アポロ18

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
アポロ18
Apollo 18
監督 ゴンサーロ・ロペス=ガイェゴ
脚本 ブライアン・ミラー
製作 ティムール・ベクマンベトフ
ミシェル・ウォルコフ
製作総指揮 ロン・シュミット
マシュー・スタイン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ショーン・ウィリアムソン
コーディ・ジーグ
音楽 ハリー・コーエン
撮影 ホセ・ダビ・モンテーロ
編集 パトリック・ルシエ
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 角川映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2011年9月2日
日本の旗 2012年4月14日
上映時間 86分[1]
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カナダの旗 カナダ
言語 英語
製作費 $5,000,000[2]
興行収入 $25,562,924[2]
テンプレートを表示

アポロ18』(原題: Apollo 18)は、2011年アメリカ合衆国カナダの映画である。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
ジョン・グレイ ライアン・ロビンズ 高岡瓶々
ネイサン・ウォーカー ロイド・オーウェン 水内清光
ベン・アンダーソン ウォーレン・クリスティー 遠藤大智

製作[編集]

撮影はブリティッシュコロンビア州バンクーバーで行われた[3]。しかしながらそれは、俳優が使われていない「発見された映像」による映画として宣伝された。『エンターテインメント・ウィークリー』誌上のインタビューでディメンション・フィルムズ社長のボブ・ワインスタインは本作がフィクション作品であることを否定し、「我々は何も撮っていない、発見したんだ。見つけたぞベイビー!」とジョークを述べた[4][5]。映画はディメンション・フィルムズが配給した[6]

Science & Entertainment Exchangeは本作の製作チームに科学コンサルティングを行った[7]。NASAは本作への協力を断った[8]

公開[編集]

2011年9月2日に多数の国々で公開された。当初は2010年2月5日公開を予定していたが、10回に及ぶ変更が検討された(2010年6月18日、2010年10月15日、2011年3月4日、2011年4月22日、2011年7月8日、2012年1月6日、2011年6月24日、2013年3月15日、2011年8月26日、2011年9月2日)[9][10][11][12][13][14]

興行収入[編集]

北アメリカでは1768万7709ドル、世界全体で2556万2924ドルを売り上げている[2]

評価[編集]

『アポロ18』は批評家から否定的な反応を受けた。Rotten Tomatoesでの支持率は68件のレビューで支持率は24%の「ロッテン(腐敗)」作品となり、「わずか90分さえ長く感じる、サスペンスフリーな『パラノーマル・アクティビティ』のリップオフ」とまとめられた[15]。またMetacriticでは19媒体のレビューをベースに24/100となった[16]

トリビア[編集]

劇中、月面着陸船で船員がテープレコーダーで聴いている音楽は、当時に世界的に売れていたイエスのアルバム『危機 (Close to the Edge)』に収録されている曲「同志 (And you and I)」である。エンドロールの冒頭にもこの曲が使用されている。

関連項目[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ Apollo 18 (15)”. British Board of Film Classification (2011年8月25日). 2011年8月28日閲覧。
  2. ^ a b c Apollo 18 (2011)”. Box Office Mojo (2011年9月2日). 2011年10月26日閲覧。
  3. ^ British Columbia Film Commission Film List: January 11, 2011”. British Columbia Film Commission. 2012年11月12日閲覧。
  4. ^ Tim Stack. “'Apollo 18': Details on the super-secret new sci-fi flick -- EXCLUSIVE”. Entertainment Weekly. 2012年11月12日閲覧。
  5. ^ http://io9.com/#!5774422/are-audiences-sick-of-being-lied-to
  6. ^ New Apollo 18 Viral Examines Why We Haven't Been Back to the Moon”. 2012年11月12日閲覧。
  7. ^ Project”. National Academy of Sciences. 2011年7月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2011年7月7日閲覧。
  8. ^ Keegan, Rebecca (2011年9月11日). “NASA reaches its outer limit”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2011/sep/01/entertainment/la-et-nasa-hollywood-20110901 2011年9月14日閲覧。 
  9. ^ Apollo 18 has its release date moved for the fifth time”. 2012年11月12日閲覧。
  10. ^ McWeeny, Drew (2011年1月7日). “'Apollo 18' game revealing new clues about SF conspiracy thriller”. 2011年1月7日閲覧。
  11. ^ Yamato, Jen (2011年3月25日). “Weinstein Co. Pushes Apollo 18 Release Back to January 2012”. Movie Line. 2011年6月22日閲覧。
  12. ^ Apollo 18 Lands On Another Release Date”. 2012年11月12日閲覧。
  13. ^ Release Date News: 'Apollo 18,' 'Piranha 3DD,' 'Our Idiot Brother' and 'I Don't Know How She Does It'”. 2012年11月12日閲覧。
  14. ^ A Nice Change Of Pace: 'Apollo 18' And 'Final Destination 5' Move Up”. 2012年11月12日閲覧。
  15. ^ Apollo 18”. Rotten Tomatoes. 2011年10月26日閲覧。
  16. ^ Apollo 18 Reviews, Ratings, Credits, and More at Metacritic”. Metacritic.com. 2011年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]