コンテンツにスキップ

エリック・バウザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
エリック・バウザ
Eric Bauza
Eric Bauza
生年月日 (1979-12-07) 1979年12月7日(44歳)
出生地 カナダ
職業 声優、コメディアン、アニメーション・アーティスト
主な作品
ルーニー・テューンズ』シリーズ
アルティメット・スパイダーマン
ブレイベスト・ウォリアーズ
おっはよー!アンクルグランパ
トランスフォーマー アドベンチャー
LEGO スター・ウォーズ:ドロイド・テイルズ
プリンセス ユニキャット
マペット・ベビー
テンプレートを表示

エリック・バウザEric Bauza1979年12月7日 - )は、カナダ声優コメディアン、アニメーション・アーティスト。

誕生

[編集]

オンタリオ州スカーバローでフィリピン系カナダ人として生まれたバウザ氏は[1][2]、カナダで製作された子供向けテレビ番組Mr. Dressup英語版』を見て成長し、大きな影響を受け、ショーの司会者と一緒に絵を描いたがある[3]。バウザは1993年から1996年までカーディナル・ニューマン・カトリック・ハイスクール(現:セント・ジョン・ヘンリー・ニューマン・カトリック・ハイスクール)英語版に通っており、2000年にはセンテニアル・カレッジを卒業している[4][1]

仕事経験

[編集]

バウザ氏は、ハリウッドでアニメーションのキャラクターデザインとしての仕事を始め[1]、声優としては『Oops!フェアリーペアレンツ』、『レンとスティンピー: Adult Party Cartoon』、『G.I.ジョー: Resolute英語版』と『Hero: 108英語版』に出演したほか、Webアニメシリーズ「ブレイベスト・ウォリアーズ」でも様々な役を演じており、ルーニー・テューンズ・ショーではマービン・ザ・マーシャン役、『ベン10: オムニバース』ではドクター・サイコボス役を担当した。その後は、バッグス・バニーダフィー・ダックトゥイーティー、マービン・ザ・マーシャン、ウッディー・ウッドペッカーなどの様々なキャラクターを務めている。 なお、彼がバッグス・バニー役に選ばれるのは7人目であり、アジア系としては初めて[5][6]

2021年3月23日、ABCのゲーム番組「トゥー・テル・ザ・トゥルース」にバウザ氏が出演。[7][8]

出演作品

[編集]

