バットマン アーカム・ナイト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
Batman Arkham Knight logo.png
バットマン アーカム・ナイト
Batman: Arkham Knight
ジャンル アクション
対応機種 PlayStation 4
Xbox One(日本発売中止)
PC
開発元 ロックステディ・スタジオ
発売元 ワーナー・ブラザース
シリーズ バットマン
人数 1人
発売日 アメリカ合衆国の旗 2015年6月23日
日本の旗 2015年7月16日
対象年齢 CEROD(17才以上対象)
ESRBM(17歳以上)
PEGI18
ダウンロード
コンテンツ
あり
売上本数 日本の旗 8万323本[1]
テンプレートを表示

バットマン アーカム・ナイト』(Batman: Arkham Knight)は、バットマンを題材としたオープンワールドゲームソフトで、バットマン アーカム・シティの続編にあたる。

日本では2015年7月16日に発売され、PlayStation 4本体とのセットである「バットマン:アーカム・ナイト KNIGHT EDITION」も発売された[2]。 本作は前3作とは異なり日本語音声が収録されており、発売直後は日本語音声・字幕のみだったが、2015年8月のアップデートで英語音声・日本語字幕にも対応された[3]。 ただし、ゲームプレイ中の変更はできず、一度ゲームを終了してメインメニューに戻る必要がある。また、『ハーレークィン パック』などの追加エピソードなどは一部日本語音声が収録されていない。これらの音声・字幕は、これまで日本語が収録されていなかったPC版にも収録されている。

あらすじ[編集]

バットマン アーカム・アサイラム」以降消息がわからなくなっていたスケアクロウは、ゴッサムで他のスーパーヴィランと結託して資金を集め、軍隊を率いてゴッサムを支配しようとしていた。

バットマン アーカム・シティ」にて、ジョーカーはタイタンの副作用から命を落とした。この件について、世間では「バットマンがジョーカーを殺害した」と認識されており、その後のバットマンは犯罪者に対する苛烈さが増す傾向になっていた事で、バットマンの存在は次第にゴッサムの人々から危険視される様になる。

スケアクロウに協力するアーカム・ナイトが現れ、バットマンは自身の戦い方を熟知しているアーカム・ナイトに苦戦を強いられる。

キャラクター[編集]

