GOTHAM/ゴッサム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Gotham
ジャンル
原作 DCコミックス
発案者 ブルーノ・ヘラー
出演者
コンポーザー
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
言語 英語
シーズン数 4
話数 75 (エピソード一覧)
製作
製作総指揮
プロデューサー スコット・ホワイト英語版
編集
  • ダニエル・ガブ
  • デヴィッド・エクストレム
  • マーク・C・ボールドウィン
製作場所 ニューヨーク市マンハッタン
撮影監督
放送時間 44-49分
製作会社
番組販売会社 ワーナー・ブラザース・テレビジョン・ディストリビューション
放送
放送局 フォックス
映像 16:9 HDTV
放送期間 2014年9月22日 (2014-09-22) – 継続中
外部リンク
公式ウェブサイト

GOTHAM/ゴッサム』(Gotham)は、ブルーノ・ヘラーが企画し、DCコミックスバットマンフランチャイズを基とし、青年期のジェームズ・ゴードン英語版と少年期のブルース・ウェインを中心に描いた、ゴッサム・シティを舞台にしたアメリカ合衆国のクライム(犯罪テレビドラマである。主人公である青年期のゴードンはベンジャミン・マッケンジーが演じ、ダニー・キャノンがエグゼクティブ・プロデューサーとパイロット版監督を務めている。第1シーズンは当初16話構成の予定であったが22話まで拡大され、2014年9月22日よりフォックスで放送された。2015年9月21日からは第2シーズンが、2016年9月19日からは第3シーズンが、2017年9月21日からは第4シーズンが放送されている。


日本では、2015年5月からAXNで第1シーズンが、2016年2月29日からは第2シーズンが、2017年3月11日からは第3シーズンが放送された。動画配信サービスではnetflixが配信している。

内容[編集]

ゴッサム・シティ警察新入りのジェームズ・ゴードン英語版はベテラン刑事のハービー・ブロック英語版とペアを組み、トーマス英語版マーサ・ウェイン英語版の夫妻殺害事件解決を目指す。捜査中、ゴードンはウェイン家の執事のアルフレッド・ペニーワースに育てられる夫妻の息子ブルースと知り合い、殺人犯逮捕をより一層決意する。道半ばでゴードンはフィッシュ・ムーニー、ドン・カーマイン・ファルコン英語版サルヴァトーレ・マローニ英語版といったゴッサムのマフィアたちとかかわり合いになる。最終的にゴードンはブルースと友人となり、後にバットマンとなる少年の未来を形作る手助けとなる[3]

本シリーズではペンギン[3]リドラー[3]キャットウーマンジョーカー[3]ポイズン・アイビー[4]スケアクロウ[5]ヒューゴ・ストレンジ[6]トゥーフェイス[6]ミスター・フリーズ[7]ミスター・ザーズ[8]といったバットマンの悪役達のバックストーリーも語られる。

キャスト[編集]

主要キャスト[編集]

役名 俳優 説明
ジェームズ "ジム"・ゴードン英語版 ベン・マッケンジー 殺人課刑事
ハービー・ブロック英語版 ドナル・ローグ 殺人課刑事
オズワルド・"ペンギン"・コブルポット ロビン・ロード・テイラー 底辺からのし上がる犯罪者、ゴードンと友好関係にある。
バーバラ・キーン エリン・リチャーズ ゴードンの恋人
ブルース・ウェイン デヴィッド・マズーズ 両親を殺された富豪の少年
サラ・エッセン英語版 ザブリナ・ゲバラ英語版 殺人課課長、後に本部長
アルフレッド・ペニーワース ショーン・パートウィー英語版 ウェイン家執事
セリーナ・"キャット"・カイル キャムレン・ビコンドヴァ ブルースの両親の殺人を目撃した浮浪児の少女
エドワード・ニグマ コーリー・マイケル・スミス 鑑識官
マリア・メルセデス・"フィッシュ"・ムーニー ジェイダ・ピンケット=スミス ギャングの幹部、ファルコンの部下
レニー・モントーヤ英語版 ヴィクトリア・カルタヘナ英語版 重犯罪課刑事
クリスパス・アレン英語版 アンドリュー・スチュワート=ジョーンズ 重犯罪課刑事
カーマイン・"ザ・ローマン"・ファルコン英語版 ジョン・ドーマン ギャングの首領
ハービー・デント ニコラス・ダゴスト 地方検事代理
レスリー・トンプキンス 英語版 モリーナ・バッカリン 精神科医。
ブッチ・ギルジーン ドリュー・パウエル英語版  フィッシュ・ムーニーの右腕
ルーシャス・フォックス クリス・チョーク ウェイン・エンタープライズに所属する天才技術者
テオ・ギャラバン ジェームズ・フレイン ゴッサムに混乱をもたらそうとする実業家
タビサ・ギャラバン英語版 ジェシカ・ルーカス英語版 テオの妹で鞭使い。
ナサニエル・バーンズ マイケル・チクリス エッセン死後に赴任する警部
アイビー・ペッパー Clare Foley
Maggie Geha
植物好きの浮浪児の娘
ジャービス・テッチ ベネディクト・サミュエル英語版 妹アリスを求めてゴッサムに来る催眠術師

リカーリング・キャスト[編集]

役名 俳優 説明
オーブリー・ジェームズ リチャード・カインド ゴッサム市長
ガートルード・カプルプット キャロル・ケイン オズワルド・コブルポットの母親
サルヴァトーレ・マローニ英語版 デイヴィッド・ザヤス マフィアの首領、ファルコンのライバル
ライザ マッケンジー・リー ムーニーの手下の歌手でファルコンに近づく
アルバレス  J・W・コルテス ゴッサム市警の刑事
ミスター・ザーズ アンソニー・カリガン ファルコンのヒットマン
シルバー・セント・クラウド英語版 ナタリー・アリン・リンド英語版 テオ・ギャラバンおよびタビサの姪
ヒューゴ・ストレンジ B・D・ウォン 人体実験に情熱を燃やす医師、"哲学者"
エセル・ピーボディ トーニャ・ピンキンズ英語版 ストレンジ教授の助手
バレリー・ベール ジェイミー・チャン ガゼット紙の記者
キャスリーン・モンロー Leslie Hendrix "梟の法廷"の幹部
タロン Brandon Alan Smith ”梟の法廷"の暗殺者
マリオ・カルヴィ英語版 ジェームズ・カルピネロ英語版 カーマイン・ファルコンの息子でレスリーの婚約者、医者
フランク・ゴードン ジェームズ・レマー ジムの叔父
シャーマン レイモンド・J・バリー 寺院でブルースを訓練する老師
ラーズ・アル・グール アレクサンダー・シディグ スーパーヴィラン

ゲスト・キャスト[編集]

役名 俳優 説明
ファイアフライ/ブリジット・パイク ミッシェル・ヴェインティミラ英語版 放火魔のヴィランでセリーナの友人。
クリール神父 ロン・リフキン 聖デュマ騎士団を率いるデュマ家の縁者。
ミスター・フリーズ/ヴィクター・フライス ネイサン・ダロウ英語版 難病の妻ノーラを救うために連続誘拐殺人事件を起こし、人体の冷凍保存技術を研究する。低温状態でしか生きられない体になる。
イライジャ・バン・ダール ポール・ルーベンス コブルポットの父
アリス・テッチ Naian Gonzalez Norvind ジャービス・テッチの妹、体内に暴力性を高めるウイルスを抱える

あらすじ[編集]

シーズン1のあらすじ[編集]

新たにゴッサム市警察に加わったジェームズ・ゴードンはベテラン刑事のハービー・ブロックとペアを組み、トマスおよびマーサ・ウェイン夫妻の殺人事件を捜査する。ゴードンはウェイン夫妻の息子のブルースとその世話をする執事のアルフレッドに会う。ギャングの手下のオズワルド・コブルポット、鑑識課員のエドワード・ニグマ、孤児のセリーナ・カイルとアイビー・ペッパー、地方検事代理のハービー・デント、医者のレスリー・トンプキンスなどが登場する。さらにゴードンは、ギャングのフィッシュ・ムーニー、カーマイン・ファルコン、サルヴァトーレ・マローニなどとも出会う。ゴードンはブルースの友人となり、やがてバットマンとなる少年に影響を与えることになる。

シーズン2のあらすじ[編集]

一カ月後、テオ・ギャラバンが妹タビサ・ギャラバンと聖デュマ騎士団の力を借りてゴッサム・シティの市長となり、ウェイン家に復讐しようとする。テオは殺されるが、ゴッサム警察はヴィクター・フライスに手を焼く。アーカム・アサイラムとウェイン・エンタープライズがひそかに所有するインディアン・ヒルでは、ストレンジ教授が狂気の実験を行う。

シーズン3のあらすじ[編集]

市長となったコブルポットはニグマへの愛情がもつれて憎みあうようになり、それぞれヴィランを味方につけて抗争する。ムーニーとバーバラは死に、ニグマは冷凍される。人を凶暴化させるウイルスが出現し、感染した婚約者をゴードンに殺されたリーは復讐を謀る。昔からゴッサムを支配してきた"梟の法廷"は、ゴッサムを一度崩壊させてから再生させようと、ウイルスを市中に放つ。ゴードンの尽力でウイルスの危機は去るが、リーはゴッサムを去る。ブルースは誘拐されてシャーマンに修業を受け洗脳される。シャーマンは"梟の法廷"を皆殺しにした後、アルフレッドに殺される。師を殺されたブルースはアルフレッドを刺して洗脳が解け、自警団員となる。

エピソード[編集]

シーズン 話数 放送期間
初回放送 最終回放送
1 22 2014年9月22日 (2014-09-22) 2015年5月4日 (2015-5-4)
2 22 2015年9月21日 (2015-09-21) 2016年5月23日 (2016-5-23)
3 22 2016年9月19日 (2016-09-19) 2017年6月5日 (2017-6-5)

シーズン1[編集]

