ハードディスク・レコーダー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ハードディスク・レコーダー: harddisk recorderあるいはHDD recorder)は、大容量ハードディスクを利用して映像や音響を記録する装置。

もっぱら音響だけを記録するタイプと、主に映像(動画)を記録するタイプがあり、一般に別ジャンルの製品として扱われているので、それぞれの節で解説する。なお世の中の普及度や使用頻度で順位をつけると、現在では「ハードディスク・レコーダー」と検索すると真っ先にテレビ番組録画用のハードディスク・レコーダーが表示されるような状況になっており、一般家庭への普及度もテレビ番組録画用が一番高い。

音声録音用ハードディスク・レコーダー[編集]

当節では、音響だけを録音するハードディスク・レコーダーについて解説する。 ハードディスクを使用し、音響だけを記録するHDDレコーダーである。HDRと略される。

概要

デジタルオーディオ装置の一種であり、デジタルマルチトラック・レコーダーとなっている。

ハードディスク・レコーディング・システムは、従来のオープンリール式テープまたはカセット マルチトラックシステムの代わりに相当し、テープ・レコーダーでは得られない編集機能を提供する。単体機と、コンピューター上で動作するソフトからの運用方法があるが、どちらでも通常はデジタル・ミキシングと音声信号の処理機能を提供する。

1980年代より以前、大部分のレコーディング・スタジオはアナログ・マルチトラック・レコーダー、一般的にはオープン・リール式テープを利用していた。1980年代から1990年代にニューイングランドデジタル社はハードディスク・レコーディングシステムを提供し、映画のポストプロダクションのような限定された用途において地位を確立したものの、高いコストと限られたディスク容量のため規模の大きなレコーディングスタジオの利用に限られていた。

その後CD市場の成長でデジタル・レコーディングは製造メーカーによる開発の主要分野となり、いくつかの製品が1980年代後期から1990年代初期にリリースされた。オープン・リールにおいて、またより扱いやすいビデオカセットにおいても、多くは継続してメタル・テープを使用した。しかし1990年代中頃までにはハードディスク価格の安定と供給の拡大及び単価の低下、容量の増加と小型化が進み、ハードディスク・レコーディング・システムのコストはさらに下がり、個人または小規模プロジェクト・スタジオなどの為に導入可能なシステムになってきた。他のデジタル・レコーダーの種類としてはADATDTRS等が使用されていたが、スタジオ・レコーディングにおいてハードディスク・レコーディング・システムはシステムの完成度と共に急加速的に増え、一気にスタンダード化した。

ハードディスクへのオーディオ・レコーディングの大きな長所は、ノンリニア編集を可能とすることであり、音声データはランダムアクセス出来て、非破壊編集が可能な点である。つまり、元の素材はどんな方法にせよあくまでも編集素材であって元の素材自体は意図的に操作しない限りは変化しない。

ノンリニア編集がすべてのハードディスク・レコーディング・システムに備わっている訳ではなく、異なる手段を提供するメーカーもある。またハードディスク・レコーダーにはテープベースのシステムと比較してハードディスク・レコーダーの記録メディアであるハードドライブ耐久性の低下や容量の限界によるディスクの交換に比較的高いコスト必要とするなど、多少の欠点がある。

ハードディスク・レコーダーは、しばしばデジタル・ミキシング・コンソールと一体化され、デジタル・オーディオ・ワークステーションのひとつの機能として備わる。このタイプは複雑な処理を自動化することも出来るため、レコーディング・エンジニアはミキシング作業中に行っていたテープ編集作業などからミキシング・バランスを取る作業に向け時間を割く事が可能になった。

パーソナルコンピューターを基軸とするPro Tools ソフトウェアと潤沢な周辺機材によってハードディスク・レコーダーとして使用することが標準化されてきたので、より柔軟なインターフェーススタジオ・エンジニアにもたらした。

考慮すべき点としては。どのようなハードディスク・レコーディング・システムも、物理ディスクサイズ、転送レート、プロセッサ・スピードなどが大きな制約となる。過去一部のシステムはディスクサイズと転送レートの問題を解決するため非可逆デジタル音声圧縮を使用していたが、ハードディスク容量の急速な増加と低コスト化が進んだ結果そのような製品はなくなった。

主な音声録音用ハードディスクレコーダー[編集]

単体機[編集]