バットマン / ブルース・ウェイン
声:藤真秀/英:ケヴィン・コンロイ
本作の主人公。本作から新しいバットモービルを乗りこなす。前作でジョーカーとの決着がついたものの、ジョーカーの血液が自分にも輸血されてしまったことでバットマンがジョーカーに変身する危険にさらされている。ジョーカーの幻覚を見るようになり、至るところに現れてバットマンに話かけてくる。スケアクロウの幻覚剤を受けるたびに、ジョーカーの幻覚を見る頻度が上がっている。
アルフレッド・ペニーワース
声:稲葉実/英:マーティン・ジャーヴィス
ウェイン家に長年使えるバットマンの執事。
ルーシャス・フォックス
声:長克巳/英:デイブ・フェノイ
ウェイン・エンタープライズのCEO兼会長であり、バットマンの協力者。今作ではバットマンに磁性流体をベースとしたリキッドアーマーの上下にチタン入りトライウィーブを重ねたバットスーツと、空気作用を取り入れたバットクローを開発する。
ジェームス・W・ゴードン
声:水内清光/英:ジョナサン・バンクス
バットマンと共にゴッサムで数多の犯罪者と戦ってきた市警本部長で、バットマンの協力者であり友人。
スケアクロウ
声:高口公介/英:ジョン・ノーブル
「恐怖の支配者」を自称する。キラークロックに襲われて顔に酷い怪我を負ったため、顔をカカシの様な風貌に整形している。今作の黒幕であり、新しい幻覚剤と軍隊や無人戦車などでゴッサムを支配しようとしている。最終目的はバットマンと彼を生み出したゴッサムへの復讐で、バットマンという希望をゴッサムから奪い取ろうとする。
アーカム・ナイト
声:滝知史/英:トロイ・ベイカー
ゴッサムに暗躍する謎の人物。スケアクロウと手を組み、軍隊を率いてバットマンの殺害を企てる。銃器類を使いこなし、高い戦闘力を持つ。
その正体はジョーカーに殺されたと思われていた二代目ロビンことジェイソン・トッド。ジョーカーに捕らえられて1年間も拷問に耐えていたが、自身を助けに来ること無く三代目ロビンことティム・ドレイクを選んだバットマンを怨みアーカムナイトと化した。
オラクル/バットガール
声:有賀由樹子/英:アシュリー・グリーン
ゴードン本部長の娘で、バットガールとしてバットマンを手助けしていた。ジョーカーの襲撃が原因で下半身不随となり、車椅子の生活を送りつつオラクルとして情報解析や収集などでバットマンに協力している。父には「ゴッサムの街から避難した」という嘘をついている。ロビンことティム・ドレイクとかつては恋愛関係にあった。
DLC「家族の問題」(A Matter of Family)には、バットガールとして登場。
ポイズン・アイビー
声:甲斐田裕子/英:タシア・ヴァレンザ
元植物学者の環境テロリスト。実験の失敗により植物と融合してしまったため、血ではなくクロロフィルが体内を巡っている。ナイトウィングによって収監されていたところを、ハーレークィンに助けられる。
キャットウーマン
声:藤村歩/英:グレイ・デリスル
ゴッサムを拠点に活動する女盗賊。
ナイトウィング
声:最上嗣生/英:スコット・ポーター
初代ロビン。現在はバットマンから独立して行動している。
ロビン
声:小松史法/英:マシュー・マーサー
バットマンの現在の相棒。彼は三代目。過去に流行したジョーカーの血液感染者を隔離して治療を行っている。
ハーレークィン / ハーリーン・クインゼル
声:古城門志帆/英:タラ・ストロング
ジョーカーの愛人で、彼の為なら手段を択ばない。元はアーサム・アサイラムに勤務する医師で、患者であるジョーカーに惚れて共犯者となった。
ジョーカー亡き後、彼の手下を従えている。
ペンギン / オズワルド・コプルボット
声:間宮康弘/英:ノーラン・ノース
ゴッサム・シティの裏ビジネスで名をはせる犯罪者。
リドラー / エドワード・ニグマ
声:岩崎ひろし/英:ウォーリー・ウィンガート
毎度お馴染みのリドラーチャレンジにて登場。
トゥーフェイス / ハービー・デント
声:滝知史/英:トロイ・ベイカー
今作では銀行強盗を働く。
ファイヤーフライ / ガーフィールド・リンズ
声:蜂須賀智隆/英:クリスピン・フリーマン
ゴッサム・シティを拠点に活動する放火魔。化学工場に放火した際、自ら放った火に巻き込まれて大やけどを負ったため、難燃性・耐熱性を持ち、様々な装備のついたスーツを着ている。映画製作会社で特殊効果アーティストとして活動していた経験を持つ。
今作では消防署を燃やして回っている。
プロフェッサー・ピッグ / ラズロ・ヴァレンティン
声:/英:ドワイト・シュルツ
ハッシュ / トーマス・エリオット
声:藤真秀/英:ケヴィン・コンロイ
元外科医で、ブルースと交友関係にあった男。かつて自らを虐待していた父とそれを黙認した母を恨み、二人を事故死に見せかけて殺害することで財産を手に入れようとしたが、ブルースの父であるトーマスが母を助けてしまった結果失敗に終わり、ウェイン家を逆恨みしている。
前作ではブルースに復讐する為だけに彼と同じ顔に整形させており、今作では復讐を実行に移すべく、ウェイン・タワーに潜入してCEOのフォックスを人質に取り、ブルースをおびき寄せようとする。
デスストローク / スレイド・ウィルソン
声:/英:マーク・ロルストン
マンバット / カーク・ラングストローム博士
声:/英:ローレン・レスター(ラングストーム博士)、リアム・オブライエン(マンバット)
サイモン・スタッグ
声:/英:フィリップ・プロクター
ディーコン・ブラックファイア
声:/英:マルク・ウォーデン
アズラエル
声:/英:カリー・ペイトン
ジャック・ライダー
声:/英:ジェームズ・ホラン
ゴッサム・シティを拠点に活動するジャーナリスト。
ジョーカー
声:藤原啓治/英:マーク・ハミル
バットマンの宿敵である狂人。前作でタイタンの副作用により死亡。バットマンは、スケアクロウの幻覚剤を受けた影響でジョーカーの幻影を見ている。
ヴィッキー・ベール
声:/英:グレイ・デリスル
アーロン・キャッシュ
声:/英:ドウェイン・R・シェパード・Sr
ブラックマスク
声:/英:ブライアン・ブルーム
DLC「レッドフード ストーリー・パック」に登場したヴィラン。
ラーズ・アル・グール
声:/英:ディー・ブラッドリー・ベイカー
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場したヴィランの一人。
マッドハッター
声:/英:ピーター・マクニコル
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場したヴィランの一人。
ミスター・フリーズ
声:/英:モーリス・ラマーシュ
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場したヴィランの一人。
キラークロック
声:/英:スティーヴン・ブルーム
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場したヴィランの一人。
ノーラ・フリーズ
声:/英:アニー・マモロー
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場した人物の一人。
ナイッサ・ラーツコ
声:/英:ジェニファー・ヘイル
追加任務DLC「シーズン・オブ・インファミー」に登場した人物の一人。

評価[編集]

北米で発売された本作のコンシューマ版の評価は高かった一方、PC版は「推奨環境下のプレイでも、十分なフレームレートが出なかった」などパフォーマンス面での批判が目立った[4]

これを受けて2015年6月25日、ワーナーブラザース・インタラクティブ・エンタテインメントは、公式フォーラム上でPC版の一時販売中止を発表した[4]。2015年10月29日に販売を再開し、北米時間11月16日までに購入したユーザーには、これまで販売されたシリーズ作品を無償配布する事を発表した[5]

脚注[編集]

  1. ^ 「2015年ソフト販売数TOP100(2014年12月29日~2015年12月27日)」、『週刊ファミ通』第1415巻2016年1/28号、2016年1月14日、 6-9頁。
  2. ^ 究極のオープンワールド・アクションが誕生! PS4™『バットマン:アーカム・ナイト』究極のバトル編【特集第1回】”. playstation blog (2015年6月26日). 2015年6月28日閲覧。
  3. ^ 「バットマン:アーカム・ナイト」がアップデートで英語音声に対応。北米版同様のボイスでプレイ可能に”. 4Gamer.net (2015年8月4日). 2015年8月8日閲覧。
  4. ^ a b PC版「Batman: Arkham Knight」致命的なパフォーマンス問題を受けて販売が一時中止に”. 4Gamer.net (2015年6月25日). 2015年6月28日閲覧。
  5. ^ PC版「Batman: Arkham Knight」の販売が再開。購入者に向けた「Batman: Arkham」シリーズの無償配布も発表”. 4Gamer.net (2015年10月29日). 2017年4月28日閲覧。

外部リンク[編集]