ダーク・スター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ダーク・スター
Dark Star
監督 ジョン・カーペンター
脚本 ジョン・カーペンター
ダン・オバノン
製作 ジョン・カーペンター
製作総指揮 ジャック・H・ハリス
出演者 ブライアン・ナレル
ダン・オバノン
音楽 ジョン・カーペンター
撮影 ダグラス・ナップ
編集 ダン・オバノン
製作会社 ジャック・H・ハリス・エンタープライズ
配給 アメリカ合衆国の旗 ジャック・H・ハリス・エンタープライズ
日本の旗 ぴあ
公開 アメリカ合衆国の旗 1974年4月
日本の旗 1981年5月17日
上映時間 83分
製作国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
製作費 $60,000
テンプレートを表示

ダーク・スター』(原題: Dark Star)は、1974年アメリカSF映画。監督ジョン・カーペンター、主演ダン・オバノン

ストーリー[編集]

21世紀半ば。人類は宇宙に新天地を求めていた。その使命を担った光速航行の探査船ダーク・スター号は、優秀なコンピューターに統括され、4人の乗務員により、発見した不安定惑星を爆破し続けていた。途中、小惑星群の嵐に遭遇し、レーザーに異常が起きたが、だれも気がつかなかった。やがて爆破作業の途中で事件が起きる。20号爆弾が指令を無視して動き始めた。20号はレーザーの故障で船体から離脱できない状態だった。20号には宇宙船と同様に搭載された爆弾それぞれにコンピュータが組み込まれていた。隊員の1人が探査船の外で底に回り、爆発に備える20号に説得する。1度出された命令の撤回はできないと言う20号を思いとどまらせ格納庫に戻すことができた。しかし、2度、3度と繰り返されて行く内に自覚と認識が変わっていき、20号は爆発を決意する。乗組員のタルビイは、以前から信じているフェニックス星をめざしダーク・スターから離れる。ドゥーリトルは、サーフボードのような鉄きれをつかんでフワフワと浮遊し惑星に向かう。ピンバックとボイラーは爆破と共に塵と化するのだった。

スタッフ[編集]

  • 製作・監督・音楽:ジョン・カーペンター
  • 製作総指揮:ジャック・H・ハリス
  • 脚本:ジョン・カーペンター、ダン・オバノン
  • 撮影:ダグラス・ナップ
  • プロダクションデザイン・編集:ダン・オバノン
  • 特殊効果:ロン・コッブ、ボブ・グリーンバーグ、グレッグ・ジーン、ダン・オバノン、ハリー・ウオルトン
  • 視覚効果コンサルタント:ビル・タイラー
  • 視覚効果・コンピュータディスプレイ:ジョン・C・ウォッシュ
  • モデル制作:グレッグ・ジーン

キャスト[編集]

  • ピンバック:ダン・オバノン
  • ドゥーリトル:ブライアン・ナレル
  • タルビイ:ドレ・パヒッチ
  • ボイラー:カル・ニホルム
  • パウエル船長:ジョー・サンダース
  • ミッション・コントロール:マイルス・ワトキンス

外部リンク[編集]