AKAI professional
  • DPSシリーズ(Digital Personal Studio)
    • DPS12(1997年11月)- 16bit 32/44.1/48 kHz、12tr(Rec8tr)、20ch Mixer、Jaz Drive
    • DPS16(1999年)- 16/24bit 32/44.1/48/96 kHz、16tr(Rec10tr)、26ch Mixer
    • DPS24(2002年)- 16/24bit 32/44.1/48/96 kHz、24tr、46ch Mixer、CD-RW
フォステクス
  • Dシリーズ(Digital Recorder)
    • D-80(1996年)- 16bit 44.1 kHz、8tr
    • D2424 - 16bit@44.1/48 kHz 24bit@44.1/48/88.2/96 kHz、24tr(analogRec8tr、ADAT-optical 24tr)
  • VFシリーズ(Digital multitracker)
    • VF-16HD(2000年6月)- 16bit 44.1 kHz、16tr(Rec8tr w/digital 16tr)
    • VF80(20GB)(2002年2月)- 16bit 44.1 kHz、8tr(Rec2tr)
  • MRシリーズ(Digital multitracker)
    • MR-8HD(2006年10月)- 16bit 44.1 kHz、8tr(Rec4tr)
    • MR16HD (2007年5月) - 16bit 44.1 kHz、16tr(Rec4tr)
コルグ
  • コルグ・Dシリーズ(Digital Recording Studio)
  • MRシリーズ(1-Bit Professional Mobile Recorder)
    • MR-1 - 1bit 2.8824 MHz (DSD) 44.1/48 kHz@16/24bit 88.2/96/176.4/192 kHz 24bit、2tr
    • MR-1000 - 1bit 5.6448 MHz/1bit 2.8824 MHz(DSD)/24bit 192 kHz(PCM)
ローランド
  • VSシリーズ(Digital Studio Workstation)
    • VS-880 (1996年) - 16bit 32/44.1/48 kHz、8tr(Rec4tr)
    • VS-1680(1998年)- 24bit 32/44.1/48 kHz、16tr(Rec8tr)
    • VS-2480 (2001年) - 24bit 32/44.1/48/64/88.2/96 kHz、24tr(Rec8tr@64–96 kHz 16tr@32-48khz)
ヤマハ
  • AWシリーズ(Professional Audio Workstation)
    • AW4416 (2000年5月) - 24bit、16tr、44ch Mixer
    • AW2816 (2001年7月) - 24bit、16tr、28ch Mixer
    • AW16G(2002年7月)- 24bit、16tr(Rec8tr)、36ch Mixer
    • AW1600 (2005年) - 24bit、16tr(Rec8tr)、36(input)Mixer
    • AW2400 (2005年) - 24bit、24tr(Rec16tr)、48(input)Mixer
ズーム
  • MRSシリーズ(MultiTrak Recording Studio)
    • MRS-1608 - 16bit、16tr(Rec8tr)、27ch Mixer(Effect、Rhythm、Sampler)

*Rec=最大録音トラック数

ソフトウェア[編集]

映像録画用ハードディスク・レコーダー[編集]

当節では録画用のハードディスクレコーダーについて解説する。

概説

映像のデータをハードディスク(HDD)に記録する、デジタルビデオ装置の一種である。近年のたいていのハードディスクレコーダーは本体に放送を受信するためのチューナーとハードディスクを内蔵している。外付けのHDDを何台も増設できる機種も増えている。一部にはチューナーとハードディスクは別になっているタイプもある。 補助的にDVDプレーヤー/レコーダーやブルーレイプレーヤー/レコーダーの機能も備えている機種も多い。

あまり抽象的に一般論を説明しても、かえって理解しづらいし、やや特殊なタイプもあることが理解できなくなるので、理解を助けるために具体的な製品をまず挙げておくと、近年(2020年や2021年)で言うと、以下のメーカーの以下のようなシリーズがある[1]価格コムアマゾン楽天などで「ハードディスクレコーダー」とキーワード入力すると、こうした製品群が表示される。しかも通常はこの映像記録用のハードディスクレコーダー群が真っ先に表示される(録音用のハードディスクレコーダーよりも前に表示される)。

