スティーブ・トレバー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
スティーブ・トレバー
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 All Star Comics #8 (1941年12月)
クリエイター ウィリアム・モールトン・マーストン英語版
H・G・ピーター英語版
作中の情報
フルネーム スティーブン・ロックウェル・トレバー
種族 人間
所属チーム アメリカ空軍
中央情報局
ジャスティス・リーグ
A.R.G.U.S.英語版
サポート・
キャラクター
ワンダーウーマン

スティーブ・トレバー: Steve Trevor)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスワンダーウーマン』に登場する架空の人物。ウィリアム・モールトン・マーストンによって創造され、1941年の"All Star Comics #8"で初登場した[1]

概要[編集]

スティーブ・トレバーは"All Star Comics #8"(1941年12月)でアメリカ陸軍航空部に所属するスパイとして登場した。彼はダイアナ(ワンダーウーマン)が初めて出会った「人間の世界」の住人であり、生身の男性でもあった。スティーブはワンダーウーマンの信頼する友人として、恋の相手として、任務のパートナーとして活躍する。女性キャラクターが主人公のワンダーウーマンにおいて、男性キャラクターのスティーブ・トレバーは囚われの姫君として描かれる。

スティーブ・トレバーがパラダイス島(セミッシラ)に漂着した時、彼は命が助かり女性だけが住む島にたどり着き、まるで天国にいるかのように感じた。そして命を救ってくれたダイアナに「エンジェル」というあだ名をつけた。また、スティーブはダイアナが初めて見た男性として特別に扱われ、スーパーマンバットマンといったごく限られた男性キャラクターと共に、名誉市民としてアフロディーテの法で厳しく制限されたセミッシラに例外的に立ち入る権利が認められている[2]

書誌情報[編集]

タイトル 収録内容 刊行日 ISBN
Smallville Season 11 Vol.5: Olympus Smallville Season 11 #16-19 (Chapter:56-69) 2014年10月 978-1401250768
The Legend of Wonder Woman (Digital)[3] The Legend of Wonder Woman #1-27 2016年12月 ASIN B01MCXT9S2
The Legend of Wonder Woman Vol.1 The Legend of Wonder Woman #1-9 2017年11月 978-1401267285

スピンオフ[編集]

ヤング・スーパーマン
テレビドラマ『ヤング・スーパーマン(原題: Smallville)』のその後を描いたコミックのシリーズ『Smallville Season 11』に登場。子供時代に遭難しセミッシラにたどり着いたスティーブ・トレバーが同じく幼いダイアナ(ワンダーウーマン)と出会い、成長していく様子が描かれる。
DCコミックス・ボムシェルズ
第二次世界大戦の時代を舞台に、キャラクターがピンナップガールやディーゼルパンク調にアレンジされたシリーズ。
レジェンド・オブ・ワンダーウーマン
ウィリアム・モールトン・マーストンによるゴールデンエイジの設定をもとに、ワンダーウーマンのオリジンを描いたシリーズ。
DCスーパーヒーロー・ガールズ
メトロポリスの「Capes&Cowls Cafe」で店員として働いている。

他のメディア[編集]

映画[編集]

ワンダーウーマン (映画)(2017年)
演 - クリス・パイン、日本語吹替 - 小野大輔

ドラマ[編集]

ワンダーウーマン (テレビドラマ)(1975年-1979年)
演 - ライル・ワゴナー英語版、日本語吹替 - 広川太一郎 / 伊武雅刀 / ささきいさお

アニメ[編集]

テレビ・ウェブ[編集]

スーパーフレンズ英語版(1973年-1986年)
声 - シドニー・ミラー英語版
ジャスティス・リーグ (アニメ)(2001年-2004年)
声 - パトリック・ダフィ英語版
バットマン:ブレイブ&ボールド(2008年-2011年)
声 - シーン・ドネラン
DCスーパーヒーロー・ガールズ(2015年-現在)
声 - ジョシュ・キートン

長編アニメ[編集]

ワンダーウーマン (アニメ)(2009年)
声 - ネイサン・フィリオン
ジャスティス・リーグ:アトランティスの進撃(2015年)
声 - ジョージ・ニューバーン

脚注[編集]

  1. ^ スティーブ・トレバー”. 2018年5月20日閲覧。
  2. ^ スコット・ビーティほか 赤塚京子ほか訳 (2011). 『DCキャラクター大事典』. 小学館集英社プロダクション. ISBN 978-4796870795. 
  3. ^ The Legend of Wonder Woman (2015-2016)”. 2018年5月20日閲覧。

外部リンク[編集]