通算
No.
No. 日本語題
原題
監督 脚本 放送日 合衆国
視聴者数
(百万人)
1 1 "正義の消えた街"
"Pilot"
ダニー・キャノン ブルーノ・ヘラー 2014年9月22日 (2014-09-22) 8.21[9]
有力者のトーマス英語版グレイソン・マッコーチ英語版)とマーサ・ウェイン英語版ブレット・テイラー英語版)が殺害され、路上孤児のセリーナ・カイルが目撃する。新人刑事のジェームズ・ゴードン英語版はパートナーのハービー・ブロック英語版と共に事件の担当となってウェイン家の息子のブルースと会い、自分と同じく父親の死を目の当たりにした彼に共感する。容疑者のペッパーにたどり着くが逃亡され、ブロックはペッパーを射殺する。事件は解決したように見えたが、フィッシュ・ムーニーのギャングの下っ端のオズワルド・コブルポットがゴッサム市警重犯罪課のレニー・モントーヤ英語版クリスパス・アレン英語版に、ペッパーは濡れ衣を着せられていたと密告する。ゴードンとブロックはムーニーに殺されそうになり、彼女のボスのカーマイン・ファルコン英語版によって助けられる。これと引き換えにファルコンはコブルボットの始末を二人に命じるが、ゴードンはコブルポットの死を偽装し、二度とゴッサムに戻らないように言う。二人は表向きはウェイン夫妻殺害事件を解決していたことにするが、ゴードンはブルースとその執事のアルフレッド・ペニーワースにだけ真実を伝える。
2 2 "セリーナ・カイル"
"Selina Kyle"
ダニー・キャノン ブルーノ・ヘラー 2014年9月29日 (2014-09-29) 7.45[10]
ゴードンとブロックは、ドールメーカー英語版ことフランシス・ドゥルマチャー博士の指揮下でホームレス支援プログラムのメンバーを装い、麻酔薬を使って浮浪児達を誘拐するパティ(リリ・テイラー)とダグ(フランク・ホエーリー)を捜査する。一方オズワルド・コブルポットは賃貸トレーラーに隠れ、ゴッサムに戻る計画を立て始める。市長は浮浪児を保護して郊外の施設に送り込もうとする。パティとダグはセリーナ・カイルを含む浮浪児達が乗るバスをハイジャックする。ゴードンとブロックが到着してパティとダグを逮捕し、セリーナを助ける。セリーナはゴードンに、ウェイン夫妻殺害を目撃したと話す。
3 3 "バルーンマン"
"The Balloonman"
ダーモット・ダウンズ英語版 ジョン・スティーヴンス英語版 2014年10月6日 (2014-10-06) 6.36[11]
ゴードンとブロックは腐敗したゴッサム市民を気象観測気球で吊るし上げる自警団員「バルーンマン」を捜査する。モントーヤとアレンはコブルポットの件をゴードンに質問する。コブルポットはムーニーへの復讐の為ゴッサムのレストランの仕事を得て、そのレストランのオーナーでマフィアのドンでもあるサルヴァトーレ・マローニ英語版の友人となる。ファルコンがムーニーの愛人を痛めつけた仕返しにムーニーはファルコンの愛人のナターリアを強盗で痛めつけるように指示する。バルーンマンの正体はゴッサムに絶望したソーシャルワーカーのデイヴィス・ラモンド(ダン・バッケダール英語版)だった。ラモンドは逮捕されるが、自分の後にも多くの者が続くであろうと警告する。帰宅したゴードンをコブルポットが訪問する。
4 4 "アーカム"
"Arkham"
TJ・スコット ケン・ウッドラフ英語版 2014年10月13日 (2014-10-13) 6.39[12]
アーカム地区再開発計画をめぐりファルコンとマローニが抗争する。謎の殺し屋(ハキーム・ケイ=カジーム)が計画に関わる議員を殺す。マローニのレストランが覆面をした3人の男に襲われた際に現金の入った袋を守ったコブルポットは殺された支配人の後釜となる。ムーニーは仕事を巡って二人の歌手を闘わせ、ライザが勝ち残る。市長はファルコンとマローニがアーカム計画の仕事を分け合うと発表する。覆面の3人の男たちは実はコブルポットに雇われており、コブルポットは毒入りカンノーロで口封じをする。
5 5 "負の遺産"
"Viper"
ティム・ハンター レベッカ・ペリー・カッター 2014年10月20日 (2014-10-20) 6.09[13]
ブルースはウェイン・エンタープライズの理事会に出てアーカム計画の不審点を問い質そうとする。超人的な力を与えるが死に至らしめる麻薬"ヴァイパー"が街に出回る。マローニはファルコンのカジノを襲う。ゴードンは、ウェイン・エンタープライズの子会社ウェルザインの元従業員がヴァイパーを配っている事実を知る。ヴァイパーはより強力な"ヴェノム"の試作品だと分かるが、従業員が死に手掛かりが消える。ムーニーは愛人のニコライとともにファルコンを裏切ろうとし、変装したライザはファルコンに近づく。
6 6 "ヤギの悪魔"
"Spirit of the Goat"
TJ・スコット ベン・エドランド英語版 2014年10月27日 (2014-10-27) 5.89[14]
10年前、仮面をつけた連続殺人犯"ヤギの悪魔"が上流階級の第一子を狙い、若き日のブロックが容疑者ミルキーを射殺した。10年後の現在、少女が同じやり方で殺され、遺体の頭の中に1セント硬貨が見つかるが、これはブロックと当時のパートナーだけが知る"ヤギの悪魔"の特徴である。模倣犯はブロックとゴードンに逮捕され、ミルキーと同じ精神科医に操られていたことが分かる。モントーヤとアレンがコブルポットの殺人事件の目撃者を見つけてゴードンとブロックを逮捕しようとする時、コブルポットが警察署に現れる。
7 7 "ペンギンの狡計"
"Penguin's Umbrella"
ロブ・ベイリー英語版 ブルーノ・ヘラー 2014年11月3日 (2014-11-03) 6.63[15]
ゴードンはバーバラをバスターミナルに連れて行き、ゴッサムから離れろと言う。ゴードンはファルコンの手下のヴィクターに警察署で襲われるが、モントーヤとアレンに助けられる。コブルポットはマローニの手下をニコライの隠れ家に連れて行き、ニコライもろとも殺す。マフィア同士の争いは、土地の取引で手打ちとなる。ブロックとゴードンは市長とファルコンを逮捕しようとするが、ヴィクターがバーバラを人質に取ったために断念する。ファルコンが鳥の世話をしているところをコブルポットが訪れる。すべてコブルポットの思い通りに運んでいると、ファルコンは言う。フラッシュバックで、コブルポットとファルコンは組んでいて、コブルポットがスパイとしてマローニの手下に入り込んだこと、ムーニーとニコライの陰謀をコブルポットがファルコンに教えたことが分かる。
8 8 "仮面に隠された凶器"
"The Mask"
ポール・エドワーズ ジョン・スティーヴンス 2014年11月10日 (2014-11-10) 6.35[16]
ゴードンとブロックは、殺人を見せ物にするファイトクラブを捜査する。ブルースは学校に戻り、両親の死を馬鹿にされて虐められ、アルフレッドに頼んで戦い方を学ぶ。ライザはムーニーがいずれファルコンを殺すつもりだと知り忠誠心が揺らぎ始めるが、ムーニーに命じられてファルコンの台帳を盗みだす。ファルコンに逆らったゴードンは警察内で孤立するが、ゴードンが捕えられた時、ブロックは警察の仲間の助けを得る。セリーナは洋服店の窃盗で逮捕される。
9 9 "ハービー・デント"
"Harvey Dent"
カレン・ガヴィオラ ケン・ウッドラフ 2014年11月17日 (2014-11-17) 6.49[17]
ゴードンはセリーナをウェイン家の屋敷に預ける。殺されたニコライの復讐を謀るロシア・マフィアが護送中の爆弾魔ハーグローブを誘拐し、ファルコンの金庫を狙うが失敗する。ハービー・デント検事は富豪のラブクラフトがウェイン殺しの陰にいると疑う。コブルポットは、ライザがムーニーのスパイだと知っているとライザに言う。ゴッサム市長は記者会見で、アーカム・アサイラムを再開してハーグローブを含む精神病の犯罪者を収容すると発表する。バーバラはゴードンから去り、モントーヤのもとに戻る。
10 10 "幼き逃亡者"
"Lovecraft"
ガイ・ファーランド レベッカ・ダメロン 2014年11月24日 (2014-11-24) 6.05[18]
コッパーヘッドの率いる暗殺者がウェイン屋敷に侵入し、アルフレッドはブルースとセリーナを逃がす。アルフレッドは二人を探してくれとゴードンとブロックに頼む。コブルポットは、スパイがいるとファルコンに言う。デントは、ディック・ラブクラフトが暗殺者を雇ったと疑う。ファルコンは金庫を守れなかった幹部を殺し、幹部からの上納金を値上げする。セリーナは、ブルースではなく自分が狙われていると言い、浮浪児たちの住む地下に連れていく。二人はポイズン・アイビー(アイビー・ペッパー)から故買屋のクライドがナローズ通りにいると聞く。ゴードンがラブクラフトに会うと、ラブクラフトは自分も狙われていると言い、ウェイン・エンタープライズの株式に関するファイルを渡す。暗殺者達がゴードンを昏倒させ、銃を奪ってラブクラフトを殺す。ブルースとセリーナはクライドを訪ねるが、捕えられて暗殺者に殺されそうになり、そこにブロックとアルフレッドがやって来る。コッパーヘッドはブルースにセリーナの居所を教えろと迫る。クライドは逮捕され、ラブクラフトは自殺として処理され、市長はゴードンをアーカム・アサイラムに左遷させる。セリーナはブルースにキスする。
11 11 "操り人形"
"Rogues' Gallery"
オズ・スコット英語版 スー・チョン 2015年1月5日 (2015-01-05) 7.06[19]
ゴードンはアーカム・アサイラムの警備担当へと左遷され、理事長のジェリー・ラング博士(イザイア・ウィットロック・Jr)の下で働くことになる。勤務開始早々、ゴードンはレスリー・トンプキンス博士(モリーナ・バッカリン)の助けを得て囚人への連続傷害事件を捜査する。ムーニーはファルコンを追い落とす計画を副首領のサヴィアーノと話し合う。サビアノは自分が新しい首領になるつもりだが、ムーニーは自分がなろうとする。コブルポットはマローニにみかじめ料を払う漁師に値上げを強要して逮捕される。ゴードン、ブロックそしてエッセンはジャック・グルーバーが囚人傷害事件の犯人であると知るが、グルーバーは仲間のダンジングと共に、ラング博士を殺して脱走する。マローニはごう慢を糺すために逮捕させたとコブルポットに言い、保釈させる。サビアノはブッチを仲間に迎えようとするが、ブッチに殺される。
12 12 "電気処刑人"
"What the Little Bird Told Him"
イーグル・エギルッソン英語版 ベン・エドランド 2015年1月19日 (2015-01-19) 6.50[20]
グルーバーとダンジングはアーカム・アサイラムから脱走してゴッサムで暴れ始める。24時間以内にグルーバーを逮捕すれば刑事に復帰させると、本部長がゴードンに約束する。検視官のエドワード・ニグマは、グルーバーがかつてマローニに裏切られた銀行強盗のジャック・ブチンスキーだと言う。ムーニーはライザを誘拐する。ゴードンとブロックはマローニを警察署に保護し、ブチンスキーを誘い出す。ムーニーは、組織を引き渡せば、ライザとファルコンを無事にイタリアに出国させるとファルコンに言う。ブチンスキーはマローニを求めて警察署を攻撃する。ゴードンはニグマから渡されたゴム靴で電撃から守られてブチンスキーを逮捕し、刑事に復帰する。コブルポットはライザがムーニーの手下であるとファルコンに教える。ファルコンはムーニーのクラブに行き、ライザを絞め殺す。ファルコンの手下はムーニーとブッチを捕え、ファルコンはコブルポットにムーニーを嘲る機会を与える。レスリーはゴードンに接近する。
13 13 "警察の闇"
"Welcome Back, Jim Gordon"
ウェンディ・スタンツラー英語版 ミーガン・モスティン=ブラウン 2015年1月26日 (2015-01-26) 6.04[21]
ムーニーはファルコンの手下のボブに拷問される。ブロックはゴードンをアーノルド・フラスに引き合わせる。自殺を目撃した掃除夫は警察署で殺され、ニグマはアイスピックが凶器だと言う。ゴードンは警官の仕業と見るが、エッセンは捜査するなと言う。スイス帰りのブルースはアイビーに出くわし、セリーナへの伝言を託す。ブッチは脱走し、ボブを殴り倒してムーニーを救い出す。記録保管室でフラスは、クリステンに恋するニグマをからかう。コブルポットはムーニーのナイトクラブを横取りする。ヴィクター・ザーズがボブを見つけて殺す。セリーナがブルースを訪ねて自分にはかまうなと言い、ブルースの両親の殺人犯の顔は見なかったと言う。ゴードンはフラスが掃除夫殺しに関わった証拠を見つけ、逮捕する。ムーニーはブロックに助けられ街を離れるが、コブルポットへの復讐を誓う。
14 14 "究極の恐怖"
"The Fearsome Dr. Crane"
ジョン・ベーリング英語版 ジョン・スティーヴンス 2015年2月2日 (2015-02-02) 5.79[22]
ゴードンとブロックは、恐怖症克服のグループの会員に各自の最大の恐怖を与えて殺し、コルチゾールを大量に生成した副腎を切り取る連続殺人犯を捜査する。ブルースは、両親の殺人犯を逮捕すると言う約束からゴードンを解放する。ゴードンとブロックは殺人犯がトッドと名乗るグループの会員であり、本名がジェラルド・クレーン(ジュリアン・サンズ)であることを知る。二人は犠牲者を救い出すがジェラルドは逃げる。マローニはムーニーからコブルポットが裏切っていたと聞いて殺そうとするが、コブルポットは逃げ教会のバスでゴッサムに戻る。ニグマは勝手に死体を解剖したために謹慎させられ、苦情を申し立てた検視官のゲラを、遺体窃盗をでっち上げて陥れる。ゴードンはレスリーと付き合い始め、ゴッサム警察の検視官の口が空いたと教える。ムーニーは船でゴッサムを離れるが、傭兵たちに襲われる。
15 15 "スケアクロウ"
"The Scarecrow"
ニック・コパス英語版 ケン・ウッドラフ 2015年2月9日 (2015-02-09) 5.63[23]
ムーニーは誘拐されて収容所で目を覚ます。ブルースは一人でハイキングに行き怪我をする。ファルコンはムーニーのナイトクラブをコブルポットに任せ、改装しろと言う。ファルコンはマローニと会い、コブルポットを殺さないかわりに判事を一人マローニに引き渡すことで合意する。レスリーはゴッサム警察の検視官となる。ゴードンとブロックはジェラルド・クレーンの背景を調べ、生物の教師であり、妻が火事で死んだ時に恐怖のため助けられなかった過去を持つ事を知る。ジェラルドは副腎を集めて恐怖に立ち向かう血清を作ろうとしている。二人はジェラルドの家を見つけるが、ジェラルドは息子のジョナサン(チャーリー・ターハン)に血清を注射した後、撃たれて死に、ジョナサンは病院に運ばれる。ムーニーは囚人のリーダーのメイスを殺し、収容所が肉体器官を摘出する場所であると知る。改装されオズワルドの店と改称されたコブルポットの店の開店パーティーにマローニがやって来て、ファルコンが死んだらコブルポットを殺すと言う。病院で、医者はジョナサンが大量の血清を注射されたため、動く案山子と言う、彼の抱える一番の恐怖を感じ続けることになると言う。
16 16 "笑う男"
"The Blind Fortune Teller"
ジェフリー・ハント英語版 ブルーノ・ヘラー 2015年2月16日 (2015-02-16) 6.19[24]
バーバラがゴッサムの自宅に戻るとアイビーとセリーナがいる。ムーニーは囚人を組織して臓器摘出を強いる収容所から逃げ出そうとし、マネージャーと話したいと看守に強要する。サーカスのスネーク・ダンサーのライラが殺され、ゴードンとレスリーが捜査する。ピエロと軽業師が疑われるが、ライラの息子が犯行を自白する。コブルポットのクラブの客は減り始め、ヴィクターは拷問して人格の変わったブッチを、クラブ経営に役立つとコブルポットに渡す。バーバラはゴードンがレスリーとキスをするのを見て、よりを戻すのはやめる。ブルースはウェイン・エンタープライズの重役会で、会社が犯罪に関わっていることに懸念を示す。
17 17 "レッドフード"
"Red Hood"
ネイサン・ホープ英語版 ダニー・キャノン 2015年2月23日 (2015-02-23) 6.53[25]
ゴードンとブロックは盗んだ金をばらまく銀行強盗を追うが、隠れ家でレッドフードと呼ばれる一員が死んで見つかる。別の男がレッドフードのマスクを被って別の銀行を襲うが、怪我をして見つかる。警察は残りのギャングを銃撃戦で制圧する。ムーニーは、ドールメーカー英語版が収容所を運営していることを知る。眼球を摘出されそうになり、ムーニーは自らえぐり出して潰し気を失う。マローニの妨害のため、コブルポットはレストランで提供する酒の確保に苦労するが、ブッチが手下を使って解決する。アルフレッドの戦友のレジナルド・ペインがウェイン邸を訪ねて来て泊る。翌日、ペインは書類を盗みアルフレッドを刺して逃げ、ウェイン・エンタープライズの重役に渡す。
18 18 "それぞれの弱み"
"Everyone Has a Cobblepot"
ビル・イーグルス英語版 ミーガン・モスティン=ブラウン 2015年3月2日 (2015-03-02) 6.10[26]
入院したアルフレッドはペインを犯人として名指しすることを拒む。ローブ本部長がフラスを釈放し復職させる。ブロックが、かつてチンピラ殺しをしたことをネタにローブに脅迫され、証拠を否定したことがわかる。ゴードン、デント、ブロックはローブの昔の相棒を尋問し、彼がファルコンと繋がることを知る。ゴードンとブロックはコブルポットの助けを得て、ローブの郊外の農場を調べ、屋根裏でローブの気のふれた娘ミリアムを見つける。母親を殺したというミリアムの告白を利用して、ゴードンはローブがブロックを脅迫するのをやめさせ、警察組合長に推薦させる。ムーニーはドールメーカーに青い瞳を与えられ、その右腕となるためのテストを受ける。ムーニーは、収容所が孤島にあることを知る。
19 19 "街に巣食う鬼"
"Beasts of Prey"
イーグル・エギルッソン ケン・ウッドラフ 2015年4月13日 (2015-04-13) 4.50[27]
ゴードンの警告に背いて、ブルースはセリーナの手を借りてペインを探す。ペインはウェイン・エンタープライズの重役バンダースロウに雇われたと告白する。ブルースが調べていることを重役に密告するとペインが脅すと、ブルースは躊躇するがセリーナが窓から突き落として殺す。ゴードンとブロックは未解決事件を再捜査する。ニグマが現場で見つけた壊れたハートを見たブロックは連続殺人犯の"鬼"(オーガ)の犯行と知り、捜査する刑事は皆愛する人を殺されると言う。フラッシュバックで、オーガは若い娘を幽閉するが、欲望が満たされないことに気付いて殺す。ローブ本部長が意図的に自分を捜査に巻き込んだ事を知り、それでもゴードンはオーガを追うが、その次はお前だとローブに警告する。コブルポットはバーの所有者と買収の交渉をするが、真の目的はバーに来るマローニを殺すことにある。ムーニーは囚人仲間とドールメーカーの島を脱出するが、ヘリコプターの離陸中に撃たれる。
20 20 "オーガの正体"
"Under the Knife"
TJ・スコット ケン・ウッドラフ 2015年4月20日 (2015-04-20) 4.44[28]
オーガはゴードンに電話し、捜査を止めないと愛する人を殺すと脅す。ゴードンとブロックはオーガの最初の事件を調べる。ブルースとセリーナはバーバラと一緒にウェイン・エンタープライズのチャリティー・パーティーに出て、ペインを雇った重役バンダースロウから金庫のカギを盗む。コブルポットはマローニを殺すためにアイルランド人の殺し屋オコーナーを雇うが、マローニはクラブに来てコブルポットの母親ガートルードに会い、息子は殺人犯だと教える。コブルポットはマローニに報いを受けさせると誓う。ニグマは想いを寄せるクリスティンを暴力的なボーイフレンドのドアティー刑事から守ろうとして一線を超え、何度もナイフを刺して人格が崩壊する。ゴードン、ブロック、エッセンは、オーガーがコンスタンス・ヴァン・グルートの執事のジェイコブ・スコリムスキーの醜い息子のジェイソンだと知る。ジェイソンはコンスタンスを母であると妄想したが拒否されて怒りのあまり殺し、顔を整形して名前を変え、整形外科で最初の被害者と知り合っていた。ゴードンは、オーガが自分とバーバラが恋仲であったことを知っており、バーバラが危険であると知る。ゴードンはバーバラを探すが、オーガはバーバラを自分のアパートに連れ込んでいる。
21 21 "狡計の行方"
"The Anvil or the Hammer"
ポール・エドワーズ ジョーダン・ハーパー 2015年4月27日 (2015-04-27) 4.58[29]
ジェイソンはオーガとしての正体をバーバラに現わして拘束し、ナイフで脅して次の犠牲者を選ばせる。ゴードンとブロックはオーガのアジトがゴッサム・ロイヤル・ホテルにあることを知るが、既にオーガはバーバラと彼女の両親の屋敷に移動し、両親を殺している。ニグマは検視室でドアティー刑事の遺体を処理し、街を離れるという偽の手紙を書く。ブルースは金庫の鍵を持ってウェイン・エンタープライズのバンダースロウの部屋に忍び込むが、そこにバンダースロウが現れて書類は全部移したと言う。バンダースロウはブルースの父も祖父も会社の違法活動を知りながら沈黙していたと言う。バンダースロウはルーシャス・フォックスにブルースを連れ出させるが、ブルースの父親は違法活動は知っていたが認めてはいなかったとルーシャスはブルースに語る。オコーナーによるマローニ暗殺は失敗に終わり、ファルコンとマローニの争いを始めようとするコブルポットの策略であったとわかる。ゴードンとブロックはバーバラの両親の屋敷に行き、オーガと戦う。オーガはバーバラにナイフを突き付けるが、ブロックが気をそらした隙にゴードンはオーガを射殺する。後にゴードンは、バーバラを愛していないとレスリーに語る。良心の呵責に堪えかねたブルースは、セリーナがレジーを殺し、バンダースロウの部屋に行ったことをアルフレッドに認める。アルフレッドはブルースの父が善人だったと言うが、ブルースは善人にも秘密があると言う。マローニが各所でファルコンの手下を殺し、エッセンはギャングの抗争に備えて署員の休みを取り消す。
22 22 "街の存亡"
""All Happy Families Are Alike""
ダニー・キャノン ブルーノ・ヘラー 2015年5月4日 (2015-05-04) 4.93[30]
ファルコンとマローニの抗争は激化する。オーガの死後、バーバラはレスリーの心理カウンセリングを受ける。襲撃で怪我をしたファルコンは入院し、コブルポットとブッチがファルコンを殺して後釜に座ろうとするが、ゴードンが阻止する。ブロックの助けでゴードンはマローニの手下の襲撃からファルコンを守り、コブルポットとブッチとともにファルコンの隠れ家に連れていく。だがそこにはセリーナを含むムーニーの手下が待ち受けて彼らを捕える。ムーニーはマローニと交渉するが、マローニはムーニーを見下して殺される。ギャングの銃撃戦が始まり、ゴードン、ブロック、ファルコンは脱出するがセリーナに再び捕えられる。脱出していたコブルポットがマシンガンを持って戻り、ゴードン、ブロック、ファルコンは脱出する。コブルポットはムーニーとブッチを追いかけて屋根に上り、ムーニーは水面に落ちる。この間、バーバラはレスリーを殺そうとするがレスリーに反撃されて圧倒され、そこにゴードン、ブロック、ファルコンが到着する。クリステンは失踪したドアティー刑事の手紙についてニグマを問い詰めるが、ニグマはしらを切り再び人格崩壊を迎える。父が秘密を持っていたと信じるブルースは書斎を捜索し、本に隠された装置を見つけて暖炉の裏の秘密の階段が現れる。

