ニンジャバットマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
ニンジャバットマン
Batman Ninja
監督 水崎淳平
脚本 中島かずき
原作 DCコミックス
【バットマン考案】
ボブ・ケイン
ビル・フィンガー
製作 里見哲朗
レオ・チュー
エリック・ガルシア
出演者 山寺宏一
高木渉
加隈亜衣
釘宮理恵
子安武人
田中敦子
諏訪部順一
チョー
森川智之
三宅健太
梶裕貴
河西健吾
小野大輔
石田彰
大塚芳忠
音楽 菅野祐悟
制作会社 神風動画
YAMATOWORKS
製作会社 ワーナー ブラザース ジャパン
配給 ワーナー・ブラザース映画
公開 アメリカ合衆国の旗 2018年4月24日
日本の旗 2018年6月15日
上映時間 85分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

ニンジャバットマン』(: Batman Ninja)は、DCコミックスが刊行する『バットマン』のキャラクターを原作とする2018年6月15日公開の日本の劇場アニメーション作品。

概要[編集]

本作のメディア展開はアメリカと日本で異なっている。アメリカではワンダーコン英語版2018(2018年3月24日)にてワールドプレミアが開催、同年4月24日にネット配信、5月8日にBlu-ray/DVDが販売される。日本では映画として展開され、2018年6月15日から劇場公開される。

登場人物[編集]

バットファミリー[編集]

バットマン / ブルース・ウェイン
ほかの未来人より2年後の世界に現れる。
飛影蝙蝠侠センゴクバットマン
最新の装備を失ったバットマンが蝙蝠衆から受け取った仮面と鎧や装備を付けた姿。
忍者蝙蝠侠ニンジャバットマン
ジョーカーとの決戦時に更に変化した蝙蝠を纏った姿。
キャットウーマン / セリーナ・カイル
バットマンに協力していたが、現代に戻りたいがためゴリラ・グロッド側につく。
ロビン / ダミアン・ウェイン
飛騨の蝙蝠衆に身を寄せている。子猿モンキチを連れている。
レッドロビン / ティム・ドレイク
飛騨の蝙蝠衆に身を寄せている。忍者の姿。
ナイトウィング / ディック・グレイソン
飛騨の蝙蝠衆に身を寄せている。忍者の姿。
レッドフード / ジェイソン・トッド
虚無僧の姿で、諸国のヴィランを調査している。
アルフレッド・ペニーワース
戦国時代でも執事の姿で奉仕する。

ヴィラン大名[編集]

第六天魔王ジョーカー
尾張の国を支配する。バットマンに破れ一度はハーレイ・クインと共に百姓に身を窶すが復活しゴリラ・グロッドの計画を乗っ取る。
魔小姓ハーレイ・クイン / ハーリーン・クインゼル
ジョーカーに常に付き従う。太鼓の様なハンマーを使う。
ゴリラ・グロッド
事件の引き金となったタイムリープを開発した。横笛で猿を操ることができる。
美毒麗将ポイズン・アイビー / パメラ・リリアン・アイズリー
越後の国を支配する。
独眼銃正宗デスストローク / スレイド・ウィルソン
陸奥の国を支配する。
風林火鳥ペンギン / オズワルド・コブルポット
甲斐の国を支配する。部下の兵士もペンギン。
双面武神トゥーフェイス / ハーヴェイ・デント
近江の国を支配する。
横綱仮面ベイン
武将ではなく力士の姿でジョーカーの手下として登場する。

その他[編集]

ジェームズ・ゴードン
ゴッサム市警本部長。エンディングにのみ登場。
ハーベイ・ブロック
ゴッサム市警刑事。エンディングにのみ登場。

メカニック[編集]

バットモービル
アルフレッドと共にこの時代に出現したバットマン専用車。バットウィング(飛行機)、バットポッド(バイク)、装甲蝙蝠侠アーマード・バットマン(パワードスーツ)に変形する
時空震エンジン / 時空震コンバータ
ゴリラ・グロッドの開発したタイムリープ装置。
亜火無城(アーカムじょう)
ジョーカーの天守閣。心臓部に時空震エンジンがある。ジョーカー行方不明後はゴリラ・グロッドが使用する。合体時は胴体を構成。
難攻不落の鳥人城(ちょうじんじょう)
ペンギンの天守閣ロボ。機動力が高く傘を使う。合体時は左腕を構成。
百花繚乱の樹毒城(じゅどくじょう)
ポイズン・アイビーの天守閣ロボ。触手を使う。合体時は左足を構成。
一触即発の撃砲城(げきほうじょう)
デスストークの天守閣ロボ。多数の砲塔を装備。合体時は右腕を構成。
表裏一体の双面城(そうめんじょう)
トゥーフェイスの天守閣ロボ。天守の下は阿修羅観音の様な姿をしている。合体時は右足を構成。
超絶天魔王キングジョーカー
5体の城ロボが五城合体した巨大ロボット。頭部はジョーカーの使用した気球を被せている。ゴリラ・グロッドが合体させようとしたがジョーカーが奪い返した。メイン武器は火炎道化砲。

キャスト[編集]

役名 原語版[1][2] 英語吹き替え[3]
バットマン 山寺宏一 ロジャー・クレイグ・スミス
ジョーカー 高木渉 トニー・ヘイル
キャットウーマン 加隈亜衣 グレイ・デリスル
ハーレイ・クイン 釘宮理恵 タラ・ストロング
ゴリラ・グロッド 子安武人 フレッド・タタショア
ポイズン・アイビー 田中敦子 タラ・ストロング
デスストローク 諏訪部順一 フレッド・タタショア
ペンギン チョー トム・ケニー
トゥーフェイス 森川智之 エリック・バウザ
ベイン 三宅健太 -
ロビン 梶裕貴 ユーリ・ローエンタール
レッドロビン 河西健吾 ウィル・フリードル英語版
ナイトウィング 小野大輔 アダム・クロアズデル英語版
レッドフード 石田彰 ウィル・フリードル
アルフレッド・ペニーワース 大塚芳忠 アダム・クロアズデル
影闇 上田燿司 マシュー・ヤン・キング
モン吉 麦穂あんな -
モン美 長妻樹里 -

