ヒューマン・ターゲット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ヒューマン・ターゲット』(Human Target)はマックGジョナサン・E・スタインバーグピーター・ジョンソンブラッド・カーンケヴィン・フックスらが手がけるテレビドラマ。

概要[編集]

DCコミックから出版された同名のコミックを原作とする。1992年にもドラマ化されており、本作は2度目となる。アメリカ・FOX系列系列で2010年1月よりファーストシーズンが放送開始となり、2011年5月のセカンドシーズン終了をもって打ち切られた。

日本ではSuper! drama TVで放映されている。

あらすじ[編集]

クリストファー・チャンスは命の危険が迫った依頼人を時には自身が身代わりの盾となって守るボディーガードだが、かつては逆に命を奪う側であった。チャンスの過去に何があったのか、徐々に明らかになっていく。

登場人物[編集]

クリストファー・チャンス
演 - マーク・バレー、日本語吹替え - 藤真秀
元は暗殺者であったが、ある事件を機に宗旨替えをしてボディーガードとなる。射撃や格闘といった戦闘が得意なだけでなく日本語(鹿児島弁)やスペイン語など多くの言語を習得したマルチリンガル。
ウィンストン
演 - シャイ・マクブライド、日本語吹替え - 北川勝博
チャンスのパートナーで、元サンフランシスコ市警察の刑事。主にビジネス面を取り仕切っているが、後方支援のため現場近くまで出向くこともある。
ゲレロ
演 - ジャッキー・アール・ヘイリー 、日本語吹替え - 蒲田哲
クラッキングを得意とし、情報面でチャンスをサポート。他人のものを勝手に使うなど図々しい行動が多く、ウィンストンは快く思っていないが、本人は全く意に介していない。
イルザ・プッチ
演 - インディラ・ヴァルマ、日本語吹替え - 菅原あき
第2シーズンより登場。資産家の未亡人。チャンスに命を救われて以来スポンサーとなる。
エイムズ
演 - ジャネット・モンゴメリー、日本語吹替え - 佐古真弓
第2シーズンより登場。スリを得意とする女泥棒。

第1シーズン[編集]

  1. 超高速列車の陰謀(Pilot)
  2. 機上の惨劇(Rewind)
  3. 大使館の報復大使館の報復(Embassy Row)
  4. 幻の教本(Sanctuary)
  5. 終わりなき逃走(Run)
  6. 闇の兵器売買(Lockdown )
  7. 黄金の行方(Salvage & Reclamation )
  8. 宿命の死闘(Baptiste)
  9. 恐怖の記憶(Corner Man)
  10. 孤島の秘薬(Tanarak)
  11. 狙われた王室(Victoria)
  12. クリストファー・チャンス(Christopher Chance)

出典[編集]

外部リンク[編集]