  • パナソニックのディーガ(Diga)シリーズ (の中の、製品番号 DMR-xxxx など)
  • 東芝のレグザ(Regza)シリーズの中の「タイムシフトマシン」 (製品番号 DBR-xxxxなど)(やD-xxxxなど)
  • シャープのアクオス(AQUOS)シリーズ(の中の、製品番号 2B-Cxxxxなど)
  • SONYの 製品番号 BDZ-xxxxなど
  • アイ・オー・データのREC-ONシリーズ
  • バッファローの DVR-1C
  • SONYのnasne(ナスネ。ハードディスクレコーダー機能を含んだネットワークストレージ。デジタルチューナーとハードディスクを内蔵し、ネットワークを介して、ソニーのPCやプレステなどから録画番組の視聴を可能にする装置)
  • ケーブルテレビのリース用チューナーであるセットトップボックスにおいても、外付け用のハードディスクで録画、それをさらにLANケーブルに接続して市販品のブルーレイレコーダーでダビングできる機種、さらにはセットトップボックスのハードディスクから直接ブルーレイへダビングできる機種もある[2]
  • (やや特殊であるが)ガラポン株式会社の「ガラポンTV」シリーズ(ワンセグの全チャンネルを 24時間 × 2週間分、もれなく録画しつづける装置(一番古いデータを新しいデータで上書きして、データを回転させるように録画しつづける装置)。つまり過去2週間分のワンセグ番組についてすべて視聴可能になる装置で、個々の番組の録画予約も不要。そして録画された番組はスマホを使ってどこからでも視聴可能[3]。高画質視聴はできないが、ワンセグつまり地デジ番組コンテンツを2週間分さかのぼれ、うっかり見逃しが無くなる装置)

歴史[編集]

2001年4月に東芝RD-Styleシリーズ(現:REGZAVARDIA)でHDDレコーダーとDVDレコーダーを組み合わせたハイブリッド型の「HDD&DVDレコーダー」を発売。2002年中は双方のドライブが高価であったためハイブリッド型は売れ筋ではなかったが、2003年のパナソニック ディーガでハイブリッド型中心の機種展開を図り、DVDレコーダーとHDDレコーダーが一体化したもの(前述のハイブリッドレコーダー型)が販売の主流となった。

2004年11月、6チャンネルを同時に1週間分録画できる「VAIO typeX」を皮切りに、全録型レコーダーという「とりあえず全部録画しておいて後で検索する」新しいタイプの録画機が出始めた。PTPが販売するSPIDER PROは、主にマスコミにおける露出状況をチェックする企業や政治団体が導入・活用するようになった。

2009年頃から、一部の薄型テレビデジタルチューナーPlayStation 3torneなど、本体のUSB端子に汎用型の外付けHDDを接続することで映像が記録できる機能を搭載した機種が発売されるようになり、次第に一般化した。2021年時点では、かなりの割合の薄型テレビが、外付けHDDを取り付けて録画や検索などができるようになっており、これなども、テレビとHDDを合わせた状態でハードディスクレコーダー相当の状態となっている。

歴史的な製品
  • コクーン (チャンネルサーバー) - 2003年にソニーが発売したアナログ放送専用のHDDレコーダー。
  • Rec-POT(アイ・オー・データ機器) - TS出力が可能なiLink端子を備えた機器(デジタルチューナーW-VHSデッキ・セットトップボックスなど)と接続し、接続機器から出力されるデジタルテレビ放送を録画する。W-VHSデッキ・ディーガなど一部のDVDレコーダー,BDレコーダー・他のRec-POT機器間と録画番組をムーブすることが可能。2008年頃に生産終了した。
  • iVDR - RecPotと同じくチューナーなどとTS接続するレコーダー単体型と、WOOOなど薄型テレビにレコーダー機能が内蔵された機器がある。
  • torne

なお当記事はハードディスクレコーダーに関する記事であって、DVDレコーダーの記事ではない。DVDレコーダーについては基本的に別記事で扱っているのでDVDレコーダーの変遷を参照の事。

録画モードと消費記憶量[編集]

録画モードは一般に、大きく分類すると、受信した放送と同一の高画質で録画するモード(DR)と、画質が落ちるがデータ量が少なくて済むモード(「長時間録画モード」)が多数用意されている。

たとえば一番売れているパナソニックのHDDレコーダー「ディーガ」の場合は「DR、HG、HX、HE[4]」などいう名称のモードがある。三菱では「AF、AN、AE[5]。」などとなっている。(モード名は各メーカーがそれぞれの判断でつけている。当記事ではこれ以上だらだらと説明しない。詳細は各機器の取扱説明書を読むこと。)。

録画時間は、機種や性能にもよるが、1テラバイトHDDでDRモードで録画した場合は地上デジタルで127時間、BS・CS[6] を録画すると90時間収録できる。長時間モードでは、1テラバイトのHDDに15倍モードで録画すると1905時間、あるいは1350時間などが録画できる。そして2テラバイトのHDDに15倍モードで録画すると、単純計算で理論上は、3810時間あるいは2700時間ほど録画できる(ただし、HDD1台あたりのファイルの個数に上限が設定されていて、15分や30分などのあまりに短時間の番組をこまごまと録画してゆくとファイル数が増えすぎてその上限個数に達して、3810時間や2700時間の記憶領域をフルに使えない、という機種もある)。

