バージニアン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

バージニアン』(原題:The Virginian、最終シリーズのみ The Men from Shiloh)は、NBC製作の西部劇ドラマ。主演:ジェームス・ドルーリーダグ・マクルーア

西部劇では初の90分番組であり、そして初めて第1話からカラーで放送された番組である。アメリカ合衆国では1962年から1971年まで249話が放送された。アメリカの西部劇ドラマとしては、20シーズン、635話が放送された『ガンスモーク』、14シーズン続いた『ボナンザ』に続いて第3位の長寿番組である。

日本では、1964年にNETテレビ(現・テレビ朝日)とその系列局で放送された。

概要[編集]

原作はオーウェン・ウィスターの小説である。ジェームス・ドルーリー扮する主人公はリーダー格のカウボーイであり、通称バージニアン。本名は、放送中一度も明かされなかった。舞台はワイオミング州メディシンボウにあるシャイロー牧場である。シャイローという名前は、1862年、南北戦争のさなかにテネシー州で起きたシャイローの戦いに由来している。他の主要人物としては、牧場主であるガース判事、その娘ベッツィー、そして実直なカウボーイのトランパスにスティーブ・ヒル。番組が進むにつれ、トランパスは登場人物の中で最もよく知られた存在となり、最終シーズンまで登場することになる。これにより、トランパスを演じたダグ・マクルーアも広く知られるようになる。

2シーズン目で新たに登場したランディ・ベントンは、ギターを弾き、牧場主ガースの娘ベッツィーとデュエットでフォークカントリーを歌う若手カウボーイである。この2人の歌が、1965年にデッカ・レコードより発売された。このドラマのテーマソング「ロンサム・ツリー」はパーシー・フェイスが書いたもので、バラエティショーの音楽ディレクターを務めたスタンリー・ウィルソンが指揮をしている。その後、保安官のエメット・ライカー、そして4シーズン目では、牧場を去ったベッツィーに代わって、ガースの姪のジェニファー・サマーズが登場する。

牧場主も交代した。ガース判事の次には、短期間ながらモーガン・スターが牧場主となり、この人物が去った後、次に牧場主となったのはジョン・グレンジャーで、ジョンが亡くなった後は兄弟のクレイが後を継ぎ、グレンジャーの孫のエリザベスとステイシーも新たに加わる。また、クレイの妻ホリーも登場し、新しいカウボーイたちも加わった。

最終シーズンには、カウボーイのロイ・テイトが登場した。このシーズン、牧場はマッケンジー大佐のものとなり、番組タイトルもThe Men from Shilohに改められて、雰囲気も一新された。オープニングテーマはエンニオ・モリコーネが担当し、サブタイトルも当時はやりのマカロニ・ウェスタン風なものとなった。カウボーイたちの帽子もつばが広く、トップが高いものとなり、男性の登場人物は服にビーズをつけ、口ひげをはやすようになり、服装はより洒落た、工夫を凝らしたものとなった。こういった変化により、プライムタイム視聴率は30位中18位となった。最終回は1971年3月24日に放送された。

ハリソン・フォードロバート・レッドフォードもゲスト出演したことがある。また、1972年公開の映画『大砂塵の男』は、このシリーズのうちの2話を編集したものと言われる[1]

キャスト[編集]

() 内は出演シーズン。すべてのシリーズに出演したのは、ジェームス・ドルーリーとダグ・マクルーアのみである。

DVD[編集]

番組終了時から、主演のジェームス・ドルーリーはこのドラマの保存に努め、西部劇をテーマとした各種イベント・ニュース番組・特集番組に出演してPR活動を続けた。現在、アメリカの Timeless Media GroupイギリスAcorn Media UK、そしてドイツのユーロ・ビデオ・オブ・ジャーマニーから、番組のDVDが発売または発売予定である。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NET系列 日曜20:00枠
前番組 番組名 次番組
とんちナイター
※20:00 - 20:45
スリラー 再放送
※20:45 - 21:45
バージニアン
(1964年4月5日 - 1966年1月2日)
日曜映画劇場(NET版)
(1966年1月9日 - 1966年4月3日)