スーパーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
スーパーマン
出版の情報
出版者 DCコミックス
初登場 Action Comics #1 (1938年6月30日)
クリエイター ジェリー・シーゲル
ジョー・シャスター
作中の情報
本名 カル゠エル
クラーク・ケント
種族 クリプトン人
出身地 クリプトン星
所属チーム デイリー・プラネット
ジャスティス・リーグ
リージョン・オブ・スーパーヒーローズ
パートナー バットマン
ワンダーウーマン
スーパーガール
スーパーボーイ
パワーガール
クリプト英語版
著名な別名 マン・オブ・スティール
マン・オブ・トゥモロー
能力
  • 高い耐久力と怪力とスピード
  • 飛行能力
  • 透視能力
  • ヒートビジョン
  • スーパーブレス

スーパーマン: Superman)は、DCコミックスの出版するアメリカン・コミックスに登場する架空のスーパーヒーロー。及びコミック、映画、ドラマ、アニメ作品のタイトル[1]

概要[編集]

1938年に原作ジェリー・シーゲルと作画ジョー・シャスター英語版によって創造され、アクション・コミックス誌第1号で初登場した[注釈 1]

2013年には75周年を記念する動画が制作されている[2]『Superman 75th Anniversary Animated』 - YouTube

2018年には80周年を迎え、4月にはアクション・コミックスが1000号に達した[3]

キャッチ・フレーズは、「空を見ろ! 鳥だ! 飛行機だ! いや、スーパーマンだ!」。

ここでは主にスーパーマンの関連作品について記述する。キャラクターの詳細はスーパーマン (架空の人物)を参照。

登場人物[編集]

ファミリー[編集]

スーパーマン / カル゠エル / クラーク・ケント
主人公。DCユニバース最強でありながら、最も人間らしいヒーロー。
ロイス・レイン
デイリー・プラネット新聞社の優秀な女性記者。スーパーマンの妻。
ジョン・ケント
スーパーマンとロイス・レインの息子。10歳。
スーパーガール / カーラ・ゾー゠エル / カーラ・ダンバース
スーパーマンのいとこ。
スーパーボーイ / コン゠エル / コナー・ケント
スーパーマンのクローン。
パワーガール / カーラ・ゾー゠エル / カレン・スター
並行世界「アース2」のスーパーガール。
スティール / ジョン・ヘンリー・アイアンンズ
メトロポリスの元鉄工員。スレッジハンマーを武器に戦うヒーロー。
クリプト
スーパーマンが飼っている犬[4]

協力者[編集]

ジミー・オルセン
デイリー・プラネット新聞社のカメラマン。クラーク・ケントの同僚かつ友人。
ペリー・ホワイト
デイリー・プラネット新聞社の編集長。クラーク・ケントの上司。
ジョナサン・ケント
スーパーマンことクラーク・ケントの育ての父親。
マーサ・ケント
スーパーマンことクラーク・ケントの育ての母親。
ラナ・ラング
クラーク・ケントがスモールヴィルに住んでいた頃からの友人。
ピート・ロス
クラーク・ケントがスモールヴィルに住んでいた頃からの友人。

敵対者[編集]

レックス・ルーサー(Lex Luthor
メトロポリスの巨大企業レックスコープの社長。スーパーマンの宿敵。
ブレイニアック(Brainiac
知識の収集を目的に惑星を破壊する、ルーサーと並ぶスーパーマンの宿敵。
ゾッド将軍(General Zod
ファントムゾーンへ追放されたクリプトン人。
ダークサイド(Darkseid
悪のニューゴッズ、惑星アポコリプスの支配者。
ドゥームズデイ(Doomsday
スーパーマンを殺害したこともある人造生物。
エラディケーター(Eradicator
クリプトン人の保護を目的に作られた人工知能。
サイボーグスーパーマン(Cyborg Superman
サイボーグ化したスーパーマンのクローン。
ウルトラマン(Ultraman
善悪が逆転した並行世界「アース3」のスーパーマン。
ビザロ(Bizarro
スーパーマンの不完全なクローン。
パラサイト(Parasite
放射性廃棄物の影響で普通の人間が変貌した怪物。触れた相手のパワーを吸収する能力を持っている。
トイマン(Toyman
オモチャを利用した犯罪を行う。
プランクスター(Prankster
イタズラで様々な悪事を行う愉快犯
メタロ(Metallo
クリプトナイトで出来た心臓を動力源としたアンドロイドのボディに人間の脳を移植したサイボーグ
テラマン(Terra-Man
天馬に乗り光線銃を武器とするガンマン。元は19世紀の西部に生まれた少年だったが宇宙人に育てられていた。
クリプトナイトマン(Kryptonite Man
元はブラー星出身の宇宙人だったが緑の星雲を通過したときに全身がクリプトナイト化した怪人。触れる物をクリプトナイト化する能力を持っており、スーパーマンの天敵と呼べる存在。
ミスター・ミクシィズピトルク(Mister Mxyzptlk
5次元の世界からやってきた魔法使い。人智を越えた魔法を操る強敵だが、スーパーマンをからかうことを生きがいとする。