シーズン2[編集]

シーズン2前半にはRise of the Villains、後半にはWrath of the Villainsという副題が付けられている。

通算
No.
No. 日本語題
原題
監督 脚本 放送日 合衆国
視聴者数
(百万人)
Rise of the Villains
23 1 "大義のために"
"Damned If You Do..."
ダニー・キャノン ブルーノ・ヘラー 2015年9月21日 (2015-09-21) 4.57[31]
ゴードンは解雇され、ブロックも辞職する。警察内部の腐敗を一掃しようと決めたゴードンは、ゴッサム・シティの組織犯罪のボスとなったコブルポットと取引をする。ゴードンはストリップ・クラブの店主から借金を取り立てようとして殺してしまう。コブルポットに脅されたローブはゴードンを刑事に復職させ、本部長職を辞職してエッセンが後を継ぐ。一方、バーバラら犯罪者がアーカム・アサイラムを脱走する。脱走犯らはテオ・ギャラバンの仲間になってゴッサムに混乱をもたらそうとするが、シオニスは拒否して殺される。ブルースとアルフレッドは秘密の部屋でトーマス・ウェインのメモを見つける。
24 2 "悪の浸食"
"Knock, Knock"
ロブ・ベイリー英語版 ケン・ウッドルフ英語版 2015年9月28日 (2015-09-28) 4.65[32]
アルフレッドがブルースを守るために父親のコンピューターを壊し、ウェインはアルフレッドを解雇するが訓練してもらうことを条件に翻す。アルフレッドはルーシャスを仲間に入れる。テオは市長を誘拐し、アーカム・アサイラムの脱走者は連続殺人を始め、ゴッサム警察署を襲撃してエッセンら多くを殺す。ブロックが婚約者の反対を押して警察に戻る。
25 3 "最後の笑い"
"The Last Laugh"
イーグル・エギルッソン英語版 ジョン・ステファンス英語版 2015年10月5日 (2015-10-05) 4.33[33]
ブロックが警察に復帰し、ゴードンと共にジェロームを捜索する。ジェロームはチャリティパーティの出席者を人質にし、市長代理を殺す。ブルースを殺そうとした時、テオがTVカメラの前でジェロームを殺してヒーローとなる。ジェロームの笑いと暴力はゴッサム中に伝染する。
26 4 "アルファ部隊"
"Strike Force"
T.J. スコット英語版 ダニー・キャノン 2015年10月12日 (2015-10-12) 4.17[34]
ゴッサム警察立て直しのためにナサニエル・バーンズ警部が赴任してゴードンを右腕とし、新人からなるアルファ部隊を結成する。テオはコブルポットの母親を捕えて脅迫し、市長選のライバルとなる候補たちを殺させる。アルフレッドはブルースに近づくなとセリーナに言う。ブルースはテオの姪(シルバー・セント・クラウド英語版)に会う。ニグマはクリステンと初めてのデートをする。
27 5 "粛清"
"Scarification"
ビル・イーグルス英語版 ジョーダン・ハーパー 2015年10月19日 (2015-10-19) 4.19[35]
テオの選挙のため、ブッチはセリーナを通じて放火魔のパイク兄弟を雇い火事を多発させる。兄弟に虐待される義妹のブリジット(ミッシェル・ヴェインティミラ英語版)が、ウェイン・エンタープライズに忍び込んで古いナイフを盗み出す。コブルポットは、ブルースの先祖のジョナサンが、妹に手を出したケイレブ・デュマをそのナイフで不具にし、追放されたデュマ家が家名をギャラバンに変えたことを知る。パイク兄弟は放火を続け、ブリジットは逃げようとして突撃隊の一人を殺す。ゴードンはゴッサムの腐敗を無くすためにテオを支持する。クリール神父は、ウェイン家への復讐は近づきブルースは死ぬことになると言う。コブルポットはブッチの左手を切り落とす。
28 6 "運命の炎"
"By Fire"
T.J. スコット レベッカ・ペリー・ハーパー 2015年10月26日 (2015-10-26) 4.324.32[36]
ブリジットはセリーナの助けでゴッサムを出ようとするが、パイク兄弟につかまって虐待され、逆襲して兄弟を殺す。テオはウェイン・エンタープライズの腐敗を一掃するとブルースに申し出る。ブッチはテオに近づいてコブルポットの母親の場所を探しだす。ブリジットはアルファ部隊に追い詰められ大火傷を負い、死亡と発表される。ニグマはドアティ殺しを告白した後、クリステンを殺してしまう。防火服が肉体と一体化したブリジットはウェイン・エンタープライズの秘密病院インディアン・ヒルで治療を受ける。
29 7 "覚醒"
"Mommy's Little Monster"
ケネス・フィンク英語版 ロバート・ハル英語版 2015年11月2日 (2015-11-02) 4.27[37]
ブッチはコブルポットを母親のもとに連れて行くが、ギャラバン兄妹が待ち伏せする。洗脳のとけたブッチは裏切り、タビサがコブルポットの母親を殺す。市長となったテオはコブルポットの逮捕を命じる。ゴードンはテオを疑い、ブッチを捕えて訊問してテオがコブルポットの母親を殺したことを知る。その夜、テオは祝賀会を開いてコブルポットをおびき寄せ、ゴッサム警察が待ち伏せするがコブルポットは逃げる。ゴードンは真相を暴露するとテオに告げる。クリステンの死後、ニグマの二重人格が表に出る。
30 8 "ブルースの決断"
"Tonight's the Night"
ジェフリー・ハント英語版 ジム・バーンズ 2015年11月9日 (2015-11-09) 4.11[38]
ギャラバンの企みで、バーバラはゴッサム警察に来てギャラバンの犯罪の証拠に案内すると言う。ギャラバンは、ウェイン・エンタープライズの経営権と両親の殺人犯の情報を交換するとブルースに持ちかける。バーバラの指示に従ってゴードンと突撃隊が向かうが待ち伏せされ、ゴードンはバーバラと結婚式を挙げるはずだったゴッサム大聖堂で目覚める。突撃隊が教会に現れ、バーバラは高所から落ちて重傷を負う。突撃隊はバーバラの情報によりジェームズ市長を見つける。ブルースはテオの申し出を断り、ゴードンはテオを逮捕するが、テオは殺人犯の情報を隠滅する。ニグマはクリステンを埋葬しようとして、傷ついたペンギンを見つける。
31 9 "黒い友情"
"A Bitter Pill to Swallow"
ルイス・ショー・ミリト ミーガン・モスティン=ブラウン 2015年11月16日 (2015-11-16) 4.35[39]
タビサは殺し屋の元締めに金を払ってゴードンを殺そうとする。ブルースは両親を殺した犯人の情報をシルバーから得ようとするがアルフレッドに阻止される。セリーナはシルバーの正体を暴露する証拠があると言う。テオの家を捜索するゴードンとバーンズを殺し屋の第二波が襲い、バーンズは負傷する。殺し屋フラミンゴが警察の増援を全滅させ、ゴードンは一線を超えて殺そうとするが思いとどまって逮捕する。だがフラミンゴはその後に警官を一人殺す。ニグマは母親の死を乗り越えるようペンギンを説得し、二人でテオの手下を殺す。聖デュマ騎士団の信者たちがゴッサムに到着する。
32 10 "ゴッサムの息子"
"The Son of Gotham"
ロブ・ベイリー ジョン・ステファンズ 2015年11月23日 (2015-11-23) 4.00[40]
ゴードンは聖デュマ騎士団を捜査し、ゴッサムの息子と呼ぶブルースを殺してゴッサムを浄化する計画である事を知る。ブルースとセリーナは誘拐犯を雇ってブルースとシルバーを誘拐させ、シルバーからブルースの両親の殺人犯の名を聞き出す。シルバーはM・マローンが犯人だと嘘をつく。ニグマはクリステンがドアティと一緒に街を出たとレスリーに嘘をつく。市長が大陪審で偽証してペンギンに罪をなすりつけ、テオは釈放される。ゴードンはテオに捕えられ殺されそうになるが、ペンギンに救われる。アルフレッドはブルースを探しにテオの家に侵入しタビサと戦って負傷する。テオはウェイン宅に侵入する。
33 11 "正義と使命"
"Worse Than a Crime"
ジェフリー・ハント ブルーノ・ヘラー 2015年11月30日 (2015-11-30) 4.51[41]
ゴードンはニグマの家で目覚め、テオを襲ったことで指名手配されているとコブルポットに知らされる。レスリーはゴードンに妊娠を伝え、二人で逃げようとするが、そこにブロックとアルフレッドが合流する。聖デュマ騎士団がブルースを殺そうとする時、ゴードン、ブロック、アルフレッド、セリーナ、コブルポットらがテオのタワーに着く。聖デュマ騎士団は敗れ、タビサとシルバーはテオを置き去りにして逃げる。コブルポットはテオを捕えることの危険性をゴードンに説き、二人はテオを殺す。ゴードンはレスリーに求婚する。テオの死体はウェイン・エンタープライズに発見されてインディアン・ヒルに運ばれ、ストレンジ教授英語版の実験対象となる。
Wrath of the Villains
34 12 "ミスター・フリーズ"
"Mr. Freeze"
ニック・コパス英語版 ケン・ウッドラフ 2016年2月29日 (2016-02-29) 4.12[42]
ゴードンはテオの死に関する公聴会に呼ばれ、コブルポットは逮捕される。二人はコブルポットがテオを殺し、ゴードンは無関係だと嘘をつく。ゴードンは警察に戻り、コブルポットは精神疾患を主張してアーカム・アサイラムに送致され、ストレンジ教授英語版の患者になる。ブッチはコブルポットの犯罪帝国を引き継ぐ。ゴードンとブロックは連続誘拐殺人事件を捜査する。犯人のヴィクター・フライスは難病の妻ノラを救うため、人間を冷凍して蘇生させる実験を繰り返している。警察はフライスの研究室を捜索して妻を逮捕する。フライスは自首しようとするが蘇生の成功で思いとどまる。ストレンジ教授はフライスをインディアン・ヒルで雇おうとする。
35 13 "愛の結末"
"A Dead Man Feels No Cold"
イーグル・エギルソン セス・ボストン 2016年3月7日 (2016-03-07) 4.54[43]
ストレンジ教授はコブルポットの攻撃性を治療し始める。ストレンジ教授が密かに手助けし、フライスはノラをアーカム・アサイラムから奪還する。ブルースは両親を殺した容疑者パトリック・"マッチズ"・マローンを調べる。ノラは夫の殺人を責めて自ら設定をいじり、フライスはノラを冷凍保存しようとして殺してしまう。絶望したフライスは自らを冷凍して自殺を図り、死んだと発表されるが、インディアン・ヒルで目覚めて低温状態でしか生きられなくなったことを知る。ストレンジ教授はフライスに共同研究を提案する。
36 14 "マローンという男"
"This Ball of Mud and Meanness"
ジョン・ベーリング英語版 ジョーダン・ハーパ 2016年3月14日 (2016-03-14) 4.01[44]
ブルースはセリーナから銃を手に入れ、アルフレッドとパトリック・マローンを探す。情報を手に入れるため、アルフレッドはファイトクラブで戦い、負傷して入院する。ブルースは一人で探しに行き、アルフレッドはゴードンとブロックに連絡する。ブルースはマローンを見つけ、マローンは両親の殺人を認める。ブルースはマローンを殺すことを思いとどまるが、残した銃でマローンは自殺する。ブルースはセリーナと通りで暮らすという置き手紙を残してウェイン邸を去る。レスリーはクリステンの失踪をゴードンに知らせる。ストレンジ教授はコブルポットが治癒したと診断して退院させる。
37 15 "ニグマの罠"
"Mad Grey Dawn"
ニック・コパス ロバート・ハル 2016年3月21日 (2016-03-21) 3.89[45]
ニグマはゴードンがクリステン殺しを疑っていると恐れ、ギャラバンを殺したのはゴードンだと密告し、警官を殺してゴードンの口封じに見せかける。ゴードンは逮捕され、有罪となってブラックゲイト刑務所に送られる。アーカム・アサイラムから出たコブルポットは母の墓の前で父親ダールに出会い家族に迎えられる。セリーナはブルースに通りでの生き方を教え、ブッチの甥を殴り倒して金を盗む。バーバラはアーカムで昏睡状態から目覚める。
38 16 "偽りの家族"
"Prisoners"
スコット・ホワイト ダニー・キャノン 2016年3月28日 (2016-03-28) 3.82[46]
ゴードンは刑務所内の"世界の終り"と呼ばれる、自分がかつて逮捕した囚人のいる一画に移され、命を狙われ、レスリーは流産し身を隠す。ブロックはファルコンの助けを求め、ゴードンの死を偽装して刑務所から脱出させる。ダールは心臓を病み、財産の横取りを恐れた家族はコブルポットを毒殺しようとし、誤ってダールを殺す。
39 17 "無実の証明"
"Into the Woods"
オズ・スコット英語版 レベッカ・ペリー・カッター 2016年4月11日 (2016-04-11) 3.71[47]
ゴードンは自分を陥れたのがニグマであることに気付く。ゴードンはニグマに撃たれながらも逃げ、セリーナに頼んで警察に報告させる。ニグマはクリステンの死体を始末に行き、ゴードンと警察が尾行して逮捕し、ニグマはアーカムに入れられる。ゴードンの容疑は晴れるが、警察には戻らない。バーバラはアーカムから退院する。コブルポットは父の死後、義理の家族に虐められる。父を殺した証拠を見つけて元の自分を取り戻し、義理の家族を殺す。
40 18 "パインウッド"
"Pinewood"
John Stephens Robert Hull & Megan Mostyn-Brown 2016年4月18日 (2016-04-18) 3.72[48]
バーバラはゴードンに会い、正気に戻ったと言う。バーバラの助けで、ウェイン夫妻暗殺の依頼主が"哲学者"と名乗っていた事がわかる。ブルース、ルーシャス、アルフレッドはコンピューターを調べて得た情報から、トーマス・ウェインがカレン・ジェニングスと会っていた事を知る。カレンはブラックゲート刑務所の囚人であったが、"哲学者"が運営するウェイン・エンタープライズのパインウッド・ファームで腕を改造され、その後トーマスがパインウッドを閉鎖したという。カレンは"哲学者"を見分けられると言うが、ストレンジ教授に送られたヴィクター・フライズがカレンを殺す。ルーシャスは、"哲学者"の正体がストレンジ教授であることを突き止める。ストレンジ教授は、ついにテオ・ギャラバンの蘇生に成功する。
41 19 "アズラエル"
"Azrael"
Larysa Kondracki Jim Barnes & Ken Woodruff 2016年4月25日 (2016-04-25) 3.59[49]
ストレンジ教授はテオに聖デュマ騎士団の聖人アズラエルであると信じさせ、鎧を着せてゴードンを狙わせる。バーンズがゴードンを留置場に入れて保護すると、アズラエルがゴッサム警察を襲う。バーンズは負傷し、アズラエルの正体が明らかになる。
42 20 "放たれた悪魔"
"Unleashed"
Paul Edwards ダニー・キャノン 2016年5月9日 (2016-05-09) 3.67[50]
ブロックとゴードンはアーカム・アサイラムのストレンジ教授のオフィスを捜索するが、書類はすでに裁断されている。二人はブッチの家でタビサからアズラエルの剣の本物は祖父の霊廟にあると聞き、ゴッサム墓地に行く。だがアズラエルがタビサを傷つけ剣を奪って逃げる。家に戻ったブルースをアズラエルが襲う。ゴードンは何度もアズラエルを撃ち、ブッチがバズーカでアズラエルを殺す。ブルースからブリジットがアーカムにいると聞かされたセリーナは一人で潜入し、インディアン・ヒルでブリジットに出会う。
43 21 "救出作戦"
"A Legion of Horribles"
Rob Bailey Jordan Harper 2016年5月16日 (2016-05-16) 3.84[51]
セリーナは自分を炎の女神と信じるブリジットの家来となるふりをして脱出を図る。ストレンジ教授は記憶を保ちながらムーニーを復活させる。ルースはセリーナが捕えられたことを知り、ゴードン、フォックスと共にアーカムに忍び込むが捕えられる。ブロックが救出に向かうが、スポンサーの一人によりストレンジ教授は施設の破壊を命じられる。
44 22 "地下に眠る怪物"
"Transference"
Eagle Egilsson Bruno Heller 2016年5月23日 (2016-05-23) 3.62[52]
警察はゴードンの偽物に騙されてアーカムから戻るが、バーバラが正体を暴く。ストレンジ教授は患者を移送させ、時限爆弾を起動するが、ゴードンとフォックスが止める。ムーニーは新たに得た能力でピーボディに触れて支配し、バスでアーカムを逃げ出してペンギンに出くわす。事件の後、ゴードンはリーを探しに出かけ、ブルースは秘密委員会を暴くことを決意し、ストレンジ教授は逮捕され、ブロックはゴッサム警察を指揮する。通りかかった老女がバスからストレンジ教授の怪物たちを解放し、ブルースに似た少年が老女に感謝する。

