ハロウィン (1978年の映画)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハロウィン
Halloween
監督 ジョン・カーペンター
脚本 ジョン・カーペンター
デブラ・ヒル
製作 デブラ・ヒル
出演者 ドナルド・プレザンス
ジェイミー・リー・カーティス
音楽 ジョン・カーペンター
撮影 ディーン・カンディ
編集 チャールズ・バーンスタイン
トミー・リー・ウォレス
配給 アメリカ合衆国の旗 コンパス・インターナショナル・ピクチャーズ
日本の旗 ジョイパックフィルム
公開 アメリカ合衆国の旗 1978年10月25日
日本の旗 1979年8月18日
上映時間 91分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $325,000[1][2]
次作 ハロウィンII (1981年)
ハロウィン (2018年)
テンプレートを表示

ハロウィン』(Halloween)は、1978年アメリカインディーズスラッシャー映画ジョン・カーペンターが監督・音楽、デブラ・ヒルと共同で脚本を務め、ドナルド・プレザンスジェイミー・リー・カーティスが出演する。

30万ドルの製作費で製作され、アメリカ合衆国において4700万ドルを稼ぎ[1]、世界では7000万ドルの興行収入を記録した[2]。これを2014年現在の価値に換算すると2億5000万ドルに相当し、最も稼いだインディペンデント映画となっている[1]。多くの批評家からは、アルフレッド・ヒッチコック監督作の『サイコ』から着想を得たスプラッター映画作品群における最初の作品として認知されている。本作公開後の1980年代から1990年代まで本作を模倣した様々な低予算ホラー映画が製作された。ただしそれら多くの模倣作品と異なり、本作は暴力や残虐なシーンをほとんど描写していない[3][4]。2006年、「文化的、歴史的、美学的に重要」としてアメリカ議会図書館アメリカ国立フィルム登録簿に登録された[5]

11本の映画フランチャイズを生み出し、時には過去の作品から完全に物語が分岐することもあった。直接の続編は1981年に公開された。2007年にはリメイクが公開され、2009年にはその続編が公開されている。2018年には、過去の続編をすべて白紙した、オリジナル作品の直接の続編となる第11作『ハロウィン』が公開され、『ハロウィン KILLS』(2021年)、『Halloween Ends』の二つの続編が製作されている。

ストーリー[編集]

1963年ハロウィンの夜、イリノイ州の架空の町ハドンフィールドで6歳のマイケル・マイヤーズが10代の姉ジュディスを理由なく包丁で刺し殺す。それから15年間、マイケルは精神病院に収容される。1978年10月30日、マイケルの精神科医であるサミュエル・ルーミスと看護師のマリオン・チェンバースが裁判所での聴聞にマイケルを連れて行くために精神病院に到着する。ルーミスは聴聞の結果マイケルが二度と同精神病院から解放されないことを望んでいる。しかし、マイケルは彼らの車を盗んで精神病院から逃走し、ハドンフィールドへ戻る途上でつなぎ作業衣欲しさに修理工を殺す。地元に戻ると、マイケルは白く無表情のマスクを金物屋から盗み出す。

ハロウィンの日、マイケルは高校生のローリー・ストロードが長年放置されたマイヤーズ宅前で鍵を落とすのを目撃する。同宅はローリーの父親が売却しようとしている。ローリーはマイケルが一日中後をつけていることに気付くが、友人のアニーとリンダは彼女の心配を意に介さない。マイケルを探してルーミスがハドンフィールドにやって来て、町の墓地からジュディスの墓石がなくなっているのを発見する。ルーミスはアニーの父親で保安官のリー・ブラケットに会い、2人でマイケルの家を捜索する。その場で、ルーミスはブラケットにマイケルは完全に悪であると告げる。ブラケットは危機感を共有しないが、町中を警戒しに行く。一方、ルーミスはマイケルの家で彼の帰宅を待ち伏せる。その夜、ローリーはトミーの子守をし、アニーは道をはさんでリンジーの子守をする。

マイケルはローリーらを尾行し、アニーを覗き見して、リンジー一家の飼い犬を殺す。トミーが窓越しにマイケルを目撃してブギーマンだと思い込むが、ローリーは信じてくれない。その後アニーは、恋人のポールを迎えに行けるように、リンジーをドイルの家に連れて行きその晩泊まらせる。アニーが車に乗り込むと、マイケルが後部座席から現れ、彼女の首を絞めてのどを切る。その後間もなくリンダとその恋人ボブがリンジーの家に来るが、人気はない。セックスした後、ボブはビールを取りに階段を降りるが、そこでマイケルに出くわし包丁で壁に突き刺される。するとマイケルは幽霊の衣装をまとってボブに扮しリンダに向き合うが、リンダは本気にしない。機嫌を損ねたリンダはローリーに電話をかけてアニーのその後を尋ねる。マイケルは電話コードでリンダを絞め殺し、その音を聞いているローリーはふざけていると思う。一方、ルーミスは盗難車を発見し町中の捜索を開始する。電話を不思議に思ったローリーは通り向かいのリンジーの家に出かけ、友人らの死体とともにジュディスの墓石を2階の寝室で見つける。彼女が恐怖のうちに廊下へと駆け出すと、暗がりからマイケルが不意に現れて腕を切りつけられ、手すりを越えて階下へと落ちる。

