ギャルと恐竜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ギャルと恐竜
Gal to Kyōryū logo.png
ジャンル コメディ
漫画
原作・原案など 森もり子
作画 トミムラコタ
出版社 講談社
掲載誌 週刊ヤングマガジン
レーベル ヤンマガKC
発表号 2018年46号 -
発表期間 2018年10月15日 -
巻数 既刊4巻(2020年7月6日現在)
アニメ
原作 森もり子、トミムラコタ
シリーズディレクター 青木純
シリーズ構成 青木純
キャラクターデザイン 青木純
音楽
アニメーション制作 スペースネコカンパニー
神風動画
製作 キングレコード、講談社
放送局 TOKYO MXほか
放送期間 2020年4月 -
テンプレート - ノート
プロジェクト 漫画アニメ
ポータル 漫画アニメ

ギャルと恐竜』(ギャルときょうりゅう)は、森もり子原作、トミムラコタ作画による日本漫画作品。講談社の漫画投稿サイト「DAYS NEO」にて2018年4月20日に投稿された後[1]、同社の『週刊ヤングマガジン』にて同年10月15日発売の46号より連載開始[2]

本作の主人公でギャルの楓と彼女が酔った勢いで部屋に入れてしまった恐竜との同居生活が描かれる[3]

制作背景[編集]

本作の原作担当者である森はLINEスタンプ『もっと私にかまってよ!』の販売で、作画担当のトミムラはTwitter上で『実録!父さん伝説』という漫画の掲載で、それぞれ知られていた[1]。一方で、森はSNSに投稿した漫画が反響を呼んで書籍化されることを光栄に感じていたが、トミムラとは編集者と一緒に漫画を作りたいという見解で一致していた。ある日、漫画投稿サイトDAYS NEOのベータ版の開設を知った二人は、すぐさま「mug.」という筆名で『イルカは今もあの星で』という漫画を投稿するが、反響の薄さに不安を覚える[1]。 一方、ヤングマガジンの編集者であるスズキは、同作の色味やセンスを評価していたものの、気になっても声をかけにくかったとコミックデイズの公式ブログの対談の中で明らかにしており、反響が薄かった他の原因としてサイトへの作品の投稿量が多くて埋もれてしまったことを挙げている[1]

その後、2018年4月20日に森とトミムラは本作『ギャルと恐竜』を投稿する[1]。スズキの心には本作への印象が強く残り、担当編集者に名乗りを上げる[1]。また、トミムラはスズキのプロフィールに藤子・F・不二雄の作品を読んでいたとあったことに興味を覚え、スズキを担当編集者に指名する。投稿から1週間後の4月27日、スズキは森とトミムラに出会い、二人がSNS上での有名人だったことを知る[1]

DAYS NEO投稿時における恐竜にはセリフが存在していたものの、スズキの提案により、コミックDAYS連載版での恐竜は無口な主人公へと変更された[1]

作画担当のトミムラは元々藤子・F・不二雄のファンで、本作における「人間と人外が共同生活する」という設定は藤子からの影響であるとコミックデイズの公式ブログの対談の中で述べている[1]

登場人物[編集]

声の項はテレビアニメ版の声優、演の項は実写版の演者を示す。

声 - 島袋美由利[4] / 演 - 8467[4]
本作の主人公であるギャル。22歳。コンビニでアルバイトしながらアパートで恐竜と同居中。物事を深く悩まない性格で、面倒見が良い。恐竜には甘い。実写パートでは2話より登場(彼女が恐竜を連れてきたのは2020年4月という設定)。
恐竜
実写版スーツアクター - 飯塚みずほ
本作のもう一人の主人公。
言語は話せないものの複数の言語を理解し、ジェスチャーと表情で周囲と意思疎通ができる。好物はカップラーメン。
山田
声 - 夏吉ゆうこ[4]
楓の友人。度々楓の家を訪れる。
先パイ
声 - 工藤夕希[4]
楓のアルバイト先の先輩で大学生。苗字は田口。21歳。実家で両親と暮らしている。ギャルに対して「こわい」というイメージを抱きがち。楓より年下だが、楓にはタメ語で話している。
翔太
声 - 山下誠一郎[4]
楓の元カレ。後に復縁。恐竜と仲が良い。母親はスナックで働いており、楓のことを気に入っている(第六話)。
大家さん
声 - 斉藤貴美子 / 演 - 高橋洋子
楓の住むアパートの管理人。お人好しで猫が大好き。
実写パートの見栄晴の管理人でもあり、蒼井翔太を視認できる。