シーズン3[編集]

シーズン3の最初の14エピソードにはMad Cityという副題がつけられ、中断を経て再開後の残りのエピソードにはHeroes Riseという副題がつけられている。

通算
話数
シーズン
話数
タイトル 監督 脚本 放送日 U.S. 視聴者数
(百万人)
Mad City
45 1 "狂気の街"
"Better to Reign in Hell..."
ダニー・キャノン John Stephens 2016年9月19日 (2016-09-19) 3.90[53] 
半年後、リーが別の男と暮らしているのを知ったゴードンは警察に戻らずに賞金稼ぎとなり、インディアン・ヒルの脱走者を追う。ルーシャス・フォックスはゴッサム警察に勤めている。コブルポットはムーニーに賞金をかける。ゴードンはバレリー・ベール記者の助けでストレンジの助手ピーボディを見つけるが、目の前で誘拐される。ピーボディはムーニーの体調不良を治せず殺される。アイビーは老化を促進させるフィッシュの手下に触られたあと下水に落ちる。ブルースはインディアン・ヒルでの違法行為の証拠があるとウェイン・エンタープライズの重役会で発言した直後に誘拐される。
46 2 "怪物狩り"
"Burn the Witch"
ダニー・キャノン Ken Woodruff 2016年9月26日 (2016-09-26) 3.54[54]
誘拐されたブルースは見覚えのある女性の前に連れてこられ、周りの人間の命を狙わないことと引き換えにこれ以上の調査をあきらめると約束する。アイビーは成熟した女性の姿になって岸に打ち上げられる。体調不良に悩むムーニーはブロックを捕え、触れることで意思を捻じ曲げてストレンジを幽閉する屋敷に案内させる。ゴードンはブロックを救い出すため、コブルポットの助けでムーニーを脱出させる。コブルポットはムーニーと対決し、ストレンジと共に見逃す。バレリーはゴードンがムーニーと取引したことを知り、二人はキスを交わす。ブルースそっくりの少年がウェイン邸に現れる。
47 3 "催眠術師"
"Look Into My Eyes"
Rob Bailey ダニー・キャノン 2016年10月3日 (2016-10-03) 3.19[55]
催眠術師のジャービス・テッチがゴードンを雇い、体内にウイルスを抱える妹アリスを探させる。バーンズはリーにゴッサム警察の職を与える。コブルポットは市長選に出馬し、エドワード・ニグマをアーカムから出所させる。アリスは兄に会いたくないと言い、ジャービスは疑念を現したゴードンを催眠術にかけて自殺させようとする。アリスがゴードンを救うが、ゴードンに逮捕される。ゴードンはリーの婚約者のマリオ・カルヴィ英語版と会うが、カーマイン・ファルコンの息子であることが分かる。ブルースそっくりの少年514Aはウェイン邸に住む。格闘能力に優れ、苦痛を感じず、以前の記憶がないことが分かる。514Aはブルースのふりをしてセリーナとアイビーを探す。
48 4 "復讐の狼煙"
"New Day Rising"
Eagle Egilsson Robert Hull 2016年10月10日 (2016-10-10) 3.42[56]
514Aは、盗みに入って囚われたセリーナを助ける。セリーナは514Aの体の傷を見てブルースではないことに気づく。ジャービスはレスラーのトゥイードルダムとトゥイードルディーを雇い、ゴッサム警察に押し入ってアリスを連れ出す。ブロックとゴードンはジャービスの居場所を探し出すが、アリスは建物から落ちて死ぬ。コブルポットは選挙管理委員会を買収するが、ニグマが賄賂を取り返す。だがコブルポットは市長選に勝ち、市民が真に自分を求めていることをニグマが伝えたかったのだと気づく。ゴッサムから去ろうとする514Aは誘拐される。バーンズはアリスの血に触れウイルスに冒される。
49 5 "レッドフード再び"
"Anything for You"
TJ Scott Denise Thé 2016年10月17日 (2016-10-17) 3.32[57]
コブルポットは市長となりブッチに代えてニグマを右腕とするが、レッドフードが再び現れて街を荒らす。寵愛を取り戻そうとするブッチが黒幕と分かり、ニグマがその事実を暴いてコブルポットの信頼を厚くする。ブッチは逮捕されるがタビサに救出される。ブルースはセリーナに思いを打ち明ける。ジャービスは妹の死を悼み、ゴードンへの復讐を誓う。
50 6 "白ウサギ"
"Follow the White Rabbit"
Nathan Hope Steven Lilien & Bryan Wynbrandt 2016年10月24日 (2016-10-24) 3.48[58]
ジャービスはゴッサム市民に催眠術をかけて命の危険にさらし、ゴードンに誰を救うかを選ばせる。ジャービスは次にバレリーとリーを誘拐してゴードンにどちらを殺すか選ばせる。ゴードンがリーを殺せと言うと、ジャービスは逆にバレリーを撃ち、バレリーは病院に運ばれる。コブルポットはニグマに愛を告白しようとするが、ニグマはクリステンを思い出させる女性イザベラに出会う。
51 7 "赤の女王"
"Red Queen"
Scott White Megan Mostyn-Brown 2016年10月31日 (2016-10-31) 3.16[59]
バレリーは意識を回復するが、ゴードンがジャービスの裏をかいてわざと自分を撃たせたことを知り、ゴードンに別れを告げる。ジャービスは死体安置所からアリスの死体を盗み、血を抜き取る。ジャービスは幻覚剤『赤の女王』をゴードンに与えて幻を見せる。幻の中でゴードンは父に会い、ゴッサムの良き守護者になれと言われる。マリオがゴードンの意識を取り戻す。コブルポットはイザベラとニグマの仲を裂こうとするが失敗する。バーンズは自制を失って容疑者を襲い、パーティーでウイルスを広めようとするジャービスを逮捕する。ゴードンはGCPDに戻ると決める。
52 8 "ウイルスの囁き"
"Blood Rush"
Rob Bailey Tze Chun 2016年11月7日 (2016-11-07) 3.52[60]
自制心を失って犯罪者を殺してしまったバーンズはアーカム・アサイラムにジャービスを訪れてウイルスの治療法を尋ねるが、ウイルスに屈服するのは時間の問題だと聞かされる。バーンズは犯罪者を殺せと言う内なる声に悩まされる。リーとマリオの結婚パーティーが開かれ、バーンズは自首しようとするが、自分が逮捕したサイモン博士が釈放されたと聞いて逆上する。ゴッサムの司法に信頼を失ったバーンズはサイモンを殺し、さらに多くの犯罪者を殺そうと計画する。イザベラは交通事故に会う。
53 9 "処刑人"
"The Executioner"
John Behring Ken Woodruff 2016年11月14日 (2016-11-14) 3.63[61]
ウイルスのせいで狂気に駆られたバーンズは犯罪者を私的に処刑する。バーンズは自分を疑うゴードンを殺人犯に仕立て上げようとして失敗する。犯行が暴かれたバーンズは捕えられ、アーカム・アサイラムに収監される。ニグマはイザベラの車が細工されていたことを知り、ブッチの仕業を疑う。アイビーはネックレスを盗み、セリーナとブルースの前に姿を現す。何者がアイビーを追い、ネックレスの持ち主は死んでいる。ネックレスには鍵が隠されている。
54 10 "破滅の足音"
"Time Bomb"
Hanelle M. Culpepper Robert Hull 2016年11月21日 (2016-11-21) 3.44[62]
ブルースは鍵を探すウィスパー・ギャングが"梟の法廷"の敵であることを知る。タロンがギャングのリーダーを殺す。マリオが襲われ、ファルコンは"梟の法廷"の仕業と知って幹部に会い、襲撃を止めさせる。ニグマはブッチとタビサを捕えて拷問しタビサの手を切断するが、ブッチがイザベラの死には関係してないことを知る。バーバラはコブルポットがイザベラを殺したことを知り、その知識を使ってのし上がろうとする。ゴードンはマリオとの結婚式を控えたリーに別れを告げる。だがマリオはリーとゴードンが一緒にいるところを見て激怒し、アリスのウイルスの症状を見せる。
55 11 "怪物の覚醒"
"Beware the Green-Eyed Monster"
ダニー・キャノン John Stephens 2016年11月28日 (2016-11-28) 3.37[63]
アリスのウイルスに感染したマリオは、リーがゴードンを憎むよう仕向ける。ハネムーンでマリオはリーを殺そうとするが、ゴードンが救いに現れてマリオを殺す。バーバラはニグマに、ニグマを愛するコブルポットがイザベラを殺したと暴露する。バーバラとニグマはコブルポットを裏切る計画を立てる。ブルース、セリナ、アルフレッドは鍵を使って"梟の法廷"の金庫から水晶の梟の像を盗み出す。タロンに止められるが、セリーナの母親が現れてタロンは死ぬ。
56 12 "過去の亡霊"
"Ghosts"
Eagle Egilsson ダニー・キャノン 2017年1月16日 (2017-01-16) 3.69[64]
息子の死の復讐に燃えるファルコンはザーズにゴードンを殺すよう命じる。だがバーンズの様子を見たリーは、ゴードンが正しかったかもしれないと考えなおし止めさせる。バーバラ、タビサと組んだニグマに父親の亡霊を見せられて我を忘れたコブルポットは、首席補佐官代理を殺し、TVでゴッサム市民を侮辱する。セリーナは母マリアを受け入れるが、犯罪者に負債を負っていることを知る。死体が蘇生した事件を追うゴードンとブロックは、ジェロームを蘇らそうとするインディアン・ヒルの元従業員ドワイト・ポラードを追う。
57 13 "蘇る狂気"
"Smile Like You Mean It"
Olatunde Osunsanmi Steven Lilien & Bryan Wynbrandt 2017年1月23日 (2017-01-23) 3.60[65]
ジェロームの蘇生が上手くいかず、ドワイトはジェロームの顔を切り取ってカルトを率いる。ジェロームは蘇り、ドワイトを連れ去る。ジェロームは顔を取り戻し、発電所を爆破して大停電を起こす。ニグマ、バーバラ、タビサはコブルポットを操ってギャングのボスが歯向かったと信じさせる。セリーナの母マリアはブルースから金をだまし取る。
58 14 "サーカスの夜"
"The Gentle Art of Making Enemies"
Louis Shaw Milito Seth Boston 2017年1月30日 (2017-01-30) 3.46[66]
大停電の夜、ジェロームの支持者たちは街を席巻する。ジェロームはブルースを誘拐し、カーニバルで公開処刑しようとする。アルフレッドとゴードンが警官隊を率いて助けに来る。ブルースは脱出してジェロームを殺そうとするが、思いとどまる。ジェロームはアーカムに送られる。バーバラ、タビサ、ブッチはニグマを探して殺すのを助けろとコブルポットを脅す。だがコブルポットは拒否し、ニグマを真に愛していることが分かる。ニグマが姿を現し、ゴッサム港でコブルポットを撃って海に落とす。ゴードンは、叔父のフランクに再会する。
Heroes Rise
59 15 "リドラーの誕生"
"How the Riddler Got His Name"
TJ Scott Megan Mostyn-Brown 2017年4月24日 (2017-04-24) 2.99[67]
フランクは甥のゴードンを"梟の法廷"に誘う。514Aはブルースを捕えてすり替わる。ニグマは6人のインテリを殺してルーシャス・フォックスに謎解きを仕掛け、リドラーと名乗る。コブルポットはアイビーの部屋で目覚める。
60 16 "ペンギンの復活"
"These Delicate and Dark Obsessions"
ベンジャミン・マッケンジー Robert Hull 2017年5月1日 (2017-05-01) 3.02[68]
回復したコブルポットはニグマへの復讐を求め、アイビーの助けで権力を取り戻そうとする。ブルースは寺院で目が覚め、シャーマンによって両親が死んだ夜のことを追体験させられる。ゴッサムに"梟の法廷"の武器が届く。ゴードンは父親が殺され、フランクが糸を引いていたことを知る。フランクはゴードンを殺すよう命令されるが、自死を選ぶ。
61 17 "梟の法廷"
"The Primal Riddle"
Maja Vrvilo Steven Lilien & Bryan Wynbrandt 2017年5月8日 (2017-05-08) 3.03[69]
ニグマは"梟の法廷"のことを調べるためオーブリー・ジェームズ市長を誘拐する。ゴードンはニグマを説得して"梟の法廷"のキャスリーンに引き渡し、見返りに叔父の地位を引き継ぐ。コブルポットとアイビーはヴィクター・フライスとブリジット・パイクを仲間に加える。514Aは正体を隠すためにセリーナを窓から突き落とす。
62 18 "兵器の正体"
"Light the Wick"
Mark Tonderai Tze Chun 2017年5月15日 (2017-05-15) 2.98[70]
アイビーの植物の力で回復したセリーナは、514Aを殺すためにウェイン邸へ向かう。リーはゴードンがフランクを殺したと信じ、捜査しようとしないGCPDを辞職する。ゴードンは"梟の法廷"がアリス・テッチのウイルスをゴッサムに散布しようとしていることをストレンジ教授から聞き、阻止しようとする。コブルポットは"梟の法廷"に捕えられ、ニグマの隣の檻に入れられる。キャスリーンはゴードンの裏切りを知り、誘拐したバーンズにゴードンを殺すよう命令する。ブルースは訓練で怒りを制御することを学ぶ。
63 19 "罪と罰"
"All Will Be Judged"
John Behring Ken Woodruff 2017年5月22日 (2017-05-22) 2.92[71]
セリーナは514Aを襲いその正体をアルフレッドに明かすが逃げられる。シャーマンはブルースをゴッサムに連れ戻し、"梟の法廷"を倒せと言う。ゴードンとアルフレッドはキャサリンを尋問しウイルス散布装置とブルースの場所を聞き出そうとする。何も聞き出せないうちにバーンズがGCPDを襲いキャサリンを斬首する。ゴードンに左腕を吹き飛ばされたバーンズは逃げる。コブルポットとニグマは一時的に協力しあって脱走する。リーはジャービスから自分がマリオの死の原因だと聞かされて絶望し、ウイルスを自ら注射する。
64 20 "放たれた狂気"
"Pretty Hate Machine"
Danny Cannon Steven Lilien & Bryan Wynbrandt 2017年5月29日 (2017-05-29) 3.03[72]
シャーマンは"梟の法廷"を皆殺しにし、爆弾を起動してゴッサム中にウイルスを散布するようブルースを促す。アルフレッドが止めに入り、シャーマンを撃つ。シャーマンは"悪魔の頭"を探すようブルースに言って息絶える。リーはゴードンを棺桶の中に閉じ込める。ゴードンはゴッサムを救うため、リーが残したウイルスを自ら注射し脱出する。怪物に去られニグマに追い詰められたコブルポットの前にムーニーが現れて連れ出す。タイマーにより爆弾が起動する。
65 21 "本当の自分"
"Destiny Calling"
Nathan Hope ダニー・キャノン 2017年6月5日 (2017-06-05) 3.17[73]
街にはウイルス感染者があふれ、暴力が蔓延する。ゴードンはウイルスの影響と戦う。ムーニーは治療薬を持つストレンジを捕らえるが、忍者の集団に襲われ、駆け付けたゴ-ドンによって誤って殺される。コブルポットはゴッサム警察に囚われる。ニグマとバーバラはテッチを手中にする。洗脳の解けないブルースはゴッサム署から逃げ出してラーズ・アル・グールに会いに行き、追ってきたアルフレッドの胸を剣で貫く。
66 22 "希望の光"
"Heavydirtysoul"
Rob Bailey Robert Hull 2017年6月5日 (2017-06-05) 3.03 [73]
アルフレッドを刺したブルースは洗脳が解け、泉の水で蘇生させる。ゴードンはニグマと交渉し、血液が治療薬の生産に必要なテッチをコブルポットと交換しようとする。ニグマに裏切られたバーバラが交換現場を襲う。ゴードンはテッチの血液を抜いて持ち帰る。混乱に乗じてコブルポットはニグマを捕らえて逃げ出し、ミスター・フリーズに冷凍させて保存する。ブッチとタビサはバーバラを見限って反乱を起こし、ブッチは頭を撃たれるがタビサがバーバラを感電死させる。治療薬によってゴッサムの暴力は収まる。ゴードンとリーも治癒するが、リーは置手紙を残してゴッサムを去る。タビサはセリーナに鞭の使い方を教える。昏睡状態のブッチの本名がサイラス・ゴールドであることがわかる。アルフレッドは回復し、ブルースは自警団員となって強盗に襲われた親子を救う。