長所・短所[編集]

長所
  • キーワードをいくつも設定して、キーワード群に関連する番組を自動に録画させられる、という機種も多い。放置しておいてもどんどん自動的に録画されるので、興味のあることがらや人物に関する番組を見る機会が増える。
  • ランダムアクセスができるので、たとえばハードディスクに数百番組や数千時間録画しておいて、時間があるときに、キーワードで検索して自由自在に視聴することができる。ハードディスクレコーダーを使うと、主体的な視聴をすることができる。自分が本当に視るべきだと思える番組や、本当に興味がある番組だけを意識的に選択して視て、そうではない番組はきっぱりと捨て去ることができる。たまたまその時に放送されている番組をダラダラと見続けるような、人生の主導権を放送局の放送スケジュールにとられてしまうような視聴形態から卒業することができる。視聴内容や情報を選択する主導権を自分自身にとりもどすことができ、主体性をとりもどせる。
  • さまざまな速さで早送りで再生して、興味が無い部分は無視して、じっくり見たい部分だけを普通の速度でじっくり視聴できる。視聴時間を節約できる。情報番組なら、数分の1程度の時間で情報を確認できる。たとえば1時間番組の内容なら15分~20分程度で確認できる。特に、(テレビ局や制作会社が手抜きをしていて)情報の中身が薄くて無駄に尺を伸ばしただけの番組は、大幅に視聴時間を短縮できる。
  • CM部分をジャンプすることができる。15秒や30秒などジャンプできるボタンを備えている機種も多く、CMをジャンプして、見ないでおくことができる。視聴時間の短縮ができる。また、特定の企業が異常な額のCM費用を大量投入して大キャンペーンをやっている時期など、しつこくて下品なCMを繰り返し何百回も何千回も見せられる事態を防ぐことができ、一種のマインドコントロール、つまりCMの不快なイメージが自分の心のスクリーンで勝手に想起されてしまうような不快な経験を減らすことができ、心の健康維持にも良い。
  • 番組の一部をカットしたりつなぎ合わせるなどの編集が容易である。一度視聴して、もう不要だと思った番組は一瞬で消去(データ削除)することもできる。
  • 外付けHDDを接続できるものは、容量が数テラバイトのものを接続できるのが一般的で、つまり大容量である。
  • 外付けHDDを接続できるタイプは、2テラバイトや4テラバイトなど大量に録画でき、その外付けHDDを何台も挿しかえるように増やしてゆくことができる。
  • チューナーを3個や7個搭載している、という機種もあり、(録画形式にそれなりに制約はあるが)3番組や6番組などを同時並行的に録画できる機種も増えてきている。
  • 近年ではスマートフォンと連携機能があり、スマートフォンから録画指定できたり、録画した番組データをスマホに移動させて、移動中や自室などでスマホで視聴することも可能なものがある。
  • 文字多重放送を録画する場合、字幕データをそのまま記録でき、再生時に表示/非表示を選べる機種は多い[7][8]
短所
  • 著作権を護るための配慮としてHDD内の映像データは、コピー回数が制限されたり、録画した装置(個体)のみで再生可能なようにHDDや各データファイルに特殊なコードが書きこまれ強制的にプロテクトがかかるしくみになっており、(滅多に起きないが、万が一、突然)ハードディスクレコーダーの基盤の側が故障したりすると、内蔵HDD内に蓄積した映像データも再生できなくなるが、外付けHDD複数台に大量に映像を蓄積した人はその複数の外付けHDD内の映像データも全て再生不可能になる。たとえ同一機種のハードディスクレコーダーを再度購入しても再生できない(個体番号が異なるので再生できない)。外付HDDをパソコンなどに接続しても、たとえ保証が無効になることを承知で内蔵HDDを取り出してパソコンに接続しても、パソコンで映像を再生することも不可能である(それくらいしっかりとプロテクトがかかっている)。

[編集]

光学ディスクへのダビング

近年ではHDDの容量が数テラバイトと大きくなってきており外付け方式(外付けHDD)を増設できる機種も増えているので、HDDが一杯になれば外付けHDDの増設や外付けHDD交換で対応することが一般的になってきている。HDDレコーダーの長所のひとつはランダムアクセスして視聴することができること、その瞬間に視聴したい番組を、すでに録画した数百〜数千の録画番組から検索、一覧表形式で表示し、自由に選んで視聴することができる、ということだからであり、光学ディスクにダビングしてしまうとそのメリットがほぼ消失してしまうからである。HDDのデータをわざわざ小容量の記録メディアに移すなどという不合理な作業をする人は減ってきている。

