ペンギン (バットマン)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ペンギン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 “Detective Comics“#58 (1941年12月)
クリエイター ビル・フィンガー、ボブ・ケイン
作中の情報
Full name オズワルド・チェスターフィールド・コブルポット
所属チーム インジャスティス・リーグ
アイスバーグ・ラウンジ
スーサイド・スクワッド
シークレット・ソサエティ・オブ・スーパーヴィランズ
スーパー・フォース
著名な別名 "The Gentleman Of Crime"(犯罪の紳士)
能力
  • 犯罪首謀者
  • 兵器の傘や鳥に関連した機器を利用
テレビドラマのペンギン(1967年)

ペンギン(Penguin)、オズワル・チェスターフィールド・コブルポット(Oswald Chesterfield Cobblepot)は、DCコミックスの出版するアメリカンコミックバットマン』に登場する架空のスーパーヴィラン。ライターのビル・フィンガーとアーティストのボブ・ケインによって創造され、“Detective Comics“#58 (1941年12月)に初登場した。ペンギンはバットマンの最も永続的な敵の一つである。

概要[編集]

ペンギンはビル・フィンガーとボブ・ケインによって創造され、“Detective Comics“#58(1941年12月)に初登場した。ペンギンは特殊な傘を武器として使い、背の低い、恰幅の良い男性として描かれている。ギャング泥棒は彼を"The Gentleman Of Crime"(犯罪の紳士)と呼んでいる。ペンギンはアイスバーグ・ラウンジと呼ばれるナイトクラブを経営している。犯罪的な活動をしている者が多いため、裏の世界の犯罪の情報源として、バットマンはナイトクラブを時々利用している。

ボブ・ケインは“Kool“の広告のマスコットからキャラクターをインスパイアした。マスコットのペンギンはトップハット、タキシード、杖を持っており、上流階級の紳士のイメージは皇帝ペンギンを連想させた[1]

1960年代のテレビドラマとその映画ではバージェス・メレディスが演じた。1992年のバットマン・リターンズでは暗いグロテスクなバージョンをダニー・デヴィートが演じた。バットマン (アニメ)では奇形の追放者と貴族の間の2つの側面を描いた。GOTHAM/ゴッサムでは若いペンギンをロビン・ロード・テイラーが演じる。

ペンギンはバットマンの最高のスーパーヴィランの1人として、コミックブックで最も偉大なヴィランの1人だと繰り返し呼ばれている[2][3][4][5][6]

IGNの“Top 100 Comic Book Villains of All Time”(コミックブックのヴィラントップ100)では、ペンギンは51位にランクインした[7]

大部分のバットマンのヴィランとは異なり、ペンギンは自身の行動を管理しており、完全に正気である。それは、彼とバットマンに独特の関係を与えた。バットマンは彼にアイスバーグ・ラウンジと呼ばれるナイトクラブを所有させている。彼が情報提供者のままである限り、バットマンはコブルポットのビジネスを見逃している。

架空の人物の伝記[編集]

オズワルド・チェスターフィールド・コブルポットは低い身長、重い体重、嘴のような鼻から「ペンギン」と呼ばれていじめられていた。子供の頃にコブルポットの父親は雨に濡れて肺炎で死亡したため、彼の過保護な母親は傘を持つ事を常に強制した。彼の母親はコブルポットにペットの鳥を惜しまず与えた。所有した鳥は彼のただ一人の友人になった。鳥に対する愛情は、彼を大学で鳥類学の専攻に導いた。

彼のオリジンストーリーは幾つかバージョンがあり、彼の母親が死亡して、母親の借金を支払うために鳥を差し押さえされたため、コブルポットは犯罪者になる[8]。他のバージョンでは、彼は上流階級の追放者であり、その拒絶から犯罪者になる。彼のオリジンに合わせて、ペンギンは犯罪の職業を続ける。フォーマル・ウェアを好み、シルクハットモノクルモーニングコートタキシードを多く着ている。彼は刑法上は心理的に正気であり、利口な男性の何人かの裏をかける知能がある。ペンギンは彼を裏切らない忠誠と理解のあるチームを組んでいる。組織犯罪の世界では、ペンギンはタフで他の追随を許さない無敵の存在である。

その他のメディア[編集]

映画[編集]

『バットマン リターンズ』

ダニー・デヴィートが演じる。名家コブルポット家の長男として誕生する。その凶暴さと奇妙な外見から、生まれて数日後のクリスマスに両親に下水道に流された。閉鎖された動物園でペンギンに育てられて成長する。