実写パートのみの登場人物[編集]

見栄晴
1、2話に登場。2019年12月に恐竜と同棲する。アニメパートの楓と似たような素振りをするが、クリスマスケーキを食べた途端、発作を起こし倒れてしまう。その後も蒼井が時空を書き換えるたびに食べ物で何度も発作を起こし倒れている。彼の子供のころの集合写真に蒼井翔太も写っており、彼と何らかの関係はある様子。
蒼井翔太
1、2話に登場。時空をさまよう旅人。通常の人間は彼を視認できないが恐竜には見えている。青いスケジュール帳で時空のシナリオを何度も書き換えるも、何度も失敗しその度に書き換えを行い、最終的には恐竜と見栄晴を出逢わなくした。
スケジュール帳のみが楓の部屋に残されゴミ箱に放りこまれるが、5話で恐竜にキャンプの焚火で燃やされてしまった。
テレビアニメ『ポプテピピック』に登場した際と同じ衣装を着ており、関係性が示唆されている。エンディングクレジットでは『ポプテピピック』原作者の大川ぶくぶが「蒼井翔太協力」としてクレジットされている。
ハリウッドザコシショウ
4話に登場。楓が恐竜と見ていたテレビ番組のリポーターとして登場。ある時、恐竜が目を覚ますと、恐竜の前に現れて一緒にものまねごっこをして遊ぶ。
GO!皆川大西ライオンジョイマン
いずれも7話に登場。ギックリ腰で休んでいる楓を元気付けようと恐竜が呼んだお笑い芸人

書誌情報[編集]

テレビアニメ[編集]

2020年4月よりTOKYO MXほかで放送中。アニメパートと実写パートで構成される[3]2019新型コロナウイルスの感染拡大に伴い第8話以降の放送及び配信延期が発表され、同年10月4日より第1話から第7話までを再放送し、11月22日より第8話以降を新たに放送することが決定した。

スタッフ[編集]

  • 原作 - 森もり子、トミムラコタ[6]
  • シリーズ構成・シリーズ監督・キャラクターデザイン・原画・色彩設計・撮影監督・編集 - 青木純[6]
  • 音響監督 - 鐘江徹[6]
  • 音響効果 - 小山恭正[6]
  • 音響制作 - グロービジョン[6]
  • 音楽 - 吟[6]
  • 音楽制作 - キングレコード[6]
  • プロデューサー - 小荒井梨湖[6]、米澤明[6]、橋内敬二・鈴木ちえこ(実写パート)
  • チーフプロデューサー - 須藤孝太郎[6]、古川慎[6]
  • アニメーションプロデューサー - 佐々木貴之
  • アニメーション制作 - スペースネコカンパニー[6]神風動画[6]
  • 実写シリーズ構成・脚本 - 須藤孝太郎[6]
  • 実写監督 - 大塚貴彦、須藤孝太郎
  • 実写制作 - HALO[6]
  • 製作 - キングレコード[6]講談社[6]

主題歌[編集]

「恐竜あげみざわ☆」[6]
楓(島袋美由利)、山田(夏吉ゆうこ)、先パイ(工藤夕希)、翔太(山下誠一郎)で構成される「恐竜フレンズ」によるオープニングテーマ。作詞・作曲・編曲は吟。
「Peaceful Days」[6]
高橋竜子によるエンディングテーマ。作詞・作曲・編曲は吟。

各話リスト[編集]

