バージェス・メレディス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
バージェス・メレディス
Burgess Meredith
Burgess Meredith
1954年 宣材写真
本名 Oliver Burgess Meredith
生年月日 (1907-11-16) 1907年11月16日
没年月日 (1997-09-09) 1997年9月9日(89歳没)
出生地 オハイオ州クリーブランド
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
配偶者 Helen Derby (1933-1935)
Margaret Perry (1936-1938)
ポーレット・ゴダード (1944-1950)
Kaja Sundsten (1950-1997)
主な作品
ロッキー』シリーズ
テンプレートを表示

バージェス・メレディスBurgess Meredith, 本名: Oliver Burgess Meredith, 1907年11月16日 - 1997年9月9日)は、アメリカ合衆国の俳優、映画監督である。多才な人物で2度アカデミー賞にノミネートされた。代表作は映画『ロッキー』シリーズ(トレーナー、ミッキー・ゴールドミル)と、テレビドラマシリーズ『バットマン』(ペンギン)。

最近のファンは、メレディスを映画『ラブリー・オールドメン』と『ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記』に出てくる"Grandpa Gustavson"(ジャック・レモンの祖父役)として回想している。

経歴・生涯[編集]

メレディスはオハイオ州クリーブランドで、カナダ人の血を引く父ウィリアム・ジョージ・メレディスと、母アイダ・ベス(旧姓バージェス)の間に生まれた[1][2]。Hoosac Schoolを卒業後、1931年卒業予定クラスの一員としてアマースト大学に入学したが、1929年にはエヴァ・ル・ガリエンヌがニューヨークに設立したレパートリー・シアターCivic Repertory Theatreの一員となった[3]

ジョン・スタインベック原作、1939年公開の映画『廿日鼠と人間』におけるジョージや、1945年公開の『G・I・ジョウ』におけるアーニー・パイル通信兵などといった役で人気を博した。後者を原作としたコミック・ストリップは後にアクションフィギュアを生み出すほどの人気を出し、1987年にはこのアクションフィギュアを元にしたアニメ映画『G.I.ジョー』が公開され、メレディスは悪役ゴロブュラスの声を当てた。また、『セカンド・コーラス』(1940年)で共演したポーレット・ゴダードと1944年に結婚[4]、『小間使の日記』(1946年)、『我が道は楽し』(1948年)でも共演した。その一方で、第二次世界大戦の間はアメリカ空軍に従軍し、大尉まで昇進した。戦後、下院非米活動委員会による共産主義者狩りの影響がハリウッドの映画業界にまで及び、1950年代の間メレディスの名がハリウッド・ブラックリストに載ってしまった。

それから約10年後、メレディスはテレビドラマシリーズ『怪鳥人間バットマン』のペンギンの役で知られるようになった。彼のキャラクターは人気が出たため、メレディスが可能な時にはペンギンが登場するようにされた。また、ペンギンの総登場回数は他の悪役より多く、バットマンが初めて実写映画になったときもペンギンを演じた。また、オットー・プレミンジャーは自身の監督作品である『野望の系列』(1962年)、『枢機卿』(1963年)、『危険な道』(1965年)、『夕陽よ急げ』(1967年)、『Skidoo』(1968年)、『男と女のあいだ』(1971年)にメレディスを出演させるほど彼を気に入っていた。なお、プレミンジャー自身もバットマン・シリーズで悪役「ミスター・フリーズ」(日本語訳名「冷凍人間」)を演じた何人かの俳優の一人でもあった。

メレディスはレイ・ハリーハウゼンの最後のストップ・モーション映画である『タイタンの戦い』(1981年)に脇役で出演した。

また、『ロッキー』シリーズでは主人公ロッキー(シルヴェスター・スタローン)のトレーナー、ミッキー・ゴールドミルを演じた。メレディスは物語の展開上『ロッキー3』で降板するものの、『ロッキー5』(1990年)では、回想という形で短い出番ながらも再登場した。リー・メジャースと競演した1981年の映画『ラスト・カーチェイス』では朝鮮戦争時代の古参兵キャプテン・J・G・ウィリアムズを演じた。『トワイライト・ゾーン』とは長いこと親しみがあったため、この作品を基にした映画ではナレーターを担当した。この他には『ファール・プレイ』でゴールディ・ホーンの家主役を演じた。