ただし何らかの特殊事情で個別の番組を記録メディアに録画・ダビングする場合は、DRモードの画質そのものはBDのみに記録できる[9] 。ディスクにダビングする場合、ブルーレイ(一層)にDRモードのままで録画すると、地デジで3時間、BS・CSは2時間10分は記録できるという。なおDVD方式でダビングできるのは一部のメーカーのみである。ソニーシャープはDVDにAVCREC方式でダビング録画をしても再生できず、左記2社以外のメーカー機で同様の処理をしてファイナライズをしたとしても再生することができない(これはブルーレイディスクの普及を促進するための、メーカー側の措置。ただし標準画質のVR方式で録画したものは、ファイナライズを前提条件として他社メーカーで録画したものでも再生は可能)。また画質が最も落ちるAE/HE(ハイビジョン画質)・EP(標準画質)の場合、ディスクへのダビング収録時間の設定変更[11]が可能[4]な機種、また東芝の一部機種[12]のように、録画するディスクに応じた収録時間の調整ができるように「AT(オートモード)[13]」「MN(マニュアルモード)[14]」の設定もある。 なおHDDから記録メディアに高速ダビングで録画する場合は、記録するディスクの種類によって対応が異なる[15]

画質 BD DVD
AVCREC方式[16] VR方式 ビデオ方式
HD(ハイビジョン画質) DR
AF/HG[17]/XR[18]
AN/HX[17]/XSR[18]
AE/HE[19][20]
SD(標準画質) XP/SR[20] ×
SP/LSR[18]
LP/LR[18]
EP/ER[18][21]
FR[20][21]
○=高速ダビング可(ただし、BDでDR画質を録画する場合、録画容量を超えた場合は画質変換の上で等倍録画(1倍速)のみとなる。またDVD-Rのビデオ方式でXP以下の標準画質での録画をする場合、機種により「高速ダビング切」のモードで録画した場合は等倍録画となる)
▲=等倍録画(画質変換の上で記録。例:DR画質をDVD-Rに録画する場合は、AVCREC方式の場合は残量に応じたHD画質モードで、VR・ビデオ方式である場合は標準画質FRモードで記録される)
△=等倍録画(録画当時の画質そのもので記録)
×=ダビング不可

関連項目[編集]

ハードディスク・レコーダー全般
音声録音用ハードディスク・レコーダー関連
映像録画用ハードディスク・レコーダー関連


脚注[編集]

  1. ^ [1]
  2. ^ 高知ケーブルテレビ・STB一覧
  3. ^ [2]
  4. ^ a b パナソニック・録画の画質と時間について
  5. ^ 三菱電機ブルーレイレコーダー
  6. ^ ケーブルテレビ向けリース用チューナーであるセットトップボックスを含む
  7. ^ Panasonic Digaなど
  8. ^ 字幕付きでデジタル放送を録画できますか?(ソニー)
  9. ^ DVDに録画する場合は、残量を踏まえて自動的に画質変換をしたうえで記録できるが、HD画質で収録する場合にはAVCREC方式でフォーマットする必要がある(VR方式・ビデオ方式でフォーマットした場合は標準画質になるが、DVD-RW、DVD-RAMでは対応していない方式もある)
  10. ^ 「録画モード「HG」「HX」「HE」「HL」「HM」「HB」はそれぞれどのような違いがあるのか知りたい。」ですね。下の解説をご覧ください。
  11. ^ AE/HEモードであれば、12時間と17時間20分、EPの場合は6時間と8時間を切り替えることができる。パナソニックの場合はHEモードの下に、HL、HM、製品によりHBの各モードが予め設定されている機種が多数ある[10]
  12. ^ 東芝レグザブルーレイ・DBZ-160/150の説明書P24参照
  13. ^ DVD用の4.7、9.4、8.5、ブルーレイ用の25、50の各ギガバイトの設定が可能
  14. ^ AVC方式の場合は2.4~17.0、VR方式は1.0~9.2の各Mbpsの設定が可能
  15. ^ 「高速ダビングできる場合がわからない。」ですね。下の解説をご覧ください。
  16. ^ DVDへ録画する場合、ソニーシャープの全機種を含む一部のBDレコーダーにおいては、録画不可(左記2社は再生も不可)のものもある。
  17. ^ a b c パナソニックでの名称
  18. ^ a b c d e ソニーでの名称
  19. ^ HL,HM,HBを含む[17]
  20. ^ a b c ソニーはこのモードに該当する画質はなし
  21. ^ a b 東芝の一部機種はこのモードに該当する画質はないが、AT、またはMNのいづれかのモードに設定することで画質調整をすることはできる。

外部リンク[編集]