話数サブタイトル脚本絵コンテ演出作画監督総作画監督実写パート[7]初放送日
#1#1-1 はじめまして!青木純
  • 佐藤華音
  • 隋縁
青木純始まり2020年
4月5日
#1-2 猫がいたよ
#2#2-1 友だちがやってきたよ救済4月12日
#2-2 元カレと会ったよ
#3#3-1 お買い物だよ前兆4月19日
#3-2 道を歩くよ
#4#4-1 しっぽはやめて
  • 小川一郎
  • 佐藤華音
  • 隋縁
残夢4月26日
#4-2 メリークリスマス!
#5#5-1 良いお年を
  • 佐藤華音
  • 隋縁
野営5月3日
#5-2 神様にごあいさつだよ
#6#6-1 何を借りようかな変身5月10日
#6-2 みかんおいしいね
#7#7-1 しんぱいだな
  • 佐藤華音
  • 隋縁
  • 奥山裕也
激励5月17日
#7-2 ないしょのお話

放送局[編集]

日本国内 テレビ / 放送期間および放送時間[8]
放送期間 放送時間 放送局 対象地域 [9] 備考
2020年4月5日 - 5月17日
2020年11月22日 -
日曜 1:00 - 1:30(土曜深夜)
日曜 1:30 - 2:00(土曜深夜)
TOKYO MX 東京都
BS11 日本全域 BS放送 / 『ANIME+』枠
日曜 23:30 - 月曜 0:00 アニマックス 日本全域 BS・CS放送 / リピート放送あり / アニマックス特別版のみエンディング後にも実写パート
2020年4月8日 - 5月20日
2020年11月 -
水曜 23:00 - 23:30 とちぎテレビ 栃木県
2020年4月10日 - 5月22日
2020年11月 -
金曜 1:20 - 1:50(木曜深夜) 北海道テレビ 北海道
日本国内 インターネット / 放送期間および放送時間[8]
配信期間 配信時間 配信サイト 備考
2020年4月5日 - 5月17日
2020年11月22日 -
日曜 1:00(土曜深夜) 更新 ABEMAのみリピート配信あり
日曜 7:00 更新 YouTubeボンボンTV・フル☆アニメTV・いちなるTV) 実写版はダイジェスト
2020年4月6日 - 5月18日
2020年11月23日 -
月曜 7:00 更新 ふらっと動画
2020年4月7日 - 5月19日
2020年11月24日 -
火曜 12:00 更新
火曜 19:00 更新 TSUTAYA TV
2020年4月12日 - 5月24日
2020年11月29日 -
日曜 0:30 - 1:00(土曜深夜) ニコニコ生放送

BD[編集]

発売日[10] 収録話 規格品番
1 2020年10月28日 第1話 - 第3話 KIXA-898
2 2020年11月25日 第4話 - 第6話 KIXA-899
3 2020年12月23日 第7話 - 第9話 KIXA-900
4 2021年1月27日 第10話 - 第12話 KIXA-901

出典[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g h i 【担当とわたし】「ギャルと恐竜」森もり子×トミムラコタ×担当編集対談”. コミックDAYS. 講談社 (2019年4月5日). 2020年1月7日閲覧。
  2. ^ マジでテンションあげぽよ〜!森もり子×トミムラコタ新連載「ギャルと恐竜」”. コミックナタリー. ナターシャ (2018年10月15日). 2020年1月7日閲覧。
  3. ^ a b 「ギャルと恐竜」ギャル役は島袋美由利、監督は「ポプテピピック」の青木純”. コミックナタリー. ナターシャ (2020年1月6日). 2020年1月7日閲覧。
  4. ^ a b c d e CAST”. 「ギャルと恐竜」公式サイト. 2020年4月5日閲覧。
  5. ^ a b c d ギャルと恐竜”. ヤングマガジン公式サイト. 2020年2月6日閲覧。
  6. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s STAFF”. 「ギャルと恐竜」公式サイト. 2020年2月6日閲覧。
  7. ^ STORY”. 「ギャルと恐竜」公式サイト. 2020年4月12日閲覧。
  8. ^ a b ON AIR”. 「ギャルと恐竜」公式サイト. 2020年3月5日閲覧。
  9. ^ テレビ放送対象地域の出典:
  10. ^ Blu-ray&DVD”. 「ギャルと恐竜」公式サイト. 2020年7月20日閲覧。

外部リンク[編集]