スーパーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
実写映画の歴代スーパーマン

スーパーマン(Superman)は、アメリカDCコミックス刊行のコミック。架空のヒーローを主役としたコミック、アニメ、映画、ドラマ作品。

1938年に原作ジェリー・シーゲルおよび作画ジョー・シャスターにより、アクション・コミックス誌第1号で初登場した[1]

漫画作品[編集]

アクション・コミックスAction Comics
(vol. 1) 1939年~2011年 全904号。「Action Comics #1」はスーパーマンのデビュー作。
(vol. 2) 2011年~
Superman (comic book)
(vol. 1) 1938年~1986年(#1~#423)、2006年~2011年(#650~#714)。
(vol. 2) 1987年~2006年 全226号
(vol. 3) 2011年~

ストーリー[編集]

高度な文明を誇りながらも崩壊の危機に瀕していたクリプトン星のジョー・エルは、自分の息子カル=エルを救う為、カプセルに乗せ「地球」へと放出した。直後、クリプトンは崩壊し、赤ん坊は惑星の遺児となった。 カプセルはアメリカ合衆国カンザス州スモールヴィルに飛来、そこで暮らしていたケント夫妻に拾われ、カル=エルはクラーク・ジョセフ・ケントと名付けられた。成長した彼は自分の能力を世の為に役立てる事を誓い、スモールヴィルから大都会メトロポリスへ移住する。大学卒業後、デイリー・プラネット新聞社に入社し、スーパーマンとケントとしての二重生活を送る事と成った。2012年に退社しフリージャーナリストになる。

キャッチ・フレーズは、「空を見ろ!」「鳥だ!」「飛行機だ!」「いや、スーパーマンだ!」

登場人物[編集]

主人公サイド[編集]

スーパーマン / クラーク・ケント
作中の主人公。本名「カル・エル」。地球名「クラーク・ケント」。
スーパーボーイ / コナー・ケント
スーパーマン(クラーク・ケント)のクローン。本名「コン・エル」。地球名「コナー・ケント」。
ロイス・レーン
本作のヒロインの1人。
スーパーガール
スーパーマンのいとこ。

代表的な悪役(ヴィラン)[編集]

スーパーボーイ / ジョン・ケント
スーパーマン(クラーク・ケント)とロイス・レーンの息子。
スーパーボーイ・プライム
別次元のスーパーマン。
ウルトラマン
別次元のスーパーマン。
レックス・ルーサー
IQ200の天才。映画(1978年以降)ではジーン・ハックマンケヴィン・スペイシー(『~リターンズ』にて)、ジェシー・アイゼンバーグ(『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』にて)が演じる。
ブレイニアック
ルーサーと並ぶスーパーマンの宿敵。
縮小光線により各惑星の都市を住民ごと縮小してビン詰めにする。
ドゥームズデイ
スーパーマンを一度殺害したこともある人造生物。
ビザロ
スーパーマンの偽者。
ルーサーの作ったコピーだが、不完全なため身体が崩壊し死亡。
トイマン
オモチャを利用した犯罪を行う。
プランクスター
イタズラで様々な悪事を行う愉快犯
メタロ
クリプトナイトで出来た心臓を動力源としたアンドロイドのボディに人間の脳を移植したサイボーグ
テラマン
天馬に乗り光線銃を武器とするガンマン。
元は19世紀の西部に生まれた少年だったが宇宙人に育てられていた。
パラサイト
放射性廃棄物の影響で普通の人間が変貌した怪物。
触れた相手のパワーを吸収する能力を持っている。
クリプトナイトマン
元はブラー星出典の宇宙人だったが緑の星雲を通過したときに全身がクリプトナイト化した怪人。
触れる物をクリプトナイト化する能力を持っており、スーパーマンの天敵と呼べる存在。
ミクシィズピトルク
5次元の世界からやってきた魔法使い。
人智を越えた魔法を操る強敵だが、スーパーマンをからかうことを生きがいとする悪意が無い性格。
サイボーグスーパーマン
サイボーグ化したスーパーマンのクローン。

映像作品[編集]

日本での記録[編集]

  • テレビシリーズ『スーパーマン』
日本では1956年11月3日からラジオ東京テレビで放映開始[2][4]、後に大阪テレビ中部日本放送で放送された。ラジオ東京テレビでは、毎週木曜19時30分からの放送。30分ドラマ
ライオン歯磨(現:ライオン)一社提供。なおライオン歯磨は、1977年2月終了の『フルーツケンちゃん』まで、TBSの30分ドラマを提供する。
最高視聴率:74.2%(1958年、電通調べ。『放送五十年史 資料編』より)
  • 映画『スーパーマン』
配給収入:28億円(1979年の日本公開の洋画では1位)
  • 映画『スーパーマンII/冒険篇』
配給収入:15億9200万円
  • 映画『スーパーマンIII/電子の要塞』
配給収入:9億9000万円
  • 映画『スーパーマンIV/最強の敵』
配給収入:4億1000万円

スーパーマンをモチーフにした作品[編集]

パーマン
この作品においては、「スーパーマン」はスーパー星からやってきた超人であり全宇宙の平和のために尽くす一方で、将来のスーパーマン候補を探すため各星を回って候補生を探すという役割で描かれた。候補生に選ばれた者には、スーパーマンの半分の力を発揮することができる「パーマンセット」を与えて実力を試していた(パーマンとは半人前スーパーマン、という意味)。アニメのエンディング曲の歌詞の一部『スーがスーっと消えて、パーマンさぁ』は、これに由来する。
後年、「スーパーマン」という呼称がDCコミックス社の権利に抵触することが判明したため、名をバードマンと変更したことにより、「半人前のスーパーマンだからパーマン」という語呂の繋がりはなくなってしまった。
中年スーパーマン左江内氏
パーマンと同じ藤子作品で、普段はうだつの上がらないサラリーマンの主人公がペンダントで変身する。生活に支障をきたさないよう、人々から存在を忘れさせる特殊光線を出すことも可能。2017年にはテレビドラマ化されているが、タイトルは「スーパーサラリーマン左江内氏」に改変されている。
ウルトラわんちゃん
スーパーマンをイメージした作品で、靴磨きの犬が「アンダードッグ」に変身する時は、スーパーマン同様電話ボックスに入る。また事件解決後にアンダードッグが空を飛ぶと、街の人達が「あっ、あれは何だ!?」「鳥だ!」「飛行機だ!」「カエルよ!」と叫ぶのも、スーパーマンからの流用である。

備考[編集]

  1. ^ このスーパーマン初出の雑誌は、2012年現在216万1000ドル(約1億7300万円)のプレミアが付いており、世界最高価格の漫画本としてギネスブックに認定されている。
  2. ^ 全怪獣怪人』上巻、勁文社1990年3月24日、35頁。C0676。ISBN 4-7669-0962-3
  3. ^ 『超人画報 国産架空ヒーロー40年の歩み』 竹書房/イオン編、竹書房1995年11月30日、34、50。C0076。ISBN 4-88475-874-9
  4. ^ 『超人画報』のP.33では「1957年11月3日」と記載しているが、他項では1956年としている[3]

関連項目[編集]

ラジオ東京テレビ系列 木曜19:30枠
【本番組よりライオン歯磨一社提供枠】
前番組 番組名 次番組
スーパーマン