製作[編集]

企画[編集]

2013年9月24日、フォックスは従来のようなパイロット・フェイズを飛ばして直接『GOTHAM/ゴッサム』のフルシーズン分を発注し、ブルーノ・ヘラーが脚本と製作総指揮を担当することを発表した[74]。2014年5月5日、『GOTHAM/ゴッサム』はフォックスからシリーズ分の受注をされ[75]、第1シーズンは標準的な13話や22話でなく16話構成となる予定であることが報じられた[76]

2014年10月13日、フォックスはさらに6話を追加で発注し、第1シーズンは計22話構成となった[77]。2014年冬のTCA英語版のプレスツアーにてフォックスのエンターテインメント部門のケヴィン・ライリー英語版はシリーズを「わずかに並はずれた品質があるこのオペラティック・ソープ。これはいくつかの付属物のコンパニオンシリーズではない。これはちょうど(クロノロジーで)バックアップされているバットマン・フランチャイズである」と説明した[78]。彼は後にシリーズはどのDC映画ユニバースからも分離されていることを付け加えた[79]

キャスティング[編集]

2014年1月、ドナル・ローグがゴードンを演じるという噂が流れたが、彼はこれをTwitterで否定した[80]。ローグは最終的にハーヴェイ・ブロック役にキャスティングされた[81]。2014年1月、ベン・マッケンジーがゴードン役にキャスティングされた[82]。2014年3月初頭、デヴィッド・マズーズがブルース・ウェイン、キャムレン・ビコンドヴァがセリーナ・カイル役にキャスティングされた[83]。2014年のシカゴ・コミック&エンターテインメント・エキスポ英語版にてDCのジム・カニングハムはレニー・モントーヤ英語版が番組に登場することを明かした[84]

撮影[編集]

2014年2月、主要撮影が3月よりニューヨークで始まることが報じられた[81]。第1シーズンの撮影は2015年3月23日に完了した[85]

音楽[編集]

2014年7月、グレーム・レヴェルがシリーズの作曲家となることが発表された[86]

公開[編集]

放送[編集]

シリーズは2014年10月12日にオーストラリアで初放送された[87]。カナダではアメリカ合衆国での放送の際にサイマルキャストで放送されている[88]。ニュージーランドでは2014年9月28日[89]、イギリスでは2014年10月13日[90]、アイルランドでは2015年1月26日より放送が始まっている[91]

マーケティング[編集]

パイロット版は2014年7月にコミコン・インターナショナルのワーナー・ブラザース・テレビジョンとDCエンターテインメントのパネルで上映された[92]

ホームメディア[編集]

2014年9月、ワーナー・ブラザース・テレビジョン・ディストリビューションはシリーズの世界でのビデオ・オン・デマンド配信権をネットフリックスに売却した[93]

評価[編集]

2014年10月初頭、市場調査会社Survata英語版は1400人以上の視聴者を調べ、主要なテレビ番組の初回のうち24作品で最も興味を持たれていると結論づけた[94]

レイティング[編集]

オーストラリアでは第1話が124万人、第2話が89万6000人の視聴者を獲得した[95]。タイムシフト放送はそれぞれ143万人と103万が視聴した[96]。カナダでは初回に338万人を獲得し、同夜及び同週で2番目に高い数値となった[97]。イギリスでは320万人が初回を視聴した。1時間及び24時間のタイムシフトチャンネルの放送はそれぞれ59万7000人と142万人が視聴した[98]。ニュージーランドでは27万8540人が視聴し、ネットワークで最も見られた番組となった[99]。タイムシフト版は3万9580人が視聴した[100]

シーズン1[編集]

No. タイトル 放送日 レイティング/シェア英語版
(18-49)
視聴者数
(百万人)
DVR
(18-49)
DVR視聴者数
(百万人)
合計
(18-49)
合計視聴者数
(百万人)
1 "正義の消えた街" 2014年9月22日 (2014-09-22) 3.2/10[9] 8.21[9] 2.7 5.84 6.0 14.15[101]
2 "セリーナ・カイル" 2014年9月29日 (2014-09-29) 2.8/8[10] 7.45[10] 1.9 4.33 4.7 11.81[102]
3 "バルーンマン" 2014年10月6日 (2014-10-06) 2.5/8[11] 6.36[11] 2.0 4.52 4.5 10.88[103]
4 "アーカム" 2014年10月13日 (2014-10-13) 2.4/7[12] 6.39[12] 1.7 3.95 4.1 10.34[104]
5 "負の遺産" 2014年10月20日 (2014-10-20) 2.3/7[13] 6.09[13] 1.7 4.33 4.0 10.12[105]
6 "ヤギの悪魔" 2014年10月27日 (2014-10-27) 2.2/7[14] 5.89[14] 1.5 3.78 3.7 9.66[106]
7 "ペンギンの姦計" 2014年11月3日 (2014-11-03) 2.4/7[15] 6.63[15] 1.7 3.83 4.1 10.47[107]
8 "仮面に隠された凶器" 2014年11月10日 (2014-11-10) 2.2/7[16] 6.35[16] 1.6 3.68 3.8 10.03[108]
9 "ハービー・デント" 2014年11月17日 (2014-11-17) 2.3/6[17] 6.49[17] 1.7 3.77 4.0 10.26[109]
10 "幼き逃亡者" 2014年11月24日 (2014-11-24) 2.3/7[18] 6.05[18] 1.5 3.56 3.8 9.61[110]
11 "操り人形" 2015年1月5日 (2015-01-05) 2.5/8[19] 7.06[19] 1.3 3.04 3.8 10.10[111]
12 "電気処刑人" 2015年1月19日 (2015-01-19) 2.2/7[20] 6.50[20] 1.6 3.49 3.8 9.99[112]
13 "警察の闇" 2015年1月26日 (2015-01-26) 2.1/6[21] 6.04[21] 1.3 3.03 3.4 9.07[113]
14 "究極の恐怖" 2015年2月2日 (2015-02-02) 1.9/6[22] 5.79[22] 1.3 2.80 3.2 8.59[114]
15 "スケアクロウ" 2015年2月9日 (2015-02-09) 1.8/6[23] 5.63[23] 1.2 2.76 3.0 8.39[115]
16 "笑う男" 2015年2月16日 (2015-02-16) 2.1/6[24] 6.19[24] 1.3 3.06 3.4 9.25[116]
17 "レッドフード" 2015年2月23日 (2015-02-23) 2.3/7[25] 6.53[25] 1.3 3.20 3.6 9.73[117]
18 "それぞれの弱み" 2015年3月2日 (2015-03-02) 2.0/6[26] 6.10[26] 1.4 3.11 3.4 9.21[118]
19 "街に巣食う鬼" 2015年4月13日 (2015-04-13) 1.5/5[27] 4.50[27] 1.1 2.63 2.6 7.13[119]
20 "オーガの正体" 2015年4月20日 (2015-04-20) 1.6/5[28] 4.44[28] 1.1 2.85 2.7 7.28[120]
21 "狡計の行方" 2015年4月27日 (2015-04-27) 1.5/5[29] 4.58[29] 1.1 2.65 2.6 7.23[121]
22 "街の存亡" 2015年5月4日 (2015-05-04) 1.7/6[30] 4.93[30] 1.1 2.64 2.8 7.57[122]

シーズン2[編集]