漫画[編集]

アクション・コミックス (Action Comics)
Action Comics #1」はスーパーマンのデビュー作。
(vol. 1) 1939年~2011年(#1-#904)、2016年~(#957-)
(vol. 2) 2011年~2016年(#1-#52) 全52号
Superman (comic book)
(vol. 1) 1938年~1986年(#1-#423)、2006年~2011年(#650-#714) 全488号
(vol. 2) 1987年~2006年 全228号
(vol. 3) 2011年~2016年 全57号
(vol. 4) 2016年~

コミック[編集]

The Man of Steel (マン・オブ・スティール (コミック))
1986年に出版されたジョン・バーン英語版による設定をリブートしたミニシリーズ。
Whatever Happened to the Man of Tomorrow? (何がマン・オブ・トゥモローに起こったか?)
1986年に出版されたアラン・ムーアによる「スーパーマンの最終回」を描いたエピソード。
The Death of Superman (デス・オブ・スーパーマン)
1992年から1993年にかけて出版された複数の作家によるスーパーマンの死と復活を描いたストーリー展開。
Superman: The Wedding Album (スーパーマン: ウェディング・アルバム)
1996年に出版された複数の作家によるスーパーマンとロイス・レインの結婚を描いたワンショット
Superman Red/Superman Blue (スーパーマンレッド/スーパーマンブルー)
1998年に出版された複数の作家によるスーパーマンの分離を描いたストーリー展開。
Superman: Peace on Earth (スーパーマン: ピース・オン・アース)
1999年に出版されたポール・ディニとアレックス・ロスによる貧困問題を題材にしたワンショット。
Superman: War of the Supermen (スーパーマン: ウォー・オブ・スーパーメン)
2010年に出版されたスーパーマンとゾッド将軍の戦いを描いたミニシリーズ。
Superman: Lois and Clark (スーパーマン: ロイス&クラーク)
2015年に出版されたスーパーマンとロイス、息子のジョンの日々を描いたミニシリーズ。

クロスオーバー[編集]

Crisis on Infinite Earths (クライシス・オン・インフィニット・アース)
1985年に出版されたアンチモニターとの戦いを描いたクロスオーバー。
Infinite Crisis (インフィニット・クライシス)
2005年に出版されたスーパーボーイ・プライムとの戦いを描いたクロスオーバー。
Final Crisis (ファイナル・クライシス)
2008年に出版されたダークサイドとの戦いを描いたクロスオーバー。

スピンオフ[編集]

Superman Family Adventures (スーパーマン・ファミリー・アドベンチャーズ)
2012年に出版されたアート・バルタザールとフランコによる絵本風にアレンジした作品[5]
Superman of Smallville (スーパーマン・オブ・スモールヴィル)
2019年に出版予定のアート・バルタザールとフランコによる絵本風にアレンジした作品。

翻訳[編集]

  • スーパーマン 世界一のアメリカ漫画雑誌 (1949/5)
コミックス社刊[6]
  • 月刊スーパーマン (1959)
少年画報社刊。
  • 月刊スーパーマン増刊 スーパーマン対モハメド・アリ (1978/9)
マーベリック社刊。
小学館プロダクション刊。スーパーマンの誕生秘話『マン・オブ・スティール』を全て収録。
小学館プロダクション刊。
ジャイブ刊。
小学館プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊[7]
小学館集英社プロダクション刊[8]
小学館集英社プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊。
小学館集英社プロダクション刊[9]
ヴィレッジブックス[10]
ヴィレッジブックス刊[11]
小学館集英社プロダクション刊[12]
ヴィレッジブックス刊[13]
ヴィレッジブックス刊[14]
  • スーパーマン/バットマン: パブリック・エネミー (2016/02/29 ISBN 978-4864912631)
ヴィレッジブックス刊[15]
小学館集英社プロダクション刊[16]
  • トリニティ バットマン/スーパーマン/ワンダーウーマン (2016/07/27 ISBN 978-4796876001)
小学館集英社プロダクション刊[17]
ヴィレッジブックス刊[18]
小学館集英社プロダクション刊[19]
  • スーパーマン: トライアルズ・オブ・スーパーサン (2018/02/21 ISBN 978-4796877183)
小学館集英社プロダクション刊[20]
小学館集英社プロダクション刊[21]
小学館集英社プロダクション刊[22]

