ロマのフ比嘉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ロマのフ 比嘉(ロマのフ ひが、英語表記: ROMANoV HiGA, 本名:比嘉 一博、1973年 - )は、日本の3DCGアニメーション作家、演出家映画監督

和歌山県生まれ。1978年沖縄県宮古島へ転居。1996年電気通信大学卒業。

来歴[編集]

プロジェクトチームDoGA主催の第9回アマチュアCGアニメコンテスト(1997年)において、作品『ONE DAY, SOME GIRL』がグランプリを受賞。1999年からナムコに在籍。2001年4月同社退職。現在フリーランスで映像製作を手がけつつ自主制作作品も製作。2002年から2003年にかけて発表した『URDA』でブレイク。現在では日本の代表的な3DCGアニメーション作家となっている。

後に同コンテストでは新海誠がグランプリを受賞している。

2007年10月1日には沖縄県宮古島市に本社を、また東京都新宿区スタジオを構えてスタジオアールエフを創業し、代表取締役に就任した。

作風[編集]

3DCG作品を主に手がけ、アクションにこだわった演出が特徴。自主制作作品に限ればすべて3DCGである。また『URDA』を除く自主制作作品すべてが英語音声(日本語字幕)である。

最新作である『CATBLUE:DYNAMITE』では、前作の『警察戦車隊 TANK S.W.A.T. 01』までは使用されてこなかったモーションキャプチャを初めて使用することで、キャラクタの自然な動きを表現できるようになった。

代表作品[編集]

自主制作[編集]

商業監督作品[編集]

その他作品[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]