テレビ

[編集]
出演期間 作品名 役名 備考 日本語吹替
1999-2002 ドリーム・ストリート ファリー・ブロック・ノイズ
2001–02 ザ・リッピング・フレンズ ミスター・マンガー、レンジャー、映画の中にいる男性の声など
2003 レンとスティンピー アダルト・パーティ・カートゥーン スティンピー、シャンプー・マスター
2007–08 エル・ティグレ マニー・リベラの大冒険 ロドルフォ・リベラ / ホワイト・パンテラ、ユージン博士、タケシ、マイキー、ロボットの声、トシロー、リオ、ジョン、大人になったロドルフォ、スティーブなど
2008 アバター 伝説の少年アン 追加の声 登場エピソード『釜茹(かまゆで)岩』
2009 チャウダー Schmoast Guard、観光客、チャーリー 登場エピソード『真の男と船上パーティー/ワンタン爆弾とムーングの過去』
2009–17 Oops!フェアリーペアレンツ フープ、プーフ・バジー、サイクロプス、フェアリー・ベイリーフ、アナウンサー、ベン・フランクリン、メアニー、ガードマン、ラジエーション・モンスター、コンピューターの声、カンガルーのパンチー、ヘッジホッグ、他
2010 スーパーエージェント TUFFパピー ガードマン 登場エピソード『カメレオンにご用心』
Zevo-3 ブラッド 登場エピソード『Daddy Dearest』
2011–12 Dick Figures ジェラルド、棒人間の忍者など
2011–13 フィニアスとファーブ Little Saul、追加ボイス
ルーニー・テューンズ・ショー マービン・ザ・マーシャン、Gavin 中多和宏小形満(マービン・ザ・マーシャン)
2012 アイアンマン ザ・アドベンチャーズ サディアス・ロス 登場エピソード『ハルクの悲劇』
キック ザ・びっくりボーイ ファング、Robobot、Groundedbot
2012–13 アドベンチャー・タイム クマ、キャンディーパーソンなど
2012–15 怪奇ゾーン グラビティフォールズ エルネスト、追加ボイス
ブラック・ダイナマイト ニュース・キャスター、ビル・コスビーのアシスタント、ダニー・オズモンドディック・クラークなど
2012–18 ブレイベスト・ウォリアーズ アーケード・モンスター、ダニーのパパ、カースウェル、ブライアン・キークマン、他多数
2013 リック・アンド・モーティ Customs Gromflomite、グレン 登場エピソード『アドベンチャーのはじまり』
ティーン・タイタンズGO! 2人目のサンタ、アナウンサー
2013–17 アルティメット・スパイダーマン アイアン・スパイダー、アーケード、スコルピオン、スワーム、S.H.I.E.L.D.のエージェント 岩端卓也(アイアン・スパイダー)
2013–17 おっはよー!アンクル・グランパ ウエストポーチ、ホットドッグマン、ザーナ、ブラック魔王(ディック・ダスタードリー)など 主役 下山吉光(ウエストポーチ)
赤坂柾之(ホットドッグマン)
青山桐子(ザーナ)
落合弘治(ブラック魔王)
2014 トムとジェリー ショー スカンク 登場エピソード『夢の高機能ベッド/ヨセミテ公園でキャンプ!』
コミ・カレ!! ナレーター、予告ナレーション
2014–16 ブレッド・ウィナーズ バーデウス、テレビゲームのアナウンサー、赤ちゃんモンスター、ディッシュ・ウォッシャー、Bacteria Blog、B2D2、バーデウスの赤ちゃん、ミミズ、アナウンサー、ワニ、コミックのナレーション
TripTank Shen、Iron Shogun、配達員の少年、ドクター、ロニー、ボス、王子様、パパなど
2014–17 ミュータント・タートルズ タイガー・クロー、クリムゾンのリーダーなど
2015 ザ・ミスター・ピーボディ&シャーマン・ショー ガリレオ、その他の追加ボイス
LEGO スター・ウォーズ:ドロイド・テイルズ ルーク・スカイウォーカー、ラスティー 成瀬誠(ルーク・スカイウォーカー)
越後屋コースケ(ラスティー)
2015–17 トランスフォーマー アドベンチャー 科学者、ラジオCM、Instructor、コンピューターの音声など
2015-20 新 ルーニー・テューンズ マービン・ザ・マーシャン、ペペ・ル・ピューヒュービーとバーティー、ロック・ハードケースなど 小形満(マービン)
仲野裕(ペペ)
石井康嗣(カル)
梅津秀行(ヒュービー)
四宮豪(バート)
2015–19 悪魔バスター★スター・バタフライ クラウディ、シルクハットを被った紫のクモなど
2015–16 スティーブン・ユニバース ウエストポーチ、ナレーター、リッキー、ホテルの執事 下山吉光(ウエストポーチ)
