レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード
Once Upon A Time In Mexico
監督 ロバート・ロドリゲス
脚本 ロバート・ロドリゲス
製作 ロバート・ロドリゲス
エリザベス・アヴェラン
カルロス・ガラルドー
出演者 アントニオ・バンデラス
サルマ・ハエック
ジョニー・デップ
ミッキー・ローク
エヴァ・メンデス
ダニー・トレホ
エンリケ・イグレシアス
マルコ・レオナルディ
チーチ・マリン
ルーベン・ブラデス
ウィレム・デフォー
音楽 ロバート・ロドリゲス
撮影 ロバート・ロドリゲス
編集 ロバート・ロドリゲス
制作会社 ディメンション・フィルムズ
トラブルメイカー・スタジオズ
配給 コロンビア ピクチャーズ
公開 アメリカ合衆国の旗 2003年9月12日
日本の旗 2004年3月6日
上映時間 102分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
スペイン語
製作費 $29,000,000[1]
興行収入 $98,185,582[1]
前作 デスペラード
テンプレートを表示

レジェンド・オブ・メキシコ/デスペラード』(原題: Once Upon A Time In Mexico)は、2003年アメリカ映画

ロバート・ロドリゲス監督の『マリアッチ』三部作の『エル・マリアッチ』(1992年)、『デスペラード』(1995年)に続く第3弾。

ストーリー[編集]

メキシコにあるマリアッチの男がいた。男はギターケースに銃を仕込んだ凄腕のガンマンでもあったという。彼はマルケス将軍の女・カロリーナと恋に落ち、彼女を連れ出して逃亡した。やがて彼らはマルケスに発見され、カロリーナと幼い娘を目の前で殺されてしまったという……。

メキシコに潜入しているCIAの狡猾な工作員サンズは、麻薬王バリヨとマルケス将軍によるクーデタ計画の情報を掴む。彼はクーデタを阻止するために、いまや伝説となっていたマリアッチの男に接触する。サンズは彼にマルケス殺害を依頼し、護衛兼見張りとしてククイという現地人の部下をつける。マリアッチは昔の仲間二人に声を掛けて助けを求めた。また、サンズはバリヨに同僚を殺された元FBI捜査官のラミレスにも接触し、バリヨへの復讐をそそのかす。ラミレスはアメリカからの逃亡犯でバリヨの側近をつとめる男・ビリーと交渉し、逃亡と引き換えに協力を約束させる。 一方、政府側は、奪われた密輸銃の行方を追ってアヘドレスらの部隊を派遣する。サンズはアヘドレスともつながっており、共謀してバリヨの金を横取りする計画を立てる。 政府の部隊はバリヨが入院している病院に突入、しかし、バリヨは整形手術を終えて逃げた後だった。潜入したラミレスは捕まってしまう。また、サンズもアヘドレスの裏切りに遭い、バリヨに捕らえられる。彼女はバリヨの娘だったのだ。サンズは両目をえぐられるという凄惨な拷問を受ける。

死者の日の祭りで街中が盛り上がる中、マルケス将軍のクーデタが実行に移される。政府軍と反乱軍との戦いが始まり、マリアッチたちも大統領を守るべく官邸に潜入する。目を潰されて放り出されたサンズもまた、物売りの少年の助けを借りて官邸に向かう。彼は盲目のガンマンとして覚醒、待ち受けるバリヨの手下を次々に仕留め、ついにアヘドレスも倒した。大統領に迫るマルケス将軍は、ついにマリアッチと対峙し、一騎打ちの末に倒された。駆けつけたバリヨの一味の前にはビリーに解放されたラミレスが現れた。ラミレスはマリアッチの助けをえてバリヨを倒し、同僚の仇を討った。

報酬を手にした仲間たちはそれぞれ去っていく。マリアッチもまた、カロリーナと娘の思い出とともにいずこかへと姿を消した。

キャスト[編集]

※括弧内は日本語吹替

スタッフ[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Once Upon A Time In Mexico (2003)”. Box Office Mojo. 2009年11月30日閲覧。

外部リンク[編集]