ペンギン (バットマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
バットマン > ペンギン (バットマン)

ペンギン(Penguin)は、アメリカンコミックバットマン』に登場する悪役の一人。

本名はオズワルド・チェスターフィールド・コブルポット(Oswald Chesterfield Cobblepot)。


人物[編集]

原作コミック[編集]

1941年に初登場。丸い体躯に、シルクハットモノクル(単眼眼鏡)・モーニングコートを上着にしたタキシード・銃を仕込んだコウモリ傘がトレードマーク。
誕生の発端は、ボブ・ケインがバットマンの新たなヴィランを考案中に、たまたま喫煙していたタバコの箱のペンギンの絵柄を見つめていると、タキシードを着た小太りの中年男を連想し、敵として登場させたら面白いんじゃないかという発想から生まれた。バットマンの宿敵と言われているジョーカーと肩を並べるほど人気が高いキャラクターで、バットマンにとっては第二の宿敵とも言える。
父親が肺炎で死亡し、母親はその原因が雨に当たったせいであるとして、幼いオズワルドにいつも傘を持たせるようになった。また生まれつきの尖った鼻、小さい身体から、同級生に苛められ、友達と呼べるのは母親が経営していた鳥類専門ペットショップの鳥たちだけだった。そのペットショップがいじめっ子達に荒らされ、動物が死んだことが、彼を犯罪の道に走らせた。彼のペンギンという名はこの頃からのあだ名である。
鳥をモチーフにした犯罪に手を染めるようになり、暗黒街のボスの一人となった。現在、表向きは「アイスバーグ・ラウンジ」という高級レストランを経営するビジネスマン。裏で違法な取り引きも手がけ、またこのラウンジには様々な悪党もやってくるため、バットマンは情報源として彼を利用するという微妙な関係を築いている。
ゴッサム・シティが地震により、孤島かつ無法地帯と化した「No Man's Land」の時期は、スーパーマンの宿敵であるレックス・ルーサーと手を組み、闇市場の売買を取り仕切っていた。
狂気に走った敵役の多いバットマンの作中で、珍しく正気な悪党である。ただし、映画版ほど極端にデフォルメされてはいないものの、彼の行動原理には「尊敬され続けること」という幼いころ周りから愛されなかったことへの裏返しがあり、彼もまたバットマンや他のヴィランたち同様、トラウマを抱えた人物でもある。しかしその地位をもってしても部下からの尊敬は受けられていない。
コミック自体がユーモラスであった時期は、怪盗紳士として活躍。ハゲタカに乗ったり、鳥を操ったりしてバットマンを翻弄した。傘は様々な武器として活用していた。そっくりな善人の叔母さんがいたりした時期がある。

実写TVドラマ[編集]

1960年の実写TVシリーズでは、『ロッキー』シリーズでトレーナーを演じたバージェス・メレディスのコミカルな演技が好評だった。バットマン オリジナル・ムービーではジョーカーリドラーキャットウーマンの三人と暗黒連邦を結成。ペンギン型の潜水艦を用意するなど四人の中ではリーダー格だが、他のメンバーからは余り尊敬されておらず、言い争いになる事もしばしば。

実写映画[編集]

『バットマン・リターンズ』[編集]

実写映画版のペンギンは、実の両親からすらも愛されずに捨てられた等、原作以上に悲劇性を持った存在として登場する。
名家コブルポット家の長男として誕生。だが、その凶暴さと奇妙な外見から、呪われた者かの様にとられ、生まれてから数日後のクリスマスに、実の両親によって揺り篭ごと下水道に流された。閉鎖された動物園で、置き去りにされたペンギン達に育てられ成長。その後、奇形サーカスに入団するなどして仲間を増やしていき、地下の下水道を通じて犯罪を繰り返していく。
自分のアイデンティティを求めて、自らが率いるサーカス・ギャングを使った自作自演により、赤ん坊を救ったヒーローとして地上に出て、ゴッサム・シティの市役所であらゆる戸籍記録を調べ上げ、自分の出自と本名を突き止める。さらに名士マックス・シュレックの陰謀を嗅ぎ付けて彼と共謀、市長選に打って出る。だが、他人から愛されたことのない事で、人の心を理解しきる事が出来ず、性格は悲しいまでに捻じ曲がっており、自らの発言が元でバットマンに失脚させられる。自分を簡単に見捨てたシュレック・愛され育つ全ての子供・バットマンに対する復讐を誓い、戸籍記録を調べた際にリストアップしていた、自分とは正反対の両親と愛情に恵まれた長男を一人残らず部下に命じて誘拐させ、シュレックに対しても彼の長男を拉致しようとするが、シュレックの説得と彼に対する憎しみから双方を折衷する形でシュレックの長男は見逃し、シュレック本人を拉致した。さらにロケット弾で武装したペンギン達を使ってバットマンを殺そうとする。しかし、ペンギン達のコントロールを奪われた挙句逆に自分がロケット弾攻撃を受け、誘拐した各家庭の長男達も救出され、自身も重傷を負う等全ては失敗に終わり、最期は「氷水でもいいから…」と、喉の渇きを訴えたペンギンの最後の言葉を聞き届けたペンギン達に見取られ、池の中に静かに沈んで逝った。その最期は、愛された事の無かった者ゆえの、何処かしら悲しく哀れなものであった。
監督ティム・バートンの異形への愛が炸裂したキャラクター。見た目もフリークであり、真っ白な皮膚に、尖った鼻、ひれのような手、口から染み出す黒い液と、出自も含めて凄まじいキャラクター造形である。一方で自身の名前については大変なこだわりがあり、自分の出自を知ってからは部下に「コブルポットと呼べ」と命じ、失脚後は「コブルポットさん」と呼びかけた部下に対して「ペンギンと呼べ!」と怒鳴りつけた。
服装も原作のタキシードと異なり、汚れかかったベビータイツにワイシャツのようなよだれかけをつけ、羽毛コートを羽織っており、モノクルは常時着用はしていない(ただし映画のポスター及びDVDジャケットではモノクルを付けた姿で映っているが、実際に着用しているのは書斎にいる2シーンのみ)。市長選挙立候補時からは時代物の礼服を着用。
武器はギミックを仕込んだ傘で、劇中ではマシンガンを仕込んだ物と、相手に催眠術をかける物が登場。また、死の直前にバットマンを攻撃しようと手にしたのは、自身の選択ミスにより、何の機能もないただの傘だった。
自身も短躯のダニー・デヴィートが演じた。

テレビアニメ[編集]

『バットマン』シリーズ[編集]

回帰したようなユーモラスな怪盗紳士として登場。デザインは映画『リターンズ』をベースとしている[1]。アニメのコミックでは市長選に立候補もしている。女性に入れあげるなど意外に純情。
途中のデザイン変更後は原作コミックのタキシード姿で、手の奇形も無くなった。「アイスバーグ・ラウンジ」を経営するフィクサーとして描かれた。
声優はポール・ウィリアムズ 。日本語版は富田耕生

『ザ・バットマン』[編集]

ブルースの執事、アルフレッドの祖父が仕えていたコブルポット家の出身。過去にはアジアで活動していた。没落したコブルポット家を再建する為に盗みを働く。
携えている傘に空を飛ぶためのプロペラや鎖鎌、火炎放射などの様々なギミックを仕込んでいる。
声優はトム・ケニー、日本語版は川津泰彦

担当声優[編集]

アニメ・ゲーム作品[編集]

日本語版[編集]

実写作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ DVD『バットマン 闇の中から』映像特典