2015–19 マイティ・マジソード フィル、ホッパス、他
2016 スポンジ・ボブ シャルモン 登場エピソード『もっとどんぐりを!』
カンフー・パンダ ザ・シリーズ ルースター、サイ、チーフ、他
ミクセル Paladum、Mixapod、動物園の動物 登場エピソード『Every Knight Has Its Day』
ベン:10 Gust-O 登場エピソード『Riding the Storm Out』
2016–17 LEGO スター・ウォーズ/フリーメーカーの冒険 ルーク・スカイウォーカー 鈴木裕斗(ルーク・スカイウォーカー)
2016–18 パワーパフガールズ アレグロ、ラーゴ 登場エピソード『ステキな虹の世界』と『仲直りは大変!』
2017 ビー・クール スクービー・ドゥー! トニー、チャーリー、アナウンサー、他
アントマン (2017年のテレビアニメ)英語版 エイリアンのリーダー
マイロ・マーフィーの法則 追加ボイス
ピクルスとピーナッツ
2017–18 ストレッチ・アームストロング&フレックス・ファイターズ ジェントルマン、マルーフ
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー アダム・ウォーロック、子供時代のウォーロック、スフィンクス、メイガス、プリンス・ショック、チャレンジャー
2017–21 ダックテイルズ ビーグル・ボーイズ、キャプテン・ファーレイ・フォグホーン 連続して出演
2017–20 プリンセス ユニキャット マスター・フラウン
2018–22 マペット・ベビー フォジーブンゼンスタトラー、ロビン、サム 後藤光祐(フォジー)
小島敬介(ブンゼン)
唐沢龍之介(スタトラー)
高坂知也(ロビン)
青木強(サム)
2018 三人の騎士の伝説 ホセ・キャリオカスクルージ・マクダック 中尾隆聖(ホセ・キャリオカ)
スター・ウォーズ レジスタンス ゴラック・ワイルズ 登場エピソード『ハイパー燃料』
スーパーナチュラル スリッカーのいとこ 登場エピソード『スクービーナチュラル』
2018–20 ライズ・オブ・ザ・ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ スプリンター師匠、マネージャー、ペパロニ大統領、NYPD警察、錯乱状態の男、ナレーター、キツネ、アナウンサー、ノア・シェック、テレビの男など 主役
2018–19 ロッキーとブルウィンクルの大冒険 首相のトップ
2019 ラウド・ハウス レックス、ブルーノ、ヒップスターの男、カップルの男、レイノルド、コリー、レックス、少年、テレビ放送局の報道センターのアナウンサー、コンテスト審査員の男 登場エピソードは4話分
The Casagrandes ブルーノ、ネルソン、エル・ククイ 登場エピソードは3話分
ピンキー・マリンキー フリン 登場エピソード『Advanced』
ぼくらのスーパーヒーロー・パンツマン ラップ・トークウェル、ギグルノーズ、ロビウス 登場エピソードは3話分
ライオン・ガード Pagala 登場エピソード『ぬまにうくひかり』
ミドル・スクール・モグル モグル・フロストボトム、自動音声、モグルボット、インシデンタル・スポーツ・ボーイ 登場エピソードは4話分
2019年アニメ版ウォーリーをさがせ! Koala、Dingo 登場エピソード『Australian Blunder Down Under』
マーベル スパイダーマン ミスター・ネガティブ、警察官 登場エピソード『新しい日の始まり』
2019–2020 ベイマックス ザ・シリーズ Uncle Samurai、アナウンサー、警察官、カトー、バディー Disney+オリジナルアニメシリーズ
2019– オリー・アンド・スクープス スクープス
2020– ルーニー・テューンズ・カートゥーンズ バッグス・バニーダフィー・ダックトゥイーティーペペ・ル・ピューバーンヤード・ドッグマービン・ザ・マーシャンヒュービーとバーティーウィーズル 専属声優 山口勝平(バッグス・バニー)
高木渉(ダフィー・ダック)
こおろぎさとみ(トゥイーティー)
仲野裕(ペペ・ル・ピュー)
チョー(バーンヤード・ドッグ)
小形満(マービン・ザ・マーシャン)
リブート版アニマニアックス ダフィー・ダック、科学者の男性、Shaun、司式者の男性
2021 トゥー・テル・ザ・トゥルース 本人
ふしぎの国 アンフィビア Mr. Wu 登場エピソード『邦題未定(True Colors)』
2023 スター・ウォーズ:ヤング・ジェダイ・アドベンチャー EB-3 Disney+オリジナルアニメシリーズ 越後屋コースケ(EB-3)
2024 X-MEN '97 センチネル