No. タイトル 放送日 レイティング/シェア英語版
(18-49)
視聴者数
(百万人)
DVR
(18-49)
DVR視聴者数
(百万人)
合計
(18-49)
合計視聴者数
(百万人)
1 "大義のために" 2015年9月21日 (2015-09-21) 1.6/5[31] 4.57[31] 1.2 2.92 2.8 7.49[123]
2 "悪の浸食" 2015年9月28日 (2015-09-28) 1.6/5[32] 4.65[32] 1.3 2.90 2.9 7.54[124]
3 "最後の笑い" 2015年10月5日 (2015-10-05) 1.5/5[33] 4.33[33] 1.2 2.78 2.7 7.11[125]
4 "アルファ部隊" 2015年10月12日 (2015-10-12) 1.5/5[34] 4.17[34] 1.3 2.64 2.8 6.81[126]
5 "粛清" 2015年10月19日 (2015-10-19) 1.3/4[35] 4.19[35] 1.1 2.43 2.4 6.62[127]
6 "運命の炎" 2015年10月26日 (2015-10-26) 1.5/5[36] 4.32[36] 1.1 2.43 2.6 6.76[128]
7 "覚醒" 2015年11月2日 (2015-11-02) 1.6/5[37] 4.27[37] 1.1 2.77 2.7 7.04[129]
8 "ブルースの決断" 2015年11月9日 (2015-11-09) 1.5/4[38] 4.11[38] 1.2 2.70 2.7 6.81[130]
9 "黒い友情" 2015年11月16日 (2015-11-16) 1.5/5[39] 4.35[39] 1.1 2.46 2.6 6.79[131]
10 "ゴッサムの息子" 2015年11月23日 (2015-11-23) 1.4/4[40] 4.00[40] 1.0 2.49 2.4 6.49[132]
11 "正義と使命" 2015年11月30日 (2015-11-30) 1.6/5[41] 4.51[41] 1.0 2.43 2.6 6.93[133]
12 "ミスター・フリーズ" 2016年2月29日 (2016-02-29) 1.5/5[42] 4.12[42] 1.0 2.44 2.5 6.57[134]
13 "愛の結末" 2016年3月7日 (2016-03-07) 1.5/5[43] 4.54[43] 1.0 2.23 2.5 6.77[135]
14 "マローンという男" 2016年3月14日 (2016-03-14) 1.3/4[44] 4.01[44] 1.0 2.31 2.3 6.32[136]
15 "ニグマの罠" 2016年3月21日 (2016-03-21) 1.3/4[45] 3.89[45] 0.8 2.09 2.1 5.98[137]
16 "偽りの家族" 2016年3月28日 (2016-03-28) 1.3/5[46] 3.82[46] 0.8 1.92 2.1 5.72[138]
17 "無実の証明" 2016年4月11日 (2016-04-11) 1.2/4[47] 3.71[47] 0.9 2.07 2.1 5.78[139]
18 "パインウッド" 2016年4月18日 (2016-04-18) 1.2/4[48] 3.72[48] 0.9 2.16 2.1 5.88[140]
19 "アズラエル" 2016年5月2日 (2016-05-02) 1.2/4[49] 3.59[49] 0.9 2.18 2.1 5.77[141]
20 "放たれた悪魔" 2016年5月9日 (2016-05-09) 1.2/4 3.67[50] 0.9 1.93 2.1 5.61[142]
21 "救出作戦" 2016年5月16日 (2016-05-16) 1.3/4 3.84[51] 0.8 1.88 2.1 5.72[143]
22 "地下に眠る怪物" 2016年5月23日 (2016-05-23) 1.2/4[52] 3.62[52] 0.8 1.94 2.0 5.55[144]

シーズン3[編集]

No. タイトル 放送日 レイティング/シェア英語版
(18-49)
視聴者数
(百万人)
DVR
(18-49)
DVR視聴者数
(百万人)
合計
(18-49)
合計視聴者数
(百万人)
1 "狂気の街" 2016年9月19日 (2016-09-19) 1.3/4 3.90[53] 0.9 2.24 2.2 6.14[145]
2 "怪物狩り" 2016年9月26日 (2016-09-26) 1.2/4 3.54[54] 1.0 2.39 2.2 5.93[146]
3 "催眠術師" 2016年10月3日 (2016-10-03) 1.0/3 3.19[55] 0.8 2.05 1.8 5.24[147]
4 "復讐の狼煙" 2016年10月10日 (2016-10-10) 1.1/3 3.42[56] n/a 1.82 n/a 5.24[148]
5 "レッドフード再び" 2016年10月17日 (2016-10-17) 1.2/4 3.32[57] 0.7 1.88 1.9 5.21[149]
6 "白ウサギ" 2016年10月24日 (2016-10-24) 1.1/4 3.48[58] 0.7 n/a 1.8[150] n/a
7 "赤の女王" 2016年10月31日 (2016-10-31) 1.0/3 3.16[59] 0.8 2.06 1.8 5.22[151]
8 "ウイルスの囁き" 2016年11月7日 (2016-11-07) 1.2/4 3.52[60] 0.8 1.95 2.0 5.47[152]
9 "処刑人" 2016年11月14日 (2016-11-14) 1.2/4 3.63[61] 0.7 1.82 1.9 5.45[153]
10 "破滅の足音" 2016年11月21日 (2016-11-21) 1.1/4 3.44[62] 0.9 2.06 2.0 5.50[154]
11 "怪物の覚醒" 2016年11月28日 (2016-11-28) 1.0/3 3.37[63] 0.7 1.70 1.7 5.08[155]
12 "過去の亡霊" 2017年1月16日 (2017-01-16) 1.2/4 3.69[64] 0.7 1.62 1.9 5.31[156]
13 "蘇る狂気" 2017年1月23日 (2017-01-23) 1.2/4 3.60[65] 0.6 n/a 1.8[157] n/a
14 "サーカスの夜" 2017年1月30日 (2017-01-30) 1.1/4 3.46[66] 0.7 1.63 1.8 5.09[158]
15 "リドラーの誕生" 2017年4月24日 (2017-04-24) 1.0/4 2.99[67]
16 "ペンギンの復活" 2017年5月1日 (2017-05-01) 1.0/4 3.02[68] 0.6 1.6[159]
17 "梟の法廷" 2017年5月8日 (2017-05-08) 1.0/4 3.03[69] 0.6 1.6[160]
18 "兵器の正体k" 2017年5月15日 (2017-05-15) 0.9/3 2.98[70] 0.7 1.59 1.6 4.57[161]
19 "罪と罰" 2017年5月22日 (2017-05-22) 1.0/4 2.92[71] 0.66 1.66 1.6 4.59[162]
20 "放たれた凶器" 2017年5月29日 (2017-05-29) 1.0/4 3.03[72] 0.7 1.72 1.7 4.75[163]
21 "本当の自分" 2017年6月5日 (2017-06-05) 1.0/4 3.17[73] 0.7 1.67 1,7 4.84[164]
22 "希望の光" 2017年6月5日 (2017-06-05) 0.9/4 3.03[73] 0.7 1.75 1.7 4.78[164]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは第1シーズンは86件の批評家レビューで支持率が90%、平均点は7.3/10となった[165]Metacriticでは34件のレビューで加重平均値は71/100となり、「概ね好意的なレビュー」と判定された[166]

受賞歴[編集]

部門 対象 結果 参照
2014 批評家選出テレビ賞英語版 エキサイティング新シリーズ賞 『GOTHAM/ゴッサム』 受賞 [167]
2015 全米撮影監督協会 レギュラーシリーズ・エピソード賞 クリストファー・ノアー
"Spirit of the Goat"
ノミネート [168][169]
テレビ映画・ミニシリーズ・パイロット賞 デヴィッド・ストックトン
「正義の消えた街」
ノミネート
美術監督組合賞 1時間ピリオド・ファンタジーシングルカメラテレビシリーズ賞 ダグ・クラナー
「正義の消えた街」、「セリーナ・カイル」、「アーカム」
ノミネート [170][171]
グレイシー賞英語版 ドラマ賞 『GOTHAM/ゴッサム』 受賞 [172]
モーションピクチャー音響編集者協会英語版 テレビ短編音楽賞 アシュレー・レヴェル
"Lovecraft"
ノミネート [173][174]
NAACPイメージ・アワード ドラマシリーズ助演女優賞英語版 ジェイダ・ピンケット=スミス ノミネート [175]
ピープルズ・チョイス・アワード 新テレビドラマ賞 『GOTHAM/ゴッサム』 ノミネート [176][177]
新テレビシリーズ男優賞 ベンジャミン・マッケンジー ノミネート
新テレビシリーズ女優賞 ジェイダ・ピンケット=スミス ノミネート
サターン賞 スーパーヒーロー原作テレビシリーズ賞 『GOTHAM/ゴッサム』 ノミネート [178]
テレビシリーズ若手俳優賞 キャムレン・ビコンドヴァ ノミネート

参考文献[編集]

