半保護されたページ

最終絶叫計画

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

最終絶叫計画
Scary Movie
監督 キーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ
脚本 ショーン・ウェイアンズ
マーロン・ウェイアンズ
バディ・ジョンソン
フィル・ボーマン
ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー
製作 エリック・L・ゴールド
リー・R・メイズ
製作総指揮 ケイリー・グラナット
ブラッド・グレイ
ピーター・
ピーター・シュウェリン
ボブ・ワインスタイン
ハーヴェイ・ワインスタイン
ボー・ゼンガ
出演者 アンナ・ファリス
音楽 デヴィッド・キタイ
撮影 フランシス・ケニー
編集 マーク・ヘルフリッチ
配給 アメリカ合衆国の旗 ディメンション・フィルムズ
日本の旗 日本ヘラルド映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2000年7月7日
日本の旗 2000年9月2日
上映時間 88分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $19,000,000[1]
興行収入 アメリカ合衆国の旗 $156,997,000[1]
世界の旗 $278,019,771[1]
次作 最'新'絶叫計画
テンプレートを表示

最終絶叫計画』(原題: Scary Movie)は、2000年のアメリカのブラックコメディスラッシャー映画。監督はキーネン・アイヴォリー・ウェイアンズ、脚本はマーロン・ウェイアンズショーン・ウェイアンズ(共に出演)が務め、アンナ・ファリスジョン・エイブラハムズカルメン・エレクトラシャノン・エリザベスらが出演する。ティーンエイジャーのグループが、誤って車で男性をはねてしまい、その遺体を湖に捨ててそれっきりになってしまう。1年後、ゴーストフェイスのマスクとローブを着た何者かが彼らを一人ずつ殺していく。

この映画は、ホラー映画、スラッシャー映画、ミステリー映画など複数のジャンルのパロディである。いくつかの1990年代の映画やテレビ番組もパロディ化されており、脚本は主にスラッシャー映画『スクリーム』(1996年)、『スクリーム2』(1997年)、『ラストサマー』(1997年)のプロットを踏襲している。また、『シックス・センス』(1999年)、『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999年)、『ハロウィン』(1978年)、『マトリックス』(1999年)、『シャイニング』(1980年)、『ユージュアル・サスペクツ』(1995年)などの映画も一部のシーンでパロディ化されている。

ディメンション・フィルムズが7月7日に米国で公開した『最終絶叫計画』は、1900万ドルの製作費で全世界で2億7800万ドルの興行収入を記録した。 映画「絶叫計画」シリーズの第1作目で、その後4つの続編が製作された。

ストーリー

ハロウィンの夜、ハイスクールの美少女ドリューが“ハロウィンマスクをかぶった殺人鬼”に惨殺された。テレビカメラやレポーターが殺到し街が大騒ぎになる中、シンディ・キャンベルは不安に駆られていた。

実はドリューが殺された日のちょうど1年前、彼女は恋人のボビーや仲間のショーティー、ブレンダ、バフィ、グレッグらと共に“ドライブをしていた際に、大騒ぎをしたあげく、道路に出てきた男をはねてしまい、死体を海に投げ捨てた”という出来事があったのだった。あの出来事とドリューの死に関係あるのではと心配するシンディ。

仲間たちは関係があるわけがないときっぱり言い捨てるが、次々にその仲間たちが殺されていく。

キャスト

パロディ

『最終絶叫計画』のユーモアの多くは、他の現代映画への具体的な言及に基づいている。ロジャー・イーバートはレビューの中で、「お金を払う価値を得るためには、様々なティーンエイジ・ホラーシリーズに精通している必要がある」と語っている[2]。脚本が最も大きく基づいている2つの映画は、『スクリーム』(1996年)と『ラストサマー』(1997年)であり、両作品の一般的な物語の流れを利用し、重要なシーンをコミカルに再現している。ティーンエイジャーたちが美人コンテストの後に誤って男性を殺してしまったというストーリーは、『ラストサマー』の同じプロットを思い起こさせる。『スクリーム』からの主な引用としては、ゴーストフェイスの正体とドリュー・デッカーの殺害が、ドリュー・バリモア演じるケイシー・ベッカーのキャラクターに同じことが起こる『スクリーム』のオープニング・シーンを参考にしている。さらに、『スクリーム』と『ラストサマー』のキャラクターが本作に大きく反映されており、『Scary Movie』というタイトルは元々、『スクリーム』になる企画のワーキングタイトルだった[3]