映画

[編集]
公開年 作品名 役名 日本語吹き替え 備考
2014 アベンジャーズ コンフィデンシャル: ブラック・ウィドウ & パニッシャー アマデウス・チョー、バロン・ジーモ 浪川大輔
2016 LEGO スーパー・ヒーローズ:ジャスティス・リーグ〈ゴッサム大脱出〉 ジェームズ・ゴードン、他 小野健一
2017 ウッディー・ウッドペッカー ウッディー・ウッドペッカー -
2018 LEGOスーパー・ヒーローズ: フラッシュ アトム、ビーデッグ、ジミー・オルセン ?
ティーン・タイタンズ・ゴー! トゥ・ザ・ムービーズ アクアマン -
2019 バットマン vs ミュータント・タートルズ レオナルド -
2020 LEGO スター・ウォーズ/ホリデー・スペシャル ルーク・スカイウォーカー 鈴木裕斗
2021 スペース・プレイヤーズ ダフィー・ダックポーキー・ピッグエルマー・ファッドフォグホーン・レグホーンマービン・ザ・マーシャン 高木渉(ダフィー)
龍田直樹(ポーキー)
チョー(エルマー)
玄田哲章(フォグホーン)
小形満(マービン)
[9][10]
LEGO スター・ウォーズ/恐怖のハロウィーン ルーク・スカイウォーカー 島田敏(老年)
鈴木裕斗(青年)
2022 LEGO スター・ウォーズ/サマー・バケーション ルーク・スカイウォーカー 鈴木裕斗
2023 ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー クッパ軍戦士

ゲーム

[編集]
発売年 作品名 役名
2011 Nicktoons MLB スティンピー
2013 ダックテイルズ: リマスター版 フェントン、ロボダック
2018 ルーニー・テューンズ:ワールド・オブ・メイヘム バッグス・バニー、ダフィー・ダック、シルベスター・キャットトゥイーティー(怪物バージョン)
ペペ・ル・ピュー、マービン・ザ・マーシャン、スピーディー・ゴンザレス、エルマー・ファッド
フォグホーン・レグホーン、ヨセミテ・サムタズマニアン・デビルグラニー
ウィッチ・ヘイゼル、サム・シープドッグ、ヘンリー・ホーク、ゴッサマー
ワイリー・コヨーテロード・ランナー

脚注

[編集]
  1. ^ a b c Eric Bauza PT1 - Voice of Bellybag, Foop, Buhdeuce, Chet, Tiger Claw - Animation Voice Over EP 133
  2. ^ These Filipinos Are the Voices of Modern Cartoon and Anime Characters”. Esquire (magazine). Hearst Communications (2019年2月11日). 2019年7月8日時点のオリジナルよりアーカイブ2020年6月30日閲覧。
  3. ^ The Canadian behind the voice of Bugs Bunny
  4. ^ “#47. A Conversation with Eric Bauza”. https://www.fullecirclemagazine.com/2009/07/conversation-with-eric-bauza.html 
  5. ^ [1] Happy 80th Birthday, Bugs Bunny!
  6. ^ Voice actors and cast list - Battletoads (2020)
  7. ^ Bauza, Eric [@bauzilla] (2021年3月24日). ""Will the real voice of Bugs Bunny please stand up.." 🐰🥕 Thanks to the producers for having me & thanks to all who tuned in! #ToTellTheTruth #LooneyTunesCartoons #BugsBunny #DaffyDuck #TweetyBird #MarvinTheMartian t.co/WryaaptjUy" (英語). 2021年4月5日時点のオリジナルよりアーカイブX(旧Twitter)より2021年6月13日閲覧
  8. ^ Bauza, Eric [@bauzilla] (2021年3月23日). "TONIGHT!! What am I doing on @TellTruthABC ? Tune in to ABC tonight at 8 pm to find out! #ToTellTheTruth t.co/a1qjCV4Js4" (英語). 2021年3月23日時点のオリジナルよりアーカイブX(旧Twitter)より2021年6月13日閲覧
  9. ^ Weiss, Josh (2018年11月19日). “Development: Space Jam 2 to film on West Coast; Mr. Mercedes driving toward Season 3; more” (英語). SYFY WIRE. 2019年7月5日閲覧。
  10. ^ Pepe Le Pew Won't Be Appearing In Warner Bros' 'Space Jam' Sequel” (英語). Deadline (2021年3月8日). 2021年3月8日閲覧。

外部リンク

[編集]