  1. ^ Cast & Details”. 2014年10月9日閲覧。
  2. ^ About the Show”. 2014年10月9日閲覧。
  3. ^ a b c d Lesnick, Silas (2014年3月11日). “FOX's Gotham Reveals a Logo and Official Synopsis”. Super Hero Hype. 2014年3月11日閲覧。
  4. ^ Goldman, Eric (2014年5月5日). “First Trailer for Gotham Revealed”. IGN. 2014年5月6日閲覧。
  5. ^ Vejvoda, Jim (2014年5月13日). “Gotham Featurette Reveals New Footage And Details”. IGN. 2014年5月13日閲覧。
  6. ^ a b Vejvoda, Jim (2014年7月20日). “Gotham Showrunner: Professor Hugo Strange and How Arkham Asylum Came to Be Part of Season One”. IGN. 2014年7月21日閲覧。
  7. ^ Jeffery, Morgan (2014年7月30日). “Gotham to introduce Mr Freeze: 'The science needs to be real'”. Digital Spy. 2014年8月6日閲覧。
  8. ^ Gotham (2014年9月29日). This Season - Gotham. YouTube.. 該当時間: 2:29. https://www.youtube.com/watch?v=bzUJDmjBPuQ 2014年9月29日閲覧。 
  9. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2014年9月23日). “Monday Final Ratings: 'Forever', 'Dancing With the Stars' & 'The Big Bang Theory' Adjusted Up; 'Scorpion' & 'America's Next Top Model' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年9月23日閲覧。
  10. ^ a b c Bibel, Sara (2014年9月30日). “Monday Final Ratings: 'The Big Bang Theory', 'The Voice' & 'Scorpion' Adjusted Up; 'Dancing With the Stars' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年9月30日閲覧。
  11. ^ a b c Bibel, Sara (2014年10月16日). “Revised Monday, October 6 Final Ratings: 'The Big Bang Theory', 'The Voice', 'Scorpion', 'NCIS: Los Angeles' Adjusted Up; 'Dancing With The Stars' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年10月17日閲覧。
  12. ^ a b c Bibel, Sara (2014年10月14日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' & 'Dancing With the Stars' Adjusted Up; 'The Big Bang Theory' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年10月14日閲覧。
  13. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2014年10月21日). “Monday Final Ratings: 'The Big Bang Theory', 'The Voice' & 'Gotham' Adjusted Up; 'Jane the Virgin', 'The Originals', 'The Millers' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年10月21日閲覧。
  14. ^ a b c Bibel, Sara (2014年10月28日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' & 'Scorpion' Adjusted Up; 'Dancing With the Stars', 'Castle', 'The Millers' & 'The Blacklist' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年10月28日閲覧。
  15. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2014年11月4日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' Adjusted Up; 'Jane the Virgin', 'Dancing With the Stars', 'The Originals', 'Countdown to the CMAs' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年11月4日閲覧。
  16. ^ a b c Bibel, Sara (2014年11月11日). “Monday Final Ratings: 'Dancing With The Stars' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年11月11日閲覧。
  17. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2014年11月18日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' & 'Sleepy Hollow' Adjusted Up; 'Dancing With the Stars' & 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年11月18日閲覧。
  18. ^ a b c Bibel, Sara (2014年11月25日). “Monday Final Ratings: 'Dancing With The Stars' Adjusted Up; 'The Voice', 'Castle', '2 Broke Girls', 'Scorpion' & 'State of Affairs' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2014年11月25日閲覧。
  19. ^ a b c Bibel, Sara (2015年1月8日). “Monday Final Ratings: 'NCIS: Los Angeles' Adjusted Up; 'The Celebrity Apprentice' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年1月8日閲覧。
  20. ^ a b c Bibel, Sara (2015年1月21日). “Monday Final Ratings: 'Scorpion', 'Castle' & 'The Celebrity Apprentice' Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2015年1月21日閲覧。
  21. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年1月27日). “Monday Final Ratings: 'The Bachelor' and 'Sleepy Hollow' Adjusted Up; No Adjustment for 'Jane the Virgin'”. TV by the Numbers. 2015年1月27日閲覧。
  22. ^ a b c Bibel, Sara (2015年2月3日). “Monday Final Ratings: No Adjustments to 'Gotham', 'Sleepy Hollow', 'The Originals' or 'Jane The Virgin'”. TV by the Numbers. 2015年2月3日閲覧。
  23. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年2月10日). “Monday Final Ratings: 'NCIS: LA' & 'Scorpion' Adjusted Up, No Adjustment for 'Jane the Virgin' or 'Gotham'”. TV by the Numbers. 2015年2月10日閲覧。
  24. ^ a b c Bibel, Sara (2015年2月18日). “Monday Final Ratings: 'The Bachelor' & 'The Celebrity Apprentice' Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2015年2月18日閲覧。
  25. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年2月24日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' & 'Gotham' Adjusted Up; 'Castle' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年2月24日閲覧。
  26. ^ a b c Bibel, Sara (2015年3月3日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' Adjusted Up; No Adjustment to 'Gotham' or 'The Following'”. TV by the Numbers. 2015年3月3日閲覧。
  27. ^ a b c Bibel, Sara (2015年4月14日). “Monday Final Ratings: 'The Voice' & 'Dancing With the Stars' Adjusted Up; 'The Originals', 'Jane The Virgin' & 'The Night Shift' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年4月14日閲覧。
  28. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年4月21日). “Monday Final Ratings: 'Scorpion', '2 Broke Girls', 'Mike & Molly', Gotham', 'The Voice' & 'Dancing With the Stars' Adjusted Up”. TV by the Numbers. 2015年4月21日閲覧。
  29. ^ a b c Bibel, Sara (2015年4月28日). “Monday Final Ratings: '2 Broke Girls', 'Mike & Molly', 'Stalker' & 'The Night Shift' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年4月28日閲覧。
  30. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年5月5日). “Monday Final Ratings: '2 Broke Girls' & 'Mike and Molly' Adjusted Up; No Adjustment for 'Jane the Virgin'”. TV by the Numbers. 2015年5月5日閲覧。
  31. ^ a b c Kondolojy, Amanda (2015年9月22日). “Monday Final Ratings: 'The Big Bang Theory' Adjusted Up; 'Significant Mother', 'Life in Pieces' & 'Penn & Teller' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年9月22日閲覧。
  32. ^ a b c Dixon, Dani (2015年9月29日). “Monday Final Ratings: 'The Big Bang Theory' + 'The Voice' Adjusted Up; 'Castle', 'Life in Pieces' & 'Dancing With the Stars' Adjusted Down”. TV by the Numbers. 2015年9月29日閲覧。
  33. ^ a b c Porter, Rick (2015年10月6日). “Monday final ratings: 'The Big Bang Theory' and 'The Voice' adjusted up, 'Blindspot' and 'Castle' adjusted down”. TV by the Numbers. 2015年10月6日閲覧。
  34. ^ a b c Porter, Rick (2015年10月13日). “Monday final ratings: 'The Voice' and 'Big Bang Theory' adjusted up, 'Castle', 'Life in Pieces' and 'Scorpion' adjusted down”. TV by the Numbers. 2015年10月13日閲覧。
  35. ^ a b c Porter, Rick (2015年10月20日). “Monday final ratings: 'Crazy Ex-Girlfriend' and 'Jane the Virgin' adjusted down, 'Big Bang' adjusted up”. TV by the Numbers. 2015年10月20日閲覧。
  36. ^ a b c Porter, Rick (2015年11月3日). “Monday final ratings: ‘Supergirl’ and ‘Blindspot’ adjust down, ‘Big Bang Theory’ adjusts up”. TV by the Numbers. 2015年11月4日閲覧。
  37. ^ a b c Porter, Rick (2015年11月4日). “Monday final ratings: ‘The Voice’ and ‘NCIS: LA’ adjust up, ‘Supergirl’ holds”. TV by the Numbers. 2015年11月4日閲覧。
  38. ^ a b c Porter, Rick (2015年11月10日). “Monday final ratings: 'NCIS: LA' adjusts up, everything else holds”. TV by the Numbers. 2015年11月10日閲覧。
  39. ^ a b c Porter, Rick (2015年11月17日). “Monday final ratings: 'Jane the Virgin' adjusts down but still hits season high, 'Scorpion' adjusts up”. TV by the Numbers. 2015年11月17日閲覧。
  40. ^ a b c Porter, Rick (2015年11月24日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Castle' adjusts down to season average”. TV by the Numbers. 2015年11月24日閲覧。
  41. ^ a b c Porter, Rick (2015年12月2日). “Monday final ratings: 'Superstore' adjusts down but still solid, 'Crazy Ex-Girlfriend' adjusts down”. TV by the Numbers. 2015年12月2日閲覧。
  42. ^ a b c Porter, Rick (2016年3月1日). “Monday final ratings: 'Blindspot', 'Gotham' and all others hold”. TV by the Numbers. 2016年3月1日閲覧。
  43. ^ a b c Porter, Rick (2016年3月8日). “Monday final ratings: 'Jane the Virgin' adjusts up, 'Blindspot' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年3月8日閲覧。
  44. ^ a b c Porter, Rick (2016年3月15日). “Monday final ratings: 'The Bachelor' and 'Scorpion' adjust up, 'Blindspot' and 'After the Final Rose' adjust down”. TV by the Numbers. 2016年3月15日閲覧。
  45. ^ a b c Porter, Rick (2016年3月22日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Blindspot' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年3月22日閲覧。
  46. ^ a b c Porter, Rick (2016年3月29日). “Monday final ratings: 'Supergirl', 'Blindspot' and everything else hold”. TV by the Numbers. 2016年3月29日閲覧。
  47. ^ a b c Porter, Rick (2016年4月12日). “Monday final ratings: 'The Voice' adjusts up, 'Crazy Ex-Girlfriend' and 'Jane the Virgin' adjust down”. TV by the Numbers. 2016年4月12日閲覧。
  48. ^ a b c Porter, Rick (2016年4月19日). “Monday final ratings: 'Supergirl' finale adjusts up, 'NCIS: LA' adjusts down”. TV by the Numbers. 2016年4月19日閲覧。
  49. ^ a b c Porter, Rick (2016年5月3日). “Monday final ratings: 'NCIS: LA' finale and all others hold”. TV by the Numbers. 2016年5月3日閲覧。
  50. ^ a b Porter, Rick (2016年5月10日). “Monday final ratings: 'Blindspot' and 'Reign' adjust down”. TV by the Numbers. 2016年5月10日閲覧。
  51. ^ a b Porter, Rick (2016年5月17日). “Monday final ratings: 'Mike & Molly' finale and 'The Voice' adjust up”. TV by the Numbers. 2016年5月17日閲覧。
  52. ^ a b c Porter, Rick (2016年5月24日). “Monday final ratings: 'Bachelorette' premiere, all others hold”. TV by the Numbers. 2016年5月24日閲覧。
  53. ^ a b Porter, Rick (2016年9月20日). “Monday final ratings: 'Big Bang Theory' and 'Gotham' adjust up, 'Kevin' and 'Good Place' hold”. TV by the Numbers. 2016年9月20日閲覧。
  54. ^ a b Porter, Rick (2016年9月27日). “Monday final ratings: 'Big Bang Theory' adjusts up, 'Voice' adjusts down, final debate numbers”. TV by the Numbers. 2016年9月27日閲覧。
  55. ^ a b Porter, Rick (2016年10月4日). “'Conviction', 'Timeless', 'Kevin' and 'Scorpion' all adjust down, 'Big Bang' and 'Voice' adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月4日閲覧。
  56. ^ a b Porter, Rick (2016年10月11日). “'Timeless', 'Conviction', 'DWTS', 'Lucifer' adjust down, 'Big Bang' adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月11日閲覧。
  57. ^ a b Porter, Rick (2016年10月18日). “'Gotham', 'The Voice', 'Big Bang', 'DWTS' adjust up, 'Conviction' and '2 Broke Girls' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月18日閲覧。
  58. ^ a b Porter, Rick (2016年10月25日). “'Kevin Can Wait' adjusts up, 'Timeless', 'Supergirl', and 'Jane the Virgin' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月25日閲覧。
  59. ^ a b Porter, Rick (2016年11月1日). “'Gotham' adjusts up, CBS shows all adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月1日閲覧。
  60. ^ a b Porter, Rick (2016年11月8日). “'Jane the Virgin', 'Odd Couple' and 'Conviction' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月8日閲覧。
  61. ^ a b Porter, Rick (2016年11月15日). “'2 Broke Girls' adjusts up, 'Supergirl' and 'Jane the Virgin' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月15日閲覧。
  62. ^ a b Porter, Rick (2016年11月22日). “'Supergirl', 'Jane the Virgin', 'Odd Couple', 'Conviction' adjust down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月22日閲覧。
  63. ^ a b Porter, Rick (2016年11月30日). “'Voice' adjusts up; 'Gotham', 'Lucifer', 'Jane the Virgin' and ABC adjust down; Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月30日閲覧。
  64. ^ a b Porter, Rick (2017年1月18日). “‘Howie Mandel Comedy Gala’ adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年1月18日閲覧。
  65. ^ a b Porter, Rick (2017年1月24日). “'Celebrity Apprentice' adjusts up, 'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年1月24日閲覧。
  66. ^ a b Porter, Rick (2017年1月31日). “'Quantico' adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年1月31日閲覧。
  67. ^ a b Porter, Rick (2017年4月25日). “‘Gotham’ adjusts up, ‘Quantico’ adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年4月25日閲覧。
  68. ^ a b Porter, Rick (2017年5月2日). “‘The Voice,’ ‘Scorpion,’ ‘Man with a Plan,’ ‘Superior Donuts’ all adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月2日閲覧。
  69. ^ a b Porter, Rick (2017年5月9日). “‘Gotham,’ ‘Man with a Plan,’ ‘Jane the Virgin’ adjust up, ‘Quantico’ adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月9日閲覧。
  70. ^ a b Porter, Rick (2017年5月16日). “‘Dancing with the Stars,’ ‘Man with a Plan' finale adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月16日閲覧。
  71. ^ a b Porter, Rick (2017年5月23日). “‘The Voice’ adjusts up, ‘Jane the Virgin’ adjusts down: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月23日閲覧。
  72. ^ a b Porter, Rick (2017年5月31日). “‘Gotham’ adjusts up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月31日閲覧。
  73. ^ a b c d Porter, Rick (2017年6月6日). “‘Bachelorette,’ NHL and ‘Gotham’ adjust up: Monday final ratings”. TV by the Numbers. 2017年6月6日閲覧。
  74. ^ O'Connell, Michael (2013年9月24日). “Batman Prequel Series Coming to Fox”. The Hollywood Reporter. 2014年1月16日閲覧。
  75. ^ Kondolojy, Amanda (2014年5月5日). “'Gotham' Gets Series Order at FOX; Updated With Trailer (Video)”. TV by the Numbers. 2014年5月5日閲覧。
  76. ^ Rose, Lacey (2014年5月12日). “TV Upfronts: Fox's Kevin Reilly on 'Idol' Changes, 'Gotham' Hype and a 'Tough' Season”. The Hollywood Reporter. 2014年5月13日閲覧。
  77. ^ Ross, Robyn (2014年10月13日). “Fox Orders Full Season of Gotham”. TV Guide. 2014年10月14日閲覧。
  78. ^ Mitovich, Matt (2014年1月13日). “Holy Gotham! Fox's James Gordon Series Will Include Bruce Wayne, Penguin, Riddler, Others”. TV Line. 2014年1月16日閲覧。
  79. ^ Cornet, Roth (2014年1月13日). “FOX's Gotham Is a Batman Origin Story and Will Have a Christopher Nolan-Esque Tone”. IGN. 2014年1月16日閲覧。
  80. ^ Harman, Harry (2014年1月15日). “Donal Logue Denies Involvment in Fox's Batman TV Series Gotham”. Movie Web. 2014年1月16日閲覧。
  81. ^ a b Littleton, Cynthia (2014年2月12日). “Donal Logue Joins Fox's Batman Prequel 'Gotham'”. Variety. 2014年2月12日閲覧。
  82. ^ Andreeva, Nellie (2014年2月8日). “Ben McKenzie To Star As Detective James Gordon In Fox's Batman Series 'Gotham'”. Deadline. 2014年2月8日閲覧。
  83. ^ Maglio, Tony (2014年3月4日). “'Gotham' Finds Its Bruce Wayne in 'Touch' Star David Mazouz”. The Wrap. 2014年3月4日閲覧。
  84. ^ Siegel, Lucas (2014年4月26日). “C2E2 2014: DC Comics Batman Panel- Eternal News, Joker's Return Teased”. Newsarama. 2014年4月26日閲覧。
  85. ^ Timeline Photos - Camren Bicondova - Facebook”. facebook.com. 2015年4月13日閲覧。
  86. ^ Campbell, Evan (2014年7月2日). “Veteran Comic Book Movie Composer Graeme Revell to Score Gotham”. IGN. 2014年7月2日閲覧。
  87. ^ Knox, David (2014年5月26日). “Seven secures Battle Creek, from Vince Gilligan”. TV Tonight. 2014年5月26日閲覧。
  88. ^ CTV Fall 2014 Premiere Dates”. Bell Media (2014年7月31日). 2014年11月24日閲覧。
  89. ^ Gotham”. TVNZ Ondemand. 2014年9月30日閲覧。
  90. ^ Gotham is coming to Channel 5”. Channel 5 (2014年8月6日). 2014年8月15日閲覧。
  91. ^ Preview: Gotham begins on RTÉ2 tonight”. Raidió Teilifís Éireann (2015年1月26日). 2015年1月26日閲覧。
  92. ^ Beedle, Tim (2014年6月30日). “Breaking News: Gotham, The Flash, Constantine and Arrow Will Share the Stage at Comic-Con”. DC Comics. 2014年7月1日閲覧。
  93. ^ Wallenstein, Andrew (2014年9月2日). “Netflix Lands Fox's 'Gotham' After First Season Worldwide”. Variety. 2014年9月8日閲覧。
  94. ^ 25 New Fall Shows Viewers Are Most Excited About Will Surprise You (Exclusive)”. 2014年10月7日閲覧。
  95. ^ Knox, David (2014年10月13日). “Sunday 12 October 2014”. TV Tonight. 2015年2月20日閲覧。