多くのシーンやジョークは、ホラー映画のジャンル以外の他の映画をパロディしたり、参照したりしている。シンディと犯人の戦いは、『マトリックス』を大きく模倣しており、特にバレットタイムの使用が特徴的である[2]。ドゥーフィーが障害者を装うのをやめてゲイルと一緒に車で出かけるラストシーンは、『ユージュアル・サスペクツ』のラストシーンのパクリである[4]。好きなホラー映画を聞かれたドリューは、シャキール・オニールの演技を理由に『ミラクル・アドベンチャー/カザーン』と答える。ボビーとのセックスでシンディが攻撃的になり、「私の名前を言って!」と唸るのは、『アメリカン・パイ』のミシェルとジムのセックスシーンに似ている[4]。映画館のシーンでは『恋に落ちたシェイクスピア』の上映が行われ、『タイタニック』の要素を取り入れた『アミスタッド』の架空の続編『アミスタッドII』の予告編も登場する[5]

また、サラ・ミシェル・ゲラーが『ラストサマー』で演じたヘレン・シバーズのパロディ版が「Buffy」と名付けられているが、これは『バフィー 〜恋する十字架〜』に登場する彼女のキャラクターにちなんだものである。その他、『ドーソンズ・クリーク』や『キャンディッド・カメラ英語版』への簡単な言及、バドワイザーの広告キャンペーン「Whassup?」のパロディなどがある[6]

製作

 脚本は、ショーン・ウェイアンズマーロン・ウェイアンズが、シットコム『ウェイアンズ・ブラザーズ英語版』の脚本家であるバディ・ジョンソンとフィル・ボーマンと共同で開発した。 同じ頃、ミラマックスは、ジェイソン・フリードバーグとアーロン・セルツァーが脚本を担当した『スクリーム』のスピンオフ作品を開発していた。全米脚本家組合の決定により、フリードバーグとセルツァーは実際には映画の脚本を担当していないにもかかわらず、6人の脚本家全員がクレジットされた[7]

評価

興行成績

2000年7月7日に1,912スクリーンで公開され、初週末の興行成績が42,346,669ドルとなり、初登場1位を記録した[8]。この映画は最終的に国内で1億5,701万9,771ドル、その他の市場でも1億2,100万ドルを稼ぎ出し、商業的に大成功を収めた[8]

批評家の反応

批評家から賛否両論を受けた。Rotten Tomatoesでは、116件のレビューから53%の支持を得て、平均評価は5.5/10となっている[9]Metacriticでは、32人の批評家による100点満点中48点で、「賛否両論または平均的な評価」を示している[10]。また、CinemaScoreの調査による観客の平均評価は、A+からFのスケールで「B-」となっている。

脚注

  1. ^ a b c Scary Movie (2000)”. Box Office Mojo. 2009年11月10日閲覧。
  2. ^ a b Ebert, Roger (2000年7月7日). “Scary Movie”. Chicago Sun-Times. http://rogerebert.suntimes.com/apps/pbcs.dll/article?AID=/20000707/REVIEWS/7070303 2011年4月18日閲覧。 
  3. ^ Raymond, Adam K. (2013年4月15日). “Every Movie 'Spoofed' in the Scary Movie Franchise”. Vulture. 2016年5月4日閲覧。
  4. ^ a b Schwarzbaum, Lisa (2000年7月21日). “Scary Movie”. Entertainment Weekly. 2011年4月18日閲覧。
  5. ^ Scott, A. O. (2000年7月7日). “Scary Movie”. The New York Times. 2016年7月27日閲覧。
  6. ^ Leydon, Joe (2000年6月29日). “Scary Movie”. Variety. https://variety.com/2000/film/reviews/scary-movie-1200462600/ 2011年4月18日閲覧。 
  7. ^ Shawn + Marlon Wayans”. 2021年10月21日閲覧。
  8. ^ a b Scary Movie (2000)”. Box Office Mojo. 2020年5月4日閲覧。
  9. ^ Scary Movie (2000)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2017年8月21日閲覧。
  10. ^ Scary Movie Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2017年8月21日閲覧。

外部リンク