その後、サーカスに入団して仲間を増やしていき、地下の下水道を拠点にして犯罪を繰り返す。自分の出自を求めて、サーカスのギャングを使った自作自演により、赤ん坊を救った英雄として地上に現れる。ゴッサム・シティの市役所で戸籍記録を調べ上げ、自分の出自を知る。

マックス・シュレックの陰謀から彼と共謀して市長選に出る。しかし、愛されたことがないため人の心を理解できず、自らの発言からバットマンに失脚させられる。自分を簡単に見捨てたシュレック、全ての愛される子供、バットマンに対する復讐を誓い、戸籍記録を調べた際にリストアップしていた両親と愛情に恵まれた長男を部下に命じて誘拐させる。シュレックの長男を拉致しようとするが、シュレックの説得と彼に対する憎しみからシュレックの長男を見逃し、シュレックを誘拐した。

ロケット弾で武装したペンギンを使ってバットマンを殺そうとする。しかし、ペンギンのコントロールを奪われ、自分がロケット弾の攻撃を受けて重傷を負う。誘拐した子供も救出されて、最期は「氷水でもいいから…」と喉の渇きを訴えたペンギンの最後の言葉を聞いたペンギンに見取られて池の中に沈んでいった。

真っ白な皮膚に、尖った鼻、ひれのような手、黒い液が口から染み出している。汚れたベビータイツによだれかけをつけ、羽毛のコートを羽織っている。武器は兵器を仕込んだで、マシンガンを仕込み、相手に催眠術をかけ、先端に刃を仕込んでいた。

ドラマ[編集]

テレビドラマ

1960年のテレビドラマではバージェス・メレディスがコミカルに演じた。その映画である『バットマン オリジナル・ムービー』では、ジョーカーリドラーキャットウーマンの三人と暗黒連邦を結成する。ペンギン型の潜水艦を用意する。

『GOTHAM/ゴッサム』

ロビン・ロード・テイラーが演じる。権力を手にしていない若いオズワルド・コブルポット。原作では同世代であるカーマイン・ファルコーネやサルバトーレ・マローニよりも年下である。ファルコーネ・ファミリーの幹部であるフィッシュ・ムーニーの傘持ち係から徐々に伸し上がっていく。

警察にフィッシュを密告した事が発覚して、制裁としてジム・ゴードンに殺されかける。しかし、ゴードンに見逃される。その後、ゴードンとは積極的に関係を築こうとしている。

生き延びたコブルポットはファルコーネと密約してマローニの組織に潜り込む。知能と残虐な手段でマローニ・ファミリーに功績をあげるが、フィッシュによりマローニにスパイであることが発覚する。コブルポットはマローニによる処刑から逃走する。コブルポットはファルコーネ・ファミリーの一員として迎えられて、フィッシュのナイトクラブを引き継ぐ。

ファルコーネとマローニを殺すため、ファルコーネの暗殺者にマローニの暗殺を企てさせ、敢えて失敗させる事でファミリーの戦争を始めさせる。ファルコーネを殺そうとした際にゴードンに阻止される。現れたフィッシュと対決し、彼女を海に突き落とす。そして、自らがゴッサムの王だと宣言した。

性格は腰が低く臆病だが、強い野心とサディスティックな本性を隠している。細身で黒のシングルブレスト。髪型は前髪を垂らして後頭部を逆立てている。フィッシュに片足を折られて障害が残っている。

アニメ[編集]

『バットマン』シリーズ

デザインは『バットマン リターンズ』を元にしている[9]。アイスバーグ・ラウンジを経営するフィクサーとして描かれた。

声優はポール・ウィリアムズ。日本語版は富田耕生

『ザ・バットマン』

ブルースの執事、アルフレッドの祖父が仕えていたコブルポット家の出身。過去にアジアで活動していた。没落したコブルポット家を再建する為に犯罪を行う。

傘には空を飛ぶプロペラ、鎖鎌、火炎放射機などの様々な兵器を仕込んでいる。

声優はトム・ケニー、日本語版は川津泰彦

出典[編集]

  1. ^ The Enemies List”. Comics 101 (2004年1月14日). 2010年12月25日閲覧。
  2. ^ Top 10 Greatest Batman Villains, WatchMojo.
  3. ^ 75 Greatest Friends and Foes of Batman.
  4. ^ The 5 Greatest Batman Villains Ever.
  5. ^ Batman's Ultimate Villains, IGN.
  6. ^ Batman 75 Years: The Top 10 Batman Villains of All-Time.
  7. ^ Top 100 Comic Book Villains, IGN”. IGN. 2015年7月28日閲覧。
  8. ^ As first revealed in Best of DC #10 (March 1981)
  9. ^ DVD『バットマン 闇の中から』映像特典