  96. ^ Knox, David (2014年10月20日). “Timeshifted: Sunday 12 October 2014”. TV Tonight. 2015年2月20日閲覧。
  97. ^ Top 30 Programs (September 22-28, 2014)”. Numeris (2014年10月7日). 2015年2月20日閲覧。
  98. ^ Monthly Top 10”. BARB. 2015年2月20日閲覧。
  99. ^ Regan (2014年9月29日). “TV Ratings: 28 September 2014”. Throng. 2015年2月20日閲覧。
  100. ^ Regan (2014年10月6日). “Time Shifted TV Ratings: 28 September 2014”. Throng. 2015年2月20日閲覧。
  101. ^ Kondolojy, Amanda (2014年10月12日). “'Gotham' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Gotham' & 'Red Band Society' Top Percentage Gains & 'How To Get Away With Murder' Tops Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week Ending September 28”. TV by the Numbers. 2014年10月12日閲覧。
  102. ^ Kondolojy, Amanda (2014年10月20日). “'How to Get Away With Murder' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Parenthood' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Tops Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week Ending October 5”. TV by the Numbers. 2014年10月20日閲覧。
  103. ^ Bibel, Sara (2014年10月27日). “'How to Get Away With Murder' & 'Modern Family' Have Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Red Band Society' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Tops Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week Ending October 12”. TV by the Numbers. 2014年10月27日閲覧。
  104. ^ Bibel, Sara (2014年11月3日). “'How to Get Away With Murder' & 'The Big Bang Theory' Have Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'New Girl' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Tops Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week Ending October 19”. TV by the Numbers. 2014年11月3日閲覧。
  105. ^ Kondolojy, Amanda (2014年11月10日). “'The Big Bang Theory' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'America's Next Top Model' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Tops Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 5 Ending October 26”. TV by the Numbers. 2014年11月10日閲覧。
  106. ^ Kondolojy, Amanda (2014年11月17日). “'Modern Family' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Elementary', 'Parnethood' & 'The Originals' Top Percentage Gains & 'The Blacklist' Leads Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 6 Ending November 2”. TV by the Numbers. 2014年11月17日閲覧。
  107. ^ Kondolojy, Amanda (2014年11月24日). “'The Big Bang Theory' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'The Originals' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Leads Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 7 Ending November 9”. TV by the Numbers. 2014年11月24日閲覧。
  108. ^ Kondolojy, Amanda (2014年12月2日). “'The Big Bang Theory' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'The Vampire Diaries' Tops Percentage Gains & 'The Blacklist' Leads Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 8 Ending November 16”. TV by the Numbers. 2014年12月2日閲覧。
  109. ^ Kondolojy, Amanda (2014年12月8日). “'Modern Family' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Reign' Tops Percentage Gains & 'The Big Bang Theory' Leads Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 8 Ending November 16”. TV by the Numbers. 2014年12月9日閲覧。
  110. ^ Kondolojy, Amanda (2014年12月15日). “[Updated 'Criminal Minds' Has Biggest Adults 18-49 Ratings Increase; 'Grimm', 'Elementary' & 'Revenge' Top Percentage Gains & 'NCIS' Leads Viewer Gains in Live +7 Ratings for Week 10 Ending November 30]”. TV by the Numbers. 2014年12月15日閲覧。
  111. ^ Bibel, Sara (2015年1月25日). “'The Big Bang Theory' & 'Modern Family' Have Biggest Adults 18-49 Increase, 'Revenge' Tops Percentage Gains & 'The Big Bang Theory' Grows Most in Viewership in Live +7 Ratings for Week 15 Ending January 4”. TV by the Numbers. 2015年1月25日閲覧。
  112. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月9日). “'Empire' Notches Biggest Adults 18-49 Increase, 'Revenge' Leads Percentage Gainers & 'Elementary' Tops Viewership Gains in Live +7 Ratings for Week 18 Ending January 25”. TV by the Numbers. 2015年2月9日閲覧。
  113. ^ Bibel, Sara (2015年2月17日). “'The Big Bang Theory' Notches Biggest Adults 18-49 & Viewership Increase, 'Hart of Dixie' Top Percentage Gainer in Live +7 Ratings for Week 18 Ending February 1”. TV by the Numbers. 2015年2月17日閲覧。
  114. ^ Kondolojy, Amanda (2015年2月23日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 & Viewership Gains, 'Glee' Tops Percentage Increases in Live +7 Ratings for Week 20 Ending February 8”. TV by the Numbers. 2015年2月23日閲覧。
  115. ^ Bibel, Sara (2015年3月2日). “'Modern Family' Leads Adults 18-49 Gains, 'The Blacklist' Tops Percentage Increases & Viewer Growth in Live +7 Ratings for Week 21 Ending February 15”. TV by the Numbers. 2015年3月2日閲覧。
  116. ^ Kondolojy, Amanda (2015年3月9日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 & Viewership Gains + 'The Blacklist' Tops Percentage Increases in Live +7 Ratings for Week 22 Ending February 22”. TV by the Numbers. 2015年3月9日閲覧。
  117. ^ Kondolojy, Amanda (2015年3月15日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 Gains + 'Glee' Tops Percentage Increases, 'The Blacklist' Wins in Viewer Growth in Live +7 Ratings for Week 23 Ending March 1”. TV by the Numbers. 2015年3月15日閲覧。
  118. ^ Kondolojy, Amanda (2015年3月23日). “'Empire' Leads Adults 18-49 & Viewership Gains + 'Glee' & 'Hart of Dixie' Top Percentage Increases in Live +7 Ratings for Week 24 Ending March 8”. TV by the Numbers. 2015年3月23日閲覧。
  119. ^ Kondolojy, Amanda (2015年5月4日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 & Viewership Gains, 'Reign', 'Supernatural' & 'The Vampire Diaries' Top Percentage Growth in Live +7 Ratings for Week 30 Ending April 19”. TV by the Numbers. 2015年5月4日閲覧。
  120. ^ Bibel, Sara (2015年5月11日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 & Viewership Gains, 'The Blacklist' & 'The Vampire Diaries' Top Percentage Growth in Live +7 Ratings for Week 31 Ending April 26”. TV by the Numbers. 2015年5月11日閲覧。
  121. ^ Kondolojy, Amanda (2015年5月18日). “'The Big Bang Theory' & 'Modern Family' Tie for Adults 18-49 Growth, 'The Messengers' Leads Percentage Gains + 'The Blacklist' Tops Viewership Increase in Live +7 Ratings for Week 32 Ending May 3”. TV by the Numbers. 2015年5月19日閲覧。
  122. ^ Bibel, Sara (2015年5月26日). “'The Big Bang Theory' Leads Adults 18-49 & Viewership Growth, 'The Blacklist' Tops Percentage Gains in Live +7 Ratings for Week 32 Ending May 10”. TV by the Numbers. 2015年5月26日閲覧。
  123. ^ Porter, Rick (2015年10月11日). “Premiere week Live +7 ratings: 'Blindspot,' 'Empire' and 'Big Bang Theory' score biggest gains”. TV by the Numbers. 2015年10月11日閲覧。
  124. ^ Porter, Rick (2015年10月19日). “Broadcast Live +7 ratings, week 2: 'The Blacklist' premiere joins 'Empire' and 'Blindspot' atop the charts”. TV by the Numbers. 2015年10月19日閲覧。
  125. ^ Porter, Rick (2015年10月31日). “Broadcast Live +7 ratings, week 3: ‘Quantico’ more than doubles, ‘Empire’ and ‘Blindspot’ score biggest gains”. TV by the Numbers. 2015年10月31日閲覧。
  126. ^ Porter, Rick (2015年11月4日). “Broadcast Live +7 ratings, week 4: ‘Jane the Virgin’ premiere doubles, ‘Empire’ and ‘Blindspot’ top charts for Oct. 12-18”. TV by the Numbers. 2015年11月4日閲覧。
  127. ^ Porter, Rick (2015年11月9日). “Broadcast Live +7 ratings, week 5: ‘Empire’ and ‘Blindspot’ have biggest toal gains, 5 shows double”. TV by the Numbers. 2015年11月9日閲覧。
  128. ^ Porter, Rick (2015年11月16日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Big Bang Theory’ and ‘Blindspot’ top week 6, ‘Quantico’ doubles in 18-49 and viewers”. TV by the Numbers. 2015年11月16日閲覧。
  129. ^ Porter, Rick (2015年11月23日). “Broadcast Live +7 ratings, week 7: 'Elementary' is still a strong DVR show”. TV by the Numbers. 2015年11月23日閲覧。
  130. ^ Porter, Rick (2015年12月1日). “Broadcast Live +7 ratings, week 8: 'Empire', 'Big Bang Theory' and 'Quantico' top charts for Nov. 9-15”. TV by the Numbers. 2015年12月1日閲覧。
  131. ^ Porter, Rick (2015年12月7日). “Broadcast Live +7 ratings, week 9: ‘Big Bang Theory’ makes the biggest gains”. TV by the Numbers. 2015年12月7日閲覧。
  132. ^ Porter, Rick (2015年12月14日). “Broadcast Live +7 ratings, week 10: ‘Blindspot’ is officially* the biggest gainer in Thanksgiving week”. TV by the Numbers. 2015年12月14日閲覧。
  133. ^ Porter, Rick (2015年12月21日). “Broadcast Live +7 ratings, week 11: ‘Empire’ fall finale on top, ‘Vampire Diaries’ leads percentage gains”. TV by the Numbers. 2015年12月21日閲覧。
  134. ^ Porter, Rick (2016年3月21日). “Broadcast Live +7 ratings: 'Grey's Anatomy,' 'Blindspot,' 'Jane' and 'Quantico' top week 24”. TV by the Numbers. 2016年3月21日閲覧。
  135. ^ Porter, Rick (2016年3月28日). “Broadcast Live +7 ratings: 'The Big Bang Theory' and 'Quantico' lead week 25”. TV by the Numbers. 2016年3月28日閲覧。
  136. ^ Porter, Rick (2016年4月6日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Modern Family’ and ‘Blindspot’ gain the most for March 14-20”. TV by the Numbers. 2016年4月6日閲覧。
  137. ^ Porter, Rick (2016年4月11日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Modern Family’ tops the week of March 21-27, 4 shows double”. TV by the Numbers. 2016年4月11日閲覧。
  138. ^ Porter, Rick (2016年4月18日). “Broadcast Live +7 ratings: 'The Big Bang Theory' and 'Empire' lead the week of March 28-April 3”. TV by the Numbers. 2016年4月18日閲覧。
  139. ^ Porter, Rick (2016年5月2日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Empire’ and ‘Blacklist’ have biggest gains, 4 shows double”. TV by the Numbers. 2016年5月2日閲覧。
  140. ^ Porter, Rick (2016年5月9日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Empire’ and ‘Big Bang Theory’ lead for April 18-24, 5 shows double”. TV by the Numbers. 2016年5月9日閲覧。
  141. ^ Porter, Rick (2016年5月23日). “‘Big Bang Theory’ tops total gains, ‘Vampire Diaries’ and 9 others double in 18-49”. TV by the Numbers. 2016年5月23日閲覧。
  142. ^ Porter, Rick (2016年5月31日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Big Bang Theory’ finale and ‘Empire’ share lead for May 9-15”. TV by the Numbers. 2016年5月31日閲覧。
  143. ^ Porter, Rick (2016年6月6日). “Broadcast Live +7 ratings: ‘Empire’ and ‘Blacklist’ finales lead the week of May 16-22”. TV by the Numbers. 2016年6月6日閲覧。
  144. ^ Porter, Rick (2016年6月13日). “Broadcast Live +7 ratings: 'Blindspot' leads for May 23-29 as summer slowdown begins”. TV by the Numbers. 2016年6月13日閲覧。
  145. ^ Porter, Rick (2016年10月4日). “'Designated Survivor' is your premiere week DVR champion: Broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2016年10月4日閲覧。
  146. ^ Porter, Rick (2016年10月11日). “'Designated Survivor' posts more big DVR gains: Broadcast Live +7 ratings for Sept. 26-Oct. 2”. TV by the Numbers. 2016年10月11日閲覧。
  147. ^ Porter, Rick (2016年10月19日). “Rich get richer as 'Empire', 'Big Bang', 'Designated Survivor' lead broadcast Live +7 ratings for Oct. 3-9”. TV by the Numbers. 2016年10月19日閲覧。
  148. ^ Porter, Rick (2016年10月27日). “'This Is Us', 'Big Bang', 'Designated Survivor' lead broadcast Live +7 ratings for Oct. 10-16”. TV by the Numbers. 2016年10月27日閲覧。
  149. ^ Porter, Rick (2016年11月4日). “'This Is Us' and 'Agents of SHIELD' score in broadcast Live +7 ratings for Oct. 17-23”. TV by the Numbers. 2016年11月4日閲覧。
  150. ^ Porter, Rick (2016年11月10日). “'This Is Us', 'Designated Survivor' stay on top in broadcast Live +7 ratings for Oct. 24-30”. TV by the Numbers. 2016年11月10日閲覧。
  151. ^ Porter, Rick (2016年11月17日). “13 shows double, 'This Is Us' & 'Big Bang' lead broadcast Live +7 ratings for Oct. 31-Nov. 6”. TV by the Numbers. 2016年11月17日閲覧。
  152. ^ Porter, Rick (2016年11月23日). “'Designated Survivor' makes more big gains in week 8 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2016年11月23日閲覧。
  153. ^ Porter, Rick (2016年12月1日). “'This Is Us,' 'Big Bang,' 'Designated Survivor' are the Big Three in week 9 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2016年12月1日閲覧。
  154. ^ Porter, Rick (2016年12月7日). “'New Girl' and 'Quantico' double in week 10 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2016年12月7日閲覧。
  155. ^ Porter, Rick (2016年12月21日). “6 shows double in week 11 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2016年12月21日閲覧。
  156. ^ Porter, Rick (2017年2月1日). “'Agents of SHIELD' and 'This Is Us' make big gains in week 18 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月1日閲覧。
  157. ^ Porter, Rick (2017年2月11日). “'This Is Us' and TGIT rise above the rest in week 19 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月11日閲覧。
  158. ^ Porter, Rick (2017年2月15日). “'Big Bang Theory,' 'Agents of SHIELD' benefit the most in week 20 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年2月15日閲覧。
  159. ^ Porter, Rick (2017年5月22日). “'Modern Family,' 'Big Bang' gain the most, 10 shows double: Week 33 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月22日閲覧。
  160. ^ Porter, Rick (2017年5月27日). “'Designated Survivor,' 'Big Bang Theory' finale lead week 34's broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年5月27日閲覧。
  161. ^ Porter, Rick (2017年6月2日). “'Modern Family,' 'Designated Survivor' finales make biggest gains in week 35 broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年6月2日閲覧。
  162. ^ Porter, Rick (2017年6月8日). “'Empire' and 'Bull' season finales lead week 36’s broadcast Live +7 ratings”. TV by the Numbers. 2017年6月8日閲覧。
  163. ^ Porter, Rick (2017年6月14日). “'Lucifer' and 'Prison Break' finales get good bumps: Broadcast Live +7 ratings for May 29-June 4”. TV by the Numbers. 2017年6月14日閲覧。
  164. ^ a b Porter, Rick (2017年6月23日). “'America's Got Talent,' 'iZombie' get biggest bumps in broadcast Live +7 ratings for June 5-11”. TV by the Numbers. 2017年6月23日閲覧。
  165. ^ Gotham: Season 1”. Rotten Tomatoes. Flixster. 2014年10月13日閲覧。
  166. ^ Gotham: Season 1”. CBS, Metacritic. 2014年10月3日閲覧。
  167. ^ Dodge, Jeff (2014年6月20日). “2014 Critics' Choice TV Awards: 'Orange is the New Black' and 'Fargo' Win Big”. 2015年2月1日閲覧。
  168. ^ Giardina, Carolyn (2014年11月19日). “'Game of Thrones,' 'Manhattan,' 'Gotham' Lead ASC Nominations for TV Cinematography”. 2015年2月1日閲覧。
  169. ^ Pedersen, Erik (2015年2月16日). “‘Birdman’ Takes Top Film Trophy At ASC Awards: Winners List”. 2015年2月20日閲覧。
  170. ^ King, Susan (2015年1月5日). “'Grand Budapest Hotel,' 'Interstellar' earn Art Directors Guild nods”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/entertainment/movies/moviesnow/la-et-mn-art-directors-guild-announce-nominees-for-production-design-20150103-story.html 2015年2月1日閲覧。 
  171. ^ Appelo, Tim (2015年1月31日). “Art Directors Guild Awards Go To 'The Grand Budapest Hotel,' 'Guardians of the Galaxy' and 'Birdman'”. 2015年2月15日閲覧。
  172. ^ Friedlander, Whitney (2015年3月4日). “Women In Media to Honor Julia Roberts, 'Orange is the New Black' at the Annual Gracies Awards”. Variety. 2015年3月5日閲覧。
  173. ^ Adams, Ryan (2015年1月14日). “MPSE Announce Golden Reel Nominations”. 2015年2月1日閲覧。
  174. ^ Pedersen, Erik (2015年2月16日). “‘Birdman’, ‘American Sniper’ Top Golden Reel Awards: MPSE Winners List”. 2015年2月20日閲覧。
  175. ^ NAACP Image Awards: The Winners” (2015年2月6日). 2015年2月7日閲覧。
  176. ^ People's Choice Awards 2015 hosts, nominees announced” (2014年11月4日). 2014年11月4日閲覧。
  177. ^ NOMINEES & WINNERS”. People's Choice Awards. 2015年1月8日閲覧。
  178. ^ Blake, Emily (2015年3月3日). “2015 Saturn Awards: 'Captain America: Winter Soldier,' 'Walking Dead,' lead nominees”. Entertainment Weekly. Time Inc.. 2015年3月5日閲覧。

外部リンク[編集]