けがを負いながらもローリーはかろうじて逃げ切り、トミーの家に走って戻るが、階段を落ちたときに玄関の鍵をなくしている。トミーが中に迎い入れると、ローリーはトミーとリンジーに隠れるように言いつけるが、電話線が切られている。マイケルは窓から忍び込み再びローリーを襲うが、逆に彼女は縫い針で首を刺して動けなくさせる。マイケルが死んだと思ったローリーはふらふらながら2階のトミーらの安否を確認しに行くが、マイケルが生きていることに衝撃を受ける。トミーらには浴室に隠れるように言い、自分は寝室の押入れに隠れるが、マイケルに見つかり襲われたので、ハンガーで目を突き刺してマイケルが落とした包丁で胸を突き刺す。ローリーはトミーらに隣の家に飛び込んで警察を呼ぶように言う。彼らがいなくなると、マイケルが再度起き上がって警戒心を解いているローリーにゆっくりと近寄る。ルーミスはトミーらが家から逃げ出してきたところを目撃し捜索に向かうと、マイケルとローリーが2階で争っていることに気付く。ローリーがマイケルのマスクを取ると、マイケルは付け直すのをためらう。ルーミスがマイケルを6発撃つと、マイケルはバルコニーから地上に落ちる。ローリーはルーミスにマイケルがブギーマンなのか問うと、ルーミスはそうだと答える。ルーミスがバルコニーに歩み寄り地面を見下ろすとマイケルはいなくなっている。驚きもせずルーミスが夜陰を見やると、その後ろでローリーは泣き始める。マイケルがこれまで現れた場所が次々と映されると同時にマイケルの息遣いが聞こえ、彼はどこにでも現れる可能性があることを示唆する。

キャスト[編集]

役名 俳優 日本語吹替
サミュエル・ルーミス医師 ドナルド・プレザンス 石田太郎
ローリー・ストロード ジェイミー・リー・カーティス 藤田淑子
リー・ブラケット保安官 チャールズ・サイファーズ英語版 細井重之
アニー・ブラケット ナンシー・ルーミス英語版 弥永和子
マリオン・チェンバース ナンシー・スティーヴンス
リンダ P・J・ソールズ 小谷野美智子
トミー・ドイル ブライアン・アンドリュース 池田真
リンジー・ウォレス カイル・リチャーズ 土方結香
ロニー・イーラム ブレント・ル・ページ
ボブ・シムズ ジョン・マイケル・グレアム 田中秀幸
モーガン・ストロード ピーター・グリフィス英語版 増岡弘
墓地管理人 アーサー・マレット
ジュディスの恋人 デビッド・カイル 鈴置洋孝
テレンス・ウィン医師 ロバート・ファレン 桑原たけし
ジュディス・マイヤーズ サンディ・ジョンソン
マイケル・マイヤーズ (幼少期) ウィル・サンディン
マイケル・マイヤーズ(23歳) トニー・モラン
マイケル・マイヤーズ ニック・キャッスル
ピーター・ マイヤーズ ジョージ・オハンロン・Jr
(ノンクレジット)
上田敏也

※エクステンデッド版DVD、BDに収録

スタッフ[編集]

日本語版スタッフ

  • 吹替翻訳:磯村愛子
  • 吹替演出:田島荘三
  • 吹替調整:近藤勝之
  • 吹替効果:スリーサウンド
  • 吹替製作:コスモプロモーション

影響[編集]

本作はアルフレッド・ヒッチコック監督作の『サイコ』に強い影響を受けているが、冒頭の数分の長回しはオーソン・ウェルズの『黒い罠』へのオマージュである[6]。その他にも思春期の内気なヒロインの恋愛やセックスへの憧れと憎悪を匂わすキャラや芝居、殺人鬼が使う包丁に男性器のメタファーを、殺人鬼であり幻想的な怪物であるマイケルが少女を襲う事にもセックスのメタファーを入れている前衛的な演出などから、スペインルイス・ブニュエル作品の影響もあるとみられている[7]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c Halloween (1978)”. Box Office Mojo. 2015年11月6日閲覧。
  2. ^ a b Halloween - Box Office Data, DVD and Blu-ray Sales, Movie News, Cast and Crew Information”. The Numbers. 2015年11月6日閲覧。
  3. ^ Berardinelli, James. “review of Halloween”. ReelViews.com. 2015年11月6日閲覧。
  4. ^ Adam Rockoff, Going to Pieces: The Rise and Fall of the Slasher Film, 1978–1986 (Jefferson, N. C.: McFarland & Company, 2002), chap. 3, ISBN 0-7864-1227-5.
  5. ^ Films Selected to The National Film Registry, 1989-2010”. National Film Registry. Library of Congress. 2015年11月6日閲覧。
  6. ^ JVDにより2011年10月14日に日本で発売されたブルーレイ『ハロウィン(JVBD-001 POS/49 88159294197)』の鷲巣義明山崎圭司による音声解説
  7. ^ 「ホラーの逆襲 ジョン・カーペンターと絶対恐怖監督たち 鷲巣義明(編)」 フィルムアート社, 1998.12

外部リンク[編集]