リドラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
The Riddler
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Detective Comics #140 (1948年10月)
クリエイター ビル・フィンガー
ディック・スプラング
作中の情報
本名 エドワード・ナッシュトン(ニグマ)
所属チーム シークレット・ ソサエティ・ オブ ・スーパーヴィラン
インジャスティス・リーグ
レギオン・オブ・ドゥーム
シークレット・シックス
著名な別名 E. Nigma (Nygma), Edward "Eddie" Nashton(エドワード・ "エディ" ナッシュトン), Eddie Nash(エディ・ナッシュ), Patrick(パトリック)
能力
  • 犯罪首謀者
  • 天才レベルの知性
  • 複雑なパズルや謎を利用
  • 戦術家のエキスパートやストラテジスト

リドラー(Riddler)、エドワード・ニグマ(Edward Nigma)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヴィラン。ライターのビル・フィンガーとアーティストのディック・スプラングによって創造され、“Detective Comics“#140 (1948年10月)で初登場した。リドラーは犯罪の計画に謎やパズルを組み込み、警察とバットマンに事件を解決するための手がかりを残して謎の解き明いを楽しむ。リドラーはバットマンの最も永続的な敵の一つである。

概要[編集]

リドラーはビル・フィンガーとディック・スプラングによって創造され、“Detective Comics“#140(1948年10月)で初登場した。リドラーはパズル、ワードゲームに取りつかれている。彼は「知的な優位性」を誇張するために、バットマンと警察に複雑な手掛かりを送り、予め警告することをしばしば喜ぶ。この自意識過剰な性格からリドラーの犯罪は派手で仰々しい。彼はドミノ・マスク、山高帽、あるいは緑のユニタードを着ている。黒、緑、紫のクエスチョンマークは、彼の視覚的なモチーフとして用いられている。

リドラーは典型的なIQの高いとても喋る人物として描かれている。彼は強烈な人格障害者であり、自己愛性人格障害演技性人格障害、その基礎をなす自己中心性強迫性障害を発症している。彼は謎とパズルを考案し、それを普及することが必要だと考えている。

1960年代バットマンのテレビドラマでは、フランク・ゴーシンジョン・アスティンがキャラクターを演じた。1995年のバットマン フォーエヴァーではジム・キャリーが演じた。2014年のGOTHAM/ゴッサムではコーリー・マイケル・スミスが演じる。

架空の人物の伝記[編集]

若いエドワード・ニグマ(後のエドワード・ナッシュトン)は、誰が最も速く謎を解決できるかコンテストを開催するという先生の発表を聞き、勝利の栄光と満足感を渇望してコンテストで優勝する事を決意する。彼は夜の学校に忍び込み、先生の机からパズルを取り出して1分未満で解決できるようになるまで練習した。彼は不正行為から全ての種類のパズルの把握していた。エドワードはコンテストに勝ち、賞として謎に関する本を与えられる。彼の作る奇怪なパズルは、客から金を騙し取ることに優れており、ゲームのカーニバルの従業員になった。彼は自身がより大きな課題とスリルを切望しているのに気づき、バットマンに挑戦するために「リドラー」のコスチュームを身に付ける。彼は自分自身がバットマンの偉大な敵だと思っている。

その他のメディア[編集]

映画[編集]

『バットマン・フォーエヴァー』

エドワード・ニグマはウェイン・エンタープライズのコンピューター、電子工学部門で働く開発者だった。脳波を操り、見た者に映像の中に入り込む錯覚を起こす「BOX」を発明する。しかし、社長のブルース・ウェインに「マインドコントロールは危険である」として使用を拒否される。ニグマはブルースを恨み、独断で「BOX」をニグマの上司であるフレッドに使う。その際、「BOX」は他人の脳波を吸い取るという副作用を発見する。リドラーになったニグマは、なぞなぞの脅迫状を残して姿を消す。

トゥーフェイスと同盟を結び、バットマンを殺すために罠を仕掛ける。頭脳犯であり、犯行の予告や手掛かりとしてパズルやなぞなぞを残す。クイズ番組の司会を模したセリフをしばしば発する。

ニグマは犯罪で手に入れた現金から、ニグマ・テックを設立する。バットマンの正体を暴くために、ニグマ・テック社の新型3D装置「BOX」の発表パーティーでブルースを罠にかける。しかし、トゥーフェイスの乱入により失敗する。その時点でブルースの脳から出た少ないヒントからバットマンの正体を知った。ゴッサム・シティ沖に要塞を築き、バットマンとロビンに戦いを挑む。バットマンにより「BOX」を暴走させられ精神に異常を来たして敗北する。バットマンの正体を知っているが、アーカム・アサイラムで収容された独房では「俺がバットマンだ!」と叫び、バットマンとロビンからは「殺さなくとも正体がばれる恐れはない」と放置された。

ジム・キャリーが演じた。日本語吹き替えは島田敏(DVD版)、古川登志夫テレビ朝日版)。

『バットマン & ロビン Mr.フリーズの逆襲』

リドラーのスーツがトゥーフェイスのスーツと一緒にアーカム・アサイラム囚人の私物保管所に保管されている。

ドラマ[編集]

テレビドラマ

実写テレビシリーズ日本で吹き替えられた際はナゾラーと呼ばれた。英語圏以外の各国でも、似たような「謎」に引っ掛けた単語で呼称されている(イタリア語圏では「Enigmista」、スペイン語圏では「El Acertijo」、ポルトガル語圏では「Charada」など)。コメディアンフランク・ゴーシンが演じている。

アニメ[編集]

『バットマン』

当初はスーツ姿で、途中から映画と同じタイツになる。会社をクビになったことから社長を恨み、リドラーになる。初登場時は社長を拉致して、一生消えない恐怖を与えて立ち去った。

声優はジョン・グローヴァー。日本語訳は安原義人。両者ともアニメ『スーパーマン』でリドラーの声を吹き替えている。