スタッフ[編集]

  • 監督 - 水崎淳平
  • 脚本 - 中島かずき
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • 製作 - 高橋雅美
  • キャラクターデザイン - 岡崎能士
  • 設定考証 - 堺三保
  • パート監督 - 高木真司、山元隼一、森田修平
  • 絵コンテ - ロマのフ比嘉、山元隼一、森田修平
  • メカデザイン - 曽野由太、桟敷大祐、岡崎能士、権瓶彰
  • バットサイクル / アーマードバットマンデザイン - 荒牧伸志
  • コンセプトアート - 鈴木理
  • イメージボード - 木崎文智、JOOYO Chang
  • CGI監督 - 澤田覚史、水野貴信
  • CGI制作協力 - ラピス、カラー
  • チーフモデラー - 石川優希
  • チーフロボモデラー - 権瓶彰
  • アニメーションチーフ - 坂本隆輔、吉野功一
  • 色彩設計 - 木村聡子
  • 美術監督 - 野村正信
  • テクスチャチーフ - 齋藤弘光
  • コンポジットディレクター - 先名美帆
  • 編集 - 廣瀬清志
  • 音響監督 - 岩浪美和
  • 音響効果 - 小山恭正
  • 録音 - 山口貴之
  • 音楽プロデューサー - 土肥範子
  • 音楽制作 - ワーナー ブラザース ジャパンワンミュージック
  • 宣伝統括 - 廣村織香
  • 宣伝プロデューサー - 前田有望
  • 制作プロデューサー - 清水一達
  • アニメーションプロデューサー - 里見哲朗
  • アニメーションプロデュース - バーナムスタジオ
  • 劇場映画統括 - 山田邦雄
  • プロデュース - 川瀬浩平
  • プロデューサー - 山口貴也
  • アシスタントプロデューサー - Elaine Chuang、住谷萌
  • 配給 - ワーナー・ブラザース映画
  • アニメーション制作 - 神風動画×YAMATOWORKS
  • 製作 - ワーナー ブラザース ジャパン

評価[編集]

Rotten Tomatoesには11件のレビューが寄せられ支持率73%、平均評価6.5/10となっている[4]IGNは9.7/10のスコアを与え、「DCはビジョンを持つ日本のアニメーターを招き入れて、最も愛されているキャラクターの一つに新しい試みを行い、完成した作品はそれまでの偉大な脚色に基いて構築されただけではなく、それらを上回った」と批評している[5]

漫画[編集]

月刊ヒーローズ』7月号(2018年6月1日発売)から、久正人によるコミカライズ作品が掲載されている[6]

コラボ映像[編集]

2018年3月26日配信の『ポプテピピック』とのコラボCM。
スタッフ
  • 監督 - 水﨑淳平
  • 脚本 - 中島かずき
  • キャラクターデザイン - 岡崎能士
  • 音楽 - 菅野祐悟
  • アニメーション制作 - 神風動画

フィギュア[編集]

BANDAI SPIRITSより2018年6月発売[7]
  • S.H.Figuarts 第六天魔王ジョーカー
BANDAI SPIRITSより2018年7月発売。
  • figma ニンジャバットマン
  • figma ニンジャバットマン DX戦国エディション
グッドスマイルカンパニーより2019年1月発売。DX戦国エディションは、ニンジャバットマンから戦国バットマンに換装が可能。
  • ニンジャバットマン TAKASHI OKAZAKI Ver.
グッドスマイルカンパニーより2019年4月発売。1/6スケールスタチュー。
  • プレミアムマスターライン ニンジャバットマン
プライム1スタジオより2019年4月発売。DX版は日本画風スクリーン台座付属。
  • 「えいえい!怒った?」「怒ってないよ」
発売予定なし。AnimeJapan 2018で、4コマ漫画『ポプテピピック』とのコラボレーションが行われねんどろいどが制作されている[8]

脚注[編集]

  1. ^ バットマンが戦国時代で剣を振るう?叶姉妹も「突っ込みどころ満載」と魅力語る”. コミックナタリー. ナターシャ (2017年12月1日). 2017年12月1日閲覧。
  2. ^ 子安武人、森川智之、諏訪部順一、石田彰、梶裕貴、小野大輔らニンジャバットマン出演”. 映画ナタリー. ナターシャ (2018年3月16日). 2018年3月16日閲覧。
  3. ^ Batman Ninja Anime's English Trailer Reveals Dub Cast, Home Video Release”. Anime News Network (2018年1月13日). 2018年閲覧。...
  4. ^ Batman Ninja (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango. 2018年6月14日閲覧。
  5. ^ Griffin, David (2018年3月24日). “Batman Ninja Review”. IGN. Ziff Davis. 2018年3月30日閲覧。
  6. ^ 「ニンジャバットマン」を久正人がマンガ化、月刊ヒーローズで連載”. 映画ナタリー (2018年6月1日). 2018年6月1日閲覧。
  7. ^ S.H.Figuarts ニンジャバットマン スペシャルページ”. 2018年4月2日閲覧。
  8. ^ ポプ子がバットマン、ピピ美はジョーカーに!「ニンジャバットマン」とコラボ” (2018年3月22日). 2018年4月2日閲覧。

外部リンク[編集]