映画[編集]

実写映画[編集]

連続活劇映画スーパーマン (1948年の映画)英語版 (1948年)
演 - カーク・アリン英語版
アトムマン vs スーパーマン英語版 (1950年)
演 - カーク・アリン英語版
スーパーマンと地底人間英語版 (1951年)
演 - ジョージ・リーヴス
スーパーマン (1978年の映画) (1978年)
演 - クリストファー・リーヴ、日本語吹替 - ささきいさお/東地宏樹
スーパーマンII/冒険篇 (1981年、2006年)
演 - クリストファー・リーヴ、日本語吹替 - ささきいさお/東地宏樹
スーパーマンIII/電子の要塞 (1983年)
演 - クリストファー・リーヴ、日本語吹替 - ささきいさお
スーパーマンIV/最強の敵 (1987年)
演 - クリストファー・リーヴ、日本語吹替 - ささきいさお
スーパーマン リターンズ (2006年)
演 - ブランドン・ラウス、日本語吹替 - 東地宏樹
マン・オブ・スティール (2013年)
演 - ヘンリー・カヴィル、日本語吹替 - 星野貴紀
バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生 (2016年)
演 - ヘンリー・カヴィル、日本語吹替 - 星野貴紀
ジャスティス・リーグ (2017年)
演 - ヘンリー・カヴィル、日本語吹替 - 星野貴紀

アニメ映画[編集]

スーパーマン (1941年-1943年)
声 - キャロル・クラウザー
制作:フライシャー・スタジオ(9話まで)、フェイマス・スタジオ英語版(10話から)、配給:パラマウント映画、テクニカラー、劇場用短編、フィルム1巻もの(各話10分程度)、全17話
LEGO ムービー (2014年)
声 - チャニング・テイタム、日本語吹替 - 森川智之
レゴバットマン ザ・ムービー (2017年)
声 - チャニング・テイタム、日本語吹替 - 花田光
DCスーパーヒーローズvs鷹の爪団 (2017年)
声 - 鈴村健一
ティーン・タイタンズ・ゴー! トゥ・ザ・ムービーズ英語版 (2018年)
声 - ニコラス・ケイジ

ドラマ[編集]

主演ドラマ[編集]

スーパーマン (テレビドラマ) (1952年-1958年)
演 - ジョージ・リーヴス、日本語吹替 - 大平透/再放送日本語吹替 - 小林清志
スーパーボーイ (テレビドラマ)英語版 (1988年-1992年)
演 - ジョン・ニュートン英語版/ジェラルド・クリストファー英語版/ロン・エリー英語版
スーパーマンの青年時代「スーパーボーイ」の活躍を描いたテレビシリーズ。
LOIS&CLARK/新スーパーマン (1993年-1997年)
演 - ディーン・ケイン、日本語吹替 - 堀内賢雄
ヤング・スーパーマン (2001年-2011年)
演 - トム・ウェリング、日本語吹替 - 野島健児

関連ドラマ[編集]

SUPERGIRL/スーパーガール (2015年-現在)
演 - タイラー・ホークリン、日本語吹替 - 玉木雅士
KRYPTON/クリプトン英語版 (2018年-現在)

アニメ[編集]

主演アニメ[編集]

スーパーマン新冒険 (1966年-1970年)
声 - バッド・コルヤー英語版、日本語版 - 広川太一郎
スーパーフレンズ英語版 (1973年-1986年)
声 - ダニー・ダーク英語版
スーパーマン (1996年-2000年)
声 - ティモシー・デイリー、日本語版 - 花田光
ジャスティス・リーグ (2001年-2004年)
声 - ジョージ・ニューバーン英語版、日本語版 - 花田光
ジャスティス・リーグ・アンリミテッド (2004年-2006年)
声 - ジョージ・ニューバーン英語版
リージョン・オブ・スーパーヒーローズ (アニメ)英語版 (2006年-2008年)
声 - ユーリ・ローエンタール
DCスーパーフレンズ英語版 (2010年)
声 - デビッド・ケイ
スーパーマン・オブ・トーキョー (2012年)
声 - ブレア・アンダーウッド/ジェフ・ベネット
ジャスティス・リーグ・アクション (2016年-現在)
声 - ジェイソン・J・ルイス

