大きな自動車事故に巻き込まれ、昏睡状態に陥った。神経科医ウェイザク(ハーバート・ロム)の治療の下で、ジョニーは昏睡から目覚める。彼の身体にはギプスや包帯、また目立つ傷跡はまったくなかったが、それは彼が意識を失ってから5年もの歳月が経っていたためであり、恋人のサラもすでにほかの男性と結婚して子供がいることを知り彼は愕然とする。

ジョニーは事故の影響により、他人の過去や現在、未来の秘密を、その人にふれることによって知覚できるという超能力を持つ。看護師の家の火事や、第二次大戦中に死んだと思われていたウェイザク医師の母の所在を透視した事で、ウェイザク医師はジョニーの超能力を信じるに至る。そして超能力はTV放映され、ジョニーの人生はそれまでとは変ってしまった。

そんなある日、ジョニーの家に訪れたバナーマン保安官(トム・スケリット)に、連続強姦殺人事件の解決にその能力を生かしてほしいと頼まれる。一度は断ったジョニーだが、バナーマン保安官の必死の捜査をTVで観て協力を申し出る。そして再び起こった殺人事件の現場で犯人を透視し事件を解決する。ジョニーは実家を離れ、他所の町で家庭教師をはじめる。そして教え子がアイスホッケー中に事故死するビジョンを見、教え子はアイスホッケーに参加せず死を逃れる。

新進の地元政治家グレッグ・スティルソン(マーティン・シーン)の演説会がジョニーの家の前の公園で行われ、そこにスティルソンの応援をするサラを見つけたジョニーは会場に迷い込む。偶然スティルソンと握手したジョニーは、スティルソンがいつの日かアメリカ合衆国大統領に選出され、核戦争を始めるビジョンを見てしまう。

ウェイザク医師はジョニーが教え子を救った事から、ジョニーが予知した未来は変える事ができるのではないかと分析する。ウェイザク医師に、「もしヒトラーが台頭する前のドイツに行けたなら、あなたはどうするか」と尋ねるジョニーは、「命にかえてもヒトラーを殺す」という答えを得て、未来を変えるべくスティルソンの暗殺を決意する。

銃を手にスティルソンの演説会場に乗り込んだジョニーであったが、暗殺は失敗し、スティルソンは無傷で助かり、ジョニーは致命傷を負ってしまう。しかし、ジョニーに銃を向けられた瞬間、スティルソンがサラの子どもを奪い人間の盾として利用しようとした写真が撮られていた。瀕死で横たわるジョニーに、スティルソンが掴みかかる。そのときジョニーには、ニューズウィーク誌の表紙となったその卑劣な行為と、スキャンダルにやつれ自殺するスティルソンという最後のビジョンがみえた。ジョニーは満足し、スティルソンに「あなたは破滅する」と一言だけ告げた直後、息絶えた。

キャスト[編集]

日本語吹替[編集]

役名 俳優 日本語版
ジョニー クリストファー・ウォーケン 野沢那智
サラ ブルック・アダムス 土井美加
スティルソン マーティン・シーン 富山敬
ウィーザック ハーバート・ロム 内田稔
バナーマン トム・スケリット 坂口芳貞
ロジャー アンソニー・ザーブ 小林修
ヘンリエッタ コリーン・デューハースト 麻生美代子
フランク ニコラス・キャンベル 大滝進矢
ハーブ ショーン・サリヴァン 宮内幸平
ヴェラ ジャッキー・バローズ 瀬能礼子
  • 初回放送1989年11月26日(日)テレビ朝日『日曜洋画劇場
    • 制作:東北新社、演出:伊達康将、翻訳:平田勝茂、調整:小野敦志、プロデューサー:圓井一夫

作品解説[編集]

この作品の映画化を持ちかけられたクローネンバーグは『ビデオドローム』の仕上げ段階にあり、これまでの自らの作品と同じテーマを感じ監督する事を受けた。原作者キングは当初、主役にビル・マーレイを望んだが、クリストファー・ウォーケンは原作の持つ悲劇的要素を演じきった[3]

主人公のジョニー・スミスの元恋人であるサラがスティルソンの選挙運動の協力者として現れるが、これは原作にない設定である[2]。また映画では主人公が超能力について「今は神の恵みだと思っている」という台詞があるが、原作ではない[4]

評価・影響[編集]

この映画はデヴィッド・クローネンバーグの監督としてのキャリアのターニングポイントになったと評価された。この映画の(興行的)成功と(作品に対する)好意的な評価は、クローネンバーグに1986年の映画『ザ・フライ』のような大きな作品の仕事をもたらした。

この映画は(公開当時)クローネンバーグの以前の作品を評価していたロジャー・エバートによって公正に評価され、星3つと半分を獲得した。またスティーヴン・キングも、自らの小説をオリジナルとする映画の中でも好きな作品であると認めており、「デヴィッドは僕が思いつきもしなかった素晴らしいアイデアを付け加えてくれた」とも語っている[3]

各国での高評価にもかかわらず、日本では完成から2年後の第1回東京映画祭で限定上映された後、更に2年後の1987年にミニシアターのみの封切りとなった[3]

賞歴[編集]

トリビア[編集]

  • 攻撃の一つが行われたガゼボは、カナダオンタリオ州ナイアガラ・オン・ザ・レークにある公園の永久的な構造物である。
  • クリストファー・ウォーケンは、サタデー・ナイト・ライブのコント(スケッチ)で自らの役柄のパロディを演じた。
  • バナーマン保安官役のトム・スケリットはテレビドラマ版デッドゾーンの最終回にハーブ・スミス(ジョン・スミスの父親)役としてゲスト出演した。

脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ a b 『デッドゾーン』の世界花の絵 2014年6月6日
  3. ^ a b c COMPLETE STEPHEN KING、白夜書房、1988、ISBN 4-89367-121-9
  4. ^ デッドゾーン』の世界 [続き]花の絵 2014年6月8日

関連項目[編集]

外部リンク[編集]