DCエクステンデッド・ユニバース

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
DCエクステンデッド・ユニバースのロゴ

DCエクステンデッド・ユニバースDC Extended Universe (DCEU))は、アメコミDCコミックスに登場するキャラクターを主人公としたスーパーヒーロー映画の一群が共有する架空の世界、及びその作品群である。日本では「DCフィルムズ・ユニバース[1]」という呼称も用いられている。

2013年実写映画『マン・オブ・スティール』から始まり、2016年から2020年まで毎年2作公開の製作予定が発表されている[2]

この架空世界の正式名称は2015年半ばまで未発表だったため、2008年から始まった「マーベル・シネマティック・ユニバース」(マーベル・コミックのスーパーヒーローチーム「アベンジャーズ」(コミックでは1963年初出)の映画化計画)に倣って、ファンやメディアから「DCシネマティック・ユニバース」 (DC Cinematic Universe) と呼ばれていた。

概要[編集]

様々な「DCコミックス」の実写映画化作品を、同一の世界観のクロスオーバー作品として扱う作品群である。映画雑誌エンパイア』の2015年9月号の中で、この架空世界の名前が「DCエクステンデッド・ユニバース」であると明かされた[3]。DCコミックスのスーパーヒーローたちが作品の枠を超えてチームを結成する『ジャスティス・リーグ』(コミックでは1960年初出)の映画化を目指して企画された。

作品[編集]

作品名 北米
公開日
日本
公開日
監督 脚本 主な登場ヒーロー 現状
マン・オブ・スティール
Man of Steel
2013年6月14日 2013年8月30日 ザック・スナイダー デヴィッド・S・ゴイヤー(脚本・共同ストーリー)
クリストファー・ノーラン(共同ストーリー)
スーパーマン 公開済み
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生
Batman v. Superman: Dawn of Justice
2016年3月25日 クリス・テリオ
デヴィッド・S・ゴイヤー
バットマン
スーパーマン
ワンダーウーマン
スーサイド・スクワッド
Suicide Squad
2016年8月5日 2016年9月10日 デヴィッド・エアー デッドショット
ジョーカー
ハーレイ・クインなど
ワンダーウーマン
Wonder Woman
2017年6月2日 2017年8月25日 パティ・ジェンキンス アラン・ハインバーグ
ジェフ・ジョンズ
ワンダーウーマン
ジャスティス・リーグ
Justice League
2017年11月17日 2017年11月23日 ザック・スナイダー クリス・テリオ
ジョス・ウェドン
スーパーヒーローチーム「ジャスティス・リーグ ポストプロダクション
アクアマン (原題)
Aquaman
2018年12月21日 未定 ジェームズ・ワン ウィル・ビール英語版 アクアマン
シャザム (原題)
Shazam
2019年4月5日 未定 N/A ヘンリー・ガイデン(脚本)
ダーレン・レムケ(ストーリー)
キャプテン・マーベル
ワンダーウーマン2
Wonder Woman2
2019年12月13日 未定 パティ・ジェンキンス N/A ワンダーウーマン
サイボーグ
Cyborg
2020年4月3日 未定 N/A N/A サイボーグ英語版
グリーンランタン コー (原題)
Green Lantern Corps
2020年7月24日 未定 N/A デヴィッド・S・ゴイヤー
ジャスティン・ローゼス
グリーンランタン

脚注[編集]

  1. ^ DVDブルーレイでーた特別編集『ジャスティス・リーグ』リーフレット
  2. ^ ワーナーがDCコミック映画10作品のラインアップを発表 : 映画ニュース”. 映画.com (2014年10月20日). 2015年7月30日閲覧。
  3. ^ Jeremy Owens (2015年7月26日). “‘Batman V Superman’ Empire Cover Revealed; Zack Snyder on the DCEU” (英語). Screen Rant. 2015年8月5日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]