ヤング・フランケンシュタイン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ヤング・フランケンシュタイン
Young Frankenstein
監督 メル・ブルックス
脚本 メル・ブルックス
ジーン・ワイルダー
製作 マイクル・グルスコフ
出演者 ジーン・ワイルダー
ピーター・ボイル
音楽 ジョン・モリス
撮影 ジェラルド・ハーシュフェルド
編集 ジョン・C・ハワード
配給 FOX
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年12月15日
日本の旗 1975年10月31日
上映時間 106分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
ドイツ語
製作費 $2,800,000
テンプレートを表示

ヤング・フランケンシュタイン』(原題: Young Frankenstein)は、アメリカのグルスコフ=ベンチャー・プロが製作した1974年コメディ映画

概要[編集]

コメディ作家のメル・ブルックスが、ユニヴァーサルフランケンシュタイン映画をパロディ化した作品である。当時の雰囲気を出すために、ユニヴァーサルの旧作のセットを使ってモノクロで撮影されている。

ストーリー[編集]

トランシルヴァニアのビューフォート・フランケンシュタインは、息子のヴィクターが怪物を造りだし家名を汚したことで遺産を息子ではなく曽孫に譲るという遺言書を遺した。その曾孫のフレデリック(ジーン・ワイルダー)はボルティモアの有名な脳外科医であり医大講師を勤めていた。なおフレデリックも祖先の行為を快く思っておらず、フランケンシュタインと呼ばれることを嫌っており、自身の名字は英語読みのフロンコンスティンであるとむきになって訂正する。

フランケンシュタイン家の使者がボルティモアへやってきて、フレデリックに曽祖父の遺言と家督を継がねばならないことを告げる。フレデリックにはエリザベス(マデリーン・カーン)という恋人がいるためボルティモアに留まりたかったが、説得されてトランシルヴァニアに行くことになった。トランシルヴァニアの屋敷でフレデリックは、祖父のヴィクターが死体を甦らせる実験をしたときの記録を発見し、この実験を引き継ぐことを決心する。ついにはヴィクター同様、死体を掘り返してきてモンスター(ピーター・ボイル)を造り上げてしまう。ところが、助手のアイゴール(マーティ・フェルドマン)が持ってきた脳は精神異常者の(原語は「Abby Normal's (A. B. Normal, abnormal)」)というものだった。

モンスターは屋敷を飛び出して彷徨い歩き、孤独な盲目の男(ジーン・ハックマン)の家に入り込んでしまう。盲目の男は相手がモンスターだとは判らずに親切にするが、モンスターはその家を飛び出す。一方、かつてヴィクターの恋人だった老家政婦ブルッハー(クロリス・リーチマン)からモンスターはバイオリンで弾く子守唄が好きであることを聞いたフレデリックは、バイオリンでモンスターをおびきだし実験室に閉じ込め、手なずけることに成功する。

フレデリックはモンスター創造の実験の成果を学界に発表するため、ある劇場に多数の学者たちを集めてミュージカルを発表する。発表は無事に終わったが、余興にタップダンスを踊らせていた時にライトがショートして放電したことに驚いたモンスターが暴れだした。モンスターは警官に捕らえられ留置場につながれたが、警官の首を絞めて脱走。フレデリックに会うためにトランシルヴァニアを訪れていたエリザベスを誘拐し、森の中に逃げ込む。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
テレビ朝日版 LD版
フレデリック・フランケンシュタイン博士 ジーン・ワイルダー 広川太一郎 羽佐間道夫
モンスター ピーター・ボイル 飯塚昭三
アイゴール マーティ・フェルドマン 熊倉一雄 青野武
エリザベス マデリーン・カーン 荒砂ゆき 小宮和枝
ブルッハー
(テレビ朝日版ではバニク・クー)
クロリス・リーチマン 北原文枝 京田尚子
インガ テリー・ガー 田島令子 藤田淑子
ケンプ警部 ケネス・マース 大平透 内海賢二
盲目の男 ジーン・ハックマン 木村幌 千葉順二
村の長老 アーサー・マレット 北村弘一
フォルクシュタイン リチャード・ヘイデン 槐柳二
医学生 ダニー・ゴールドマン 西川幾雄 野島昭生

賞歴[編集]

元ネタ[編集]

  • フランケンシュタイン
  • フランケンシュタインの花嫁 - 盲目の男は『花嫁』からのパロディで、『花嫁』では唯一のモンスターの親友。本作のマデリーン・カーン演じるエリザベスの髪型は女版モンスターのパロディである。
  • フランケンシュタインの復活 - 助手のアイゴールは本作のイゴールからの名前の引用。片腕が義手のケンプ警部は本作のクローグ警視のパロディ。『復活』では幼い頃にモンスターに片腕を引きちぎられて義手になった設定だが、本作では握手する際に義手を引っこ抜かれている。
  • ノートルダムのせむし男 - イゴールの元ネタ。そもそもフランケンシュタインの助手がせむし男として登場するのは、『せむし男』のカジモドから派生したキャラが次第にオマージュ視されて作られたもの。

ミュージカル[編集]

メル・ブルックスの作詞・作曲・脚本で、2007年にブロードウェイ・ミュージカル化された。演出・振付はスーザン・ストローマン。共同脚本はトーマス・ミーハン

2007年10月11日からのプレビュー公演を経て、同年11月8日から2009年1月4日までフォックスウッズ・シアターで上演。トニー賞3部門ノミネート。

オリジナル・キャスト[編集]

日本での公演[編集]

ヤングフランケンシュタイン』のタイトルで、2017年に日本版が上演予定。演出・日本語版脚本は福田雄一、主演は小栗旬で本作がミュージカル初主演となる[1]

スタッフ(日本版)[編集]

外部リンク[編集]

  1. ^ “小栗旬、来夏ミュージカルに初挑戦「歌も踊りも苦手だけど大いに笑いにきて」”. ステージナタリー. (2016年11月29日). http://natalie.mu/stage/news/211089 2016年11月29日閲覧。