ゲスト出演アニメ[編集]

バットマン・ザ・フューチャー (1999年-2001年)
声 - クリストファー・マクドナルド
ザ・バットマン (2004年-2008年)
声 - ジョージ・ニューバーン英語版、日本語版 - 花田光
クリプト・ザ・スーパードッグ英語版 (2005年-2006年)
声 - マイケル・デインジャーフィールド英語版
バットマン:ブレイブ&ボールド (2008年-2011年)
声 - ロジャー・ローズ英語版
ヤング・ジャスティス (2010年-現在)
声 - ノーラン・ノース
スーパー・ベスト・フレンズ・フォーエバー (2012年)
声 - キース・ファーガソン英語版

長編アニメ[編集]

ザ・バットマン・スーパーマン・ムービー ~ ヒーロー頂上対決 ~ (1997年)
声 - ティモシー・デイリー
スーパーマン:ブレイニアック・アタック (2006年)
声 - ティモシー・デイリー
スーパーマン:ドゥームズデイ (2007年)
声 - アダム・ボールドウィン
スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー (アニメ) (2009年)
声 - ティモシー・デイリー
スーパーマン/バットマン:アポカリプス (2010年)
声 - ティモシー・デイリー
スーパーマン/シャザム!:リターン・オブ・ブラックアダム (2010年)
声 - ジョージ・ニューバーン英語版
オールスター・スーパーマン (アニメ) (2011年)
声 - ジェームズ・デントン
スーパーマン VS. エリート (2012年)
声 - ジョージ・ニューバーン英語版
バットマン:ダークナイト・リターンズ (アニメ) (2013年)
声 - マーク・バレー
スーパーマン:アンバウンド (2013年)
声 - マット・ボマー
デス・オブ・スーパーマン (アニメ) (2018年)
声 - ジェリー・オコンネル

ゲーム[編集]

対戦型格闘ゲーム[編集]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ このスーパーマン初出の雑誌は、2012年現在216万1000ドル(約1億7300万円)のプレミアが付いており、世界最高価格の漫画本としてギネスブックに認定されている。

出典[編集]

  1. ^ スーパーマン キャラクター”. 2017年閲覧。...
  2. ^ The Superman Anniversary Short: 75 Points of Annotation”. 2013年閲覧。...
  3. ^ Celebrating ACTION COMICS #1000 & 80 Years of Superman”. 2018年3月28日閲覧。
  4. ^ DC Super-Pets Character Encyclopedia”. 2013年7月1日閲覧。
  5. ^ SUPERMAN FAMILY ADVENTURES 2012”. 2018年2月25日閲覧。
  6. ^ スーパーマン. 世界一のアメリカ漫画雑誌”. 2018年閲覧。...
  7. ^ キングダム・カム 愛蔵版”. 2010年閲覧。...
  8. ^ スーパーマン:レッド・サン”. 2012年閲覧。...
  9. ^ スーパーマン:ラスト・サン”. 2013年閲覧。...
  10. ^ スーパーマン:アクション・コミックス Vol.1”. 2013年閲覧。...
  11. ^ NEW52:スーパーマン/ヤング・ジャスティス”. 2013年閲覧。...
  12. ^ バットマン/スーパーマン:クロスワールド”. 2015年閲覧。...
  13. ^ オールスター:スーパーマン”. 2015年閲覧。...
  14. ^ スーパーマン:アンチェインド”. 2015年閲覧。...
  15. ^ スーパーマン/バットマン:パブリック・エネミー”. 2016年閲覧。...
  16. ^ バットマン VS. スーパーマン:ベストバウト”. 2016年閲覧。...
  17. ^ トリニティ バットマン/スーパーマン/ワンダーウーマン”. 2016年閲覧。...
  18. ^ スーパーマン/バットマン:スーパーガール”. 2016年閲覧。...
  19. ^ スーパーマン:サン・オブ・スーパーマン”. 2017年閲覧。...
  20. ^ スーパーマン:トライアルズ・オブ・スーパーサン”. 2018年閲覧。...
  21. ^ スーパーマン:アメリカン・エイリアン”. 2018年閲覧。...
  22. ^ スーパーサンズ”. 2018年閲覧。...

関連項目[編集]

外部リンク[編集]