『イナゴの日』(1975年)と『ロッキー』(1976年)で、アカデミー助演男優賞に2度ノミネートされた。

晩年は『ラブリー・オールドメン』(1993年)とその続編『ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記』(1995年)で、ジャック・レモンが演じたキャラクターの祖父役を務めた。

1956年(昭和31年)7月に映画『東京特ダネ部隊』の日本ロケと1962年(昭和37年)1月に来日している。

監督業[編集]

メレディスはアーヴィング・アレン制作チャールズ・ロートン主演の映画『エッフェル塔の男』(1949年)を監督、メレディス自身も脇役として出演した。

自伝出版[編集]

1994年、『So Far, So Good』というタイトルの自伝を出版した。この本の中で、メレディスは双極性障害(いわゆる躁鬱病)の一種である気分循環症のせいで激しい気分の変調に苦しめられてきたことを告白した[5]

死去[編集]

1997年9月9日アルツハイマー病メラノーマで亡くなった。88歳。映画産業における功績が認められ、ハリウッド・ウォーク・オブ・フェーム6904に星が刻まれた。

主な出演作品[編集]

映画[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1936 目撃者
Winterset
ミオ
1939 愚者の喜び
Idiot's Delight
Quillery
廿日鼠と人間
Of Mice and Men
ジョージ
1940 セカンド・コーラス
Second Chorus
ハンク・テイラー
1941 愛の鐘はキッスで鳴った
Tom, Dick and Harry
ハリー
淑女超特急
That Uncertain Feeling
アレクサンダー・セバスチャン
1942 Street of Chance フランク・トンプソン/ダニー・ニアリング
1945 G・I・ジョウ
The Story of G.I. Joe
アーニー・パイル通信兵
激戦地
A Walk in the Sun
ナレーター、クレジットなし
1946 アメリカの恋人
Magnificent Doll
ジェームズ・マディソン
小間使の日記
The Diary of a Chambermaid
モージェ大尉
1948 我が道は楽し
On Our Merry Way
オリヴァー・M・ピーズ
1949 エッフェル塔の男
The Man on the Eiffel Tower
ジョセフ・ホールティン 兼監督
1957 東京特ダネ部隊
Joe Butterfly
ジョー・バタフライ
1962 野望の系列
Advise and Consent
ハーバート・ゲルマン
1963 枢機卿
The Cardinal
ネッド・ハーリー神父
1965 テキサスの五人の仲間
A Big Hand for the Little Lady
ドク・スカリー
危険な道
In Harm's Way
イーガン・パウエル司令官
1966 母の旅路
Madame X
ダン・サリヴァン
バットマン
Batman
ペンギン
1967 残酷の沼
Torture Garden
ディアブロ博士
夕日よ急げ
Hurry Sundown
パーセル判事
1968 ステイ・アウェイ・ジョー
Stay Away, Joe
チャーリー・ライトクラウド
1969 華麗なる週末
The Reivers
ルシャス/ナレーター 声の出演
マッケンナの黄金
Mackenna's Gold
雑貨店主
殺人美学
Hard Contract
ラムジー・ウィリアムズ
1970 大脱獄
There Was a Crooked Man...
ミズーリ・キッド
1971 皆殺しL.A.コネクション
Clay Pigeon
フリーダム・ラヴレス
男と女のあいだ
Such Good Friends
カルマン
1972 ザ・マン/大統領の椅子
The Man
ワトソン上院議員
1974 黄金の針
Golden Needles
ウィンタース
1975 イナゴの日
The Day of the Locust
ハリー・グリーナー
ヒンデンブルグ
T he Hindenburg
エミリオ・パジェッタ
1976 ロッキー
Rocky
ミッキー・ゴールドミル

