プロデューサーズ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

プロデューサーズ』(The Producers)は、アメリカ合衆国の映画作品およびミュージカル作品。ブロードウェイのミュージカル業界を舞台にした騒動を描くコメディである。メル・ブルックスが監督や作詞作曲を手がけている。次の3つの作品がある。

  1. 1968年アメリカ映画
  2. 1を元に作られた2001年ミュージカル
  3. 2を元に作られた2005年ミュージカル映画

1968年の映画[編集]

プロデューサーズ
The Producers
監督 メル・ブルックス
脚本 メル・ブルックス
製作 シドニー・グラジエ
出演者 ゼロ・モステル
ジーン・ワイルダー
ケネス・マース
リー・メレディス
クリストファー・ヒューイット
音楽 ブライアン・モリス
ジョン・モリス
撮影 ジョセフ・コフィ
編集 ラルフ・ローゼンブラム
配給 アメリカ合衆国の旗 エンバシー・ピクチャーズ
日本の旗 ザジフィルムズ
公開 アメリカ合衆国の旗 1968年11月10日
日本の旗 2000年12月23日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
テンプレートを表示

1968年の『プロデューサーズ』は、メル・ブルックス監督・脚本による映画作品。主演はゼロ・モステルジーン・ワイルダーアカデミー脚本賞を受賞した。

アメリカでは公開当時、直接的な表現から公開された映画館は数少なかった。2002年には3つの劇場で再公開された。日本では未公開でソフト化のみだったが、2000年12月に劇場公開された。

あらすじ[編集]

かつてはブロードウェイの大物プロデューサーだったが、今はすっかり落ち目のマックス・ビアリストックは、裕福な老婦人たちのご機嫌取りで金銭を稼ぐ日々。ある日、マックスの事務所へ気弱な会計士のレオ・ブルームが訪れる。彼は帳簿を調べている内に、ミュージカルを当てるより失敗させた方がより大儲けできることに気付く。マックスはこれはいいアイデアだと、レオを誘い最低なミュージカルを作って一攫千金の詐欺を企む。

確実に失敗させるためにはまずは最低な脚本を、と探し当てたのはナチシンパのドイツ人フランツ・リープキンが書いた『ヒトラーの春』(Springtime for Hitler)だった。首尾よく上演権をとりつけたマックスは早速金集めに奔走、高額の配当をエサに愛人の老婦人たちから莫大な出資金を騙し取る。続いて最低な演出家として、ゲイで女装趣味の演出家ロジャー・デ・ブリーを起用。そして最低の役者として主役のヒトラーに選ばれたのは、別のオーディション会場と間違えて来たヒッピーのイカレ男ロレンツォ・サン・デュボワ(イニシャルからLSDと呼ばれる)である。

これで万全、上演は失敗間違いなし!とほくそえむ2人だったが、やがて初日を迎えると予想外の反応が待っていた。最初こそ馬鹿げた内容に腹を立てる客が続出したものの、LSDが怪演するオカマ風ヒトラーに観客は爆笑につぐ爆笑。ナチ党員が手に手をとって陽気に歌い踊るあまりにも俗悪極まる内容に、ヒトラーを笑い者にした反ナチの風刺コメディだと観客に勘違いされる。結果はなんとミュージカルは大ヒットしてしまうのだった。すっかり窮地に追いこまれたマックス達は、最後の手段としてついに劇場の爆破を決意する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹き替え
LD版(翻訳:飯島永昭 日本語版制作:東北新社)
マックス・ビアリストック ゼロ・モステル 富田耕生
レオ・ブルーム ジーン・ワイルダー 羽佐間道夫
フランツ・リープキン ケネス・マース 納谷悟朗
ウーラ リー・メレディス 小宮和枝
ホールド・ミー・タッチ・ミー エステル・ウィンウッド 京田尚子
ロジャー・デ・ブリー クリストファー・ヒューイット 内海賢二
カルメン・ギア アンドレアス・ヴシナス 納谷六朗
ロレンツォ・セント・デュボワ(LSD) ディック・ショーン 青野武
ドランク ウィリアム・ヒッキー
エヴァ・ブラウン レニー・テイラー
ゲッベルス デイヴィッド・パッチ 池田勝

スタッフ[編集]

  • 監督:メル・ブルックス
  • 製作:シドニー・グラジエ
  • 脚本:メル・ブルックス
  • 撮影:ジョセフ・コフィ
  • 音楽:ブライアン・モリス、ジョン・モリス

2001年のミュージカル[編集]

2001年の『プロデューサーズ』は、1968年の映画をミュージカル化した作品。映画を監督したメル・ブルックスが作詞と作曲を行った。脚本にはトーマス・ミーハンが加わっている。初演の主役はネイサン・レインマシュー・ブロデリックが演じた。大ヒット作となり、トニー賞の12部門を受賞。

2005年の映画[編集]

プロデューサーズ
The Producers
監督 スーザン・ストローマン
脚本 メル・ブルックス
トーマス・ミーハン
製作 メル・ブルックス
ジョナサン・サンガー
出演者 ネイサン・レイン
マシュー・ブロデリック
ユマ・サーマン
ウィル・フェレル
ゲイリー・ビーチ
ロジャー・バート
音楽 メル・ブルックス
トーマス・ミーハン
グレン・ケリー
撮影 ジョン・ベイリー
チャールズ・ミンスキー
編集 スティーヴン・ワイズバーグ
配給 アメリカ合衆国の旗 ユニバーサル・ピクチャーズ
日本の旗 コロンビア映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2005年12月25日
日本の旗 2006年4月8日
上映時間 134分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $45,000,000[1]
興行収入 $38,058,335[1]
テンプレートを表示

2005年の『プロデューサーズ』は、2001年のミュージカルを元にしたミュージカル映画(日本での公開は2006年)。製作はメル・ブルックス、監督はミュージカル版の演出と振付を行ったスーザン・ストローマン。ミュージカル版の主演であるネイサン・レインとマシュー・ブロデリックがそのまま主演している。また、映画版オリジナル・キャストとしてウーラ役にユマ・サーマン、フランツ役にウィル・フェレルが出演している。

あらすじ[編集]

かつてはブロードウェイの大物プロデューサーだったマックスはすっかり落ちぶれ、ヒット作を出せなくなっていた。マックスの元をさえない会計士レオが訪れ、帳簿を調べるうちに、「ミュージカルをわざと大コケさせれば大儲けできる」ことを発見する。金に目がくらんだマックスは、プロデューサーになることを夢見ていたレオを口説き落とし、一緒にプロデューサーとなって失敗作を作り、出資金を持ち逃げすることにする。

まず最低の脚本家を探し、ヒトラーを愛するフランツの『春の日のヒトラー』を採用する。最低の演出家として、ゲイのロジャーに演出を依頼する。さらに、スウェーデン語なまりのひどいセクシー美女ウーラを出演させることにする。マックスは出資金をかき集めるために、愛に飢えた老婦人を口説いて回る。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

  • 監督:スーザン・ストローマン
  • 製作:メル・ブルックス、ジョナサン・サンガー
  • 脚本:メル・ブルックス、トーマス・ミーハン
  • 作詞・作曲:メル・ブルックス

参考文献[編集]

  1. ^ a b The Producers”. Box Office Mojo. Amazon.com. 2012年2月6日閲覧。

外部リンク[編集]