Burnt Offerings
アーノルド・アラダイス
1977 センチネル
The Sentinel
チャールズ・チェイゾン
黄金のランデブー
Golden Rendezvous
ヴァン・ヒューデン
1978 ファール・プレイ
Foul Play
ヘネシー氏
マジック
Magic
ベン・グリーン
マニトウ
The Manitou
スノウ博士
1979 ロッキー2
Rocky II
ミッキー・ゴールドミル
1980 世界崩壊の序曲
When Time Ran Out
レネ・ヴァルデス
1981 ラスト・カーチェイス
The Last Chase
J・G・ウィリアムズ大尉
タイタンの戦い
Clash of the Titans
アンモン
告白
True Confessions
シェイマス・ファーゴ
1982 ロッキー3
Rocky III
ミッキー・ゴールドミル
1983 トワイライトゾーン/超次元の体験
Twilight Zone: The Movie
ナレーター、クレジットなし
1984 青い誘惑
Wet Gold
サンプソン テレビ映画
1985 サンタクロース
Santa Claus: The Movie
老妖精
1987 ゴダールのリア王
King Lear
ドン・リアロ クレジットなし
G.I.ジョー/ザ・ムービー
G.I. Joe: The Movie
ゴロブュラス 声の出演
1988 ブルーウォーターで乾杯
Full Moon in Blue Water
将軍
1990 ステート・オブ・グレース
State of Grace
フィン
ロッキー5/最後のドラマ
Rocky V
ミッキー・ゴールドミル 回想
1993 ラブリー・オールドメン
Grumpy Old Men
グスタフソンの祖父
1994 僕たちのサマーキャンプ/親の居ぬ間に…
Camp Nowhere
フェイン
1995 ラブリー・オールドメン/釣り大将LOVE LOVE日記
Grumpier Old Men
グスタフソンの祖父
トール・テイル/パラダイス・ヴァレーの奇跡
Tall Tale: The Unbelievable Adventures of Pecos Bill
老人 クレジットなし

テレビドラマ[編集]

公開年 邦題
原題
役名 備考
1952-1955 オムニバス
Omnibus
異なる役で5エピソード
1959-1963 ミステリー・ゾーン
The Twilight Zone
異なる役で4エピソード
1961-1964 ローハイド
Rawhide
異なる役で4エピソード
1963 サンセット77
77 Sunset Strip
ヴィンセント・マリオン 5エピソード
1963-1964 バークにまかせろ
Burke's Law
異なる役で3エピソード
1965 ミスター・ノバック
Mr. Novak
マーティン・ウッドリッジ 15エピソード
1966-1968 怪鳥人間バットマン
Batman
ペンギン 21エピソード
1968&1971 ヴァージニアン
The Virginian
ミニシリーズ
1968-1972 鬼警部アイアンサイド
Ironside
異なる役で2エピソード
1970-1971 恋愛専科/アメリカ式愛のテクニック
Love, American Style
ハリソン・メリウェザー 2エピソード
1970-1972 四次元への招待
Night Gallery
異なる役で2エピソード
1971 ディズニーランド
Disneyland
ヘンリー・ミード 2エピソード
1972-1973 プローブ捜査指令
Search
B・C・キャメロン 23エピソード
1976 アトランチスの謎
The Return of Captain Nemo
ウォルド・カニンガム教授 ミニシリーズ
1983 フェアリーテール・シアター/おやゆび姫
Faerie Tale Theatre: Thumbelina
モーティマー・モール

脚注[編集]

  1. ^ 1
  2. ^ Burgess Meredith, 89, Who Was at Ease Playing Good Guys and Villains, Dies - New York Times
  3. ^ Harter, Chuck (2017). Mr. Novak: An Acclaimed Television Series. BearManor Media. p. 144. ISBN 978-1-62933-163-8 
  4. ^ Parish, James Robert (1972). The Paramount pretties. Arlington House. p. 384 
  5. ^ CNN.com retrieved 12 OCT 2007

外部リンク[編集]